警察官の従兄から聞いた話。

 

仕事柄、現場写真を山のように撮るが、たまに『説明不可能な写真』があるそうだ。

 

①、高速道路の事故現場

連続して撮ったうちの一枚だけ、自分の遺体を見ている犠牲者が写っている。

 

服や髪形はまるで同じ。

 

しかし、その犠牲者を取り囲むようにして、十数人の人が無表情で写っていた。

 

 

②、放火殺人の現場

現場写真に野次馬を写したものがある。

 

なぜか一人、火事場と逆方向を見つめている人がいる。

 

後の発表で気付いたが、その時の火事場に居たはずの犠牲者だった。

 

「もしかしたら視線の先は・・・」と考えたが、とくに捜査に役立つ情報は得られなかった。

 

 

③、自殺現場

遺体を運んだ後の現場を写した連続写真に一枚だけ写り込んでいた。

 

その自殺者とは全く違う人が血まみれで倒れていた。

 

靴は履いていなかった。

 

 

④、死体遺棄現場

大戦時、軍の演習場として使われていた荒地。

 

遠くの草の陰に、銃剣を構えた日本兵らしき人物が写り込んでいた。

 

 

⑤、殺人事件の現場検証

一枚だけ、犯人の顔が透けて骸骨が見えているかのような写真があった。

 

犯人はその後、急性肺炎で獄死した。

 

 

従兄は「もう慣れた」という。

 

最初はびっくりして上司に報告したが、上司は「ほっとけ」と笑っていた。

 

従兄いわく、「今は俺も無かったことにしている。こんなの誰かに見せてもしょうがないだろ」と語っていた。

 

(終)

The post 説明不可能な現場写真の数々 appeared first on 怖いもん通信.