石田ゆり子

石田ゆり子が20歳当時の写真をアップ 「美少女すぎる」と絶賛の声

(石田ゆり子)

今も色あせない若さと魅力いっぱいの女優・石田ゆり子。48歳という年齢ながら、ファンからはいまだに「若々しい!」「ステキ!」と褒められる「美魔女」のひとりだ。

15日に投稿したインスタグラムが話題になっている。

 

■若かりし頃の石田

「部屋を整理してたら出てきた」と20歳くらいの写真をアップした石田。写真の彼女はカチューシャでオールバックにした黒髪ロングに、直線的な眉の石田が微笑んでいる。

部屋を整理してたら出てきた。 二十歳くらいのワタクシ。 きりっとしているわ。 カチューシャでおでこ全開の 日々。

A post shared by 石田ゆり子 (@yuriyuri1003) on Nov 15, 2017 at 4:50pm PST

「きりっとしているわ。カチューシャでおでこ全開の日々」と、当時を振り返った。

 

■「かわいすぎる」と絶賛の声

投稿を受け、ファンからは「美少女」「かわいい」と絶賛の声があがった。また、当時を知るファンからは「デビュー当時からずっとキレイだと思っていました」といったコメントも。

・デビューから衝撃でした。こんな綺麗な人いるのかと思いました。今も鮮度変わりません

 

・この時も今も可愛い過ぎです

 

・美少女て、こういう女の子ですよね。いまも変わらないですね

 

・今のゆりちゃんも時々少女のように見えるときがある

 

■石田は「美人? かわいい?」

「美人」と「かわいい」の両取りでファンから支持されている石田だが、世間は彼女のルックスについてどう評価しているのだろうか。

しらべぇ編集部が石田ゆり子を知っている全国20〜60代の男女1,094名に調査したところ、「美人」が7割、「かわいい」が3割との結果になった。

「美人」が多数派ではあるものの、アラフィフにもかかわらずまだまだ「かわいい」と評価されているのは、さすがといえるだろう。

 

どこか少女のようなあどけなさが残る石田だが、20歳当時の写真を見れば納得だ。

石田ゆり子が20歳当時の写真をアップ 「美少女すぎる」と絶賛の声

(石田ゆり子)

今も色あせない若さと魅力いっぱいの女優・石田ゆり子。48歳という年齢ながら、ファンからはいまだに「若々しい!」「ステキ!」と褒められる「美魔女」のひとりだ。

15日に投稿したインスタグラムが話題になっている。

 

■若かりし頃の石田

「部屋を整理してたら出てきた」と20歳くらいの写真をアップした石田。写真の彼女はカチューシャでオールバックにした黒髪ロングに、直線的な眉の石田が微笑んでいる。

部屋を整理してたら出てきた。 二十歳くらいのワタクシ。 きりっとしているわ。 カチューシャでおでこ全開の 日々。

A post shared by 石田ゆり子 (@yuriyuri1003) on Nov 15, 2017 at 4:50pm PST

「きりっとしているわ。カチューシャでおでこ全開の日々」と、当時を振り返った。

 

■「かわいすぎる」と絶賛の声

投稿を受け、ファンからは「美少女」「かわいい」と絶賛の声があがった。また、当時を知るファンからは「デビュー当時からずっとキレイだと思っていました」といったコメントも。

・デビューから衝撃でした。こんな綺麗な人いるのかと思いました。今も鮮度変わりません

 

・この時も今も可愛い過ぎです

 

・美少女て、こういう女の子ですよね。いまも変わらないですね

 

・今のゆりちゃんも時々少女のように見えるときがある

 

■石田は「美人? かわいい?」

「美人」と「かわいい」の両取りでファンから支持されている石田だが、世間は彼女のルックスについてどう評価しているのだろうか。

しらべぇ編集部が石田ゆり子を知っている全国20〜60代の男女1,094名に調査したところ、「美人」が7割、「かわいい」が3割との結果になった。

「美人」が多数派ではあるものの、アラフィフにもかかわらずまだまだ「かわいい」と評価されているのは、さすがといえるだろう。

 

