神社

賽銭泥棒をした結果

 

もう10年くらい前になる。

 

高校を卒業してフリーター1年目。

 

俺は問題を起こしすぎて、同じ市内なのに両親が俺のためにアパートを借り、実家から無理やり追い出されていた。

 

「バカは群れる」の法則で、俺の周りもみんなフリーター。

 

それも、いわゆるDQNだ。

 

髪の色もピンク、金、青とみんなカラフル。

 

まぁ、バンドマンが多かったせいもあるが。

 

当時18才で免許取り立てだったバカがやる行動なんて限られている。

 

田舎だしね。

 

毎日酒を飲んで車でナンパか、心霊スポット巡り、カラオケ。

 

だけど、俺たちはそんなに悪い感じではなくて、人様に迷惑をかける事や、明らかな犯罪はしなかった。

 

でも、その日は状況が違った・・・。

悪事の報い

その時、俺は3人の仲間(A、B、俺)でつるんでいたが、3人ともバイト先で女に手を出したり、店長を殴ったり、お客と喧嘩したりと問題を起こして全員無職に。

 

まさにクズの集団。

 

が、俺だけは実家がまあまあ裕福だったから余裕があって、その日も銀行から下ろしたばかりの仕送りの中から千円をAに貸していた。

 

その日は凄く晴れていて、気持ちのいい8月の夜。

 

山間だから湿気もないし、風も殆どなくて、夜遊び日和だったのは覚えている。

 

3人で心霊スポットで有名な寂れた神社に車で行った。

 

鳥居の前に車を乗り付けて。

 

そこは、毎晩夜中に丑の刻参りが行われているとか、気が狂った女がそこで誰の子か分からない子供を産み落としてその場で殺して食ったとか、昔は処刑場だったとか。

 

色んな噂があり過ぎて全部疑わしかったが、行ってみると謎の染みが付いた鳥居や、何十年も前から使っているであろう賽銭箱、ミイラにしか見えない木造のご神体など・・・。

 

雰囲気が怖すぎて、噂は全部本当じゃないかって思えるくらいの場所だった。

 

そこに男3人、時間は午前3時。

 

虫の声、鳥の声、木々のざわめき、闇、月夜に浮かぶ鳥居・・・。

 

とにかく怖い。

 

怖いが、県内の心霊スポットを行き尽くした俺たちは、5分もすると慣れて調子に乗り始めた。

 

神社内のあちこちを散策していたが、賽銭箱を見ていたAがふと言った。

 

「これ、鍵壊せね?」

 

俺とBが賽銭箱の後ろを見てみたら普通の引き出しのようになっていて、安っぽい南京錠が付いていただけだった。

 

100均で買ったような南京錠が数年雨風にさらされた感じ。

 

普段はこういう所に来ても賽銭泥棒なんてしないが、その時は全員無職に貯金無しだから、「やっちまおうか?」という感じで3人で顔を見合わせた。

 

酒の勢いもあって「やろうぜ!」となり、俺とBが賽銭箱の表の淵を掴み、Aは裏の南京錠だけを掴んで、「せーの!」で引っ張り合った。

 

バキッ!と乾いた音がして、俺とBは吹っ飛んだ。

 

見てみると、鍵ではなくて止め金と賽銭箱の木の部分の繋がってる部分が割れていた。

 

「いくら入ってるかな~?久しぶりに風俗行きてえなぁ~」なんてバカなことを言いながら3人で引き出しの中を見てみると、クシャクシャの千円札が1枚と小銭が5枚くらい。

 

A「これしかねぇのかよ」

 

B「少な!しょぼい神様だな、おい」

 

俺「逆に千円入ってたのが凄いわ。誰が入れるんだ?こんなボロイところに」

 

なんて言いながら、みんなで賽銭箱に唾を吐いたりしていた。

 

するとAが、「まぁ、しょうがねえわ。これで牛丼でも食おうぜ」なんて言って、そのお金を自分の財布に入れた。

 

その時、それまで風一つない夏の終わりの爽やかな雰囲気だったのに、突然「ゴオー」という感じの突風が吹いた。

 

神社の周りの木が「バサバサバサ」と揺れて、カラスが一斉に飛び立った。

 

3人してお互いの顔を見合わせたが、もう目ぼしい物もないし帰ることになった。

 

そこから、おかしいな事が起こり始めた。

 

まずエンジンがかからない。

 

3分ほどしてやっとかかったが、それまでの間、車内の温度が異常に熱かった。

 

