父親

「イクメンが正しい風潮」に疑問の竹山 「父親も子育てすべき」と賛否両論の声

(画像はTwitterのスクリーンショット)

父親も、家事や育児に対して積極的に参加する風潮の昨今。「イクメン」との言葉も一般的になり、かつての仕事一筋という父親よりも、家庭に参加する父親のほうが良いという価値観も生まれている。

このことについて、17日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)でのお笑い芸人・カンニング竹山(46)の発言が話題になっている。

 

■「イクメン=良い父親」の風潮に疑問

番組では、子育てに悩む父親たちの「パタニティブルー」について特集。イクメンになるため奮闘する父親たちの悩みや葛藤などが放送された。

その中で、30代父親の「子供が生まれてから、育児のために残業や休日出勤は断っている」とのメールを紹介した。投稿者は、収入を減らしてまで家族優先にすることは良いことなのかどうか葛藤を感じているという。

この投稿について、子供がいない竹山は「イクメンでなきゃいけない風潮」に疑問を呈した。「良い親父かどうかは我が子が決める問題だから」とし、イクメンという言葉は世間に対するアピールでしかないと主張。それぞれの家庭で父親のあり方は違っていて良い、と持論を展開した。

 

■「いろんな家庭があっていい」の声

竹山の主張を受け、ネット上では「その通り」「仕事をする父親がいてもいい」と賛成の声があがった。

竹山さんの意見に賛成家庭には色んな形がある。 #ノンストップ

— (@_very3poison_) November 17, 2017

結局は竹山さんが言うのが一番当たってると思う。子供が親を決められないし、親が子供を決められない。だからその中で何がベストかを家族で決められたらそれが一番。#ノンストップ

— 阿波根 (@ahagooon2) November 17, 2017

竹山さんのおっしゃる通りだと思う。育児はもちろん大変だけど女性の一生のうちである意味一番幸せな時期だよ。いろんな家庭があっていいと思う。お金は必要。家庭に父親は二人要らない。 #ノンストップ

— *takapo* (@dsne8618) November 17, 2017

竹山いいこと言うなぁ最近外では「イクメンです(どやぁ」な人多い気がする#ノンストップ

— まひろ育児垢 (@0814_KNM) November 17, 2017

 

女児が80代男性に怒鳴られPTSDに 「父親の教育が悪い」と批判の声も

(MIXA next/Thinkstock)

埼玉県深谷市が主催する秋祭りで、女児(8)が輪投げの景品を勝手に触ってボランティアの80代男性に怒鳴られたことにより、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を負ったとして、女児が同市に対して約190万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、9日に東京地裁が怒声が原因で障害を発症したと認め、約20万円の支払いを命じたことがわかった。

 

■怒鳴られ、口論をきっかけにPTSDに

判決などによると、2014年11月、当時5歳だった女児が秋祭りに家族と訪れ、母親が目を離した際に輪投げゲームの景品の駄菓子を触り、ボランティアの男性に大声で注意されたという。

女児は駆けつけてきた父親の前で泣き出し、父親とボランティア男性が口論する姿を見たよう。4ヶ月後、女児の様子がおかしいと感じた両親が連れて行ったクリニックPTSDと診断されたとのことだ。

報道によれば、女児はボランティア男性に叱られてから、両親から離れることに恐怖を感じたり、画用紙を黒く塗りつぶしたりしたこともあったという。

 

■「父親の教育に問題がある」の声

報道を受け、ネット上では女児に同情する声が数多くあがった。5歳という子供が赤の他人から大声で怒鳴られることや、両親が口論している姿は、心に深い傷を与えられるだろう。

しかしそもそもの原因である、両親が子供を見守っていなかったことに対して、女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』では怒りの声も。「親が目を離すのが悪い」「親の教育が悪い」との意見や、中には「モンスターペアレント」と批判する声もみられた。

・これ父親もおかしくない? 悪いことして注意されたならさ、娘が泣いててもひとまず謝るでしょ。口論にって……。娘よっぽど甘やかされて育ったんじゃない?

 

・口論に持ち込んだ父親が悪いよ。おこられたのは慰めれば忘れても目の前で怒鳴りあいの喧嘩されたら怖いに決まってる

 

・自分の子供が勝手にお菓子を取ったら、相手に謝って子供を叱るわ。父親は自分の娘が泥棒まがいの事をしたのに逆ギレして裁判まで起こすとかモンペDQNじゃん

 

・子供をしつけるのは大人の役目。親が出来てないからこんなことになるんでしょうが!

