番組

橋下徹氏がツイッターで「即リプ」する生放送がスタート 政治家引退で痔も治った!? 

大阪府知事・大阪市長を歴任し、日本維新の会の法律顧問でもあった弁護士の橋下徹氏がメインパーソナリティを務める新番組『橋下徹の即リプ!』が、26日、AbemaTVでスタートした。

橋下氏は、200万以上のフォロワーを抱えるツイッターで日々積極的に発言しているが、この番組は数多くのツイートの中から、橋下氏自身がリプライするというものだ。

 

■維新の法律顧問を辞任したきっかけも

初回の生放送では、26日に日本維新の会の法律顧問を辞任したいきさつにも触れた。同党の丸山穂高衆院議員が衆院選の総括について投稿したツイートが、そのきっかけだ。

民進含め他党にブーメランあかんと厳しく言うといて、自分とこだけ緩いのはあかん、丸山も次4期目とかどうでもええ話、大阪と日本がよーなるかどうかが全て。それ考えたらどう考えても維新は総括と代表選が必要。若造に言われんでも代表は言うだけの人ちゃうし、ちゃんとやりまっせですね、失礼をば。

— 丸山ほだか (@maruyamahodaka) October 24, 2017

このツイートに対して、橋下氏は番組公式アカウントから、

「橋下徹です。総括をすれば良いし、代表選を求めれば良い。言い方が問題。一番苦労をしているトップに一定敬意を表すべき」

 

とリプライ。1o0回以上リツイートされているが、放送中に丸山議員からの返信はなかった。

 

■ボディビルダーへの誘いも?

番組公式ツイートには、さまざまな質問が寄せられたが、その中には、

「ベンチプレス120kgあげるにはどうしたらいいですか?」

 

といったものも。政治活動を引退後、フィットネスクラブに通い始めたという橋下氏は、現在105kgまでベンチプレスを上げることができ、トレーナーからはボディビルにも誘われているという。

「背中を鍛えないとダメ。腕や胸じゃなくて背中で上げろ!」

 

と、放送の中でもいちばんの「即リプ」を見せた。

 

■ネットテレビは政治の感覚に近い

番組終了後、取材陣のインタビューに答えた橋下氏は、「お酒を飲みながらしゃべって、ツイートして、こんなんでいいのかな?」と笑いつつ、初めて冠番組を持つインターネットテレビについて、

「今まで地上波は一方的だったけれど、これは双方向じゃないですか。反応を見ながら、こっち側も考える。これからの時代、コミュニケーションはそうなるんじゃないか。反応を見ながら考えるのは、政治をやってるときの感覚に近かった」

 

とコメント。

■独自のツイッター術は…

また、200万人以上からフォローされるツイッターの使い方については、

①一般の人に対しては誹謗中傷しない

 

②お酒を飲んでいるときは投稿しない

 

③推敲はしないが、誤字などがあれば何度でも修正してツイート

 

④糞リプは見ない

 

といったマイルールを紹介した。さらに、炎上につながるような軽々しいツイートについては、

「ツイッターは、ボタンを2回押して、『これでいいですか?』って承認するような仕組みにすれば、おかしなツイートは減るだろうけど、それでは世の中面白くない。

 

丸山(衆院議員)も、そんなボタンがあったら投稿を考え直したかもしれない。でも、ツイッターのボタンがひとつなのは、悪魔的でいいんじゃない?」

 

と、「即リプ」になぞらえた面白さもアピール。

 

■政治の世界には未練なし?

放送の中でも、政治家復帰について聞かれた橋下氏は、これを強く否定。終了後の取材では、

「政治から離れて2年、ストレスがなくなったせいか、政治家時代はシャツに血がにじむほどだった湿疹がなくなった。あと、痔がなくなったけれど、あれもストレスだったんだろう。

 

公の奉仕は、8年間、自分としては十分やったかな。今の生活は楽しい、最高やね。(政治家をやっていた)あの8年間は地獄やったね、『懲役8年』やった(笑)」

 

と、取材陣の笑いを誘った。

 

『橋下徹の即リプ!』

 放送日時:毎週木曜 夜10時~夜11時

放送チャンネル:AbemaSPECIAL

・あわせて読みたい→指原莉乃も納得の「年上男性をオトす恋愛テクニック」が話題に

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

橋下徹氏がツイッターで「即リプ」する生放送がスタート 政治家引退で痔も治った!? 