どこか少女のようなあどけなさが残る石田だが、20歳当時の写真を見れば納得だ。

篠原涼子『民衆の敵』 桐谷美玲・成田凌の無駄遣いとメタ演出が話題

23日、篠原涼子主演月9ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系)の第1話が放送された。

篠原らしい主人公と、気の利いたゲストや演出に注目が集まっている。

 

■問いかけるオープニング

ドキュメンタリー調の映像で始まった第一話。主人公・佐藤智子(篠原)と公平(田中圭)、駿平(鳥越壮真)らの家庭の様子が写った後、画面はその他の「民衆」に切り替わる。

残業する若手社員、腰が曲がりながらも息子が働いていないため清掃の掃除をしているおばあさん、待機児童を抱えるママらが登場し、それぞれの立場の不満を語る。

しかしその後、雑踏の中で平田和美(石田ゆり子)が

「この中に、選挙に行ったことがある人はいない」

 

と視聴者に語りかけた。衆議院選挙開票日の翌日にこれを見て、ドキッとした人も多かったのではないだろうか。

 

■主人公は団地に住む時給950円のママ

智子は団地に住むママだ。夫・子供と仲良く暮らしているが、仕事は時給950円のコールセンター勤務で、生活は楽にならない。

駿平の保育園の送り迎えに電動アシスト自転車を買おうと思っても高額ゆえ手を出せず、和美にいつも抜かされてしまう。ちなみに、メインのおかずはいつも卵焼きだ。

おまけに智子は融通のきかない、正義感の強い性格の持ち主で、理不尽な司令や業務には逆らってしまう。公平もそれは同じで、夫婦は同じ日に仕事を失うことに。

そんな中、彼女は自身の住む市の市議会議員の年収が950万円で、市議選の当選確率も8割なことを知り、反対を押し切って出馬を決意。しかし、すでに他の候補者たちは選挙戦を始めており、最初から遅れをとることに。

篠原涼子『民衆の敵』今夜初回 個性豊かすぎる議員候補に注目

篠原涼子主演のフジテレビ系月9ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』が今夜21時から放送開始となる。

衆議院選挙の余熱がさめやらぬ中始まる本作の、あらすじと見どころをチェックしてみよう。

 

■篠原涼子、高橋一生らが選挙戦に出馬

公式サイトであらすじをチェックしてみると……

佐藤智子(篠原涼子)と公平(田中圭)夫婦は、息子の駿平(鳥越壮真)と3人で手狭な団地住まいとはいえ、温かくごく平凡で幸せな家庭を営んでいた。しかし、智子はもっと幸せになりたいと思っている。駿平に本物のステーキを食べさせてあげたい。駿平の保育園送迎に電動自転車を…という、ささやかなぜいたく。

 

だが、佐藤夫婦はどうにも仕事が長続きしない。理不尽な業務などについ逆らってしまい、すぐに解雇されてしまうのだ。そしてある時、夫婦同時に仕事を失うことに…。

 

パソコンのサイトで新しい職場を探す智子だが、なかなか見つからない。そんな時、智子はふと“市議会議員”と検索。ニュースで政治活動費を不正流用した市議会議員を見たからだ。

 

すると、智子が暮らすあおば市の議員当選率は8割以上と知る。智子の職探しより高確率で議員年俸は智子には夢のような額。すぐさま智子は公平に立候補宣言する。

 

出馬に必要な供託金として貯金を引き出した智子夫婦は選挙管理委員会で立候補の手続き。だが、すでに選挙戦は始まっていた。

 

素人候補の智子と公平は現市議会議員・磯部真蔵(笹野高史)の選挙演説を見学。すると、磯部の発言はウソばかりだと憤る女性がいた。駿平の保育園のママ友・平田和美(石田ゆり子)だ。智子が自らの立候補を伝えると、和美はあきれて立ち去る…。

 

選挙には磯部のほかにも、政治家一家の藤堂誠(高橋一生)ら、一癖も二癖もありそうな候補者が名を連ねる…。

 

■今をときめく人気俳優が立候補!

