田村淳

「指一本で億を稼ぐ時代が来てる」 田村淳『eスポーツ』の可能性を語る

(X-GUN西尾季隆(左)、田村淳(右) )

田村淳(43)とX-GUN西尾季隆(47)が11日、都内で開催されたリアルタイム3D対戦スマホゲーム『ハチャメチャ STARJAM』リリース発売発表会に登場した。

 

■田村淳がeスポーツの可能性を熱く語る

『ハチャメチャ STARJAM』は日本eスポーツ協会公式大会で扱う初のスマホゲーム。優勝すれば賞金100万円が用意された大会がさっそく開催される。

田村はeスポーツの可能性に数年前から目をつけており、「海外には、指先一つで1億、2億を稼ぐプレイヤーも存在する。日本はクリエイターは多いがプレイヤーは少ないのが現状。しかしeスポーツが本格的に流行れば、日本人のゲームへの見方は大きく変わる」と語る。

それを聞いた西尾は「eスポーツとの単語自体が初耳。しかし夢が広がる概念。これからはゲームなんてしないで勉強しなさいが、勉強なんてせずにゲームしなさいの時代になるかも」と感動。

 

■受験中のため今はゲーム自粛中?

「青山大学受験を目指して勉強ばかりで、ゲームをする時間はかなり減った」と語る田村。以前は、かなりゲームをやり込んでいたようだ。

西尾とゲームバトルをする展開になったが、惜敗。「何で負けてもゲームぐらい勝ちたかった。本気でやり込んだ甲斐があった」と大喜びする西尾に対して、「絶対リベンジしたい」と悔しげな田村。

ゲーム自粛の効果は受験勉強の成果に影響したのだろうか。田村本人は「英語以外は成績がかなり上がってます。英語以外は」と渋い表情を見せた。

 

■eスポーツは運動音痴でも活躍できる

「スポーツだけど、バカにはできない。でも、運動音痴の俺でも日本代表になる可能性はある」と田村はeスポーツを評価する。

ゲームだけど、スポーツ。これに違和感を感じる人はまだまだ多い。しかし、オリンピックの競技のひとつにeスポーツが入る未来はそう遠くないという。

アジアオリンピック評議会にeスポーツが認められており、国際オリンピック委員会も前向きな検討を行うと発表。今までスポーツをしていなかった人でも、オリンピック選手として活躍できる時代が見えてきた。

もっとも、eスポーツのゲームタイトルの主流はパソコンを使用したゲームが多い。スマホゲーが主流となる日は来るのか。今後の展開から目が離せない。

もしかしたらスマホを使いこなすだけでオリンピック選手として活躍できる未来もあるのだから。

ロンブー淳、フィリピン留学で英語力強化 「受験生のやり方でない」と指摘も

(画像は田村淳公式Twitterのスクリーンショット)

今年9月に『偏差値32の田村淳が100日で青学一直線~学歴リベンジ~』(AbemaTV)で青山学院を受験することを報告したロンブー淳。そこでは、これまでずっと学歴コンプレックスを抱えてきたために受験を決意したと話していた。

今受験勉強真っ只中の敦だが、あることが波紋を呼んでいる。

 

■英語力向上のためにフィリピンへ

それはツイッターに投稿された1枚の写真。そこには日本ではない、雰囲気漂うドラックストアの前で美女の等身大パネルと一緒に楽しそうに映る敦の姿が。

フィリピンに短期語学留学中モールで実践的な英語を教わってたら、シルク姉さんが!近づいたら別人でしたフィリピンの人たちはとても朗らかで居心地が良いです。特に「CNE1」のフィリピンの先生たちはとても丁寧に優しく教えてくれます。英語が大嫌いだっのが大好きになりました pic.twitter.com/VPpMMRGjbk

— 田村淳 (@atsushilonboo) October 20, 2017

この留学は2日間という短い期間であったが、人の優しさに触れ、とても充実した留学であったことを感じさせる1枚である。

 

■受験勉強で留学の意味はあるのかと指摘

受験勉強経験者は、こんな指摘をした。

・金にもの言わせていい講師雇ったり、留学行くのはいいけど実践的な英語とペーパーテストの英語は違うよ? 時間ないのに留学する意味少ないやろ。

 

・受かるとしたら元から英語ができたとか、そういうことでしょ 青学を舐めている

 

・受験で勝つ事を目的に英語の戦略を考えた場合、やはり英語を話せる人と会話するよりも学術的な手段がより有効だと思います。

 

