穴が開いた靴下を気にせず履く? 見た目を気にする若い人ほど…

(lolostock/iStock/Thinkstock)

靴下は履き続けているうちに、指先やかかとに穴が開いてしまう。穴の開いた靴下は、捨てるしかないのだろうか。

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,348名に「身だしなみについて」の調査を実施。

「靴下に穴が開いていても、気にしないで履く」と答えた人は22.1%と、それなりにいることがわかった。

 

■男性は穴の開いた靴下でも履く

性年代別では、どの年代も女性より男性が多い結果である。

やはり男性のほうが、身だしなみを気にしないのだろうか。

「靴を履いたらわからないから、つい使い続けてしまう」(30代・男性)

 

「『穴開いてるな』と思いながら、ついそのままに。そして穴のことを忘れて、また履いてしまう」(20代・男性)

 

ただ穴の空いた靴下では、定番の失敗がある。

「会社帰りに飲みに行ったお店が座敷で、穴の開いた靴下を見せるはめになった」(40代・男性)

 

■縫ってまた履く人も

年代別で見ると、20代が男女ともに3割を超える割合になっている。見た目を気にする世代なのに、靴下が破れていても気にしないのは驚きである。

「タイツとかも、見えない部分だとそのまま履いている。もったいないし」(20代・女性)

 

「小さい穴なら、まだ大丈夫と思う。履き古して穴が大きくなったら、ようやくさよなら」(20代・男性)

 

中には、穴を自分で修繕する人も。

「穴の開いた靴下は、縫ってまた履く。ちょっと貧乏くさいかと思うけど、お気に入りは長く履きたいから」(20代・女性)

 

■結婚すると配偶者が指摘

結婚をしている人は、穴の開いた靴下を履く割合が少ない。

そばにいる人が指摘することで、抑制になるようだ。

「独身のときには穴が開いても普通に履いていたけど、今は妻がうるさいから」(30代・男性)

 

「放っておくと旦那は気にせず履くから、穴が開いたのはすぐに捨てるようにしている。万が一、誰かに見られたら恥ずかしいので」(30代・女性)

 

穴の開いた靴下を履き続ける人を良く言い換えれば、物持ちがいい人。ただ座敷だけは、気をつけて欲しいものだ。

・合わせて読みたい→洋服は消耗品? 安いものでも開いた穴を縫って着続ける人も

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の男女1,348名 (有効回答数)

陥没して出来た大きな穴の下に

 

小学生の頃、いつも使う通学路の近くで、新たに道を作って橋を架ける工事をしていた。

 

俺たちは学校の先生から「危ないから近付いちゃいけない」と言われていたが、ある日曜日に友達らとその工事現場に入り込んだ。

 

その場所はとても広い工事現場であちこち歩き回っていると、加藤(仮名)が「うわ!」という声と共に地面が落盤のように陥没して下に落ちた。

 

俺たちは「加藤、大丈夫か?」と慌てて駆け寄ると、加藤は無事なようで、「やっべぇ、穴開けちまった」と言っている。

 

どうやら怪我も無く元気らしい。

 

とりあえず加藤を引き上げないといけないので、何かハシゴかロープがないかと探していると、突然加藤が「下に何かいる!地面がもこもこ動いてる!!」と騒ぎ出した。

 

大騒ぎすると見つかってしまうと思った俺は、「静かにしろよ」と穴を覗き込みながら言った瞬間、上から見ていた全員が凍りついた。

 

加藤の踏みしめている地面一帯のあちこちに、加藤の顔が沢山あった。

 

その加藤の顔たちは全員が目を瞑っていて、まるで死んでいるようだった。

 

加藤も俺たちの反応を見て異常に気付き、自分の足元を見てパニックになっていた。

 

「なんだよこれ!」

「なんだよこれ!」

・・・・・・

 

加藤は叫び始め、その騒ぎで当然のように俺たちは見つかってしまった。

 

その後、加藤は近所の人に穴から助け出され、俺たち全員は親や学校の先生にこっ酷く叱られた。

 

それからだいぶ経った頃に工事は終わり、橋も掛かったのだが、俺たちが沢山の加藤の顔を見つけた場所は、不自然にそこを避けるように道路が迂回していた。

 

穴があった場所には大きな石が置かれ、周りは芝生で整備されていた。

 

結局、あれが何だったのかは誰も教えてくれなかったので今でも謎のままだ。

 

(終)

The post 陥没して出来た大きな穴の下に appeared first on 怖いもん通信.