知りたい! パリジェンヌの秘密

知りたい! パリジェンヌの秘密:Vol.5 ママンと娘の本音トーク

いつだって自然体、独自のニュアンスある美しさで世界中の女性から支持されるパリジェンヌ。そのパリジェンヌらしさはどうやってつくられるの? 知られざるその秘密について、生粋のパリジェンヌにして世界を飛び回るビューティジェットセッター、「オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー」のヴィクトワール・ドゥ・タイヤックに教えてもらうスペシャル連載。第5回目はヴィクトワール・ドゥ・タイヤックの愛娘がVOGUE GIRLに初登場! 三兄弟の長女、シェラザールとママンのスペシャルインタビューが実現した。

PHOTO : TAKAKI IWATA    EDITOR : CHIKAKO KURAZUMI

“娘には自分らしい スタンダードをみつけてほしい” ーヴィクトワール

ヴィクトワールの長女、シェラザールは14歳のリセエンヌ。パリで生まれ、世界を舞台に仕事をするクリエイターカップルの両親と一緒に、これまでモロッコ、NY、東京と移り住んできたインターナショナルガールだ。東京での生活を終え、9月の新学期からはパリに戻り新たな生活をスタートする。

「子供たちに望むのは、いつもハッピーで健康でいること。そして自分の好きなことを見つけてほしい。パーフェクトな人間を目指すのではなく、自分らしいスタンダードを見つけてもらいたいわ」とヴィクトワールは語る。「私はパーフェクトよ」と微笑むシェラザールは、ファッションもビューティも自分で選択しているそうだ。世界を舞台にクリエイティブな仕事をする両親の様子を間近で見ているからか、14歳にして本物の存在を知り自分らしい選択をはじめている。

「こういう女性になってほしいと娘に押しつけることはしない。シェラザールはメイクが好きだけれど、それも彼女が自主的に興味を持ってはじめたこと。メイクのチュートリアル動画を撮っていたり、自分でルージュを作ったり。私も夫もクリエイティブな仕事をしているから、娘もほかの同級生よりも早くからファッションやビューティには興味を持っていたと思う。先日も友人に、あなたはいつもいい匂いがするって言われたそうなの」とヴィクトワールがシェラザールのほうを向く。

「私はその友人に、当たり前よって答えたの。だって私のパパとママは香水のクリエイターなんだからって。香水は3年前からつけていて、ビュリーのものだとチュベローズが好き。それに寝る前には毎晩、ビュリーのユイル・ヴェジタル(植物オイル)の二ジェル(ブラッククミンシードオイル)をつけてるの。メイクを落とすのはクレンジングミルク。ママンは美容のスペシャリストだから美容のことはもちろんママンに聞いてるわ」と大人びた顔を見せる。

「ファッションしてもビューティにしても、ティーンの頃は手に入りやすい手頃な値段のものを楽しむことも選択肢のひとつだと思う。でも、娘には本物の大切さも伝えたいから、ビュリーの製品にしても素材にこだわって作っていること、質の違いについては娘にも話しているの」とヴィクトワールが話すと、シェラザールが「私も質のいいものを知ることの大切さは理解しているわ」と頷いた。

“東京という街は 自分らしさを理解できた場所” ーシェラザール

世界を子供たちと一緒に旅してきた経験について、ヴィクトワールはどう感じているのだろうか。「今の世の中には多様なライフスタイルがあるし、情報化社会のおかげで様々な情報を手軽に手に入れることができる。だからこそ、世界にある選択肢のなかから自分で選択して、娘にも彼女なりの人生を送ってもらいたいと思っているわ」

自分なりの考えを持って、すっかり自立しているように見えるシェラザールだが、その点について尋ねると意外な答えが返ってきた。「確かに私は自立していると言えるけど、内面ではとても子供っぽい部分もある。今は東京の友達と離れるのが寂しいけど、パリに戻って親友と会えるのも楽しみという複雑な気持ち。東京では異文化にいるからこそ、自分をもっとよく理解できたかなと思ってるわ」と語る。クールに受け答えをしながらも、ピンクの部屋に住み、漫画もハローキティも好きな14歳だ。

パリに戻った次の日には、すでにベストフレンドとの朝食の約束もしているというシェラザール。「やっぱり私はパリが大好き。友達にも会えるし、学校も楽しみよ」と目を輝かせる。「両親が仕事で忙しいから、夏休みの計画も今年の頭に前もって立てたの。パリに戻ったら、そのあとは南仏の祖母の家で過ごして、8月にはスペインの親友の別荘に行く予定よ」

最近好きな音楽について尋ねると「フランスのヒップホップ」が好きと即答したシェラザール。将来はミュージックビデオのディレクターになるのが目下の夢で、iPhoneにも撮りためた動画がたくさんおさまっている。

決して理想の女性像を押しつけるのではなく、無限の可能性から選択する力をつけられるよう愛娘に接していたヴィクトワール。どんな環境にあっても、順応して、自分の意思を大切にしているシェラザール。自分らしく選択していくフランス人の自立心はティーンの頃から自分で身につけていくもののようだ。

The post 知りたい! パリジェンヌの秘密:Vol.5 ママンと娘の本音トーク appeared first on ガール配信局.