そんな本作の見どころのひとつは、なんと言っても今をときめく豪華俳優たちの共演だろう。前述の高橋の他に、議員候補として前田敦子、千葉雄大、トレンディエンジェル斎藤司らが登場。

その他にも、市議会を牛耳る最大派閥・犬崎派のボスとして古田新太や、ベテラン議員に笹野高史、現職の女性市長に余貴美子が出演。また、石田ゆり子は主人公のママ友役として、市民の声を代弁する存在になるようだ。

トップが女性であったり、ボスに強面の男性がいたり、なんだか昨今の政治をイメージさせる部分もある気も。

2017秋ドラマ女優の人気ランキング! 石田ゆり子の順位は? 

人気女優勢揃いの10月期ドラマが、続々とスタートしている。

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女813名を対象に調査を実施。秋ドラマ出演女優の中から、好きな女優を複数回答で選んでもらった。

 

■同率第5位:多部未華子(12.4%)

(画像は公式Instagramのスクリーンショット)

第5位は同率で2名。ひとりめは、『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)で主人公の恋人・松原聡子役の多部未華子(28)。

結婚するつもりだった彼との価値観の違いから、迷いが生じてしまう女性を演じるが、役柄に合わせた髪型やメイクから、雰囲気が変わり「かわいい」「きれいになった」と話題になっている。

全体的には女性票が多いものの、40代男性で3位の人気を集めた。

 

■同率第5位:篠原涼子(12.4%)

(画像は『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?』公式サイトのスクリーンショット)

もうひとりは、月9『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系)の主演。佐藤智子役を演じる篠原涼子(44)がランクインした。

フリーターの夫と子供ひとりの3人暮らし。パート勤務先のルールが納得いかず、逆らってクビになったところ、目にしたのは市議会議員の高額報酬。立候補を決意するあらすじだ。

20代女性で2位、30代女性で3位と、若い女性から票が入っている。

 

■同率第3位:松岡茉優(14.8%)

(画像は『コウノドリ』のスクリーンショット)

第3位も同率。まずは『コウノドリ』(TBS系)に出演中、産婦人科医・下屋加江役の松岡茉優(22)。

2年前のシーズン1では、未熟ですぐにテンパってしまう研修医だったが、今シーズンでは正式に配属された専門医として登場し、成長の様子が感じられる。

男性人気が牽引し、20代男性では1位を獲得した。

 

■同率第3位:菅野美穂(14.8%)

(画像は『監獄のお姫様』のスクリーンショット)

もうひとりの3位は、宮藤官九郎脚本『監獄のお姫様』(TBS系)でカリスマ経済アナリスト・勝田千夏役を演じる菅野美穂(40)。

脱税やインサイダー取引で実刑判決を受けるが、刑務所内の出来事をネットで配信して数億稼ぐ。どこかで聞いたことがある気もする登場人物設定だ。

男女ともに支持が高く、30代・40代女性で2位。同世代からの人気が伺える。

 

■第2位:石田ゆり子(19.4%)

(石田ゆり子)

第2位は『民衆の敵~世の中、おかしくないですか?!~』に出演する石田ゆり子(48)。保育園のママ友(篠原涼子)の立候補を応援する元新聞記者・平田和美役だ。

昨年の『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)に出演して以降、ドラマ以外にもCMに多数起用されるほか、Instagramのフォロワー数は120万以上と、注目が集まっている。

30代以上で2位。男女別でもそれぞれ2位と支持層は幅広い。

 

■第1位:綾瀬はるか(37.1%)

(画像は『奥様は、取り扱い注意』公式サイトのスクリーンショット)

第1位は、『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)主演の綾瀬はるか(32)。

「ワケあり」の過去を持つキュートな主婦・菜美が、主婦たちのピンチを救うストーリーが人気で、本格的なアクションも、話題になっている。

20代男性では3位だったが、他の年代はすべて1位。石田ゆり子に倍近い差を付け、秋ドラマ出演女優の中で圧倒的な強さを見せつけた。

なお、10位までのランキングは、7位満島ひかり(31)、8位米倉涼子(42)、9位井上真央(30)、10位小泉今日子(51)だった。

秋ドラマはまだ始まったばかりで、見逃した人もまだまだ追いつけるはず。綾瀬を脅かす女優が現れるのか?  今期のドラマを大いに期待したい。

・合わせて読みたい→美人だと思う2017秋ドラマ女優ランキング! 新婚・武井咲を抑え1位は?

