祟り

花魁淵と呼ばれる滝にて

 

山梨県甲州市(旧・塩山市)の奥地にある『花魁淵』に来ていた。

 

時刻は深夜の1時過ぎ。

 

まだ少し昼の暑さが残っている。

 

この場所は、関東の西では有名な心霊スポットだ。

 

戦国時代、武田信玄の軍資金源となった『黒川の金山』が近くにある。

 

武田氏滅亡の折、この金山の秘密を守るために、50人以上いた近くの遊郭の花魁を集め、張り出して設置した舞台もろとも川に丸ごと沈めて皆殺しにしたという場所だ。

 

最後まで読むと祟られるという碑看板の近くに車を止めて降りた。

あいつは女に祟る

今回のメンバーは、いつもの通り嬉々としてツアーを取り纏めた守山くんを筆頭に、男3人(守山・僕・Aくん)と女2人(僕の彼女・Aくんの彼女Bさん)の編成。

 

言葉少なに、花魁の霊を鎮めるお堂までの道を下る。

 

周りの崖がどんどん高くなる。

 

中ほどまで来た時、何かの囁く声が耳元で一瞬聞こえた。

 

不安に思って、辺りを見回す。

 

見ると、みんなも同様だった。

 

みんなにも聞こえていたのか。

 

いや、気付いたのは男3人だけだった。

 

女には聞こえなかったのか?

 

何故だ?

 

「下見ろ、下!ライト消せ!」

 

守山くんが僕を突いて囁いた。

 

懐中電灯を消して、こそこそとしゃがみ込み、藪の中から崖の下を覗き込む。

 

深い崖の底には真っ黒な川が流れていて、仄暗(ほのぐら)い淵を作っている。

 

しかし、ほぼ真上にある月明かりのおかげで、角度によってはテラテラと光る水面もあった。

 

ここからの距離は50メートルくらいか。

 

水面に人影が見えた。

 

岩じゃない。

 

さっき崖の上から見た時、そこには何も無かった。

 

その人影は、遠目には分かり難いが、髪は長く解け、襦袢を着ている様だ。

 

※襦袢(ジバン)

和服の下に着る肌着のこと。

 

女だ。

 

目が慣れてきた。

 

向こうをむいて俯いているのが分かる。

 

顔は濡れ髪にも隠れて良く見えない。

 

それはそのままの格好で、音も無く沈んだり浮かんだりしていた。

 

おそらく生きている人間ではない。

 

この辺の水深は10メートルはある。

 

深い淵なのだ。

 

何十人もの花魁を溺れさせ、皆殺しにしたくらいに。

 

目を凝らすと、次第にそれの体がこちら側に向いてきているのが分かった。

 

気付かれたらお終いだ。

 

暗い藪越しに、皆が息を潜めた。

 

それはしばらくして、浮き沈みを止めた。

 

上半身だけ浮かべたまま静止している。

 

そして突然、それが顔を上げた。

 

腐ったような黒い目が、濡れ髪越しに僕達を見ていた。

 

「うぅ・・・うっ」

 

女性二人が、ほぼ同時に腹を抱えてうずくまった。

 

僕とAくんがそれぞれの彼女に駆け寄る。

 

どうしたのか尋ねると、あの目を見た途端、急にお腹が痛くなってきたのだという。

 

僕とAくんは顔を見合わせた。

 

女二人が同時にか?

 

今この状況では非常にマズい。

 

「ヤバい・・・」

 

一人で崖の下を注視していた守山くんも、緊迫した顔で振り返った。

 

「気付かれた!今、岸をあがった。崖を登ってる。下のお堂を抜けた・・・あいつ、こっちに来るぞ!」

 

大慌てで今まで来た道を引き返そうとした。

 

だが、女性陣が動けない。

 

可哀相だが、彼女を無理矢理に急かした。

 

AくんもBさんの手を引こうとして、悪戦苦闘していた。

 

でも僕達は、30メートルも動けなかった。

 

車までは、まだかなり遠い。

 

さっきまで居た暗い藪が、ガサガサと揺れた。

 

来る。

 

このままでは追い付かれてしまう。

 

「ダメ。お腹が痛くて動けない」

 

彼女が泣き出してしまった。

 

僕は焦る。

 

