「くずは」と名づけた子狐

 

もうずいぶんと昔の話になる。

 

俺の家は昔、珍しく『狐』を飼っていた。

 

家があった場所はかなり田舎で、近くに野生動物がたくさん住んでいた。

 

ある日、爺ちゃんが狐の子供を拾ってきた。

 

どうやら、死んだ親の傍に居たのを可愛そうに思って連れてきたらしい。

 

そうして飼う事になった。

教えてくれたのかも知れない

母ちゃんは嫌がっていたけれど、ちゃんと病院に連れて行き、寄生虫やら何やらの検査もした。

 

名前は「くずは」と名づけた。

 

命名したのは婆ちゃんで、安部清明の母親の妖狐の「葛の葉」から取ったと言っていた。

 

意外と知られていないけれど、狐は人にめちゃくちゃ懐く。

 

それこそ、家族全員で可愛がった。

 

かなり馬鹿な狐だったけれど・・・。

 

それでも、学校から帰って来ると鼻をフンフン言わせて擦り寄って来るくずはは可愛かった。

 

そして俺が17歳の時、くずはは死んだ。

 

享年10歳。

 

本当に悲しかった。

 

人生で初めての家族の死は、かなり精神的にも辛かった。

 

家族全員がかなり落ち込んだ。

 

そんな時、婆ちゃんはくずはを「稲荷神社に連れて行こう」と言った。

 

稲荷神社の神主さんに無理を言って埋葬してもらった。

 

かなり嫌がっていたけれど・・・。

 

婆ちゃんいわく、「これでくずはもお稲荷さんになる修行を始められる。家から神様が出るんや」と言った。

 

悲しかったけれど、俺もこれで結構踏ん切りがついた。

 

心の中で、「お稲荷様になる修行がんばれよ!」と思った。

 

まぁ、馬鹿狐だったけれど。

 

それから時間が経って俺が大学生の時、当時一人暮らしをしていた俺の元に、ある日くずはが夢に出てきた。

 

相変わらず俺の言うことを何一つ理解しない馬鹿っぷりだったが、一緒に遊んで凄く楽しかった。

 

「お前ちゃんと修行してるのかよ」とは思ったが。

 

目が覚めた時、あれが夢とは思えないほどリアルな夢だった。

 

しかし最悪なことに、起きた時に物凄い倦怠感と吐き気、頭痛に襲われた。

 

それはもう立ち上がれないほどに。

 

仕方ないので救急車を呼び、緊急入院する事に。

 

「あの馬鹿狐、ほんと何しに夢に出てきたんだよ・・・」とは思った。

 

入院して2日目の事だった。

 

だいぶ体調が良くなった時、主治医が俺を呼び出した。

 

行ってみると微妙な面持ちで、「先日の突然の体調不良の原因は分かりませんが、精密検査の結果、もっと大変なことが分かりました。腎臓に癌を発見しました」。

 

本当に一瞬「え?」と思ったけれど、詳しく話を聞くと、腎臓に物凄く初期段階の癌を発見できたらしい。

 

腎臓癌というのは発見がとても難しく、大抵は症状が出始めた頃は手遅れな場合が多いらしい。

 

今回は偶然の入院で精密検査をしたから分かったと。

 

もし気付かずにこのままにしておいたら、30歳は迎えられなかったかも知れないと。

 

そして俺は片方の腎臓を摘出して、今も元気に暮らしている。

 

「もしかしたら、くずはが教えてくれたのかも知れない」と俺は思っている。

 

ただの思い込みかも知れないが。

 

あれから随分と時も経ったし、あいつも今頃は立派なお稲荷様になっているのかな、と最近思う。

 

(終)

The post 「くずは」と名づけた子狐 appeared first on 怖いもん通信.

風を呼ぶ事が出来る家系

 

うちの女系は『風』を呼べる。

 

自分でも胡散臭い話だと思うので、今まで一度も誰にも話したことはありません。

 

蒸し暑く空気の入れ替えをしたい時に、風を呼んだりする程度。

 

小さい頃はよく使えたが、今では全く何の力も無い。

 

と言うのも、この力は母から娘に伝わるものらしく、祖母はそれこそ自由自在と言った感じだったが、祖母の子は息子ばかり。

 

祖母の姉妹たちも女の子には恵まれなかった。

この力には黒い一面がある

祖母がこの話をしてくれた時は、おとぎ話のように聞き入ったものですが、その祖母も今年他界してしまいました。

 

祖母の「○○ちゃん(私)だけは幸せになって欲しい」という言葉が忘れられません。

 

風を呼ぶ力は昔からあったようで、祖母の家系は江戸や平安の頃から重宝されていたようです。

 

ただ、風が吹いたからといって、作物が実ったり富が築かれたりするわけではないので、崇められるようなことはなかったそうです。

 

また、力が強ければ強いほど美しく、時の権力者の側女として不自由のない暮らしをしていました。

 

祖母も若い頃の写真も晩年大変きれいな人で、気立ても優しく求婚者が絶えなかったそうです。

 

ただ、祖母には思い人がいて、全て断ってしまったそうです。

 

当時のことですから、恋愛結婚なんてとんでもなく、祖母の家は大地主だったからなおさら親には反対もされたのでしょうが、たぶん不憫に思われたのでしょう。

 

結婚は許されました。

 

・・・が、実はこの力には黒い一面があるのです。

 

祖母の家系は皆、不可解な亡くなり方をしていたそうです。

 

ある日から衰弱し始め、ひと月を待たずに元の面影を残さずやつれ果てて亡くなるのです。

 

祖母もそうでした。

 

祖母は町医者にかかっていたのにガンで亡くなりました。

 

臓器の外側にガンができ、通常の15倍もの速さで進行していき、なすすべもなかった・・・と医者も首を傾げていました。

 

こちらも死なせてやりたくなるほど苦しんでいました。

 

ただ、祖母は苦しいとか、そんなことは一言も言いませんでした。

 

あまりにも苦しそうな最後でした。

 

祖母は、「みんなそんな風に死んでいくんだ」ということも私に話していました。

 

だからその理由がガンだと言うことも、通常では信じられないくらい進行が早いということも、そんなことよりずっとずっと変わり果てた祖母の姿が私には恐ろしかった。

 

そして、祖母の葬儀の日はやってきた。

 

小春日和、気持ちいい風が不意に強く吹いて祖母の骨を舞上げた。

 

「あぁ、送っているんだ」と思いました。

 

よく分からないけれど、それは確信できました。

 

(終)

The post 風を呼ぶ事が出来る家系 appeared first on 怖いもん通信.