(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日対象:全国20代~60代の男女813名(有効回答数)

2017秋ドラマ女優の人気ランキング! 石田ゆり子の順位は? 

人気女優勢揃いの10月期ドラマが、続々とスタートしている。

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女813名を対象に調査を実施。秋ドラマ出演女優の中から、好きな女優を複数回答で選んでもらった。

 

■同率第5位:多部未華子(12.4%)

(画像は公式Instagramのスクリーンショット)

第5位は同率で2名。ひとりめは、『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)で主人公の恋人・松原聡子役の多部未華子(28)。

結婚するつもりだった彼との価値観の違いから、迷いが生じてしまう女性を演じるが、役柄に合わせた髪型やメイクから、雰囲気が変わり「かわいい」「きれいになった」と話題になっている。

全体的には女性票が多いものの、40代男性で3位の人気を集めた。

 

■同率第5位:篠原涼子(12.4%)

(画像は『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?』公式サイトのスクリーンショット)

もうひとりは、月9『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系)の主演。佐藤智子役を演じる篠原涼子(44)がランクインした。

フリーターの夫と子供ひとりの3人暮らし。パート勤務先のルールが納得いかず、逆らってクビになったところ、目にしたのは市議会議員の高額報酬。立候補を決意するあらすじだ。

20代女性で2位、30代女性で3位と、若い女性から票が入っている。

 

■同率第3位:松岡茉優(14.8%)

(画像は『コウノドリ』のスクリーンショット)

第3位も同率。まずは『コウノドリ』(TBS系)に出演中、産婦人科医・下屋加江役の松岡茉優(22)。

2年前のシーズン1では、未熟ですぐにテンパってしまう研修医だったが、今シーズンでは正式に配属された専門医として登場し、成長の様子が感じられる。

男性人気が牽引し、20代男性では1位を獲得した。

 

■同率第3位:菅野美穂(14.8%)

(画像は『監獄のお姫様』のスクリーンショット)

もうひとりの3位は、宮藤官九郎脚本『監獄のお姫様』(TBS系)でカリスマ経済アナリスト・勝田千夏役を演じる菅野美穂(40)。

脱税やインサイダー取引で実刑判決を受けるが、刑務所内の出来事をネットで配信して数億稼ぐ。どこかで聞いたことがある気もする登場人物設定だ。

男女ともに支持が高く、30代・40代女性で2位。同世代からの人気が伺える。

 

■第2位:石田ゆり子(19.4%)

(石田ゆり子)

第2位は『民衆の敵~世の中、おかしくないですか?!~』に出演する石田ゆり子(48)。保育園のママ友(篠原涼子)の立候補を応援する元新聞記者・平田和美役だ。

昨年の『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)に出演して以降、ドラマ以外にもCMに多数起用されるほか、Instagramのフォロワー数は120万以上と、注目が集まっている。

30代以上で2位。男女別でもそれぞれ2位と支持層は幅広い。

 

■第1位:綾瀬はるか(37.1%)

(画像は『奥様は、取り扱い注意』公式サイトのスクリーンショット)

第1位は、『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)主演の綾瀬はるか(32)。

「ワケあり」の過去を持つキュートな主婦・菜美が、主婦たちのピンチを救うストーリーが人気で、本格的なアクションも、話題になっている。

20代男性では3位だったが、他の年代はすべて1位。石田ゆり子に倍近い差を付け、秋ドラマ出演女優の中で圧倒的な強さを見せつけた。

なお、10位までのランキングは、7位満島ひかり(31)、8位米倉涼子(42)、9位井上真央(30)、10位小泉今日子(51)だった。

秋ドラマはまだ始まったばかりで、見逃した人もまだまだ追いつけるはず。綾瀬を脅かす女優が現れるのか?  今期のドラマを大いに期待したい。

・合わせて読みたい→美人だと思う2017秋ドラマ女優ランキング! 新婚・武井咲を抑え1位は?

