満員電車

在宅勤務なら通勤時間ゼロ! 「メイクしなくていい」が嬉しい女子も

(vitchanan/iStock/Thinkstock)

デジタルツールや通信環境の変化もあり、仕事によっては場所を選ばず働ける人が増えてきた。

通勤にかかる時間や満員電車のストレスもゼロになる、在宅勤務を希望する人も少なくないだろう。

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の有職者男女633名を対象に「在宅勤務したい」人の割合を調査した。

■半数以上が希望

全体では54.8%で半数以上が「在宅勤務したい」と回答。男性が50.2%に対し、女性は64.1%と14ポイント近く女性が上回る。

仕事と家事を両立している女性の場合には、「仕事の合間に、ちょっとした家事ならできそう」というのは、かなり便利な状況だ。

性別・年代別では

全ての年代で女性の方が高く、最多は50代女性の71.1%。一方で、40代男性は唯一、半数以下の40.9%となっている。

また、年収別データを見てみると、最も高いのは、「300万円未満」の62.5%。

そして最も低いのは、44.4%で「1,000万円以上」なのだが、「300万~500万円未満」も半数を割り込む48.7%で、年収レンジによってバラつきが出る結果となった。

 

■引き籠りそう

実際に「在宅勤務したい」人、「在宅勤務したくない」人、双方に話を聞いた。

<在宅勤務したい>

「職場から近ければいいのですが、子育てしやすい環境で、家賃もそこそこ…ってことで、片道1時間半の通勤時間が負担になっています。朝のラッシュも大変ですし。業務的にはある程度は家でできる仕事なので、会社が制度を導入してくれれば、在宅勤務を希望しますね。

 

そんな予定はないようですが、雑談レベルで『在宅勤務が可能になったら』という話になったことがあって、若い独身女性社員も『着ていく服に悩まなくていいし、メイクもしなくて済む!』と盛り上がっていました。確かに、そういう点もラクそうですよねぇ」(30代・女性)

 

<在宅勤務したくない>

「通勤の負担はありますが、会社に行って働くほうがいいですね。個別の仕事はどこでもできますが、社内のやり取りとかも顔を合わせて話すと早いですし。それに、オンオフの切り替えがつかないっていうか、メリハリがなくなるのもイヤかな。

 

あとは、元々出不精なんで、在宅で仕事するようになったら、きっと引き籠り生活になるだろうなぁ。会社に行っているから、その延長で夜に人に会うとかもしていますけど、家で仕事していたら都心部まで飲みにだけ行くのは億劫になって、友達も減る気がします。(笑)」(40代・男性)

 

在宅勤務は通勤の負担以外にも、女性ならメイクや服装選びの時間をコンパクトにできる点に、メリットを感じる人が多そう。

引き籠りの懸念があったり、出かける機会が減ったりする可能性もあるが、その分でできた時間で日々のゆとりができれば、休日の使い方も変わってくるはず。

「働き方改革」が話題になる中、今後はそうした選択肢が広がることに期待したい。

・合わせて読みたい→買い物も遊びもゆったり…みんなが働いている平日に休みたい願望

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の有職者男女659名(有効回答数)

林先生が主張の「高い家賃でも職場の近く住むべき理由」 共感の声が相次ぐ

(PRImageFactory/iStock/Thinkstock)

毎朝、満員電車に揺られながら通勤するサラリーマンは少なくない。中には、郊外にある自宅から1時間以上かけて通う人もいるだろう。

通勤時間の問題をめぐり、8日放送の『林先生が驚く初耳学!』(TBS系)での予備校講師・林修氏の持論が話題になっている。

 

■高い家賃でも職場の近くに住むべき?

番組の中で、林氏は「職場の近くにお金をかけてでも住むべき」と主張し、通勤時間のデメリットについて持論を展開。「通勤時間が45分伸びると、離婚率が40%上がる」という海外の研究データを紹介した。

また、長時間の通勤によって、睡眠と運動の時間は確実に減るとし、「通勤とか満員電車でかかるストレスで失うものは大きい」と述べた。

そして「時間は貴重な財産。時間とお金との総合的なバランスで、しっかりした理由があって、明確な考え方に基づいて、選択していくべき」と結論づけた。

 

■ネット民からは共感の声

林氏の主張に、ネット民からは「目からウロコ」「賛同できる」と共感の声が。

林先生の言うことよく分かる…電車乗らなくなったら風邪ひかなくなったし自由な時間が増えた…都内は家賃ピンキリだから自分に見合うとこ選べるし

— うみ (@16sea84) October 8, 2017

林先生いいこと言うな…時間は財産。通学や通勤に時間をかけると睡眠、運動の時間が減る。また満員電車でのストレス。うち片道2時間の通学。どんだけ睡眠時間が減ってストレス溜まりよるんやろ

— sugar (@sugar07300509) October 8, 2017

林先生の「高額でも会社の近くに住むべき」っていうの凄い分かる…毎日満員電車で通勤してるといろいろ削られていきそうだなーと思う

— あやめ (@iris_flower0505) October 8, 2017

林先生がテレビで職場の近くに住んだ方がいいって本当そうだと思う!関東は通勤電車が苦痛でしょうがないから!高校大学と電車通学ストレスマックスだったからすごくわかる。関東に人いすぎだよお

— ぷーま (@puuuma318) October 8, 2017

 

■3割が満員電車での通勤に疑問

満員電車によって疲弊している人は多いだろう。しらべぇ編集部が全国20〜60代の1,342名に「働き方」についての意識調査したところ、3割以上が「満員電車に乗ってまで働く意味がわからない」と回答した。

若い世代ほど満員電車での通勤を避けている傾向にあることがわかった。

 

郊外での快適な暮らしは魅力的だ。しかし、時間と体力を消費して疲弊した人は、思い切って職場の近くに引っ越す選択も考えてみるべきだろう。

・合わせて読みたい→コーヒー店でマイボトルを使用するのはバカ? 『初耳学』での林修の持論にネット民も納得

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日対象:20~60代男女1342名(有効回答数)