浜田雅功

『戦闘車』前代未聞のヤバすぎる「テレビで放送できない場面」5選

10月6日からAmazonプライム・ビデオで独占配信がされている、自動車合戦バラエティ番組 『戦闘車』。

浜田雅功ひきいる『浜田軍』と、千原ジュニアがひきいる『ジュニア軍』総勢16名がそれぞれ車に乗り込み命がけのバトルをすることで、話題になっている作品だ。

 

■リアルに命がけの番組

いつもテレビを観ていて命がけ! なんて言われても「どうせたいしたことないんでしょ(笑)」と、たかをくくってしまうが、戦闘車は「コレよくけが人出なかったな(汗)」となるほどヤバいシーンばかり。

西○警察もドン引きするレベルでベンツやセンチュリーにセルシオなどの高級車がガンガン破壊されていくのは、平成のテレビでは絶対にできない過激さである。

ほかにもテレビで放送したら確実にP○AからクレームがきたりB○Oで審議されそうになるシーンばかりなのだが、そんなヤバすぎる戦闘車も11月3日でシーズン1のエピソード全5話が無事すべて配信された。

今回はそんな『戦闘車』の、テレビでは絶対に放送できないヤバすぎるシーンを、厳選5シーンご紹介したいと思う。

 

①「ある意味伝説のお笑い芸人」極楽とんぼ・山本圭壱の復活

詳しくはさすがに言えないが、ある意味伝説となったお笑い芸人の、極楽とんぼ・山本圭壱。

そんな彼は「詳しく言えないけどAmazonプライム・ビデオはいろいろ許される」らしく、戦闘車ではそのヤバすぎる面白さを最大限に発揮している。

貯金が100万円を切ってリアルにピンチな山本が営業車で奮闘するシーンは、彼の全盛期を見たことがある人なら涙なしではいられないシーンである。

ヤバいラインぎりぎりで最高の笑いを届けてくれる山本のコメディアン魂を見られるのは、いまのところ『戦闘車』と『ドキュメンタル』ぐらいだろう。

 

②千原せいじの『男らしすぎるカーアクション』

ジュニアの実兄である千原兄弟・せいじだが、今回は浜田軍に所属し、ジュニアもビビる勇姿をコレでもかと見せつけてくれる。

戦闘車での走り幅跳び『浪漫飛行』では日産・フェアレディZに乗り込み、華麗にin the skyしたり、ラストの戦闘車ぶつけ合い『相撲DEATH』では横綱級のリンカーン相手に信じられないアクションを見せる。

お披露目イベントでも浜田が「せいじが浜田軍でよかった」と絶賛するほどの、地上波では見られないせいじのカッコよさが見られるのも、戦闘車ならでは。

 

③浜田雅功の「鬼畜すぎる仕打ち」

ここまで褒めつつ放送禁止レベルの戦闘車のよさをお伝えしてきたが、ここからアレすぎて放送禁止になりそうなところもお伝えしたいと思う。

まず、浜田大将の仕打ちがムチャクチャエグい。エグすぎてやられた本人ならきっと吐くのが想像しただけでわかるぐらいエグいのだ。

渚が初めて買った愛車のフーガを戦闘車にしてしまうだけでなく、おそらく今回の出演者の中で“リアルに一番ピンチ”なあの人物の愛車までこっそりと拝借してしまう、暴君ぶりを見せつける。

…が、ココだけの話、浜ちゃんはじつはスゴく優しくていい人だというのは彼を少し知っている人なら誰でもわかる話。こんな仕打ちを部下にしても謀反を起こされないのは、浜田大将の人徳がなせる業なのかも?

