秋元康

AKB48のCD585枚が山に投棄 「オリコンの価値下げた」制作側に指摘も

(France68/iStock/Thinkstock)

CDに付随している「投票券」を求めて、ファンが同じCDを大量購入する…そんな新しいスタイルが、斬新なビジネスモデルとしても脚光を浴びたAKBグループ。

そんな中、処分に困った大量のAKB48のCDを山に投棄した男性が書類送検されるという事件が報じられ、インターネット上では様々な意見が飛び交っている。

 

■CD585枚を山に投棄した男性

16日に福岡県警はAKB48のシングルCD計585枚を、同県太宰府市の山中に不法投棄したとして、廃棄物処理法違反の疑いで30代の男性を書類送検したと公表。

容疑者の男性は「総選挙で投票券を使った後、処分に困って捨てた」と供述しているという。

報道によると、今年の5~6月にかけて千葉県在住の別の男性がCDを大量に購入。総選挙は投票券に記載されているシリアルナンバーを用いて好きなアイドルに投票するシステムで、この男性から「ナンバー入力が間に合わない」と依頼された。

その後他のファン仲間と協力し郵送されてきた約1,000枚分(100万円相当)の入力作業を福岡市内で終えた後、約600枚を自宅に持ち帰ったという。

 

■「21世紀で最もCDが売れている」AKB48

一方、10月13日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)が発表した、21世紀に1番CDを売り上げたアーティストをランキング形式で発表する『21世紀トータルセールスランキング』では、嵐や浜崎あゆみを凌いで1位に輝いたAKB48。

2000年代初頭、浜崎あゆみが圧倒的な人気を誇っていたものの、嵐のブレイクや、2010年代に入りAKB48が驚異的な勢いでシングルCDの売上を伸ばしたことの推移も報じられ、話題となっていた。

AKB48のCD585枚が山に投棄 「オリコンの価値下げた」制作側に指摘も

(France68/iStock/Thinkstock)

CDに付随している「投票券」を求めて、ファンが同じCDを大量購入する…そんな新しいスタイルが、斬新なビジネスモデルとしても脚光を浴びたAKBグループ。

そんな中、処分に困った大量のAKB48のCDを山に投棄した男性が書類送検されるという事件が報じられ、インターネット上では様々な意見が飛び交っている。

 

■CD585枚を山に投棄した男性

16日に福岡県警はAKB48のシングルCD計585枚を、同県太宰府市の山中に不法投棄したとして、廃棄物処理法違反の疑いで30代の男性を書類送検したと公表。

容疑者の男性は「総選挙で投票券を使った後、処分に困って捨てた」と供述しているという。

報道によると、今年の5~6月にかけて千葉県在住の別の男性がCDを大量に購入。総選挙は投票券に記載されているシリアルナンバーを用いて好きなアイドルに投票するシステムで、この男性から「ナンバー入力が間に合わない」と依頼された。

その後他のファン仲間と協力し郵送されてきた約1,000枚分(100万円相当)の入力作業を福岡市内で終えた後、約600枚を自宅に持ち帰ったという。

 

■「21世紀で最もCDが売れている」AKB48

一方、10月13日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)が発表した、21世紀に1番CDを売り上げたアーティストをランキング形式で発表する『21世紀トータルセールスランキング』では、嵐や浜崎あゆみを凌いで1位に輝いたAKB48。

2000年代初頭、浜崎あゆみが圧倒的な人気を誇っていたものの、嵐のブレイクや、2010年代に入りAKB48が驚異的な勢いでシングルCDの売上を伸ばしたことの推移も報じられ、話題となっていた。

『愛ある』福士蒼汰の怪演も…結末に「残念すぎる」の声殺到

(画像はInstagramのスクリーンショット)

福士蒼汰主演、川口春奈ヒロインで7月から放送されてきたドラマ『愛してたって、秘密はある。』(日本テレビ系)。

17日に放送された最終話は、ある意味、すべての視聴者を裏切るような衝撃的な結末を迎えたようだ。

 

■「犯人はボクだった」系作品でした

これまで、さまざまなあやしい登場人物が出てきていた本作品。謎の女子高生・果凛や、鈴木浩介演じる風見医師など、印象的なキャラも少なくなかった。

しかし、最終的な結末は「主人公・黎(福士蒼汰)が解離性同一性障害、つまりは二重人格であり、もうひとつの人格『朔』が黒幕だった」というものだった。

最終話、もうひとりの自分が写った映像をみた黎。母親の晶子(鈴木保奈美)いわく、父親(堀部圭亮)が晶子に暴力を振るい始めた理由を彼の日記で知ってしまったことで、黎は「殺されて当然だった」と思うことができなくなり、罪悪感を打ち消すために別人格・朔が現れたという。

そして、晶子は「黎を殺す」と脅されたことがきっかけで、彼に手を貸すように。風見のキーホルダーを盗んだり、警察に電話をかけたり、部屋のレコードを流したりしたのも彼女の仕業だった。

また、庭を掘り返したのも朔の仕業だった模様。彼の周囲で起こっていた不可思議な出来事は、そのほとんどが自身と母親の手によるものだった。

 

■「本当の完結編」はHuluで

なお、動画配信サービス「Hulu」では、「本当の完結編」という位置づけのオリジナルストーリー「僕は誰だ?」を配信開始。取調室の中で、黎と朔が対峙する様子が描かれるようだ。

連ドラでは明かされなかった謎や黒幕(朔)の全貌、さらには爽(川口春奈)との愛の行方も描かれるとのこと。