滝沢カレン

滝沢カレンが番組MCに初挑戦! 視聴者からは「放送事故?」の声も

微妙に意味が通じない日本語と独特の世界観で、バラエティを中心に大活躍するモデル・滝沢カレン(25)が、ついに番組MCに初挑戦した。

(画像は『世界!ちょっといいですか?』公式サイトからのスクリーンショット)

滝沢らしい、ツッコミが飛び交う司会ぶりに視聴者は爆笑。中には、誉め言葉として「放送事故」と絶賛する声も見受けられた。

■滝沢の初MC番組とは

滝沢がMCに挑戦したのは3日放送『世界! ちょっといいですか?』(フジテレビ系)。海外で暮らす人々に「ちょっといいですか?」と質問を投げかけるインタビュー番組だ。

(画像は滝沢カレンInstagramからのスクリーンショット)

 

「夢であった、誰にも譲れず、どこ知れず隠しながらも、言いながらであった、初MC(リーダー)にて所属しています」

 

滝沢はインスタグラムで、MCに賭ける想いを自分の言葉で熱く綴ったが、まさに、滝沢の独壇場とも言える番組内容となった。

 

■滝沢節全開

番組冒頭から滝沢節は全開だ。ゲスト紹介では、オアシズ・大久保佳代子(46)に「クイズのイメージが人にはない」と断言。そのままの流れで「そんな澤部さんですけど」と関係ないハライチ・澤部佑(31)に話を振る。

メチャクチャな話の流れにツッコミが飛び交うが、「それでは切り替えましょう」と意に介さず番組をスタート。

クイズの答えを出す前に「違う」「スゴイ」と答えを示唆、正解を「大喜び」と間違う、ゲストの回答を鼻で笑う、など最後までゲスト陣を困惑させた。

滝沢カレンが番組MCに初挑戦! 視聴者からは「放送事故?」の声も

微妙に意味が通じない日本語と独特の世界観で、バラエティを中心に大活躍するモデル・滝沢カレン(25)が、ついに番組MCに初挑戦した。

(画像は『世界!ちょっといいですか?』公式サイトからのスクリーンショット)

滝沢らしい、ツッコミが飛び交う司会ぶりに視聴者は爆笑。中には、誉め言葉として「放送事故」と絶賛する声も見受けられた。

■滝沢の初MC番組とは

滝沢がMCに挑戦したのは3日放送『世界! ちょっといいですか?』(フジテレビ系)。海外で暮らす人々に「ちょっといいですか?」と質問を投げかけるインタビュー番組だ。

(画像は滝沢カレンInstagramからのスクリーンショット)

 

「夢であった、誰にも譲れず、どこ知れず隠しながらも、言いながらであった、初MC(リーダー)にて所属しています」

 

滝沢はインスタグラムで、MCに賭ける想いを自分の言葉で熱く綴ったが、まさに、滝沢の独壇場とも言える番組内容となった。

 

■滝沢節全開

番組冒頭から滝沢節は全開だ。ゲスト紹介では、オアシズ・大久保佳代子(46)に「クイズのイメージが人にはない」と断言。そのままの流れで「そんな澤部さんですけど」と関係ないハライチ・澤部佑(31)に話を振る。

メチャクチャな話の流れにツッコミが飛び交うが、「それでは切り替えましょう」と意に介さず番組をスタート。

クイズの答えを出す前に「違う」「スゴイ」と答えを示唆、正解を「大喜び」と間違う、ゲストの回答を鼻で笑う、など最後までゲスト陣を困惑させた。

ひふみんと滝沢カレンが軽井沢デート 「ツッコミ不在でヤバい」の声

「ひふみん」こと加藤一二三(77)と滝沢カレン(25)、日本芸能界屈指の天然キャラの2人が、25日放送『笑神様は突然に…』(日本テレビ系)で軽井沢デートに。

加藤の圧倒的な個性に、滝沢も困惑。視聴者からは高評価が上がっている。

(画像は滝沢カレンInstagramからのスクリーンショット)