あと90日しかないなか、「たった2日の短期留学の意味があるのか」「受験勉強には英会話は関係ないのでは」「ペーパー試験には必要ない」と厳しい指摘が経験者から見られた。

 

また、青学を舐めているのではないかという怒りの声もあがった。時間をかけて努力した人には、本来の受験生らしからぬその淳の英語の勉強方法は腑に落ちないようだ。

『池の水ぜんぶ抜く』小泉孝太郎が参戦「番組タイトルからワクワク」

(小泉孝太郎 画像提供:テレビ東京)

11月26日(日)19:54から放送の「日曜ビッグバラエティ」(テレビ東京系)『緊急SOS!史上最大の池に異常発生!怪物10000匹!?池の水ぜんぶ抜く大作戦5』に俳優・小泉孝太郎(39)が出演する。

 

■ドラマ現場からのタレコミで…

今年1月からこれまでに4回放送し、前回9月の放送では視聴率11.8%を記録。回を重ねるごとに反響を呼ぶ「池の水ぜんぶ抜く」の第5弾の放送日が決定した。

そんな中、テレビ東京のドラマ『警視庁ゼロ係』のスタッフから「小泉孝太郎さんが『池の水抜いてみたい』と言っている」と番組に情報が入る。

所属事務所へ連絡してみると「本当です」とのことで、今回の出演が実現した。

 

■番組史上最大の池

今回小泉が向かったのは、大阪・枚方市の山田池公園。「カモの雛などを襲って食べるライギョなど外来種を駆除してほしい」との依頼で、水抜きに挑戦する。

しかし、水量およそ20万トンの番組史上最大の池。今回は水を抜きつつ、地引き網を使って生物を一網打尽にする作戦を決行。

さらに、捕獲したライギョが何を食べているのか、解剖してみることに。胃袋から出てきたものとは…。

(大阪・枚方の山田池公園で池の水を抜く 画像提供:テレビ東京)

ロンブー田村淳が7股していた過去を告白 衝撃エピソードが話題に

(画像はFacabookのスクリーンショット)

数々の女性タレントと浮名を流すなど、芸能界きってのモテ男と知られるロンドンブーツ1号2号・田村淳(43)。

28日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)に出演し、過去の恋愛事情を明かした。

 

■昔は遊び人だった?

番組では「あなたは股をかけたことがありますか?」と、浮気経験について視聴者アンケートを実施した。その中で淳は「20歳のときに、最大で7本家の鍵を配ったことがある」と7股を告白。

このエピソードにスタジオは爆笑。「(女性たちを)よく覚えられますね」とのコメントがあがると、淳は「曜日分けしてたんですけど」とその浮気方法をあっさりと明かした。

しかしある日のこと。淳が家に帰宅したところ、彼女である美容師と大学生が髪を切っていたことがあったという。この話を振り返り、「ハタチの頃ですからね。いまそんなことしてたらね、ここの席にも座れてないでしょうけど」と若気の至りだったと語った。

 

■嫌いな女性のタイプは…

また、苦手な女性のタイプについても告白した淳。

「熟女の“いい女”は遠足並みに荷物が多い」と、夕刊フジの記事を取り上げた際に、スタジオから「淳くんは女に厳しそうじゃないですか。イイ女の定義はあるんですか?」との質問があると、淳は「質問の多い女はイイ女じゃねえなって思う」と明かした。

その理由について、どうでもいい質問をしてくる女性が該当するとし、「『どのくらい好き?』『どのくらい愛してる?』とか、ああいう質問する女、嫌いなんですよ」とバッサリ否定した。

さらに「そのキーワードが出たら、別れの方向にすぐ向かいます」と発言。スタジオからは「厳しい!」との声もあがるが、「厳しいです僕は」と返し、笑いを誘った。

 

■2割が浮気経験アリ

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,336名に「浮気経験」について調査したところ、全体の2割以上が「経験アリ」と回答。

5、60代では男性のほうが圧倒的に浮気経験が多いものの、2〜40代では女性のほうが多い結果に。

 

今では妻想いで好印象な淳だが、遊び人だった過去もあったようだ。若気の至りということもあり、本人も反省しているのだろう。

・合わせて読みたい→否定しているけど 「それは不倫でしょ」と疑う既婚者の行動3選

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年4月21日~2017年4月24日対象:全国20代〜60代の男女1336名(有効回答数)