私は過去に『拉致監禁』されたことがあります。

 

それは10年ほど昔のことです。

 

私を拉致したのは同じマンションに住む女性で、私はその女性宅の風呂場に閉じ込められました。

 

縛られたりはしなかったのですが、「逃げたら殺す」と脅され、ドアの外にも何かが積まれているようで逃げることが出来ませんでした。

 

危害を加えられるわけでもなく閉じ込められただけだったのと、同じマンション内だということで、すぐに助かるのではないかと望みを持っていました。

 

だからと言って眠れるはずもなく、次第に時間の感覚も無くなり、風呂場にいることが現実かどうかもよく分からなくなってきた私は、空のバスダブの中に座ってボーっとしていました。

 

そんな時、当時付き合っていた彼氏が突然風呂場に現れました。

不思議な体験のおかげで・・・

彼は「大丈夫か?」と、バスダブの中の私に声を掛けてきました。

 

私は訳が分からず、「なんでここにいるの?」と訊きました。

 

自分の頭がおかしくなったのかと・・・。

 

彼は、「多分これ夢だと思うんだよ。俺は今、夢見てるんだ」と言います。

 

さらには、「ここは○○(私)の家の風呂場だし」と。

 

当時住んでいたマンションの造りは少し変わっていて、風呂場とトイレが別々になっているのに風呂場はユニットバスでした。

 

私は、「ここは同じマンションの別の部屋で、変な女の人に閉じ込められているの」と答えました。

 

何号室か訊かれましたが、大まかな階しか分かりません。

 

彼は私が居なくなってから2日目になることを教えてくれた後、「絶対に助かるから頑張れ」と言ってくれました。

 

そして彼は風呂場の扉を開けて普通に出て行ったので、やっぱり幻覚を見たのだと思っていました。

 

その後、ようやく私は救出されました。

 

閉じ込められてから3日目のことでした。

 

運ばれた病院に警察の人が来て事情聴取をされたのですが、一通りの話をした最後に、彼氏の話を訊かれました。

 

彼は警察に、「彼女が同じマンションの人に閉じ込められている夢を見た」と言ったのだそうです。

 

普通ならそんなことを真に受けたりしないそうですが、彼が部屋の番号まで詳しく話すので、聞き込み調査の時にちょっと気にかけていたそうです。

 

すると、私を拉致した女性に不審なところがあり、私の発見に至ったのだそうです。

 

私は自分が見た幻覚のことを思い出しましたが、私は部屋の番号を知らなかったので不思議に思い、後日お見舞いに来てくれた彼氏に訊きました。

 

彼は大学で階段から落ちて倒れた時に、その夢を見たそうです。

 

(私の行方不明もあり、寝不足と注意不足だったとか)

 

あの風呂場で私とした会話もそのままでした。

 

彼は夢の中で風呂場から出た後、玄関のドアから出て部屋の番号を確認したところで目が覚めたと言っていました。

 

彼は、「階段から落ちた時に死にかけて幽体離脱でもしたのかな」と笑っていましたが、この不思議な体験のおかげで私は事件そのものをトラウマにならずに済んだと思っています。

 

もうすぐ彼の3回忌なので、思い出しながら書いています。

 

結婚前に彼が亡くなってしまったことの方が、よっぽど引き摺っています。

 

(終)

The post 拉致監禁された時の不思議な出来事 appeared first on 怖いもん通信.