物の怪

山の『物の怪』は珍しいものを好む

 

うちの爺さんは若い頃、当時では珍しいバイク乗りだった。

 

金持ちだった両親からの何不自由ない援助のおかげで、燃費の悪い輸入物のバイクを暇さえあれば乗り回していたそうな。

 

ある時、爺さんはいつものように愛車を駆って、山へキャンプに出掛けた。

 

ようやく電気の灯りが普及し始めた当時、夜の山ともなれば、それこそ漆黒の闇に包まれる。

 

そんな中で爺さんはテントを張り、火をおこしてキャンプを始めた。

 

持ってきた酒を飲み、ほどよく酔いが回ってきた頃、何者かが近づいてくる気配を感じた。

喰われていたかも知れない・・・

“ツーリングキャンプ”なんて言葉も無かった時代だ。

 

夜遅くの山で出くわす者と言えば、『獣』か『猟師』か『物の怪』か。

 

爺さんは腰に差した鉈(なた)を抜いて、やってくる者に備えたそうだ。

 

やがて藪を掻き分ける音と共に、『何か』が目の前に現れた。

 

この『何か』というのが、他の何にも例えることが出来ないものだったので、『何か』と言うしかない、とは爺さんの談である。

 

ソレは、とても奇妙な外見をしていたそうだ。

 

縦は周囲の木よりも高く、逆に横幅はさほどでもなく、爺さんの体の半分ほどしかない。

 

何だか分からないが、『ユラユラと揺れる太く長い棒』みたいなものが現れたそうだ。

 

爺さんはその異様に圧倒され、声も無く『ソレ』を凝視し続けた。

 

ソレはしばらく目の前でユラユラ揺れていたかと思うと、唐突に口を開いたのだそうな。

 

「すりゃあぬしんんまけ?」

 

一瞬、何を言われたのか分からなかった。

 

酷い訛(なま)りと発音のお陰で、辛うじて語尾から疑問系だと知れた程度だったという。

 

爺さんが何も答えないでいると、ソレは長い体をぐ~っと曲げて、頭と思われる部分を爺さんのバイクに近付け、再び尋ねてきた。

 

「くりゃあぬしんんまけ?」

 

そこでようやく爺さんは、「これはオマエの馬か?」と訊かれていると理解できた。

 

黙っていると何をされるか・・・、そう思った爺さんは勇気を出して「そうだ!」と怯えを押し殺して答えたそうだ。

 

ソレはしばらくバイクを眺めていたが(顔が無いのでよく分からないが)、唐突にまた口を開いた。

 

「ぺかぺかしちゅうのぉ。ほすぅのう。(ピカピカしてる。欲しいなぁ。)」

 

その時になってようやく爺さんは、ソレが口を訊く度に“猛烈な血の臭い”がすることに気が付いた。

 

人か獣か知らんが、とにかく”コイツは肉を喰う”。

 

下手に答えると命が無いと直感した爺さんは、バイクと引き替えに助かるならと、「欲しければ持って行け!」と答えた。

 

それを聞いたソレは、暫し考え込んでる風だったという。(顔がないのでよくわからないが)

 

ソレがまた口を開いた。

 

「こいはなんくうが?(これは何を喰うんだ?)」

 

「ガソリンをたらふく喰らう」

 

爺さんは正直に答えた。

 

「かいばでゃあいかんが?(飼い葉ではダメか?)」

 

「飼い葉は食わん。その馬には口が無い」

 

そう言ってバイクを指し示す。

 

「あ~くちんねぇ。くちんねぇ。たしかにたしかに」

 

納得するソレ。

 

そこまで会話を続けた頃、爺さんはいつの間にか『ソレ』に対する恐怖が無くなっていることに気が付いたという。

 

ソレはしばらくバイクの上でユラユラと体を揺らしていたが、そのうちに溜息のような呻(うめ)き声を漏らすと・・・

 

「ほすぅがのう、ものかねんでゃなぁ(欲しいけど、物を食べないのでは・・・)」

 

そう呟くように語ると、不機嫌そうに体を揺らしたという。

 

怒らせてはマズイと思った爺さんは、「代わりにコレを持って行け!」と、持ってきた菓子類を袋に詰めて投げてやったという。

 

袋はソレの体に吸い込まれるように見えなくなった。

 

するとソレは一言「ありがでぇ」と呟いて、山の闇へ消えていったという。

 

その姿が完全に見えなくなるまで、残念そうな「む~、む~」という呻きが響いていた。

 

爺さんは気が付くと、いつの間にか失禁していたという。

 

その夜はテントの中で震えながら過ごし、朝日が昇ると一目散に山を下りたそうだ。

 

家に帰ってこの話をしても、当然誰も信じてはくれなかった。

 

が、ただ一人、爺さんの爺さん(曾々爺さん)が・・・、

 

「山の物の怪っちゅうのは珍しいもんが好きでな。お前のバイクは山に入った時から目を付けられていたんだろう」

 

「諦めさせたのは良かったな。意固地になって断っておったらお前は喰われていただろう」

 

と語ってくれたのだそうな。

 

以来、爺さんは二度とバイクで山へ行くことは無かったそうだ。

 

ちなみに、件のバイクは今尚、実家の倉に眠っている。

 

(終)

The post 山の『物の怪』は珍しいものを好む appeared first on 怖いもん通信.

人に化けて悪さをする物の怪

 

昔に山で仕事をしていた時の話。

 

仕事を終えて作業道を歩いて下っていると、上の方で“妙な声”がした。

 

「ホゥ」とか「ウォ」と聞こえるが、山で呼ぶ時にそんな声を出す人もいるから「誰かいるのかな?」と思って上を見た。

 

すると、尾根の方に小さな人影が見えた。

 

※尾根(おね)

谷と谷に挟まれた山地の一番高い部分の連なり。

物の怪に呼ばれたのだろうか?

逆光でシルエットしか見えないが、どうやらこちらを見ている様子。

 

俺も「オオゥ」みたいな声で答えたが、向こうはじっとして動かない。

 

何なんだ?と思っていると、今度はこちらに手を振ってジャンプし始めた。

 

訳が分からないし、疲れていたので、「降りるぞー!」と言ってそのまま林道へ降りた。

 

先に降りていたおっさんが「誰か居たのか?」と訊くので説明すると、ちょっと嫌な顔をした。

 

「コダマかも知れん」と言う。

 

「何それ?」と問うと・・・、

 

「人に化けて悪さをする。昔はコダマを見たら、その日は家に帰って一歩も外へ出るなって言われていた」

 

「夜中に呼ばれたり、戸を叩かれても、絶対に返事をしてはいけない。今はそんなことないかも知れないが・・・」

 

おっさんは一頻(ひとしき)りそんなことを言った後、

 

「念のため、今晩はお前も外へ出ない方がいいぞ!」

 

そう俺に忠告した。

 

俺は当時、駅近くの飲み屋へ毎晩のように通っていたが、おっさんの言葉がやっぱり気になり、その夜は大人しく家に居た。

 

だが結局は、名前を呼ばれたり、戸を叩かれたりはしなかった。

 

次の日の朝、仕事の続きをしに作業道の入口まで来ると、おっさんが先に来ていた。

 

いつもは先に来くると、さっさと足拵(あしごしら)えを済まして火を焚いて待っているのに、なぜか軽トラの中でタバコを吸っている。

 

俺が近づくと、車から降りてきて作業道の入口を指差した。

 

ウサギ2匹と鹿の死体が重なって置かれていた。

 

しかも、内臓が全て抜かれている。

 

一目見て吐きそうになった。

 

「今日は山へ入らない方がいい・・・」

 

そう言われたが、俺も仕事をする気にならなかったので、これ幸いと引き返した。

 

その後、その山の仕事を続ける気にならなかったので、おっさんに頼み込んで他の仕事師に代わってもらった。

 

おかげで年末にかけて金が足らなくなり飲み屋に行く回数も減ったが、「代わりの仕事師が大怪我をした」という話を聞いて本気でゾッとした。

 

何かに気を取られ、倒れてくる木の下敷きになったらしい。

 

もしかして『コダマ』に呼ばれていたのだろうか?

 

(終)

The post 人に化けて悪さをする物の怪 appeared first on 怖いもん通信.