運転席にいるAは、「左の頬が熱い」と言う。

 

助手席のBは、「右の頬が熱い」と言う。

 

助手席の後ろにいた俺は、右の頬と前の座席の肩の部分に乗せている右手の肘から先が熱かった。

 

最初は虫にでも食われたかな?と思っていたが、車で走り出してからその熱さがどんどん酷くなり、しまいには痛くなっていた。

 

俺とBは、「痛い痛い!」、「かゆい!」と叫んでいたが、5分くらい走ったところで熱さが急に消えた。

 

すると突然Aが、「痛いっ!!」と言い出し、俺とBが「どこが?」と間抜けな声で訊きながらAを見た。

 

そしたら、運転していてこっちをチラっとしか見れないAの左頬に、真っ赤な手形が浮かび上がった。

 

思いっきり何度もビンタした時のような手形の跡が。

 

俺とBはドン引きして、狭い車内でなるべくAから離れる感じで震えていた。

 

Aは運転しながら、「痛いっ!!てかお前ら、俺の顔の左側どうなってる?!」と言いながら、左目を閉じて右目だけで運転していた。

 

俺もBも何も言えなくてアワアワしていたら、Aの左頬の手形の部分からは血が滲み始めた。

 

それを見た俺とBは錯乱して、「車を止めろ!!」と言うと、減速し始めたと同時にBが飛び降りた。

 

パニックになった俺も、3秒ほどしてから車から飛び降りた。

 

足を挫いたが、舗装されていない道だったからまだ良かった。

 

その後、10メートルくらい走って車は止まった。

 

ハンドルを握ったままのAが振り向いた。

 

運転席には、Aに絡み付くように肩くらいの髪の女がいた。

 

女は、Aの頬に浮かび上がる手形の上に手を添えていた。

 

女の視線の先は、ずっとAだけだった。

 

Aは泣きそうな表情でこちらを向いたまま、なぜか車を発進させた。

 

そのまま国道に出て、視界から消えた。

 

俺とBはタクシーを拾ってファミレスに行き、何度もAの携帯に電話をかけたが、ずっと通話中で繋がらなかった。

 

次の日、Aは150km先の隣県の高速道路で中央分離帯にぶつかって死んでいたらしい。

 

俺らは葬式には呼ばれなかった。

 

後で聞いた話だが、Aは死ぬ直前、弟に電話をかけていたらしい。

 

内容は支離滅裂だが、「女がアクセルを踏む」、「撫でられると血が出る」、「最初、女は後部座席の真ん中に座って身を乗り出していた。その後は自分だけが掴まれた」などと言って、一方的に切れたらしい。

 

その後の警察の調査で、Aの財布からは「ピン札の千円札」しか出てこなかった。

 

(終)

The post 賽銭泥棒をした結果 appeared first on 怖いもん通信.

心霊スポットで撮ってきた危ない写真 2/2

前回までの話はこちら

守「あの写真を見せるんじゃなかった。ふざけてて油断してました」

 

守「最初に言いましたよね。アレを見て思ったことを口に出すとヤバいと。だから、説明することが出来ない」

 

守「口にしただけで、またすぐにアレが来ます。俺には来るのを止められない。言っときますけど、あそこはマジですから。ホントにシャレになりません」

 

彼いわく、二人が心霊写真を撮ってきたK野神社は、この辺りでは最凶の有名なスポットだ。

守「あそこは関東の西の要。ここら辺を東西南北に通る、霊道の交差点みたいなもんです。あそこを通る連中には、時折凄いのが稀にいます」

 

守「よく分からないけど、凄く冷たくて速い奴とかもいる。そいつが通った場所は一瞬で空気が無くなる」

 

守「それで物が裂けたり、凍ったりする。現象的には鎌鼬(かまいたち)に結構似ているやつです。さっき来たのが、まあソイツですけど」

 

(おい、やけに詳しく説明してないか?また来ちまうだろ、ソイツが)

 

ということは、近くにいて失禁気絶したアシスタントは、本当に運が良かったに違いない。

 

守山くんの言ったモノにまともに当たっていたら、冷凍バラ肉になっていたかも知れない。

 

守「本当にすみませんでした。止められなくて」

 

殊勝にも、モリヤマくんは改めてそのアシスタントさんに土下座までして謝罪した。

 

※殊勝(しゅしょう)

心掛け・行いなどが、けなげで感心なこと。

 

先生も、しまいに天井を見上げながら言った。

 

先「もういいわ。これ以上聞くと、俺が引っ越さなきゃいけなくなりそうだ」

 

確かに、ここは先生の自宅だし。

 

これ以上、事が深刻になると仕事に触るだろう。

 

守山くんは少し黙って、表情を曇らせた。

 

守「まあ、あいつのことなら少しは話せます。逆に理解してやって欲しいし」

 

(鈴木さんのことか?)