(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日対象:全国20代~60代の男女813名(有効回答数)

2017秋ドラマ女優の人気ランキング! 石田ゆり子の順位は? 

人気女優勢揃いの10月期ドラマが、続々とスタートしている。

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女813名を対象に調査を実施。秋ドラマ出演女優の中から、好きな女優を複数回答で選んでもらった。

 

■同率第5位:多部未華子(12.4%)

(画像は公式Instagramのスクリーンショット)

第5位は同率で2名。ひとりめは、『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)で主人公の恋人・松原聡子役の多部未華子(28)。

結婚するつもりだった彼との価値観の違いから、迷いが生じてしまう女性を演じるが、役柄に合わせた髪型やメイクから、雰囲気が変わり「かわいい」「きれいになった」と話題になっている。

全体的には女性票が多いものの、40代男性で3位の人気を集めた。

 

■同率第5位:篠原涼子(12.4%)

(画像は『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?』公式サイトのスクリーンショット)

もうひとりは、月9『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系)の主演。佐藤智子役を演じる篠原涼子(44)がランクインした。

フリーターの夫と子供ひとりの3人暮らし。パート勤務先のルールが納得いかず、逆らってクビになったところ、目にしたのは市議会議員の高額報酬。立候補を決意するあらすじだ。

20代女性で2位、30代女性で3位と、若い女性から票が入っている。

 

■同率第3位:松岡茉優(14.8%)

(画像は『コウノドリ』のスクリーンショット)

第3位も同率。まずは『コウノドリ』(TBS系)に出演中、産婦人科医・下屋加江役の松岡茉優(22)。

2年前のシーズン1では、未熟ですぐにテンパってしまう研修医だったが、今シーズンでは正式に配属された専門医として登場し、成長の様子が感じられる。

男性人気が牽引し、20代男性では1位を獲得した。

 

■同率第3位:菅野美穂(14.8%)

(画像は『監獄のお姫様』のスクリーンショット)

もうひとりの3位は、宮藤官九郎脚本『監獄のお姫様』(TBS系)でカリスマ経済アナリスト・勝田千夏役を演じる菅野美穂(40)。

脱税やインサイダー取引で実刑判決を受けるが、刑務所内の出来事をネットで配信して数億稼ぐ。どこかで聞いたことがある気もする登場人物設定だ。

男女ともに支持が高く、30代・40代女性で2位。同世代からの人気が伺える。

 

■第2位:石田ゆり子(19.4%)

(石田ゆり子)

第2位は『民衆の敵~世の中、おかしくないですか?!~』に出演する石田ゆり子(48)。保育園のママ友(篠原涼子)の立候補を応援する元新聞記者・平田和美役だ。

昨年の『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)に出演して以降、ドラマ以外にもCMに多数起用されるほか、Instagramのフォロワー数は120万以上と、注目が集まっている。

30代以上で2位。男女別でもそれぞれ2位と支持層は幅広い。

 

■第1位:綾瀬はるか(37.1%)

(画像は『奥様は、取り扱い注意』公式サイトのスクリーンショット)

第1位は、『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)主演の綾瀬はるか(32)。

「ワケあり」の過去を持つキュートな主婦・菜美が、主婦たちのピンチを救うストーリーが人気で、本格的なアクションも、話題になっている。

20代男性では3位だったが、他の年代はすべて1位。石田ゆり子に倍近い差を付け、秋ドラマ出演女優の中で圧倒的な強さを見せつけた。

なお、10位までのランキングは、7位満島ひかり(31)、8位米倉涼子(42)、9位井上真央(30)、10位小泉今日子(51)だった。

秋ドラマはまだ始まったばかりで、見逃した人もまだまだ追いつけるはず。綾瀬を脅かす女優が現れるのか?  今期のドラマを大いに期待したい。

・合わせて読みたい→美人だと思う2017秋ドラマ女優ランキング! 新婚・武井咲を抑え1位は?