 

■2人の個性がぶつかり合う

「チームひふみん&カレン」として、長野県軽井沢町でのデート風景に密着する。初対面の2人、加藤から「気分よく旅をしましょう」と声をかけると「そりゃそうです」と滝沢。

まずは、いつもスーツという加藤を滝沢がコーディネート。「加藤さんに似合う服をみつけようと…もしあればですが」と一言多いのも滝沢らしい。

「長野県は蕎麦」としながらもうどんを推し、昼食に訪れたお店で、厚意で出してくれたジビエ料理を「鹿肉が苦手」と断るなど加藤の頑固さが垣間見えた。

 

■滝沢が困惑

動物と触れ合える動物園では「苦手だからいい」とネズミに触れるのを拒否。滝沢も「ちょっとならいいんじゃないですか?」と提案するも受け入れない加藤。

遊園地では「スリルのないものがいい」加藤は、滝沢が「楽しそう!」と盛り上がる船型のアトラクションを見て、「やめました! 私には不可能、超怖い。ぼく大先輩だからやめましょう」と説得。

さすがの滝沢も「こんなこと初めてです」と困惑を見せた。

今夜放送『アド街』温泉SP「見えそうな入浴シーン」に期待高まる

(画像提供:テレビ東京)

毎週土曜21時『出没!アド街ック天国』(テレビ東京系)が、23日「秋に行きたい! 関東の温泉BEST20」と題して30分拡大版を放送。

先週の放送で告知されると、Twitter上では「温泉特集は絶対見なければ!」と期待が高まっている。

 

■攻めた入浴シーンで話題

以前より『アド街』の温泉紹介では、美女がタオルを使わずに裸で入浴するサービスカットが使われており、中でもとくにネットで評判を呼んだのは、今年3月4日に放送された越後湯沢温泉の回。

お尻や胸が半分近く見えたり、バストトップを”つらら”で隠したりと、ギリギリを攻めたカメラワークに、男性出演者がどよめき、絶景の露天風呂紹介も、ゲストの小林幸子(63)が「景色見てないじゃん!」と怒るほど。

Twitterでは「神回だ」「今度から温泉回録画する」「地上波の限界に挑戦している」など、大きな話題になった。

今日のアド街越後湯沢だったけどマジで神回でしたよ

— ヒホ (@udndnddn) March 4, 2017

今度からはアド街の温泉回録画します

— パチモン大学生ハラダ (@Imitationfellow) March 5, 2017

 

■「スタッフの本気が見られる!」

先週の放送で、次回の温泉スペシャルが予告されると「大変だ!」「スタッフの本気が見られる!」など、期待が高まりすぎて、ざわつくツイートがいくつも見受けられた。

おい!大変だ!来週のアド街お風呂スペシャルだ!!!おっぱいだ!!!!

— 草色みどり (@kusairo_midori) September 16, 2017

来週、温泉スペシャルか。アド街スタッフの本気が見れるぞ。

— 佐倉千歳 (@csakura) September 16, 2017

今回のスペシャルでは、気軽に行ける関東の温泉地を厳選し、世界の温泉好きが集まる渓流露天風呂や、山奥にある超巨大な天然温泉プール、予約待ちの絶景露天風呂を紹介。

秘湯や極上の名湯に、総勢15名もの“温泉美女”が登場し、絶景の温泉を彩ってくれるそうだ。

なお、ゲストには高橋英樹(73)、鈴木砂羽(45)、滝沢カレン(25)、ANZEN漫才が出演する。

【放送概要】タイトル:出没!アド街ック天国スペシャル ~秋に行きたい! 関東の温泉BEST20~放送日時:9月23日(土)21:00~22:24 テレビ東京系列出演/司会者:井ノ原快彦、須黒清華(テレビ東京アナウンサー)レギュラー出演者:峰竜太、薬丸裕英、山田五郎ゲスト:高橋英樹、鈴木砂羽、滝沢カレン、ANZEN漫才(みやぞん・あらぽん)

・合わせて読みたい→池の次は海! テレ東が東京湾を大調査『お魚ぜんぶ獲ってみた』

(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋

東大卒エリート弁護士が「彼女に求める条件」が話題 合コン女子は一斉玉砕?

