片瀬那奈

「エロ男爵を刈り取りたい」沢村一樹 演技上手なネコの話題で救われる

20日の今日からスタートする、テレビ東京系ドラマ『ユニバーサル広告社〜あなたの人生、売り込みます!〜』の会見に、出演者の沢村一樹(50)、和久井映見(46)、片瀬那奈(35)、要潤(36)が登壇した。

『チマタの噺』(テレビ東京系)に出演した際に放った、「テレ東にコンプライアンスなんてあるんですか?」発言が、さまざまなメディアで取り上げられた主演の沢村。

会見に登場するなり、「テレビ東京にコンプライアンスはあるそうです!」と訂正し、いきなり会場を沸かせた。

 

■『ひよっこ』にあやかりたい

荻原浩著「ユニバーサル広告社」シリーズ『花のさくら通り』が原作の今作は、NHK朝の連続テレビ小説『ひよっこ』を手掛けた岡田惠和氏が脚本を担当。

さらにレギュラー陣8人中4人も『ひよっこ』出身ということもあり、『ひよっこロス』に陥っているファンたちからも期待が寄せられている作品だ。

主役の沢村は作品について語る上で「『ひよっこ』にうまくあやかれればいいな」と述べ、舞台は違えど同じ岡田氏の世界観に対する思いも露わにした。

「金曜日の夜にふわっとのんびりと見られる、心の温まるドラマ」という今作は、さくら通り商店街という街を舞台に、さまざまな人間模様や、日常で起こる小さなドラマを描かれている。

沢村と同じく『ひよっこ』に出演した和久井も、「『ひよっこ』ファンも、絶対ユニバーサル広告社のみんなが大好きになっちゃう」と語った。

港町のさびれた商店街を舞台に、小さな広告会社が奮闘する『ユニバーサル広告社』。その人情溢れるドラマに、『ひよっこ』ファンも、そうじゃない人も、思わず心が温かくなってしまいそうだ。

 

■個性溢れる「売り込み」ポイント

『ユニバーサル広告社〜あなたの人生、売り込みます!〜』というタイトルを受け、報道陣から「売り込みたいポイント」を尋ねられた出演者たち。

それぞれ個性あふれる回答で、しっかりと笑いを獲得していた。

トップバッターの沢村は、「数年前に蒔いた(エロ)男爵の種が思いもよらぬ花を咲かせてしまって…」と、みんなが吹き出してしまうようなセールスポイントを語り始め、「広告の力で刈り取ってくれれば、また新たな男爵の種が蒔けるのに…」と、1人目から悪ノリ全開の回答で、会場は笑いに包まれた。

謎めいた事務・経理担当を演じる片瀬は、役柄からは想像もつかない体力自慢が売り込みポイントだという。「コンクリートを固めたりだとか、重い荷物を運ぶだのの作業は絶対できます」と、男気溢れる回答。

さらに大食いであることもアピールし、「食べる仕事ならいくらでもできる」と、そのスタイルのよさからは想像できない、意外な特技を示した。

そして、要は「ほんとに僕はあのー…」と少しの溜めを持って発せられたのは、やはり「うどんに関すること」。報道陣の期待を裏切らない回答に、しっかり笑いをとる。

「讃岐うどんは、どんなうどんの中からでも見分けられる」と自信満々に答える姿からは、しっかりと「うどん愛」という売り込みポイントが伝わってきた。

 

■撮影秘話は「鼻毛」だけ?

司会者から、撮影時のエピソードについて聞かれると、沢村は「ロケ場所が遠いことだ」とコメント。

続いて片瀬が、口ごもりながら「言えないことは、いっぱいあるんですよ…沢村さんの」と、エロ男爵の暗躍っぷりを匂わせる発言。

「言っていい?」と和久井に尋ねるが、和久井も「言わないほうが良いと思う」と、キッパリ。

沢村に「さわりだけでも話してよ、気になる」と言われ、やっと出てきたエピソードが「鍾乳洞のように固い鼻毛を、和久井に執拗に触らせようとする」というもの。

これが「さわり程度」だというのだから、どんな過激な話があるのか…。

しかも、「ほかには、言ってもいいエピソードがない」という、なかなかの想像を掻き立てる流れに陥りかけたが、要の「ロケ現場にたくさんいるネコが、素晴らしい演技をする」という、ほんわかエピソードが登場。

実際に「本番でだけ、奇跡的な演技を見せるネコが多い」と絶賛していたが、会見の場も「ネコの演技」話に窮地を救われる形になった。

 