 

守「最初、中学であいつに会った時、俺も本気で心配になりました。クラスみんなで最初に自己紹介やった時も、あいつだけ”事故”紹介ですって言って笑ってやってましたから」

 

守「霊媒体質っていますよね。よく色んなのが憑いちゃって肩を重そうにしてる人。でも普通は自分の魂のおかげで、そうそう入っては来れません」

 

守「しかしあいつの場合は、憑け込まれる場所というか、容量が普通の人より大きいんです。というより、スカスカなのでスポンジみたいにどんどん入ってきちゃう」

 

守「この前、あいつのアパートに行ったら、順番待ちが部屋の外まで溢れていました。笑っちゃったのが、外に溢れた連中が列を作って待ってるんですよ」

 

(順番待ちの連中ってなんだ?)

 

(スポンジみたいにスカスカってどういう意味だ?)

 

守山くんは話を続ける。

 

守「俺、あんまり音の方は聞こえないんです。逆に耳が良すぎて雑音が入ってくるんで感じられないんです。どっちかというと見えちゃう方」

 

守「六つ子くらいの胎児みたいなやつ、何があったかパンパンに膨れた女、ずーっと叫んでるような顔をしてるおばさん、潰れたゴキブリ、良く分からない白いブヨブヨしたもの、青ざめた顔でドアをノックし続けてるハゲ・・・」

 

守「5メートルくらいの顔の無い人、脳みそが出て首をカクカクさせている小学生、首も手足もないけどジタバタしてる肉塊、首が50センチくらい延びちゃって上向いてる人・・・」

 

守「ハラワタの出たネコ、同じ場所を回り続けてる小人、頭から足の生えてるカラス、人の形をした焦げた皮、あ、あと手とか足だけってやつもいました」

 

守「そいつらが全部、あいつに取り憑く順番を待っていた」

 

ぶぅげえぇおええ!

 

さっき失禁気絶したアシスタントが、今度は今まで飲んでたものを吐いた。

 

守「色んなのが入ってくるので、あいつの何が主体の憑きものか俺にも分かりません。すみません。これ以上は詳しく言えません」

 

(いや、もうかなり詳しいだろ)

 

僕は再びアレを呼び込まないように、思わず口に出さないように注意して、自分なりに頭の中だけで整理してみた。

 

(あの影は悪魔じゃない。鈴木さんに入ってくる、その色んなモノが影になって写ったのだ。・・・キメラだ)

 

※キメラ

同一個体内に異なった遺伝情報を持つ細胞が混じっていること。またそのような状態の個体のこと。

 

鼻をすすりあげる音が聞こえた。

 

守山くんだった。

 

いつの間にか彼は涙ぐんでいた。

 

そしてグシャグシャに泣きながら、言った。

 

守「あいつ、元から半分なんですよ。魂が・・・」

 

(終)

The post 心霊スポットで撮ってきた危ない写真 2/2 appeared first on 怖いもん通信.

心霊スポットで撮ってきた危ない写真 1/2

 

大学のサークルの関係で、漫画家のアシスタントのバイトをしていた時期がある。

 

高円寺の北にある先生の自宅に伺い、5人くらいの編成で一人一晩1万円。

 

僕の担当は、背景とトーンワークだった。

 

そのアシスタント達の中に一人、結構な変人がいた。

 

名前は守山くんという。

 

黒ブチのメガネをかけた、見た目は普通の好青年だ。

 

彼も大学生。

 

その守山くんは、来る度にニコニコ笑いながら心霊写真を持ってくる。

 

これが毎回、なかなかにエグい。

 

彼がアシスタントに来ると先生もその輪に入ってしまい、なかなか仕事にならない。

 

だがこの日、彼が持ってきた写真はいつにも増してヤバかった。

危ないモノを呼び込んでしまう

守「この前、K野神社で撮ってきたんですよ。天気も良くて。いや~凄かった」

 

フィルム2本で48枚のプリントは、冗談でなく全てがおかしかった。

 

まず、全部が粒子の色が泡立っていて砂地のように見える。

 

どの樹木を写しても、木の葉の影に髑髏(ドクロ)が無数に見える。

 