(weareadventurers/iStock/Thinkstock)

男女の「出会いの場」は、時代によって様々な変化を遂げている。

17日放送の『坂上忍と〇〇な彼女』(日本テレビ系)では、絵に描いような「ハイスペック」な異性と出会うことができるという「ハイスペック飲み会」の実態が放送され、その異様な光景がネットで話題だ。

 

■LINEグループから始まる「ハイスペック飲み会」

同番組には、「ハイスペック飲み会」と称される飲み会に2年間参加し続け、外資系金融マンの彼氏を射止めたという女性が、その「ハイスペック飲み会」の実態について紹介。

一般的なサラリーマンとの飲み会に参加していた彼女は、あるとき「ハイスペック飲み会」の情報が流れてくるという300人規模の、女性LINEグループに招待されたという。

そのトークルームには様々な「飲み会」のお誘いが流れてくるそうで、概要欄には参加男性の職業や会社名、年収などが事細かに記載されている露骨なものもあるのだとか。

ほとんどの場合、女性の参加費は無料だそうで、「そんなものがあるの?」と、坂上忍も驚きを隠せない様子。

 

■エリート弁護士が「彼女に求める条件」

番組内では、実際の「ハイスペック飲み会」の映像を放送。そこには、序盤から「東大卒」を高らかにアピールする弁護士や社長といった参加男性たち。

その流れで男性たちによる年収自慢合戦が始まり、参加女性たちも思わず口元が緩む。適度にお酒が回ってきたところで、そんなハイスペックな男性たちに「彼女に求める条件を」を聞いてみると…

「全部ほしい。だから、全く妥協しないよ」

 

と、初任給が1,000万円を超えたというエリート弁護士の男性が、即答。他の参加男性たちも彼の意見に同意しているようだった。

カメラには、弁護士の男性の発言により、一気に表情が曇っていった女性たちの様子も収められており、飲み会を終えた彼女たちは「主導権は男性が握っている場合がほとんどで、恋人のマッチング率はとても低い」と語っていた。

東大卒エリート弁護士が「彼女に求める条件」が話題 合コン女子は一斉玉砕?

(weareadventurers/iStock/Thinkstock)

男女の「出会いの場」は、時代によって様々な変化を遂げている。

17日放送の『坂上忍と〇〇な彼女』(日本テレビ系)では、絵に描いような「ハイスペック」な異性と出会うことができるという「ハイスペック飲み会」の実態が放送され、その異様な光景がネットで話題だ。

 

■LINEグループから始まる「ハイスペック飲み会」

同番組には、「ハイスペック飲み会」と称される飲み会に2年間参加し続け、外資系金融マンの彼氏を射止めたという女性が、その「ハイスペック飲み会」の実態について紹介。

一般的なサラリーマンとの飲み会に参加していた彼女は、あるとき「ハイスペック飲み会」の情報が流れてくるという300人規模の、女性LINEグループに招待されたという。

そのトークルームには様々な「飲み会」のお誘いが流れてくるそうで、概要欄には参加男性の職業や会社名、年収などが事細かに記載されている露骨なものもあるのだとか。

ほとんどの場合、女性の参加費は無料だそうで、「そんなものがあるの?」と、坂上忍も驚きを隠せない様子。

 

■エリート弁護士が「彼女に求める条件」

番組内では、実際の「ハイスペック飲み会」の映像を放送。そこには、序盤から「東大卒」を高らかにアピールする弁護士や社長といった参加男性たち。

その流れで男性たちによる年収自慢合戦が始まり、参加女性たちも思わず口元が緩む。適度にお酒が回ってきたところで、そんなハイスペックな男性たちに「彼女に求める条件を」を聞いてみると…