娘が通う保育園で父親が窃盗未遂 「子供がかわいそう」と非難殺到

(junce/iStock/Thinkstock)

兵庫県尼崎市内の保育園で、保育士から現金を盗もうとしたとして、窃盗未遂の疑いで会社員の男性(44)が逮捕されたことを7日、神戸新聞NEXTが報じた。

 

■保育園で金品を盗もうとした父親

報道によれば9月27日、男性は娘3人が通う保育園のロッカーにある保育士の女性(22)のカバンから金品を盗もうとした疑いがもたれている。

また、保育園では半年ほど前から保育士の財布や現金がなくなることがあったよう。女性がロッカー内の様子を動画撮影していたところ、娘たちを迎えに来た男性が、カバンを探る様子が写っていたとのことだ。

男性は容疑を認めており、「お金をとろうと財布を見たが、中にお金が入っていなかった」などと供述しているという。

 

■「保護者が犯人だなんて」と批判殺到

子供たちを預けている保育園で犯行におよんだ男性に、ネット上では批判の声が殺到した。また、子供たちについても「かわいそう」「親は選べない」と同情の声もあがっている。

・保育士の待遇云々がたびたびニュースで流れる中、よくも盗もうと思ったなこいつ

 

・こんなん、みっともなくて子供たちも可哀想だな そもそも何回も盗んでてバレないと思ってたのか?

 

・絶句。ありえない。被害者の方もだけど子供もかわいそう。まさか保護者が犯人だなんて…

 

・かわいそうだけど子供たちは退園だよな…。親は子供を選べないというが、本当に気の毒だ

 

■7人に1人が置き引き・万引きを経験

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,362名に「置き引き・万引き」について調査したところ、7人に1人が経験していることがわかった。

また、女性よりも男性にその傾向が強く、男性の場合は5人に1人が経験していることが判明した。

 

「子供がかわいそう」の批判のとおり、親としての行動は子供にも必ず影響する。子供のためにも、二度と罪を犯さないよう願いたいものだ。

「整形モンスター」ヴァニラが後遺症の恐怖を激白 「ブス」と断言した父に批判の声も

(画像はInstagramのスクリーンショット)

フランス人形のような見た目になるべく、美容整形に総額1億円つぎ込んだ「整形モンスター」ことモデル・ヴァニラ。

3日放送の『キテレツ人生!』(フジテレビ系)に出演し、整形の後遺症や恐怖、すべての元凶となった理由を語り、話題になっている。

 

■薬がないと外出できない

これまで100回以上の整形手術を行い、1ヶ月のメンテナンス代は300万円にもおよぶことがあるというヴァニラ。顔はもちろんのこと、Fカップだった胸をJカップにし、ウエストにも月に1回脂肪を分解する注射を40本以上も行っているという。

給料のほとんどを美容整形につぎ込むほど美意識の高いヴァニラだが、一方で整形による後遺症もあると話す。おでこの手術をしてからというもの頭痛がひどくなってしまい、「これがないと外に出られない。いつ頭痛が起きるかわからない。頭痛が起きたら動けなくなっちゃうので」と薬を服用する生活だという。

 

■「顔がぐちゃぐちゃになるんじゃないか」という恐怖

また、鼻にも皮ギリギリまで手術を施しているため、洗顔もゴシゴシと強くこすることできないようだ。「鼻が曲がっちゃうかもしれないし、糸がたくさん入ってるから痛い」と生活に支障が出ていることも明かす。

さらに雨の日には、滑ると「顔がぐちゃぐちゃになるんじゃないか」という恐怖や、子供好きでありながら「何をするかわからない」という恐怖からあまり近づくことができないと、細心の注意を払って生活していると語った。

父親を刺した19歳長女に殺人未遂の容疑 犯行動機に同情の声が殺到

(KatarzynaBialasiewicz/iStock/Thinkstock)

罪を犯した者は、法の裁きに則って罪を償うべきだ。しかし、中には加害者の心情を察して同情の念を抱くケースもあるだろう。

北海道の伊達市の一家で起こった、とある事件が物議をかもしている。

 

■DV父親を刺した長女

28日夜、40代の無職の父親の背中を包丁で複数回刺し、殺害しようとした容疑で会社員の長女(19)が殺人未遂の容疑で逮捕された。父親は病院に運ばれ、命に別状はなかったようだ。

警察によれば少女は、母親や兄弟とともに日常的に父親から暴力を受けていたという。調べに対し、少女は「自分や家族に暴力を振るうお父さんが憎くて刺した」などと容疑を認めているとのこと。

 

■ネット上では同情の声も

日常的に父親から暴力の被害に合い、殺意を抱いたことで行動に至ってしまった今回の事件。父親への溜まりに溜まった恨みが、殺意の衝動となってあらわれたのかもしれない。

報道を受け、インターネット上では少女に対する同情の声があがっている。

・長女に同情しか感じなかった。19歳の長女筆頭に4人も子供がいて40代無職DVの父親ってどうよ?

