海水浴

滋賀県民は琵琶湖が海がわり? 『ケンミンSHOW』にネット民「海だと思ってた」

(paylessimages/iStock/Thinkstock)

19日に放送された、『カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)では、海無し県の海水浴事情を特集。その中で、滋賀県民にまつわる驚きの事実が明かされた。

 

■琵琶湖は海?

滋賀県に海は無いが、日本で最大の面積と貯水量を誇る琵琶湖が存在している。番組ではそんな気になる滋賀県民の海水浴事情を調査。琵琶湖で最も有名な水泳場・近江舞子中浜水泳場で秘密に迫った。

穏やかな波に加え大粒で砂利のような砂。海とは似ても似つかないが滋賀県民はどのように感じているのだろうか。

「琵琶湖は滋賀県民からしたら海です、クラゲがいないから海よりいい。ニジマスとかビワコオオナマズがいるけど、危害どころか釣りという娯楽を与えてくれる」

 

滋賀県民にとっては距離も近く、海よりも安全に楽しめることが高い評価につながっているようだ。

 

■海よりも気軽に行ける

(paylessimages/iStock/Thinkstock)

久本雅美が「海よりも琵琶湖のほうが落ち着くの?」と質問すると滋賀県出身の女湯・高橋ひかるは…

「今日、滋賀県がすごいって言われて嬉しいです。海みたいな感じだけどクラゲがいなくて安全なのがいい。海は身構えて『よし、行くぞ!』という気分じゃないと行けないけど、琵琶湖は気軽に行ける。本当に海の代わりとして使ってます」

 

と、琵琶湖が持つメリットを語った。

山梨県民・マキタスポーツが「海水浴へ行けなかった理由」に共感殺到

(画像はTwitterのスクリーンショット)

島国である日本は、多くの都道府県が「海」に面しているわけだが、内陸部にはいわゆる「海なし県」もいくつか存在する。

14日放送の『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)では、そんな「海なし県民」にスポットを当てて特集。

海への憧れを抱く海なし県民が様々な「あるあるトーク」を繰り広げる中、山梨県出身の俳優・マキタスポーツのコメントが、ネットで話題となっている。

 

■山梨県民が語る「海までの精神的な距離」

番組冒頭で、海なし県出身の芸能人が「思い出の海水浴場」について告白。

群馬県出身で俳優の中山秀征は、新潟県の「鯨波海水浴場」をあげた。まだ関越自動車道が開通していなかった頃、父親が運転する車で一般道を4~5時間、そうしてたどり着いたのが、鯨波海水浴場だったという。

中山は「初めて見る青い海に感動した、今でもその思い出は忘れられない」と、コメント。

続いて、マキタは神奈川県の江ノ島をあげた。しかし、マキタの場合は中山のように「家族で海水浴」に出掛けたわけではなかったようで…

「僕は、山梨にいた18年間、海に行ったのは小学校の修学旅行と、高校の遠泳合宿の2回だけ。家族旅行はしていません。物理的な距離よりも、精神的な距離がすごいんです」

 

と、海なし県民ならではの「海水浴事情」を打ち明け、笑いを誘った。

 

■「わかる」ネットでは共感者続出

マキタの「海までの精神的な距離」に関するコメントに、ネットでは「共感した」というユーザーが続出している。

マキタスポーツって誰や?って思ったけど、海は物理的な距離より精神的な距離ってのはすごい分かる

— 桐山 (@ask_ship6_9) September 14, 2017

物理的な距離より精神的な距離か。わかる気がする。

— 青菜炒め (@aonaitamearss) September 14, 2017

海無し県民は海に物理的より精神的な距離があるwあるw

— ひな (@hoyama_me) September 14, 2017

「海水浴」に対して、マキタと同じように高いハードルを感じている海なし県民は少なくないようだ。

 

■「海が好きな人」は半数以上

しらべぇ編集部が全国の20~60代男女1,34名を対象に「海が好きな人」の割合について調査を実施したところ、各年代とも半数以上の人が「海が好き」と回答。

娯楽が多様化していることから、若い世代の「海離れ」が囁かれつつあるが、20代だけが男女とも60%を下回っているものの、過半数を超えている結果であり、「低い割合」とは言い難いのではないだろうか。

「海に面していることがステータス」というような風潮が、にわかに漂っている日本。そういった空気感が、物理的な距離以上に、海なし県民をどんどん海から遠ざけてしまっているのかもしれない。

・合わせて読みたい→『ケンミンSHOW』が長野県グルメを紹介 「サバ缶カレー」にネットでは賛否

(文/しらべぇ編集部・もやこ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日対象:全国20代~60代の男女1343名(有効回答数)

山梨県民・マキタスポーツが「海水浴へ行けなかった理由」に共感殺到

(画像はTwitterのスクリーンショット)

島国である日本は、多くの都道府県が「海」に面しているわけだが、内陸部にはいわゆる「海なし県」もいくつか存在する。

14日放送の『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)では、そんな「海なし県民」にスポットを当てて特集。

海への憧れを抱く海なし県民が様々な「あるあるトーク」を繰り広げる中、山梨県出身の俳優・マキタスポーツのコメントが、ネットで話題となっている。

 

■山梨県民が語る「海までの精神的な距離」

番組冒頭で、海なし県出身の芸能人が「思い出の海水浴場」について告白。

群馬県出身で俳優の中山秀征は、新潟県の「鯨波海水浴場」をあげた。まだ関越自動車道が開通していなかった頃、父親が運転する車で一般道を4~5時間、そうしてたどり着いたのが、鯨波海水浴場だったという。

中山は「初めて見る青い海に感動した、今でもその思い出は忘れられない」と、コメント。

続いて、マキタは神奈川県の江ノ島をあげた。しかし、マキタの場合は中山のように「家族で海水浴」に出掛けたわけではなかったようで…

「僕は、山梨にいた18年間、海に行ったのは小学校の修学旅行と、高校の遠泳合宿の2回だけ。家族旅行はしていません。物理的な距離よりも、精神的な距離がすごいんです」

 

と、海なし県民ならではの「海水浴事情」を打ち明け、笑いを誘った。

 

■「わかる」ネットでは共感者続出

マキタの「海までの精神的な距離」に関するコメントに、ネットでは「共感した」というユーザーが続出している。

マキタスポーツって誰や?って思ったけど、海は物理的な距離より精神的な距離ってのはすごい分かる

— 桐山 (@ask_ship6_9) September 14, 2017

物理的な距離より精神的な距離か。わかる気がする。

— 青菜炒め (@aonaitamearss) September 14, 2017

海無し県民は海に物理的より精神的な距離があるwあるw

— ひな (@hoyama_me) September 14, 2017

「海水浴」に対して、マキタと同じように高いハードルを感じている海なし県民は少なくないようだ。

 

■「海が好きな人」は半数以上

しらべぇ編集部が全国の20~60代男女1,34名を対象に「海が好きな人」の割合について調査を実施したところ、各年代とも半数以上の人が「海が好き」と回答。

娯楽が多様化していることから、若い世代の「海離れ」が囁かれつつあるが、20代だけが男女とも60%を下回っているものの、過半数を超えている結果であり、「低い割合」とは言い難いのではないだろうか。

「海に面していることがステータス」というような風潮が、にわかに漂っている日本。そういった空気感が、物理的な距離以上に、海なし県民をどんどん海から遠ざけてしまっているのかもしれない。

・合わせて読みたい→『ケンミンSHOW』が長野県グルメを紹介 「サバ缶カレー」にネットでは賛否

(文/しらべぇ編集部・もやこ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日対象:全国20代~60代の男女1343名(有効回答数)

見ず知らずの男女80人が一致団結!「人間の鎖」で溺れかけた9人の命を救う

波打ち際から沖合に向かってできる流れ「離岸流」に巻き込まれた9人の家族を、見ず知らずの男女80人が一致団結、“人間の鎖(Human Chain)”を形成し救助するという出来事が、今月8日、アメリカ、フロリダ州「パナマ・シティ・ビーチ」で発生。 これが「素晴らしい!」「身を挺して救う姿に感動!」と現在