喉に異物感があるヒステリー球の原因と治し方!

最近、喉の様子がおかしいと感じ、鏡に映して見てみるも、自分では何もわからず・・。

風邪でも引いたかな?それとも乾燥しているだけ?と思い、しばらく様子を見ていたものの、やっぱり喉の違和感や異物感、何かが引っ掛った感じがして、近くのクリニックで診てもらったら「特に異常はありませんよ」と言われてしまった・・。

このような経験はありませんか?

自分では確実に体に何かが起こっているとわかるのに、病院へ行っても何でもないと言われてしまうと、どうしていいのか途方に暮れてしまいますよね。

そのような場合は、もしかしたらヒステリー球が原因かも知れません。

それだけ聞いたらよくわからないものですが、最近はこの症状に悩む方も増えているようで、その原因や対処の方法を知りたいと思い方がたくさんいらっしゃいます。

そこで今回はヒステリー球について調べてみました。

ヒステリー球はストレスが関係しているとよく聞きますので、そのあたりもしっかりとご紹介したいと思います。

ヒステリー球とは?

ヒステリー球とは、実際には喉に異物やできものがあるわけではないにも関わらず、喉のつかえや違和感があることを言います。

ヒステリーと言うと、女性が大声でわめき散らしているイメージがありますが、本来の意味は体にはどこにも異常がないのに声が出なくなるなどの症状が現れるものを指しているそうです。

ヒステリー球の場合、まさに喉に異常を感じさせるため、上記の本来の言葉の意味を知ると何となくしっくりくるのではないでしょうか。

なお、喉の異物感や違和感は全くの錯覚というわけではなく、喉の狭窄が頻繁に起こることで喉の粘膜がこすれ合ってしまい、それを異物や違和感と認識していると考えられています。

ちなみに、ヒステリー球はヒステリー球症候群や咽喉頭食道異常感症と呼ばれることもあります。

中国では、梅の実が喉につかえているような感じがすることから、梅核気(ばいかくき)と呼んでいるそうです。

 

喉の痛みの治し方!痛みが止まらない時の7つの対処法

 

ヒステリー球の症状

ヒステリー球の症状には、喉の違和感や異物感と、吐き気の2つがあります。

常に喉に何かが引っ掛っているような感覚があり、いくらそれを飲み込もうとしても吐きだそうとしても、実体がないため出てくることがありません。

そのため、ヒステリー球の方はいつも喉を触ったり、押したりしていることが多いようです。

また、喉に引っ掛っている感じが続くためか、吐き気を感じる方も多くいます。

これは実際に吐いてしまうというよりは、胸やけのような、気持ち悪い状態が続くといった感じのようです。

さらに症状が重くなると、何か食べ物を食べた時にそれが引っ掛って窒息してしまったらどうしよう・・と不安や心配が強くなるケースもあります。

 

胸焼けの対処法や解消法!吐き気やゲップを伴う場合は?

 

ヒステリー球の原因は?

ヒステリー球の主な原因はストレスと言われています。

強いストレスを感じたり、ストレスが掛かっている状態が長く続くと、自律神経が乱れて、交感神経優位の状態が続いてしまいます。

自律神経は、交感神経と副交感神経が切り替わることで、日中積極的に活動したり、夕方以降はリラックスが促され、心身のバランスをとっていますが、交感神経ばかりが優位になると様々な弊害が現れてしまうのです。

ヒステリー球はその一つで、交感神経の作用によって喉の狭窄が頻繁に起こることで、粘膜同士がこすれてしまい、その際に異物感や締め付けられている感じがしてしまうと言われています。

自宅でできるヒステリー球の対処の仕方

自分の症状がヒステリー球かな?と思ったら、自宅ではまず、リラックスした状態を作るようにしましょう。

ヒステリー球は若い女性や、心配性不安症な方に多いと言われています。

ストレッチやヨガなど、体の緊張を解すことは精神的なストレスの開放にも繋がりますし、お風呂にゆっくりと入るだけでも副交感神経が刺激されて優位になりやすくなります。

また、グレープフルーツの香りを嗅ぐと、リラックスが促進されると言われています。

生のグレープフルーツを買って、カットして食べてもよいですが、アロマオイルなら手軽に何度も使えて便利ではないでしょうか。

 

喉の痛みに効果のある食べ物や飲み物!

喉の痛みに即効で効く薬やスプレーおすすめ5選!

 

ヒステリー球の場合、病院は何科に行けばいいの?

内科や耳鼻咽頭科に行っても、「何でもないよ」と言われるなら、最初から別の科で診てもらった方がよいのでは?と思うかも知れませんが、病気に関しては素人が自己判断するのは危険を伴います。

そのため、自分の症状がヒステリー球だと思っても、その前にまずは症状が出ている喉を診てもらえる内科や耳鼻咽頭科に行き、検査などで体に異常がないかきちんと調べてもらうことが大切です。

なぜなら、もしかしたら検査によって、症状の原因に何か病気が隠れている可能性があるからです。

ガンなど一刻を争う病気の場合は、受診する科を間違えたことによって治療に取り掛かるまでに時間をロスしてしまうと命に係わるため、必ず症状に伴う科で診察を受けるようにしましょう。

その上で異常がないと言われたら、ヒステリー球を疑って心療内科や精神科の受診を考えるのがよさそうです。

ヒステリー球の治療法や治し方!

ヒステリー球の治療には、カウンセリングや投薬治療などがあります。

ヒステリー球の原因がストレスや性格によるものが大きいため、思考の癖を修正したり、ストレスを溜めこまないような生活習慣の改善などの指導が行われます。

それと並行して、強い不安感や緊張状態などつらい症状を緩和する薬が処方されることもあります。

薬はあくまでも症状を抑えるもので、ヒステリー球そのものを改善するわけではありませんが、症状が治まることで心身がリラックスして、交感神経優位の状態が改善することがあります。

ヒステリー球におすすめの漢方は?

ヒステリー球の症状は改善したいものの、薬を飲むことに少し抵抗がある・・という方の中には、漢方薬を飲んでいる場合が多くあります。

では、ヒステリー球の改善におすすめの漢方には、どのようなものがあるのでしょうか。

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)

ヒステリー球と診断された時に処方されることが多い漢方です。

半夏厚朴湯には、筋肉の緊張を緩める作用や精神を安定させる効果があるため、喉の締まった感じやそれに伴う不安感などを改善する効果が期待できます。

また、鎮吐作用、去痰作用なども併せ持つため、喉の違和感などにも効果があると言われています。

販売元:http://www.tsumura.co.jp/

柴朴湯(さいぼくとう)

柴朴湯は、気管支炎や咳などの喉の症状や、不安神経症といった病気の際に処方されることが多い漢方です。

喉や食道部分に違和感がある場合や、物がつかえている感じがする時に飲むと症状を緩和する作用があると言われています。

販売元:http://www.tsumura.co.jp/

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

精神不安がある時に飲むと、症状を和らげる作用があると言われています。

販売元:http://www.tsumura.co.jp/

ヒステリー球の症状と対処の仕方!原因はストレスだけ?のまとめ

喉の異物感や違和感などに悩んでいる時は、病院できちんと検査を受けることが大切です。

検査によって異常がなく、ヒステリー球と診断されれば、それに伴う適切な治療を受けることができます。

また、自宅でリラックスを促し、副交感神経優位になるよう働きかけるのもよいでしょう。

ストレスが溜まっていると感じた時は、ヒステリー球を発症する前に、できるだけ早く解消しておくことをお勧めします。