 

④尼神インター・渚の愛車を容赦なく破壊するアッキーナ

グラビアアイドルで人気タレントの南明奈(アッキーナ)は、レーシングスポーツが得意なことでも知られている。

いつもは天真爛漫な笑顔を見せるアッキーナだが、じつはテレビでは見せることがない“裏の顔”があることも戦闘車で判明。

なんと尼神インター・渚がローンを組んで買った、愛車の日産・フーガに第2話・3話でガンガン自車をぶつけて容赦なく破壊。

その鬼畜さには大将のジュニアもビビってしまうほどだ。

 

⑤顔面凶器・小沢仁志がやっぱりヤバい

Vシネマや任侠映画でド迫力の演技を見せる、顔面凶器との異名も持つ俳優の小沢仁志。

今回もバズーカや手りゅう弾などの武器を持って参加。地上波でやるにはヤバすぎるプレイを連発。

さらに超高級車のセンチュリーを一瞬で廃車にさせるというありえないワザを見せつけるが、自滅してしまうシーンも…。

 

■ほかにもヤバすぎるシーンがもりだくさん

以上が記者が選んだ、テレビで放送できない賛否両論のシーン5選だが、ほかにもヤバすぎる場面が戦闘車にはもりだくさん。

コレがAmazonプライム会員なら見放題とは、Amazonプライム・ビデオ恐るべし。地上波では体験できない面白さを、ぜひチェックしてみよう。

参考リンク:戦闘車

(取材・文/しらべぇ編集部 提供/Amazonプライム・ビデオ)

渡辺満里奈、名倉潤とのなれそめは「一目ぼれ」 松本人志「仕切り役は汚い」と浜田に激怒

伝説のアイドルグループ・おニャン子クラブで人気を獲得、その後もタレントとして活躍している渡辺満里奈(46)が、3日放送『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に登場。

夫のネプチューン・名倉潤(48)とのなれそめを告白し、ダウンタウンを驚かせた。

(画像は渡辺満里奈Instagramからのスクリーンショット)

 

■名倉に一目ぼれ

2005年に交際9ヶ月で結婚、現在も芸能界屈指のおしどり夫婦と言われる名倉夫妻。名倉の収録現場に子供を連れて見学に行くなど、噂通り、仲の良い夫婦関係を明かした。

渡辺は、テレビで初めて共演した際、「すごくいい人だった。本当にフレンドリーで凄くカッコよかった」名倉に「一目ぼれした」のがきっかけと語る。

その後、名倉から「結婚を前提に付き合ってくれ」と告白され、本当に結婚まで至ったと当時を振り返った。

 

■松本は浜田に怒り

渡辺の告白に松本人志(54)は「仕切りの奴は汚ねえ」と怒りを爆発させる。

「MCはモテる。司令塔、灯台というか、この人が番組を仕切っている、そのイメージを叩きつける」と熱弁。

相方の浜田雅功(54)を引き合いに出し、「大して何もしてないのに、ちょっとしたことで好感を得る。浜田もそう。だまされたらいかんよ」と持論を展開した。

『リンカーン』でダウンタウン浜田が見せた優しい一面 「浜田さん素敵!」の声も

(画像は『リンカーン2017 秋 第10回 〜芸人大運動会〜』公式サイトのスクリーンショット)

4日に放送された『リンカーン2017 秋 第10回 〜芸人大運動会〜』(TBS系)で見せた、ダウンタウン・浜田雅功の優しい一面がネットで大きな反響を呼んでいる。

 

■アメとムチがもたらした勝利

番組は、浜田組・松本組に分かれた芸人たちが、障害物競走やリレーなど様々な競技を行い、設定された賞金を獲得。その合計金額を競うもの。

浜田組のキャプテンを務める浜田は、結果を残せない芸人を激しく叱責したりメガホンで頭を叩いたりなど、脅威や暴力を振りかざす「恐怖政治」でチームの士気を高めるのが毎年のお約束だ。

そんな浜田だが、最終種目の「全員リレー」では「いいよぉ! いいよぉ!」「しっかりバトン渡して!」など、声援を飛ばす。体重100キロのゆりあんレトリィバァが走るときには、「(相手の走者を)気にすんな!」と優しく声をかける姿も。

飴と鞭を巧みに使いこなすリーダーシップに引っ張られ、浜田組は去年に続き2年連続の勝利をおさめた。

 

