田舎

西日本の中部以西のある村落の怖い話

この記事の所要時間: 約 3分5秒 今から20年近く前、小学生の時に田舎に預けられた時の話。 従姉妹と一緒に本家・母屋で祖父・祖母と5人で1ヶ月近く過ごしていて毎朝のラジオ体操が楽しかったが、それ以外に...

田舎で出会った不思議なお姉さん

  小学2年生の頃の話。   小さい時に母ちゃんが死に、俺は親父に育てられていた。   父子家庭が原因なのか内向的な性格で、小学校で壮絶ないじめに遭っていた。   1年生の頃からずっとい...

長距離トラックの運転手だった父から聞いた怖い話

この記事の所要時間: 約 2分31秒 長距離トラックの運転手だった父から聞いた話。 昭和40年代ぐらいまでは少し郊外に行けば殆どが無舗装の道ばかりだったそうで。 ある日の深夜、助手のアンちゃんと共に群馬郊外...

「道」病院で一緒に働いてたおじさんに聞いた怖い話

この記事の所要時間: 約 2分56秒 数年前に務めていた病院ってのが東北のド田舎で、山間にあったんだけど、ほんの少し一緒に働いてたおじさんに聞いた話。 大分昔の事だよーと前置きしてから話してくれた。 世間...

3日間を祠の中で過ごすという祭り

  俺の実家は東北の田舎にあり、数年に一度、村全体で『謝肉祭』が開かれる。   その祭りのしきたりが少し変わっていて、その年に7歳になる子供と16歳以上の未婚の女を別々の籠に入れて、普段は立...

私の田舎に伝わっている風習

  つい先日、田舎へ帰った時に聞いた話が衝撃的でした。   うちの田舎ではお墓参りの後に『お墓から提灯に火を点けて本家に徒歩で帰る』という風習のようなものがあります。   それだけだったら...

山のタブーを犯してしまったせいで

  子供の頃、近所のお爺ちゃんに聞いた話です。   そのお爺ちゃんは若い頃に一度事業に失敗し、実家のある田舎へ帰ったそうです。   その家には持ち山があり、色々謂(いわ)れもあったらしいの...

遊びの最中に消えてしまった従兄弟

  子供の頃、毎年夏休みになると、お爺ちゃんの家へ泊まりに行っていた。   お爺ちゃんの家は島根県の山奥で、周りの集落はほとんど親戚みたいな感じだった。   そこには僕と同い年くらいの従兄...

雨風の強い夜に川を登ってくるもの

  先日、数年ぶりに母方の実家へ行ってきたので、そこら辺にまつわる与太話を。   母方の実家は本当にド田舎で、今でこそ山の上の方に高架道路なんぞが通っているが、昔は山間を縫うように走る狭い道...