(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日対象:全国20代~60代の男女813名(有効回答数)

2017秋ドラマ女優の人気ランキング! 石田ゆり子の順位は? 

人気女優勢揃いの10月期ドラマが、続々とスタートしている。

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女813名を対象に調査を実施。秋ドラマ出演女優の中から、好きな女優を複数回答で選んでもらった。

 

■同率第5位:多部未華子(12.4%)

(画像は公式Instagramのスクリーンショット)

第5位は同率で2名。ひとりめは、『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)で主人公の恋人・松原聡子役の多部未華子(28)。

結婚するつもりだった彼との価値観の違いから、迷いが生じてしまう女性を演じるが、役柄に合わせた髪型やメイクから、雰囲気が変わり「かわいい」「きれいになった」と話題になっている。

全体的には女性票が多いものの、40代男性で3位の人気を集めた。

 

■同率第5位:篠原涼子(12.4%)

(画像は『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?』公式サイトのスクリーンショット)

もうひとりは、月9『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系)の主演。佐藤智子役を演じる篠原涼子(44)がランクインした。

フリーターの夫と子供ひとりの3人暮らし。パート勤務先のルールが納得いかず、逆らってクビになったところ、目にしたのは市議会議員の高額報酬。立候補を決意するあらすじだ。

20代女性で2位、30代女性で3位と、若い女性から票が入っている。

 

■同率第3位:松岡茉優(14.8%)

(画像は『コウノドリ』のスクリーンショット)

第3位も同率。まずは『コウノドリ』(TBS系)に出演中、産婦人科医・下屋加江役の松岡茉優(22)。

2年前のシーズン1では、未熟ですぐにテンパってしまう研修医だったが、今シーズンでは正式に配属された専門医として登場し、成長の様子が感じられる。

男性人気が牽引し、20代男性では1位を獲得した。

 

■同率第3位:菅野美穂(14.8%)

(画像は『監獄のお姫様』のスクリーンショット)

もうひとりの3位は、宮藤官九郎脚本『監獄のお姫様』(TBS系)でカリスマ経済アナリスト・勝田千夏役を演じる菅野美穂(40)。

脱税やインサイダー取引で実刑判決を受けるが、刑務所内の出来事をネットで配信して数億稼ぐ。どこかで聞いたことがある気もする登場人物設定だ。

男女ともに支持が高く、30代・40代女性で2位。同世代からの人気が伺える。

 

■第2位:石田ゆり子(19.4%)

(石田ゆり子)

第2位は『民衆の敵~世の中、おかしくないですか?!~』に出演する石田ゆり子(48)。保育園のママ友(篠原涼子)の立候補を応援する元新聞記者・平田和美役だ。

昨年の『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)に出演して以降、ドラマ以外にもCMに多数起用されるほか、Instagramのフォロワー数は120万以上と、注目が集まっている。

30代以上で2位。男女別でもそれぞれ2位と支持層は幅広い。

 

■第1位:綾瀬はるか(37.1%)

(画像は『奥様は、取り扱い注意』公式サイトのスクリーンショット)

第1位は、『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)主演の綾瀬はるか(32)。

「ワケあり」の過去を持つキュートな主婦・菜美が、主婦たちのピンチを救うストーリーが人気で、本格的なアクションも、話題になっている。

20代男性では3位だったが、他の年代はすべて1位。石田ゆり子に倍近い差を付け、秋ドラマ出演女優の中で圧倒的な強さを見せつけた。

なお、10位までのランキングは、7位満島ひかり(31)、8位米倉涼子(42)、9位井上真央(30)、10位小泉今日子(51)だった。

秋ドラマはまだ始まったばかりで、見逃した人もまだまだ追いつけるはず。綾瀬を脅かす女優が現れるのか?  今期のドラマを大いに期待したい。

・合わせて読みたい→美人だと思う2017秋ドラマ女優ランキング! 新婚・武井咲を抑え1位は?

(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日対象:全国20代~60代の男女813名(有効回答数)