監督

見られると興奮? 禁欲して撮影に臨む新人セクシー女優・豊中アリスに直撃

身長145cm、高校生にも見えてしまうような彼女は、20歳の現役女子大学生だ。しらべぇ取材班は、11月に『キミホレ』専属でAVデビューする豊中アリスちゃんに話を聞いた。

 

■「視線」が快感

アリスちゃんが自ら応募してAVの世界の門を叩いたきっかけは、「人に見られてみたい」という興味本位だったという。

豊中:中高生の頃から、学園祭のステージで踊ったりするのが好きだったんです。リーダータイプではないんですけど、たぶん目立ちたがり屋だったのかな。

 

その頃からすでに「人の視線が快感」って感覚があって、今はファッションが好きなので、新しい服を買って街を歩いて、誰かに見られたりすると気持ちよくて。

 

見られる快感が、エッチなことと交わったらどうなるんだろう…って思ったのが、デビューのきっかけです。

 

■彼氏にも「変態だね」と言われ

「見られるのが好き」と語るアリスちゃんだが、プライベートでエッチなことを撮影した経験は全くないという。

豊中:今までお付き合いしたのは2人だけなんですけど、なぜか「変態だね」って言われるんです。なんでそう言われるかは、心当たりも全然なくて。ムラムラしたとき、積極的に誘っちゃったり、自分から彼を襲っちゃったりしたくらいかな。

 

撮影の現場でも監督に「けっこう変態だよね」って言われたけど、自分ではまだピンときてないです。「そうなんですかね…」って返したくらいなので。

 

「変態ってなんだろう?」ってずっと感じていたので、それを知るためにも撮影してほしいって思ったのもありますね。

見られると興奮? 禁欲して撮影に臨む新人セクシー女優・豊中アリスに直撃

身長145cm、高校生にも見えてしまうような彼女は、20歳の現役女子大学生だ。しらべぇ取材班は、11月に『キミホレ』専属でAVデビューする豊中アリスちゃんに話を聞いた。

 

■「視線」が快感

アリスちゃんが自ら応募してAVの世界の門を叩いたきっかけは、「人に見られてみたい」という興味本位だったという。

豊中:中高生の頃から、学園祭のステージで踊ったりするのが好きだったんです。リーダータイプではないんですけど、たぶん目立ちたがり屋だったのかな。

 

その頃からすでに「人の視線が快感」って感覚があって、今はファッションが好きなので、新しい服を買って街を歩いて、誰かに見られたりすると気持ちよくて。

 

見られる快感が、エッチなことと交わったらどうなるんだろう…って思ったのが、デビューのきっかけです。

 

■彼氏にも「変態だね」と言われ

「見られるのが好き」と語るアリスちゃんだが、プライベートでエッチなことを撮影した経験は全くないという。

豊中:今までお付き合いしたのは2人だけなんですけど、なぜか「変態だね」って言われるんです。なんでそう言われるかは、心当たりも全然なくて。ムラムラしたとき、積極的に誘っちゃったり、自分から彼を襲っちゃったりしたくらいかな。

 

撮影の現場でも監督に「けっこう変態だよね」って言われたけど、自分ではまだピンときてないです。「そうなんですかね…」って返したくらいなので。

 

「変態ってなんだろう?」ってずっと感じていたので、それを知るためにも撮影してほしいって思ったのもありますね。

見られると興奮? 禁欲して撮影に臨む新人セクシー女優・豊中アリスに直撃

身長145cm、高校生にも見えてしまうような彼女は、20歳の現役女子大学生だ。しらべぇ取材班は、11月に『キミホレ』専属でAVデビューする豊中アリスちゃんに話を聞いた。

 

■「視線」が快感

アリスちゃんが自ら応募してAVの世界の門を叩いたきっかけは、「人に見られてみたい」という興味本位だったという。

豊中:中高生の頃から、学園祭のステージで踊ったりするのが好きだったんです。リーダータイプではないんですけど、たぶん目立ちたがり屋だったのかな。

 

その頃からすでに「人の視線が快感」って感覚があって、今はファッションが好きなので、新しい服を買って街を歩いて、誰かに見られたりすると気持ちよくて。

 

見られる快感が、エッチなことと交わったらどうなるんだろう…って思ったのが、デビューのきっかけです。

 

■彼氏にも「変態だね」と言われ

「見られるのが好き」と語るアリスちゃんだが、プライベートでエッチなことを撮影した経験は全くないという。

豊中:今までお付き合いしたのは2人だけなんですけど、なぜか「変態だね」って言われるんです。なんでそう言われるかは、心当たりも全然なくて。ムラムラしたとき、積極的に誘っちゃったり、自分から彼を襲っちゃったりしたくらいかな。

 

撮影の現場でも監督に「けっこう変態だよね」って言われたけど、自分ではまだピンときてないです。「そうなんですかね…」って返したくらいなので。

 

「変態ってなんだろう?」ってずっと感じていたので、それを知るためにも撮影してほしいって思ったのもありますね。

見られると興奮? 禁欲して撮影に臨む新人セクシー女優・豊中アリスに直撃

身長145cm、高校生にも見えてしまうような彼女は、20歳の現役女子大学生だ。しらべぇ取材班は、11月に『キミホレ』専属でAVデビューする豊中アリスちゃんに話を聞いた。

 

■「視線」が快感

アリスちゃんが自ら応募してAVの世界の門を叩いたきっかけは、「人に見られてみたい」という興味本位だったという。

豊中:中高生の頃から、学園祭のステージで踊ったりするのが好きだったんです。リーダータイプではないんですけど、たぶん目立ちたがり屋だったのかな。

 

その頃からすでに「人の視線が快感」って感覚があって、今はファッションが好きなので、新しい服を買って街を歩いて、誰かに見られたりすると気持ちよくて。

 

見られる快感が、エッチなことと交わったらどうなるんだろう…って思ったのが、デビューのきっかけです。

 

■彼氏にも「変態だね」と言われ

「見られるのが好き」と語るアリスちゃんだが、プライベートでエッチなことを撮影した経験は全くないという。

豊中:今までお付き合いしたのは2人だけなんですけど、なぜか「変態だね」って言われるんです。なんでそう言われるかは、心当たりも全然なくて。ムラムラしたとき、積極的に誘っちゃったり、自分から彼を襲っちゃったりしたくらいかな。

 

撮影の現場でも監督に「けっこう変態だよね」って言われたけど、自分ではまだピンときてないです。「そうなんですかね…」って返したくらいなので。

 

「変態ってなんだろう?」ってずっと感じていたので、それを知るためにも撮影してほしいって思ったのもありますね。

男女の「Hのギャップ」を描く セクシー女優・明里つむぎ、ミオヤマザキ原作ドラマに主演

女性の恋や悩める気持ちを歌って、若い女性たちを中心に熱狂的な人気を誇るロックバンド『ミオヤマザキ』。

その歌詞を元にした「ツイッター連続ドラマ」にセクシー女優の園田みおんちゃんが出演したことは、しらべぇでも以前報じた。

そんなツイッター連ドラの第二弾に、『アイデアポケット』専属女優の明里つむぎ(あかり・つむぎ)ちゃんが主演することが決定。しらべぇ取材班は、本人を直撃した。

 

■『Hのすゝめ』がテーマ曲

『女の子がHの時に思う10の事』と題された今回のドラマは、ミオヤマザキが2016年に発表した楽曲『Hのすゝめ』が主題歌。

性にまつわる「男女間のギャップ」や「男性の勘違い」がテーマだ。

明里:1話が120秒で全10回の連ドラで、沖縄出身の俳優・タイラリュウトさんと2人だけで演じています。

 

私は、今年3月にデビューしたのですが、AVだとちょっとした設定を演じたことはあるもの、本格的なお芝居の経験はなくて。

 

AVにも台本やセリフがありますが、むしろ「自然な言葉でね」って演出されるのが普通。このドラマの台本は26ページもあって、基本は「台本通りのセリフ」だったので、かなり緊張しました。

 

■感情の起伏が大きくないタイプ

「感情の起伏が大きくないタイプ」というつむぎちゃん。それが演技にどう現れたのか?

明里:監督からは、AVの現場では言われたことがない演技指導も、いろいろいただきました。たとえば、「しゃべるときに揺れるな!」とか。揺れながらセリフを言うと、下手に見えるんだそうです。

 

撮影を終えて、自分では演技が上達した感じはあんまりしないけど、監督からは「感情抑えめの演技が、男女が思うHの矛盾にハマる。つむぎちゃんの使い方がわかってきた」って言っていただきました。

 

Hのとき、男性が頑張ってることが空回りして女性の心が動かない…というテーマだから、意外とうまくいったのかも。とはいえ、自分の演技がネットに「流出」するかと思うと、震えますね(笑)。

 

その意味では、絶妙のキャスティングだったのかもしれない。

男女の「Hのギャップ」を描く セクシー女優・明里つむぎ、ミオヤマザキ原作ドラマに主演

女性の恋や悩める気持ちを歌って、若い女性たちを中心に熱狂的な人気を誇るロックバンド『ミオヤマザキ』。

その歌詞を元にした「ツイッター連続ドラマ」にセクシー女優の園田みおんちゃんが出演したことは、しらべぇでも以前報じた。

そんなツイッター連ドラの第二弾に、『アイデアポケット』専属女優の明里つむぎ(あかり・つむぎ)ちゃんが主演することが決定。しらべぇ取材班は、本人を直撃した。

 

■『Hのすゝめ』がテーマ曲

『女の子がHの時に思う10の事』と題された今回のドラマは、ミオヤマザキが2016年に発表した楽曲『Hのすゝめ』が主題歌。

性にまつわる「男女間のギャップ」や「男性の勘違い」がテーマだ。

明里:1話が120秒で全10回の連ドラで、沖縄出身の俳優・タイラリュウトさんと2人だけで演じています。

 

私は、今年3月にデビューしたのですが、AVだとちょっとした設定を演じたことはあるもの、本格的なお芝居の経験はなくて。

 

AVにも台本やセリフがありますが、むしろ「自然な言葉でね」って演出されるのが普通。このドラマの台本は26ページもあって、基本は「台本通りのセリフ」だったので、かなり緊張しました。

 

■感情の起伏が大きくないタイプ

「感情の起伏が大きくないタイプ」というつむぎちゃん。それが演技にどう現れたのか?

明里:監督からは、AVの現場では言われたことがない演技指導も、いろいろいただきました。たとえば、「しゃべるときに揺れるな!」とか。揺れながらセリフを言うと、下手に見えるんだそうです。

 

撮影を終えて、自分では演技が上達した感じはあんまりしないけど、監督からは「感情抑えめの演技が、男女が思うHの矛盾にハマる。つむぎちゃんの使い方がわかってきた」って言っていただきました。

 

Hのとき、男性が頑張ってることが空回りして女性の心が動かない…というテーマだから、意外とうまくいったのかも。とはいえ、自分の演技がネットに「流出」するかと思うと、震えますね(笑)。

 

その意味では、絶妙のキャスティングだったのかもしれない。