■浜田の優しさにキュン

仲間に大きな声援を送る浜田の姿に、「浜田さん優しい」「浜田さんみたいな先生ならリレー頑張れる」など、ツイッターには絶賛する声が多く寄せられている。

リンカーン芸人大運動会のチーム対抗リレーでゆりやんが頑張って走ってる横で浜田さんが並走しながら「気にするな!思ってたより速かった!」って言ってるの凄い優しくてきゅんとする。

— 淺野 夕顔 (@asano_yuga0) October 4, 2017

録画したリンカーン見たけどリレーの時の浜田さん優しい…特に女の子にちゃんと気遣って声掛けしてた。#リンカーン#リンカーン芸人大運動会

— mi-nyan (@smile_dream08) October 4, 2017

リンカーンの運動会のやつ面白かった〜〜やっぱり勝つのは浜田組か〜浜田さんリレーの時、何だかんだ声かけが優しいよな

— ピヨ子@イケおじください (@piyoko433) October 4, 2017

リンカーン運動会みて思った!ダウンタウン浜田さんみたいな先生いたら、リレー頑張れる。ビリとか追い抜かれたら黙る先生いたもん。嫌い。そういう先生は人気ない。

— kity圭人 (@1_aoo0_) October 4, 2017

浜田組が勝率高いのは負けたら怒られる恐怖政治もさることながら、リレーの時にはフォローしてくれるところが大きいのではないかと。 #リンカーン

— ムラマサ (@nommsa) October 4, 2017

浜田組・松本組に別れて戦うスタイルになって、今回で8回目。昨日の結果を加えると、浜田組6勝、松本組2勝だ。

恐怖政治で統制しつつも、優しい声をかけて安心感を与える浜田の絶妙なリーダーシップが、これだけの結果を残せた大きな要因なのかもしれない。

 

■浜田は理想の上司か?

しらべぇ編集部では全国20代〜60代の男女914名を対象に、以下の5人の男性芸能人の中から「この人の下でなら働きたい」と思う人を選んでもらった。

明石家さんま/長瀬智也/藤木直人/西島秀俊/香川照之

 

その結果、1位になったのは明石家さんま。ちゃんと周囲の人に話を振って、しっかり聞いてくれる。そんな気配りのできる姿勢がこの結果につながったのかもしれない。

 

優しいばかりでなく、ときには厳しく叱ってくれる上司を好む人も多くいる。明石家さんまは優しそうだが、人を叱る姿はイメージしにくい。

その点、浜田は厳しく叱ってくれ、多くの後輩芸人から慕われる優しさもある。今回の放送をキッカケに、「上司にしたい男性芸能人」に浜田の名前が挙がる日も近いのではないだろうか。

・合わせて読みたい→上司にしたい男性芸能人ランキング 接戦を制したのは…

(文/しらべぇ編集部・高萩陽平

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2016年5月20日~2016年5月23日  対象:全国20代~60代の男女914名(有効回答数)

『ワイドナショー』松本人志が嫌いな芸人1位に嘆き「浜田が足を引っ張る」

1日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ)で、松本人志が『週刊文春』発表の「嫌いな芸人ランキング」について言及した。

 

■「嫌いな芸人ランキング」1位にダウンタウン

番組では『週刊文春』が実施した「好きな芸人・嫌いな芸人ランキング」が紹介され、ダウンタウンが「好き」で3位、「嫌い」で1位だったことが判明する。

それを見た松本は、かなり悲しそうな顔をしながら

「35年間頑張ってきて一番嫌いって…」

とガッカリ。東野幸治が「さんまさんとダウンタウンさんは(人気があるから)しょうがない」とフォローを入れるも、当人的にはやはりショックだったようだ。

 

■嫌いな芸人1位は浜田雅功のせい?

松本は『週刊文春』のランキングついて、「気がついたことがある」としたうえで、

「好感度調査のとこで、好き・良いイメージのなかに一応個人で入っているじゃないですか(松本人志個人が24位にランクイン)。個人で入っているんですよ。で、嫌いな芸人でダウンタウンが入るんですよ。

 

どんだけ浜田に足を引っ張られているのか。頑張って頑張って俺が上げても後ろから(引っ張られるポーズ)。ええ。凄くないですか」

 

と指摘。東野幸治が「2つの調査を一緒にしたらややこしくなる。別のものでございます」とフォローするも、みうらじゅんはその意見に同調した。

ネタか本気かは不明だが、松本人志はダウンタウンが「嫌いな芸人ランキング1位」になったことについて、浜田雅功が足を引っ張っていることが原因と感じているようだ。

松本人志、芸能人の不倫に厳しい風潮に持論 「約束が違う!」と嘆く

芸能人の不倫が相次ぐ昨今。性の乱れに呆れる人が多い一方で、「芸能人の不倫に厳しすぎる」といった声もあがっている。

こういった芸能界の不倫報道について、24日放送の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 特別版』(日本テレビ系)で、ダウンタウン・松本人志(54)の発言が話題を呼んでいる。

 

■浜田、ヒロミに「離婚してくれ」

番組では、「絶対に答えなくてはいけない! レジェンド芸人に聞きたいことSP」との企画を放送。

松本は、昨今の芸能界の不倫をバッシングする風潮に「窮屈じゃないですか、芸能界が」とチクリ。自身が結婚した8年前は、今ほど不倫や女遊びに厳しくなかったとし、「聞いてないもん、約束が違う!」と嘆いた。

また、子供が成人しているダウンタウン・浜田雅功(54)やヒロミ(52)に、「離婚してくれへん? 離婚して無茶苦茶やってよ!」と訴えた松本。浜田やヒロミのような大物芸人が行動すれば、世間の風潮はまた変わると主張し、「何にも叩かれることはないねんで? 離婚さえしとけば」と発言した。

これらの発言を受けてうなずく浜田に、松本は「じゃあ生電話しよ、嫁に」とボケて笑いを誘った。

 

■「昔のおおらかな時代に戻ってほしい」の声も

松本の発言を受け、ネット民からは同情の声があがった。

・ワイドナショーでも不倫報道に辟易してる節があるからな

 

・今は色々厳しすぎてみんなストレス溜まってる。昔のおおらかな時代に戻ってほしい

 

・不倫はいけないと思いますが、昨今の不倫報道は行き過ぎだと思います。もううんざりだし、テレビでやっていたらすぐチャンネル変える

 

・芸能界の不倫に世間が厳しくなったのは確実に不景気のせい。バブル期は庶民も海外買春に援交やりたい放題だったけど、今は「芸能人ばっかり未だに美味しい思いしやがって!」って空気が不倫を許さなくなったんだと思う

 

■「不倫をもっとバッシングすべき」は2割

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,342名に「芸能人の不倫」について調査したところ、「もっとバッシングされるべきだ」と回答したのは全体の2割ほど。

8割の視聴者たちは、相次ぐ不倫報道に辟易としているのかもしれない。

 

芸能界の不倫報道に一石を投じた松本の持論。昔のメチャクチャだった時代と比較しても仕方がないが、たしかに最近は窮屈といえるかもしれない。

・合わせて読みたい→ダウンタウン、とんねるずがついに共演? お笑いファン大興奮の夢のタッグ実現か

(文/しらべぇ編集部・らむたそ イラスト/ミキシマ) 

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日対象:全国20代~60代の男女1,342名(有効回答数)

メンツが豪華!aikoがHEY!HEY!HEY!収録後に撮ってもらったプリクラが凄すぎる

切ない恋愛ソングを歌わせたら右に出るものは居ないシンガーソングライター、aikoさん。そんな彼女が、以前フジテレビ系列で放送されていた「HEY!HEY!HEY!」に出演した際、「収録後頼み込んで撮った」というプリクラを、自身のツイッターで公開。大きな反響を呼んでいます。