なお、会見冒頭でテレビ東京に「コンプライアンスがある」発言をした沢村だったが、「言えない話」が多すぎるという話から、本人の「コンプライアンス問題」は怪しいところか。

ちなみに、物語の舞台となる「ユニバーサル広告社」には、セクハラやパワハラ発言をすると、社員全員におごるというルールがあり、ドラマの中のコンプライアンス意識は高いようなので安心だ。

一週間の疲れを癒す金曜日の夜、ゆっくりほっこり観られる人情ドラマの『ユニバーサル広告社』。その温かいストーリーに加え、随所に登場するネコの名演技にも注目だ。

【『ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~』】放送日時:毎週金曜 夜8時より放送原作:『花のさくら通り』~ユニバーサル広告社シリーズ~ 荻原浩(集英社文庫刊)出演:出演:沢村一樹、和久井映見、片瀬那奈、要潤、やついいちろう、入江甚儀、でんでん、三宅裕司主題歌:GLAY『あなたといきてゆく』(ポニーキャニオン/LSG)脚本:岡田惠和、谷口純一郎監督:川村泰祐、及川拓郎製作著作:テレビ東京

・合わせて読みたい→『ひよっこ』沢村一樹の深刻な「エロい人」イメージ 展開予想にも影響

(取材・文/しらべぇ編集部・エグオ

沢尻エリカがセクシーショットを披露 艶のある「胸の谷間」が魅惑的

(写真はInstagramのスクリーンショット)

女優の沢尻エリカ(31)が、女性向け雑誌『4MEEE magazine』(STANDARD MAGAZINE)でセクシーな胸の谷間を披露し話題になっている。

 

■エリカ様は本当の美人?

沢尻のセクシーショットは、ジュエリーブランドの代表・福王寺彩野の公式インスタグラムでも紹介されている。

艶のある胸元を露出した沢尻は雑誌のカバーガールをつとめており、コメント欄には、

・エリカ様いつ見ても綺麗でかわいいですよね

 

・えりかさん、大好き ほんとの美人

 

といった賞賛の声も投稿されている。

本日発売❤️ 表紙は @ahkah_official のジュエリー重ね付けのエリカ様❤️ #Repost @misatokowaki ・・・ ・ 4MEEEmagazine @4meee_com 本日、発売です!! ・ ・ カバーは沢尻エリカさん。 ”人生の主役は私” をテーマに、 強く美しく、凛とした女性像を体現していただきました。 ・ 4MEEEmagazineの描く女性像は、 「仕事も恋も遊びも、 どんな時でも全力で 人生を欲張りに楽しむ女性。」 ・ まさにそのイメージにぴったりな 沢尻エリカさんの生き方、人生観、仕事論、恋愛観などを ロングインタビューで語っていただきました。 ・ ・ どんな時も多くの人を惹きつけてやまない、沢尻エリカさんの 魅力が伝わるかと思います(^^) ・ ・ 中ページも、たくさんの豪華な方々にご出演頂きました! ・ 今回は表紙を開いてすぐが目次ページ代わりのインデックスになっているのですが、 最後にまとめていて改めて見てもすごい豪華だよね…と編集スタッフもビックリしたほど(笑) ・ ファッション、ビューティ、ライフスタイルと盛りだくさんの 一冊です。 ・ ・ 雑誌作りって、企画から、準備、撮影、デザイン進行…と何度も確認と修正を繰り返し、 果てしなく時間がかかる作業で。 ほんと大変だなぁと(笑) ・ 今回も創刊号発売後からずっと動き続けて、夏を超え、やっと発売に辿り着きました。 ・ だけど時間をかけ、写真一枚、 言葉ひとつひとつに気持ちを込めて作った一冊を見て、 私はやっぱり雑誌作りが好きだなぁと思いました(^^) ・ 今回も小心者な私は、何度も責任とプレッシャーに押しつぶされそうになりましたが 2号目も本当に本当にたくさんの方のご協力で無事に完成しました。ありがとうございますm(._.)m ・ ・ ・ 手にとっていただいた方が、 少しでもワクワクしたり、happyな気持ちになってくださったら嬉しいですm(._.)m ・ ・ 全国の書店さん、Amazonなどで発売しています。 ぜひご覧いただけたら嬉しいです♡ ・ ・ #4MEEEmagazine #本日発売‼️ #沢尻エリカ #AHKAH #アーカー #thankyou @tsugumiw

A post shared by 福王寺 彩野 Ayano Fukuoji (@tinkpinkayano) on Oct 12, 2017 at 2:09am PDT