 

・ちゃんと調査して正当防衛にしようよ。んで、暴力ふるってた父親を逮捕しようよ。おかしいよ、日本

 

・殺意を認めて、家族を守った。勇気ある行動。もっと、器用に、殺意を認めず、賢いやり方はあるように思うが、この辺りに彼女の計算のない決意を感じる。どうか、情状酌量を認めて欲しい

 

・ホントに暴力受けてたなら、正当防衛。罰したりしないでほしい

 

■3人に1人が親からの暴力を経験

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,365名に「両親から暴力を受けた経験」について調査したところ、4割近くが「経験アリ」と回答。

少女が言うように日常的に暴力をふるわれていたというケースは珍しいだろう。しかし、しつけ、はたまたしつけとは名ばかりの虐待や、頻度の差はあれど、3人に1人が両親からの暴力を経験しているようだ。

 

賛否両論さまざまな声があがる今回の事件。父親の家族に対するDVを含め、家族問題の解決も重要になるだろう。

・合わせて読みたい→茨城・一家6人殺害事件 父親の身勝手な供述に「発想がサイコパス」と非難殺到

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日対象:全国20代~60代の男女1,365名 (有効回答数)

剛力彩芽の「父親と入浴」発言が話題 「気持ち悪い」と批判の声

女性は大人になるにつれ、父親ともある程度の距離を置くといわれる。だが、一方でいまだに父親と距離が近い場合も。

女優・剛力彩芽(25)もそのうちのひとり。24日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)での発言が話題を呼んでいる。

 

■剛力家の家族習慣「両親と入浴」

番組にVTR出演した剛力は、仲が良いという家族とのエピソードを話した。その中で「剛力家の習慣」として、両親と風呂に入ることを告白。

家族旅行の際、貸切風呂に家族みんなでお風呂に入るという。さらに、「母親とはしょっちゅう入るんですけど、父親も全然(入る)」と、現在でも父親とお風呂に入っていることを恥ずかしげもなく話した。

衝撃の実態に、MCの加藤浩次(48)も「すごいね、お父さん」と驚きの表情を見せた。

 

■批判の声殺到「感覚が無理」

現在25歳と、成人であるにも関わらず「父親との風呂」にためらいがない剛力。まさかのお風呂事情に、女性向け掲示板『ガールズちゃんねる』では批判の声が相次いだ。

・AVでありそうなパターン つまり普通じゃない

 

・人の家庭の事情は勝手だけど、言うのはやめなさいよ、気持ち悪いだけよ

 

・父親に裸見られたくないし、こっちも見たくない

 

・絶対無理! 仲良し家族とは違う! 感覚が無理

 

剛力は何も意識していないだろうが、思春期を過ぎた娘とお風呂に入ることはやはり世間からは好ましく思われていないようだ。

DV離婚「父親がいないこと」を子供にどう話す? 「優しい嘘」に共感

(maroke/iStock/Thinkstock)

離婚が、決して珍しいことではなくなってきた昨今。別れた片方の親に引き取られた子供たちは、「両親の離婚」をどのように受け止めているのだろうか。

女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』にて、離婚後子供に「父親がいないこと」をどう話すべきか、というトピックスが注目を集めている。

 

■元夫からDVを受けて離婚した女性

投稿者は、元夫からDVを受けて離婚したという女性。4歳になる子供が、最近父親を意識してきたそうで、父親がいないことを子供にどう話すべきか、悩んでいるという。

投稿者は「子供の年齢や状況によって違うと思いますが…」と前置きしたうえで、離婚経験者からの意見を求めた。

 

■伝える必要ないことは言わない

投稿者の離婚事由が「元夫からのDV」であることから、「全て正直に話す必要はない」といった意見が多くの共感を得ている。

・パパとママは別々に暮らすことになったではダメなんですか? 理由は言わなくて良いでしょ。ママがパパに殴られてたとか子供が知ったら悲しいですよ

 

・難しいですね。 主にとっては思い出したくない最低な旦那だったかもしれないけど、「あなたの父親はひどい男で最悪だった」みたいな言い方はしないほうがいいかなと。 パパとママはもう一緒には暮らせないけど、どちらもあなたのことは愛してるよって伝えてあげたらいいと思う 

 

「自分の父親が母親に暴力を振るっていた」ことは、子供にとって大変ショッキングな事実。

「離婚した」「父親には会えない」ということは伝えつつも、離婚事由の伝え方には時期や表現の工夫が必要そうだ。

DV離婚「父親がいないこと」を子供にどう話す? 「優しい嘘」に共感

(maroke/iStock/Thinkstock)

