留守番

一人で留守番をしていると

 

私の祖父は保護司をしていた。

 

その為、祖父のお世話になった人達が保護者などを伴って、時々挨拶に訪れる事もあった。

 

私が中学生の時、祖父は亡くなった。

 

祖父が亡くなってからしばらくしたある日、私が家で一人留守番をしていると、高校生くらいの男子二人が家にやって来た。

二人の様子がおかしかった

一人は髪を染めてちょっとヤンチャしてます~という感じの少年Aで、もう一人は少し大人しそうな雰囲気の少年B。

 

「自分たちは以前、○○さん(祖父)の世話になった事がある者です。○○さんのお仏壇にお線香を捧げたいのですが」

 

私はわざわざ祖父を訪ねて来てくれる人がいた事に感激し、深く考える事もなく、その二人を家に上げてしまった。

 

しかし、少年達の態度はどこか変だった。

 

少年Aが、私の顔や体を食い入る様に見つめてくる。

 

少年Bの方は、家の中の様子を伺うようにキョロキョロしている。

 

仏間に案内し、ロウソクや線香の準備をしながら、私は何か妙な違和感を感じ始めていた。

 

焼香を済ませると、二人はやたら馴れ馴れしく私に話しかけてきた。

 

「君かわいいね。何歳?××中学に通ってるの?高校はドコに行くの?彼氏は?彼氏いるの?デートしてみたいとか思った事ある?」

 

矢継ぎ早な質問に私が困惑していると、少年Aがさらに発言した。

 

「ところで今日って一人で留守番なの?」

 

蛇のようなねっとりした目で私を見つめる少年A。

 

その発言を聞いて、明らかにギョッとしているもう一人の少年B。

 

なんか、変。

 

何なのこの人達・・・。

 

なんかヤバイ、なんかオカシイ。

 

その時になって、私の違和感はようやくハッキリした形を取り始めた。

 

「ねぇ、一人?今日はもしかして他に誰もいないの?」

 

「おい、やめろよ。やめとけって」

 

「何だよ、いいじゃん。この子、結構俺の好みなんだよね」

 

徐々に近くに寄ってくる少年A。

 

表情を引きつらせながら、それを押し止めようとする少年B。

 

「やめろって。何考えてんだよ!ヤバイって!!」

 

と、その時・・・「ピンポ~ン」と玄関のチャイムが鳴った。

 

「すみませ~ん、集金で~す」

 

「は~い、今出ます!」

 

慌てて玄関先に飛び出す私。

 

ほっと肩を落とす少年B。

 

後で、少年Aが「チッ」と小さく舌打ちするのが聞こえた。

 

「もう帰ろ!」

 

ふてくされた様子の少年Aは、少年Bに促されて帰路についた。

 

帰り際、少年Bは申し訳なさそうに「・・・ごめんね」と、小さな声で謝ってくれた。

 

レイプとか強盗とか、テレビ画面の向こうにある世界だと思っていた当時の私にとって、かなり衝撃的な事件でした。

 

(終)

The post 一人で留守番をしていると appeared first on 怖いもん通信.

一人で留守番をしていた少女が見たもの

 

霊的な怖い話ではなく、身近で起こった事件にまつわる恐怖体験。

 

かなり昔の事になるが、事件としてはすでに解決しており、当時は地方紙の小さな欄にも載った実際にあった事だ。

 

その事件に巻き込まれた当事者は、俺ではなく女友達(以下、K子)。

 

なので、当事者ではない俺はK子から聞いた事しか書けないが・・・。

相当怖かっただろう

K子が高校3年生の時、家で一人留守番をしていた事があった。

 

両親は親戚の結婚式の為に不在で、K子は受験勉強をしていたらしい。

 

外も真っ暗になった頃、K子は台所へ飲み物を取りに行った。

 

その時、ふと台所の横にある小窓を見ると開いている。

 

閉めたつもりだったらしいが、良く見ると鍵の所にガムテープのようなものが付いていた。

 

小窓の近くまで寄った時、ガラスが割られているのに気付いたそうだ。

 

K子はすぐに「泥棒が入った!」と感じたらしく、急いで台所にある電話機から俺宅に電話をしようとしたらしい。

 

(その頃はまだ携帯電話が普及していない)

 

K子は親戚の電話番号も覚えていなくて、なにより住んでいる所が田舎すぎて、K子にとっての同学年の幼馴染は俺だけしかいなかった。

 

きっとパニックになっていたのだろう。

 

俺とK子は通う高校も違うし、思春期であまり話したこともなかった・・・のにだ。

 

でも俺は、そんなK子からのSOSの電話を結局は受け取れなかった。

 

何故か?

 

それは、K子の一大事に俺はのんきに寝ていたからだ。(笑)

 

話しが逸れたが、K子は俺宅へ電話をしてコール音が鳴っている時に、ふとテレビの方に目をやった。

 

すると、テレビの後ろに隠れている『何者かの足』を見つけてしまった。

 

田舎の深夜ということもあり、辺りは静か過ぎるほどシーンとなっているのに、その何者かの鼻息すら聞こえてこない。

 

その何者かは、どうやら自分の存在がK子にバレていることに気付いていないらしく、物音はもちろん、一切の音を消してずっと隠れている。

 

K子はその緊張感で心臓がバクバクしていたそうだ。

 

結局、俺宅への電話も繋がらなくて台所から逃げようと思ったらしいが、どうしてもテレビの前を通らないと戸を開けられない。

 

テレビの後ろには“絶対に”何者かがいる。

 

K子はドキドキしながらも平静を装ってテレビの前を通ったらしいが、引き戸の建て付けが悪かったせいか中々開かなかったらしい。

 

戸を開けるのにアタフタしていると、横目でテレビの後ろを見てしまい、じっと隠れていた何者かと目が合ってしまった。

 

・・・真っ裸。

 

その何者かは、化粧をして赤い口紅を塗った真っ裸の男。

 

案の定、バレた男はK子と目が合うなり襲ってきたが、隣の家の人がK子の叫び声に気付いて助けに来てくれた為、辛うじて強姦は未遂に終わった。

 

その変態男、新聞には何かの前科ありの『暴行魔』と書かれていた。

 

(終)

The post 一人で留守番をしていた少女が見たもの appeared first on 怖いもん通信.