ある日、知らない番号から電話がかかってきた。

 

電話に出てみると、おばさんの声で「佐藤さん?」と訊かれた。

 

でも、私の苗字は田中(仮名)。

 

私「いいえ、違います」

 

そう答えた。

 

すると、「じゃあ誰?」と言われて少しイラッとした。

 

私「誰って、言いませんよ。しかもいきなり失礼じゃないですか!」

 

言い返すと電話は切れた。

 

なんだろうと思っていると、数日後にまた知らない番号からの着信が・・・。

イタズラ電話なのか?それとも・・・

電話に出てみると、また同じおばさんの声で「佐藤さん?」と訊いてくる。

 

私は「違いますよ」と言って電話を切り、その番号からの着信を拒否設定にした。

 

それから一週間ほど経った頃、今度は別の知らない番号からの着信。

 

最近変なの多いなあ・・・と思うも、とりあえず無言で出てみる。

 

・・・アイツだった。

 

「佐藤さん?佐藤さんでしょ?」

 

やけに嬉しそうに訊いてくる。

 

気持ち悪いので私は無言で電話を切った。

 

すると、今度はすぐにかかってきた。

 

いい加減腹も立ち、注意しようと思って電話に出た。

 

「あっ、佐藤さん?佐藤さんだね?」

 

また嬉しそうな声だ。

 

私「ちゃんと確認してかけて下さい。違いますって。何回もしつこいですよ!」

 

私は怒りながらそう言うと、そのおばさんは男性のような低い声でこう言った。

 

「うん。だって田中だもんね」

 

そして電話は切れた。

 

それ以降、着信音が鳴る度に怯えている。

 

(終)

The post 知らない番号からの着信 appeared first on 怖いもん通信.