離婚が、決して珍しいことではなくなってきた昨今。別れた片方の親に引き取られた子供たちは、「両親の離婚」をどのように受け止めているのだろうか。

女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』にて、離婚後子供に「父親がいないこと」をどう話すべきか、というトピックスが注目を集めている。

 

■元夫からDVを受けて離婚した女性

投稿者は、元夫からDVを受けて離婚したという女性。4歳になる子供が、最近父親を意識してきたそうで、父親がいないことを子供にどう話すべきか、悩んでいるという。

投稿者は「子供の年齢や状況によって違うと思いますが…」と前置きしたうえで、離婚経験者からの意見を求めた。

 

■伝える必要ないことは言わない

投稿者の離婚事由が「元夫からのDV」であることから、「全て正直に話す必要はない」といった意見が多くの共感を得ている。

・パパとママは別々に暮らすことになったではダメなんですか? 理由は言わなくて良いでしょ。ママがパパに殴られてたとか子供が知ったら悲しいですよ

 

・難しいですね。 主にとっては思い出したくない最低な旦那だったかもしれないけど、「あなたの父親はひどい男で最悪だった」みたいな言い方はしないほうがいいかなと。 パパとママはもう一緒には暮らせないけど、どちらもあなたのことは愛してるよって伝えてあげたらいいと思う 

 

「自分の父親が母親に暴力を振るっていた」ことは、子供にとって大変ショッキングな事実。

「離婚した」「父親には会えない」ということは伝えつつも、離婚事由の伝え方には時期や表現の工夫が必要そうだ。

檀ふみが「作家の父に抱いていた恐怖」を告白 阿川佐和子、ネット民も同情

(画像はYouTubeのスクリーンショット)

14日に放送された、人気トーク番組『サワコの朝』(MBS/TBS系)の放送300回を記念して、阿川佐和子の親友、女優・檀ふみが出演。

『火宅の人』などの著作を持つ、有名作家の父・檀一雄に激怒されたエピソードを語った。

 

■父はいつ怒り出すかわからない…

阿川は、檀の父である一雄の著作からのイメージで、「家を放り捨てて、家族を悲しませて恋人と遊んでいた」という印象を持っていたと話した。

この話を聞いた、檀は…

「父はいつも家にいた、家でご飯を食べるのが大好きな人だから。私が小学校4年生くらいのときには恋人ともほとんど別れていたので、家が中心。ただ、父はどこに逆鱗を秘めているのかわからない。突如として怒り出すのでいつも怯えていた。

 

一番恐ろしかったのは、小学校3年生の頃、髪を伸ばしていたが、あるとき、母に切りなさいと言われて腹がたった。それで、屋根裏に隠れてハンストをした。そしたら、父が激怒して髪の毛を引っぱって引きずられた。必死で暴れて、家の外まで逃げた。それ以来、髪の毛を気にしなくなった」

 

と、涙ながらに激怒されたエピソードを語った。

 

■ネット民は同情

ネットでは、「トラウマになるよね」といった同情する声が目立っている。

さっきサワコの朝見ていて、すごく辛かったわ。檀ふみさんはサラッと言ってたけど、虐待だよね。子供の髪持って引きずるって。髪の毛引っ張られるのってすごく痛いし、心的ダメージも大きいから、トラウマになるよね。それからはヘアスタイルには無頓着になったって。。。

— may (@maymgg) October 13, 2017

阿川佐和子と檀ふみの少女時代が可哀想すぎる。偉大な作家の父をもつと父との摩擦で,娘は苦労するんだなあ。ある意味DVなのかもしれないけど,親から子への価値観の伝承というのは,ぶつかり合いが必要だと思う。躾と虐待は,紙一重。

— 宇宙精 (@soranosei) October 13, 2017

お二人の作家である面倒なお父さん方…と言っても他の作家さんはちょっと違うらしい(´`;) #サワコの朝

— 久木元浩人 (@coga76) October 13, 2017

 

■親から殴られたことある?

しらべぇ編集部では、「親から殴られたことがある」かどうかの調査を実施。あると答えたのは、全体では36.3%であった。

一番多いのは、40代男性で6割近くの人が親に手を挙げられた経験をしている。

「昔は、親が殴るのは当たり前だった」との意見があるが、60代以上は男女ともに少ない割合。今回の結果から見ると、70〜80年代にかけて広がった文化だといえる。

しつけのために殴る場面もあるだろうが、当たり前のように殴っているとトラウマになったり、虐待と勘違いされてしまうので気をつけたほうがいいかもしれない。

・合わせて読みたい→暴力は連鎖する?親から殴られるといじめっ子になる可能性が…

(文/しらべぇ編集部・嘉手川裕太

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日対象:全国20代~60代の男女1,365名 (有効回答数)