知りたい! パリジェンヌの秘密:Vol.4 バカンスは普段できないことを楽しむ時間。

いつだって自然体、独自のニュアンスある美しさで世界中の女性から支持されるパリジェンヌ。そのパリジェンヌらしさはどうやってつくられるの? 知られざるその秘密について、生粋のパリジェンヌにして世界を飛び回るビューティジェットセッター、「オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー」のヴィクトワール・ドゥ・タイヤックに教えてもらうスペシャル連載。第4回目は「パリジェンヌが考えるバカンス事情」について。

バカンスに活躍させたいというプリントスカートは日本で購入したもの。

フランス人のバカンスは ゆっくり自分時間を楽しむこと。

7月になると、パリジェンヌたちはこぞってバカンス先へ。長い夏休みを実際彼女たちはどのように過ごしているのだろうか。ヴィクトワールに夏のバカンスについて訊いてみた。

「昔に比べて、若い世代のバカンス時間は短くなってきているけれど、やっぱりフランス人はバカンスが好き。旅行に行くのもいいけれど、ヨーロッパの夏はどこに行っても混んでいるから、私は田舎でゆっくりと過ごすようにしてるわ。今年は8月に2週間ほどフランス南西部・オーシュにある両親の家に行く予定よ。パリからは飛行機で1時間、そこから車で1時間の田舎町で何にもない場所だけど、何もないのがいいの。マルシェに行って食材を買ったり、畑で農作業をしたり、近くの湖に行ったり、読書をしたり。日頃の忙しさを忘れて、ゆっくりとした時の流れを楽しむことができる。私にとってバカンスは普段できなかったことをする時間。今夏は東京で見つけた調理道具を使って、新しい料理にも挑戦したり、ガーデニングもする予定」

フランス人にとっては、ゆっくりと自分の時間を楽しむことがバカンスでの最優先事項のようだ。「移動はミニマルにしたいから、サマードレスや夜用のフォーマルドレスは田舎の家においてあるし、バカンス中に読みたい本はすべて送ってしまうの」とヴィクトワール。「9月はフランスでは新学期にあたるから、はじまって2週間はハードな日々。だから、7月、8月はバカンスで静かな時間を過ごしてエネルギーをチャージして、9月からの新シーズンに備えるのよ」

ところで、バカンスのエッセンシャルアイテムは? 「日焼け止めはあまり使わないので、日焼け止めがわりの帽子は必需品。この帽子は日本のフリーマーケットで600円で買ったの! 日本人は帽子が好きだから、選択肢がたくさんあって楽しいわ。あとは本。今夏読もうと思っているのはトマス・ロオカの『御遠足』。それに、ボディのスキンケアで忘れてはいけないのがスクラブよ。肌の露出が増える夏は冬よりもスクラブが必要。このベチバーの根のブラシは軽いしポーチに入る大きさだからとても便利よ」

ヴィクトワールがバカンスで読む予定の本はトマス・ロオカの『御遠足』。「この本は1924年の印刷でエレガントな装丁も好き」

バカンス先でのスクラブケアに持って行く、ベチバーの根のブラシ。 ¥700/OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー本店 0120-09-1803)

 

ジェットセッターのヴィクトワールに訊く、 トラベル美容。

世界中を飛び回るジェットセッターのヴィクトワールは、機内にどんな美容アイテムを持っていく? 「ビュリーの紙ソープは機内でのリフレッシュ用に。種類の違うクシを2本。機内は乾燥しているから、アサイーまたはローズヒップのオイルも欠かせないわ。気分を変えたいときはエッセンシャルオイルのミスト。ukaのネイルオイルも愛用してるの」。旅行には機内用のポーチと美容全般のポーチのふたつに持ち分けているそう。「日本からの便だと、緑茶のペットボトルと軽食用のりんごも必ず」。

最後に、もし日本でバカンスをするとしたらどこに行きたい?と訊いてみた。「北海道に行きたいわ。湖の近くなど素敵ね。最近人気の豪華寝台列車にも乗ってみたい。先日、予約しようとしたら何と6カ月待ち。6カ月後の予定は、今の私にはとても立てられそうにないから、引退してもっとゆっくりできる時間ができたら実現したいわね」

PHOTO : TAKAKI IWATA  EDITOR : CHIKAKO KURAZUMI

The post 知りたい! パリジェンヌの秘密:Vol.4 バカンスは普段できないことを楽しむ時間。 appeared first on ガール配信局.