大阪府知事・大阪市長を歴任し、日本維新の会の法律顧問でもあった弁護士の橋下徹氏がメインパーソナリティを務める新番組『橋下徹の即リプ!』が、26日、AbemaTVでスタートした。

橋下氏は、200万以上のフォロワーを抱えるツイッターで日々積極的に発言しているが、この番組は数多くのツイートの中から、橋下氏自身がリプライするというものだ。

 

■維新の法律顧問を辞任したきっかけも

初回の生放送では、26日に日本維新の会の法律顧問を辞任したいきさつにも触れた。同党の丸山穂高衆院議員が衆院選の総括について投稿したツイートが、そのきっかけだ。

民進含め他党にブーメランあかんと厳しく言うといて、自分とこだけ緩いのはあかん、丸山も次4期目とかどうでもええ話、大阪と日本がよーなるかどうかが全て。それ考えたらどう考えても維新は総括と代表選が必要。若造に言われんでも代表は言うだけの人ちゃうし、ちゃんとやりまっせですね、失礼をば。

— 丸山ほだか (@maruyamahodaka) October 24, 2017

このツイートに対して、橋下氏は番組公式アカウントから、

「橋下徹です。総括をすれば良いし、代表選を求めれば良い。言い方が問題。一番苦労をしているトップに一定敬意を表すべき」

 

とリプライ。1o0回以上リツイートされているが、放送中に丸山議員からの返信はなかった。

 

■ボディビルダーへの誘いも?

番組公式ツイートには、さまざまな質問が寄せられたが、その中には、

「ベンチプレス120kgあげるにはどうしたらいいですか?」

 

といったものも。政治活動を引退後、フィットネスクラブに通い始めたという橋下氏は、現在105kgまでベンチプレスを上げることができ、トレーナーからはボディビルにも誘われているという。

「背中を鍛えないとダメ。腕や胸じゃなくて背中で上げろ!」

 

と、放送の中でもいちばんの「即リプ」を見せた。

 

■ネットテレビは政治の感覚に近い

番組終了後、取材陣のインタビューに答えた橋下氏は、「お酒を飲みながらしゃべって、ツイートして、こんなんでいいのかな?」と笑いつつ、初めて冠番組を持つインターネットテレビについて、

「今まで地上波は一方的だったけれど、これは双方向じゃないですか。反応を見ながら、こっち側も考える。これからの時代、コミュニケーションはそうなるんじゃないか。反応を見ながら考えるのは、政治をやってるときの感覚に近かった」

 

とコメント。

■独自のツイッター術は…

また、200万人以上からフォローされるツイッターの使い方については、

①一般の人に対しては誹謗中傷しない

 

②お酒を飲んでいるときは投稿しない

 

③推敲はしないが、誤字などがあれば何度でも修正してツイート

 

④糞リプは見ない

 

といったマイルールを紹介した。さらに、炎上につながるような軽々しいツイートについては、

「ツイッターは、ボタンを2回押して、『これでいいですか?』って承認するような仕組みにすれば、おかしなツイートは減るだろうけど、それでは世の中面白くない。

 

丸山(衆院議員)も、そんなボタンがあったら投稿を考え直したかもしれない。でも、ツイッターのボタンがひとつなのは、悪魔的でいいんじゃない?」

 

と、「即リプ」になぞらえた面白さもアピール。

 

■政治の世界には未練なし?

放送の中でも、政治家復帰について聞かれた橋下氏は、これを強く否定。終了後の取材では、

「政治から離れて2年、ストレスがなくなったせいか、政治家時代はシャツに血がにじむほどだった湿疹がなくなった。あと、痔がなくなったけれど、あれもストレスだったんだろう。

 

公の奉仕は、8年間、自分としては十分やったかな。今の生活は楽しい、最高やね。(政治家をやっていた)あの8年間は地獄やったね、『懲役8年』やった(笑)」

 

と、取材陣の笑いを誘った。

 

『橋下徹の即リプ!』

 放送日時:毎週木曜 夜10時~夜11時

放送チャンネル:AbemaSPECIAL

・あわせて読みたい→指原莉乃も納得の「年上男性をオトす恋愛テクニック」が話題に

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

橋下徹氏がツイッターで「即リプ」する生放送がスタート 政治家引退で痔も治った!? 

