深い

不快な投稿にイライラ…SNSで巻き込まれた面倒ごと3選

(imtmphoto/iStock/Thinkstock)

楽しくタイムラインを眺めていたら、イラっとしてしまうような不快な投稿が…。SNSを使っている人なら、1度や2度は経験があるはず。

そんなとき、本人に言うべきか、見えないようにブロックすべきか、はたまたスルーすべきか悩むもの。

 

■不快な投稿は「スルー」が基本?

しらべぇ編集部が全国20代〜60代のTwitter使用者479名を対象に「不快な投稿」について調査したところ、全体の58.1%は「見なかったことにする」と回答。

たとえ「うわ…」と思ったとしても、「触らぬ神に祟りなし!」と、スルーする人が半数以上という結果に。

Facebook利用者427名にも調査したところ、やはりスルー派が多数。

実際、コメントやブロックをした結果、面倒に巻き込まれた! という人も。

 

①やんわり注意したはずが…

「ママ友がFacebookに子供の写真をアップしているのですが、うちの子含め顔丸出し。最近はいろんな事件もあるし、『神経質かもしれないけれど、できれば顔を隠してくれない?』と直接伝えたんです。

 

そうしたら、『気にしすぎでしょ』『あんたんちの子が狙われるほど可愛いとか思ってんの?』などなど、ものすごい怒られて…そんなつもりじゃないのに」(30代・女性)

 

②そう思わない、と言ったら…

「たまたま流れてきたツイートに、ちょっとイラっとしてしまったので『俺はそう思わない』みたいなコメントをつけたんです。

 

でも、向こうからしても嫌な投稿だったんでしょうね。その人含め、大量の人から罵倒ツイートが届きました…」(30代・男性)

 

③「なんでブロックしたんだ!」

「Twitterで、周囲の人に噛みつく発言ばっかりしている人がいて。突然絡まれたので、『うわ、めんどくさい人だ』と思って速攻ブロックしました。

 

したら、わざわざ別垢作って『なんでブロックしたんだ!』って連絡が。ブロックしたってことは、こいつは自分の非を認めたんだ! みたいなことをつらつら書いてるし…。想像以上にめんどくさい人って、いるんですね」(20代・男性)

 

もちろん、相手が「人を不快にする」とわからずに投稿しているのであれば、直接伝えることで改善する場合もあるだろう。

しかし「巻き込まれる」危険性を考えると、見なかったことに…とスルーしてしまうのが、大人の対応なのかも。