こんなところで泣いてられないだろ。

 

仕方ない、背中を貸した。

 

(あそこまでおぶって走れるか・・・)

 

「ここに連れて来ちゃいけなかったんだ。女を」

 

荒い息で、横を走る守山くんが言った。

 

「あいつは女に祟る。聞いた事があったのに忘れてた」

 

強引にいくつも藪を抜け、車までの道をショートカットした。

 

彼女をおぶって後ろ手に組んでいる僕の手が、ヌルヌルしているのに気付いた。

 

うわっと思ったが、構うもんか。

 

駐車場の明るい所まで来た途端、5人共が力尽き、アスファルトの上に座り込んでしまった。

 

「・・・消えた。気配がしない」、と守山くんが言う。

 

辺りを伺っている。

 

「あいつ、消えた?マジ?大丈夫?」

 

「多分・・・」

 

守山くんが言うのなら大丈夫だろう。

 

ホッとした。

 

駐車場の街灯の明かりで見ると、僕の腕に血がベッタリと付いているのに気付いた。

 

彼女の脚も血に塗れていた。

 

傷が酷いのか、幾筋も血が流れている。

 

恥ずかしがっている場合じゃない。

 

どこを怪我したのか調べるから脚を見せろと言った。

 

「いや私、大丈夫だから・・・絶対ダメ!」

 

「いいから見せろ!」

 

「ダメだったら!!」

 

押し問答の末、最初は拒んでいた彼女も観念して僕に従った。

 

だが、様子がおかしかった。

 

彼女のどこにも怪我は無かった。

 

AくんとBさんのカップルも同様だった。

 

かなり出血しているのに、痛がるところが無い。

 

どういう訳か分からない。

 

僕とAくんは、まさかとは思いながら、こっそりとそれぞれの彼女に聞いた。

 

「もしかして、アレか?」

 

彼女達は恥ずかしそうに無言で頷いた。

 

一方、車のエンジンをかけながら、守山くんはいかにも残念そうに言った。

 

「ここには来なかった。もう帰ろう。あ、席にはビニール敷いてね。汚れるから」

 

近くのコンビニで女の子用品を大量に買って帰途についた。

 

女性陣は二人共、かなり不機嫌だった。

 

そして、泣いていた。

 

宥(なだ)めるのには苦労した。

 

それから、彼女達は二度と守山くんの誘いには乗らなくなった。

 

その後、通常の生活に戻ってから半年間、彼女に生理が来なかった。

 

これには生きた心地がしなかった。

 

花魁淵(wikipedia)

(終)

The post 花魁淵と呼ばれる滝にて appeared first on 怖いもん通信.

決して誰かに話してはいけない

 

2年ほど前にあった話になる。

 

当時の俺は高校を中退していて、両親からも見放された状態だった。

 

なので遊びよりも金という感じで、朝から晩までバイト三昧だった。

 

そして貴重な休みの日には、息抜きで友人たちと遊びに出掛けたりしていた。

 

と言っても、高校中退だったからDQN的な友人くらいしかいなかったが・・・。

 

バイトが出来る歳から貯めた金で車の免許と取り、さらには車も買った。

 

バイトで体が疲れていようが、夜中のドライブが日課になっていた。

 

そんな夏の頃、休み前日の夜から友人たちと廃墟に行ったりして遊んでいたのだが、期待を裏切られるように霊とは遭えず、そこにいたホームレスのおっさんにビビらされたくらいだった。

 

俺はガッカリして「もう帰ろっか?」と言ったが、帰りの車内で「怖い話をしようぜ!」となった。

 

そして俺の順番が回ってきた時、家に居た時に携帯サイトで見た怖い話を思い出して友人たちに話を聞かせた。

 

稲川淳二氏の放送中止にもなった話だ。

 

確か内容は戦時のとある女の話なのだが、ここでは詳しく話せない。

 

要するに、『決して誰かに話してはいけない』系の話だった。

 

当時の俺はそんなのを信じている訳もなく、得意気に皆に聞かせた。

 

だが、これが間違いだった・・・。

次々に起きた不運や不幸

なんだかんだで帰りの車内は盛り上がり、そのまま各自宅へ友人たちを送り届け、その日は解散。

 

未だ慣れない夜の運転に疲れた俺は、体のダルさを気にしつつ家までの階段を上った。

 

ドアに鍵を差し込んで回し、ドアノブに手をかけ、玄関を開けようと引いた。

 

しかし、”ガチャ”と音が鳴ったのにドアは開かない。

 

(鍵、閉めて出たよな・・・?)