大阪府知事・大阪市長を歴任し、日本維新の会の法律顧問でもあった弁護士の橋下徹氏がメインパーソナリティを務める新番組『橋下徹の即リプ!』が、26日、AbemaTVでスタートした。

橋下氏は、200万以上のフォロワーを抱えるツイッターで日々積極的に発言しているが、この番組は数多くのツイートの中から、橋下氏自身がリプライするというものだ。

 

■維新の法律顧問を辞任したきっかけも

初回の生放送では、26日に日本維新の会の法律顧問を辞任したいきさつにも触れた。同党の丸山穂高衆院議員が衆院選の総括について投稿したツイートが、そのきっかけだ。

民進含め他党にブーメランあかんと厳しく言うといて、自分とこだけ緩いのはあかん、丸山も次4期目とかどうでもええ話、大阪と日本がよーなるかどうかが全て。それ考えたらどう考えても維新は総括と代表選が必要。若造に言われんでも代表は言うだけの人ちゃうし、ちゃんとやりまっせですね、失礼をば。

— 丸山ほだか (@maruyamahodaka) October 24, 2017

このツイートに対して、橋下氏は番組公式アカウントから、

「橋下徹です。総括をすれば良いし、代表選を求めれば良い。言い方が問題。一番苦労をしているトップに一定敬意を表すべき」

 

とリプライ。1o0回以上リツイートされているが、放送中に丸山議員からの返信はなかった。

 

■ボディビルダーへの誘いも?

番組公式ツイートには、さまざまな質問が寄せられたが、その中には、

「ベンチプレス120kgあげるにはどうしたらいいですか?」

 

といったものも。政治活動を引退後、フィットネスクラブに通い始めたという橋下氏は、現在105kgまでベンチプレスを上げることができ、トレーナーからはボディビルにも誘われているという。

「背中を鍛えないとダメ。腕や胸じゃなくて背中で上げろ!」

 

と、放送の中でもいちばんの「即リプ」を見せた。

 

■ネットテレビは政治の感覚に近い

番組終了後、取材陣のインタビューに答えた橋下氏は、「お酒を飲みながらしゃべって、ツイートして、こんなんでいいのかな?」と笑いつつ、初めて冠番組を持つインターネットテレビについて、

「今まで地上波は一方的だったけれど、これは双方向じゃないですか。反応を見ながら、こっち側も考える。これからの時代、コミュニケーションはそうなるんじゃないか。反応を見ながら考えるのは、政治をやってるときの感覚に近かった」

 

とコメント。

■独自のツイッター術は…

また、200万人以上からフォローされるツイッターの使い方については、

①一般の人に対しては誹謗中傷しない

 

②お酒を飲んでいるときは投稿しない

 

③推敲はしないが、誤字などがあれば何度でも修正してツイート

 

④糞リプは見ない

 

といったマイルールを紹介した。さらに、炎上につながるような軽々しいツイートについては、

「ツイッターは、ボタンを2回押して、『これでいいですか?』って承認するような仕組みにすれば、おかしなツイートは減るだろうけど、それでは世の中面白くない。

 

丸山(衆院議員)も、そんなボタンがあったら投稿を考え直したかもしれない。でも、ツイッターのボタンがひとつなのは、悪魔的でいいんじゃない?」

 

と、「即リプ」になぞらえた面白さもアピール。

 

■政治の世界には未練なし?

放送の中でも、政治家復帰について聞かれた橋下氏は、これを強く否定。終了後の取材では、

「政治から離れて2年、ストレスがなくなったせいか、政治家時代はシャツに血がにじむほどだった湿疹がなくなった。あと、痔がなくなったけれど、あれもストレスだったんだろう。

 

公の奉仕は、8年間、自分としては十分やったかな。今の生活は楽しい、最高やね。(政治家をやっていた)あの8年間は地獄やったね、『懲役8年』やった(笑)」

 

と、取材陣の笑いを誘った。

 

『橋下徹の即リプ!』

 放送日時:毎週木曜 夜10時~夜11時

放送チャンネル:AbemaSPECIAL

・あわせて読みたい→指原莉乃も納得の「年上男性をオトす恋愛テクニック」が話題に

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト