物置

路上に捨てられた物置

 

昔、家の近くに怖いおっちゃんが住んでいた。

 

怖いと言ってもヤクザとかではなく、ただ単に頑固なだけだったのだが。

 

友達と悪さをしているのがバレると、よく走って追いかけてきて怒られた。

何を見たのだろうか・・・

その日もイタズラをして逃げていたのだが、追いかけられている途中に小さな物置が捨ててあるのを発見した。

 

鍵も掛かっていなかったし、そろそろ息も切れていたので、そこに隠れることに。

 

しかしすぐバレたようで、おっちゃんは「そこに隠れたのは分かってるんだぞ!」と言いながら、物置の扉を開けた。

 

おっちゃんはニヤニヤしながら物置に首を突っ込み俺を探していたのだが、ある一点を見た途端、おっちゃんの顔色が変わった。

 

冷や汗を流し、ガクガクと震え出したかと思うと、訳の分からないことを叫びながら扉を閉めて逃げていった。

 

俺は何があったんだろうと思いながらも、物置から出て帰宅した。

 

その日以来、おっちゃんはほとんど外に出て来なくなった。

 

家の窓にはカーテンが閉められ、庭の世話もしていない。

 

ある日、俺がおっちゃんの家の前を通りがかった時、何かに怯えているような様子のおっちゃんが話しかけてきた。

 

「おい、俺がもしあの物置の所に行こうとしたら、何をしてもいいからとにかく止めてくれ!頼む!」

 

鬼気迫る様子に、俺はただ頷くしかなかった。

 

おっちゃんが失踪したのはそれから一ヶ月も経たないうちのことだった。

 

朝早く、あの物置があった運動場の方面にふらふらと歩いていくのが目撃されたのが最後だったらしい。

 

捜索願いが出されたにもかかわらず、おっちゃんは発見されなかった。

 

しかし、10年ほど経ったある日、おっちゃんはふらふらと戻ってきた。

 

顔は薄汚れ、髭は伸び放題だったが、服は失踪した当時のままだった。

 

おっちゃんは気の毒にそれ以来気が狂ってしまった為、10年近くどこに行っていたのかは分からなかった。

 

おっちゃんはあの物置で何を見たんだろう・・・。

 

(終)

The post 路上に捨てられた物置 appeared first on 怖いもん通信.

物置で見つけたボロボロの短刀

 

当時、私は小学2年生でした。

 

ある時、子供によくある興味というか、探検心で物置に入ってみたのです。

 

そこで私は刃こぼれし錆び付いた『短刀』を発見しました。

 

幼き私は「良いもの見っけ!」と喜び、それを玩具にする事にし、振り回して遊んでいました。

 

幸い、錆びつきが酷く、紙一枚すら切れない代物だったので、安全とは言えなくとも危険では無い、と判断したのでしょうか・・・。

 

親に見つかれば取り上げられると思った私は、誰にも言わず、秘密にしていました。

 

そうして、たまに物置から引っ張り出しては遊んでいたのですが、ある日、ふと刀身を見てみると、黒だか赤だか分からない色の液体が付着していました。

 

その頃の私は細かい事は気にしない性格だったので、その液体を洗い流し、遊びを続行しました。

 

遊びを終え、元の場所に置いて物置の扉を閉めました。

 

次の日も物置から短刀を出そうと入ってみると、置いたはずの場所にはありませんでした。

 

数時間ほど探しては見たものの、どこにも無い。

 

諦めて自室へ戻ってTVゲームでもしようと思った時、左手に違和感を感じました。

 

見てみると、手首に薄っすらと残った刃物を押し当てた様な傷跡と、前日の刀身に付いていた赤黒い血のような液体がべったりと・・・。

 

その後、短刀は幾ら探しても見つかりませんでした。

 

今も傷跡は残っていますが、生活に支障はないし、他人に見られても自殺未遂者と勘違いされる程度なので傷跡の事は気にしてはいません。

 

ただ、あの出来事自体が不可解だったので、未だ気にはなっているのです。

 

(終)

The post 物置で見つけたボロボロの短刀 appeared first on 怖いもん通信.