 

そんな疑問を抱きながらも、もう一度鍵を取り出して玄関を開けて中に入った。

 

俺は早く風呂に入りたくて、とりあえず部屋の電気を片っ端から点けた。

 

だが、明るくなった部屋の光景にビックリした。

 

空き巣に入られたように部屋が荒れていた。

 

クローゼットの中の洋服や、テーブルの上にあったものまで床に散らばっている。

 

(最悪・・・)

 

仕方がないので、すぐさま110番をして警察を呼んだ。

 

一通りの事情聴取を終えてからシャワーを浴びた。

 

次の日はバイトが休みだったので、「明日片付けよう・・・」と思って寝室のベッドに飛び込んだ。

 

その日の夜、初めて”金縛り”に遭った。

 

胸元に誰かが乗っているのかというくらい圧迫され、首を締められるような感覚に。

 

さらに、顔の前には何者かの気配を感じて吐息がかかる。

 

気持ち悪く、苦しく、目も開かない。

 

疲れたから早く寝たいこともあり、次第にイライラし始めた。

 

俺は心の中で「眠いんだよ!!」と叫ぶと金縛りが解け、まぶたを開いて身体を起こした。

 

なんだ、呆気ない。

 

そう思っていると、耳元で何者かが囁いた。

 

「あなたの体、ちょうだい」

 

囁かれてゾッとした瞬間、気が付いたら朝になっていた。

 

どうやら気を失っていたらしく、情けないな・・・と思った。

 

次の日の昼間、蒸し暑かったので窓を開けながら部屋の掃除をし終えてテレビ見ていた。

 

だが、急に恐怖心が襲ってきて、家にさえ居たくなくなった。

 

その為、急いで車の鍵を持って友人の家に向かった。

 

急に出向いたわりには快く迎えてくれて、夜までその家に居座っていた。

 

さすがに明日はバイトもあって長居するのに罪悪感もあり、礼を言って自分の家へ帰ることにした。

 

友人と過ごしたおかけで、恐怖心どころか昨日車内で話した事もすっかり忘れていたのだが、いざ自分の家に着いて中に入ると、何故だか家の中の風通しが良くて焦げ臭い。

 

真っ暗だから何も見えないし、どうせ近所の誰かが魚でも焦がしたんだろと思って部屋の電気を点けた。

 

明るくなった部屋の窓を見て、俺は心底ゾッとした。

 

エアコンとその周りの壁が真っ黒になり、窓に掛かるカーテンが半分以上も無くなっている。

 

網戸にも火種が飛んだらしく、燃えた痕のような大きな穴が開いていた。

 

気持ち悪くて窓を閉めようと手を掛けた瞬間、目の前に紫色の着物に身を包み、左脚と右腕の無い女が目を見開いてニタニタしながら立っていた。

 

俺は思わず小さな悲鳴を上げ、そのまま後ろに尻餅をついた。

 

その女は満足したかのように笑い、そしてスッと消えた。

 

俺は恐怖で暫くその場に座り込んだままだった。

 

後日、新しいエアコンを業者に取り付けてもらい、カーテンも網戸も新調した。

 

『あの話』をしたからこんな事が起きたのだろうか?

 

そう考えるも確信が無い為、偶然だったんだと思うようにした。

 

数週間後。

 

バイト先へ行く途中、車内のバックミラーにふと目をやった。

 

すると、紫色の着物を着た女が後部座席に座っており、あの時と同じように変わらずニタニタと笑っていた。

 

俺は短い悲鳴を上げて視線を前に戻した瞬間、後ろの車に追突されて全身打撲とあばらを骨折して入院するはめに。

 

追突された瞬間にゲタゲタと大きな笑い声を耳にし、痛みに耐えられなくて気を失った事を覚えている。

 

それ以来は何もないが、もう二度と『誰かに話してはいけない』系の話はしないと心に誓った。

 

(終)

The post 決して誰かに話してはいけない appeared first on 怖いもん通信.