「全部ほしい。だから、全く妥協しないよ」

 

と、初任給が1,000万円を超えたというエリート弁護士の男性が、即答。他の参加男性たちも彼の意見に同意しているようだった。

カメラには、弁護士の男性の発言により、一気に表情が曇っていった女性たちの様子も収められており、飲み会を終えた彼女たちは「主導権は男性が握っている場合がほとんどで、恋人のマッチング率はとても低い」と語っていた。

坂上忍、滝沢カレンも呆れ イケメン俳優の彼女が「ファン見下し発言」で炎上 

誰もがうらやむ一流男性を射止めた「彼女」たちに話を聞き、誰が一番幸せかを検証する、『坂上忍の〇〇の彼女』(日本テレビ系)が17日に放送。

イケメン舞台俳優と交際しているというタレント・鈴木優梨(29)が、出会いの経緯や彼氏とのエピソードを暴露。その内容が「ファンを見下している」と炎上騒ぎとなってしまった。

(Ⓒぱくたそ)

 

■出会いは舞台共演

鈴木の彼氏は、俳優・坂口健太郎似、ミュージカルを中心として活躍するイケメン舞台俳優。

出会いは舞台での共演。「稽古中に品定めした」鈴木に、司会の坂上忍(50)は、舞台は恋愛に発展しやすいと賛同しながらも「でも、仕事中だよね」と苦笑い。

彼氏の画像を確認した坂上や滝沢カレン(25)らは「カッコいい」と絶賛。鈴木は嬉しそうに「今流行りのミュージカルに出ていて、身長は180センチ以上」とノロケた。

 

■ファン見下し発言

「劇場で出待ちをしているファンを見ると優越感を感じる」と笑う鈴木に、滝沢は「どうかしてる」、横澤夏子(27)も「ファンを見下している」と呆れ顔。

舞台でのラブシーンに嫉妬すると聞けば、父が俳優の高橋真麻(35)も「役者の妻には向いてない」と辛らつ。

坂上は「急に皆さん厳しくなった」と突っ込みつつ、「共演者に手を出す人はまた同じことをする」と切り捨てた。

坂上忍、滝沢カレンも呆れ イケメン俳優の彼女が「ファン見下し発言」で炎上 

誰もがうらやむ一流男性を射止めた「彼女」たちに話を聞き、誰が一番幸せかを検証する、『坂上忍の〇〇の彼女』(日本テレビ系)が17日に放送。

イケメン舞台俳優と交際しているというタレント・鈴木優梨(29)が、出会いの経緯や彼氏とのエピソードを暴露。その内容が「ファンを見下している」と炎上騒ぎとなってしまった。

(Ⓒぱくたそ)

 

■出会いは舞台共演

鈴木の彼氏は、俳優・坂口健太郎似、ミュージカルを中心として活躍するイケメン舞台俳優。

出会いは舞台での共演。「稽古中に品定めした」鈴木に、司会の坂上忍(50)は、舞台は恋愛に発展しやすいと賛同しながらも「でも、仕事中だよね」と苦笑い。

彼氏の画像を確認した坂上や滝沢カレン(25)らは「カッコいい」と絶賛。鈴木は嬉しそうに「今流行りのミュージカルに出ていて、身長は180センチ以上」とノロケた。

 

■ファン見下し発言

「劇場で出待ちをしているファンを見ると優越感を感じる」と笑う鈴木に、滝沢は「どうかしてる」、横澤夏子(27)も「ファンを見下している」と呆れ顔。

舞台でのラブシーンに嫉妬すると聞けば、父が俳優の高橋真麻(35)も「役者の妻には向いてない」と辛らつ。

坂上は「急に皆さん厳しくなった」と突っ込みつつ、「共演者に手を出す人はまた同じことをする」と切り捨てた。