階段を撮っても、そこに落ちる木立の影が牛の頭の骨に見える。

 

写真のどこかに霊体が・・・というレベルではない。

 

全ての写真の全面に写っているのだ。

 

ここまで来ると、皆が黙りこくってしまった。

 

普段は「スゲ~」だの「ヤベ~」だの騒いでいる先生も静かになっている。

 

それらは息を呑む作品群だった。

 

夏の暑い日、窓を開けているのに部屋の温度がどんどん下がってきているのが分かる。

 

守「いいすっか。次の写真は絶対に論評しちゃダメっすよ。口にするとヤバイ。マジで」

 

守山くんは、この日の”とっておき”をペラリと出した。

 

僕「・・・これ、誰ですか?」

 

守「ああ、彼?一緒に行った鈴木」

 

あまり悪い事は言いたくないが、正直、素人目に見ても彼は長生き出来ないのではないかと本気で心配になる写真だった。

 

いや、この鈴木さんという人物、本当に人間なのだろうか?

 

それすらも怪しい。

 

心霊写真を見ただけで涙ぐんでしまったのはこれが初めてだった。

 

平らな場所に、その鈴木さんが両手を後ろ手に組んでこっちを向いて笑っている。

 

太陽は彼から見て右手の頭上にある。

 

故に、影は彼の左下、つまり写真に向って右下に伸びるはずだ。

 

だが、この影がとんでもなかった。

 

まず、彼の影が彼の足元に繋がっていない。

 

ここから既におかしい。

 

影の片手が上がっていて、長い杖みたいなものを持っている。

 

(なんだろう、これ?)

 

背中には、一際大きな影が。

 

(これは翼?)

 

頭には角のようなものも。

 

(もう勘弁してください・・・)

 

ダメ押しに、尻尾のようなものが腰から。

 

(これではまるで悪・・・)

 

同じ言葉を、よりにもよって先生が呟いてしまった。

 

先「・・・これは・・・まるで、ア・・・」

 

守「それを言うなぁあ!!」

 

守山くんの、鋭い声の一喝が響いた。

 

びっくりして振り向くと、鬼のような形相で部屋の片隅を見つめている。

 

顔を真っ赤にして、冷や汗をかいてブルブル震えている。

 

守「その窓を閉めろ!」

 

言われるがまま、弾かれるようにアシスタントの一人がその窓に駆け寄った瞬間、カーテンを引き裂いて何か白い塊が飛び込んできた。

 

それは凄い速さで部屋の中を通り抜け、向こうの開いている窓から飛び出して行った。

 

本当に一瞬だった。

 

一番間近にいたそのアシスタントは、失禁して気絶していた。

 

僕たちもさすがに腰を抜かして、しばらく立てずにいた。

 

守「もう、大丈夫っす」

 

守山くんの一言で、ようやく皆が無言で自分の位置に戻る。

 

それからは誰も話をしようとしなかった。

 

先「これじゃ仕事にならねえな・・・」

 

先生が呟いた。

 

(まあ、確かに)

 

先「今日は終わり。これで酒を買ってきて。でもみんな朝まで居てくれよ。俺が怖いから」

 

その後は怖がっている先生を囲んで酒盛りになった。

 

守山くんは足の竦(すく)んだアシスタントを2人引っ張って酒を買いに行く。

 

失禁したアシスタントには先生のトランクスとジャージを貸してシャワーを浴びさせている。

 

まだ放心している先生は座らせておいて、僕は酒盛りの用意をし始めた。

 

それまで皆が使っていた飲み物のコップを一回洗っておこうとしてギョッとした。

 

誰かの麦茶の飲み残しが、ガチンガチンに凍りついていたからだ。

 

酒を買いに行っていた守山くん達が帰ってきたのは1時間後だった。

 

ビールとつまみを、新聞を敷いた床にガラガラとあけて酒盛りが始まったのだが、静かだ。

 

皆、さっきのことを訊きたくて仕方がない。

 

だが、誰も切り出せない。

 

守山くんは一人だけ黙々とビールを腹に流し込み、平気で柿の種をバリバリ喰っている。

 

先「なあ・・・さっきのは・・・」

 

堪りかねて話しかけたのは先生だった。

 

(先生、実は相当に我慢弱い)

 

守山くんの手が止まった。

 

(続く)心霊スポットで撮ってきた危ない写真 2/2

The post 心霊スポットで撮ってきた危ない写真 1/2 appeared first on 怖いもん通信.