 

■エイベックス松浦社長とも親密ツーショット

3日には、『エイベックス・グループ・ホールディングス』松浦勝人社長(53)と密着してシャンパンを飲む写真も話題になった沢尻。

こちらも胸元が大きく開いており、体を寄せられている松浦社長が羨ましい1枚だ。

誕生会は大変だ!#コスプレ #沢尻エリカ #エリカ様 #avex #amg #masatomatsuura #maxmatsuura

A post shared by masato matsuura (@masatomatsuura) on Oct 3, 2017 at 1:22am PDT

『スカッとジャパン』悪役4姉妹に反響 「全員美人」「シリーズ化希望」の声

(画像はTwitterのスクリーンショット)

視聴者からの体験談を元に、人気俳優たちが「スカッと」する再現ドラマを熱演することで話題の『スカッとジャパン』(フジテレビ系)。

9日放送の2時間スペシャルでは、自己中な人気者「りなっしー」を演じる中村静香やお局役が人気の片瀬那奈、ぶりっ子悪女「ヒメカ」役の岡副麻希アナなど、同番組の女性人気キャラクターたちが共演する、なんとも豪華な再現VTRが。

ムカッとする内容ながら、インターネット上では彼女たち「アパレル魔女4姉妹」に対する反響が相次いでいる。

 

■部署を牛耳る「アパレル魔女4姉妹」

アパレル会社に務める主人公が新しく配属されたのは、アパレル業界にとって重要なデザインを管轄する部署。しかし、その部署を取り仕切っていたのは、バブル気分が未だに抜けない課長(片瀬)を筆頭とする「魔女4姉妹」だった。

彼女たちは、任された仕事を周りに丸投げする次女(中村)に、部長クラスの上司から溺愛されやりたい放題な末っ子(岡副)、さらには陰口をすぐ上司に告げ口をするト三女(藤本泉)と、厄介な人物ばかり。

ひょんなことからその4姉妹に目を付けられてしまった主人公は、徹夜で仕上げたデザイン案を見てももらえず破棄されるなど、様々な嫌がらせに遭ってしまう。

しかし、この部署の成績を不審に思った上層部から、「調査員」として派遣されてきた女性によって、彼女たちの横暴が暴かれる。

これによって4姉妹は解体、主人公はデザイナーとして評価されるというスカッとした結末を迎えた。

 

■美しすぎる魔女たちに反響

インターネット上では、女性達による陰湿な「職場いじめ」にムカッとした人が続出する中、舞台となった美女揃いの部署に「こんな部署がもしあったら…」など、タラレバを呟く人も。

魔女四姉妹、綺麗でかわいいな#スカッとジャパン

— ゲキカラ (@1123HoneyWorks) October 9, 2017

魔女4姉妹、全員美人。こんな美人ばっかの職場は存在しない(笑)#スカッとジャパン

— のの (@zero0Nono) October 9, 2017

実際中村静香と岡副麻希がいる部署に異動とかなったら「こ、ここが極楽浄土か…」ってなるわ。

— シロ (@mub4614) October 9, 2017

魔女4姉妹キャラいい~!!あれ、シリーズ化して欲しいw長女は権力、次女は仕事したくない、(隠れ)三女は告げ口、末っ子はあざとい設定とか好きだw社長のスパイもかっこよかったけど!! #スカッとジャパン

— mono (@mono__k_004) October 9, 2017

キャラクターの個性が光る魔女4姉妹を「シリーズ化してほしい」といった声も相次いでいる。

 

■「職場いじめ」経験者は4人に1人

主人公が受けた「魔女4姉妹」による悪質な嫌がらせのような、「職場いじめ」を経験したことのある人はどれくらいいるのだろうか。

しらべぇ編集部が全国の会社員を経験したことのある20~60代男女899名を対象に「職場いじめ」に関する調査を実施したところ、「職場いじめを受けたことがある」と回答した人は全体で25.8%という結果に。

男女雇用機会均等法が施行された時期に社会進出を果たした、50代女性の割合が最も高く「女のくせに…」と差別的な扱いをされたことがある、といった体験談も寄せられた。

「魔女4姉妹」が再び共演する機会に期待したい。

・合わせて読みたい→小林麻耶『スカッとジャパン』ぶりっ子演技に「プロ根性」と称賛の声

(文/しらべぇ編集部・もやこ

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年3月24日~2017年3月26日対象:全国20代~60代の会社員経験者899名(有効回答数)