米倉涼子

大先輩・米倉涼子と初共演 今年の「国民的美少女」 井本彩花、『ドクターX』で女優デビュー

(©テレビ朝日)

米倉涼子主演の大ヒットドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』の第9話(12月7日放送)に、「第15回全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリに輝いた井本彩花がメインゲストとして出演する。

 

■8万人以上から選ばれた新星

井本は、今年8月に行われた本選大会において、応募総数8万150通の頂点に輝いた当時13歳の逸材。デビューからわずか3ヶ月で、早くも華々しいドラマ・デビュー、しかも事務所の大先輩・米倉との初共演となる。

本格的な演技に初めて挑戦することになる井本は「本当にビックリしちゃって! 私にできるかなって、不安でいっぱいでした」と、出演が決まったときの心境を吐露。

しかし、負けず嫌いの彼女は「自然な演技ができるように」との思いから、撮影に向けて猛特訓。「家族に練習している姿を見られるのは恥ずかしかったので(笑)、『練習中は見ないで』とお願いして、自分の部屋で何回もセリフを練習した」という。

 

■井本の堂々たる初演技を、米倉涼子も絶賛

 井本と共演した米倉は、「私がドラマに初出演したときは、たった一言のセリフだったのに、ものすごく緊張してしまって…。最低でも10回はNGを出しちゃったんですよ。でも、彩花ちゃんは堂々とセリフを喋ってお芝居をしていて…! まだ中学生なのに、すごくシッカリしていて根性があるし、スゴいなって思いました」と大絶賛。

「『ドクターX』には錚々たる大先輩方が出演されていますが、そんな方々と初ドラマで共演できるなんて、超ラッキー! 日本で一番ラッキーな女の子なんじゃないかな。この環境に感謝しながら、自分に出せる力を思いっきり発揮してもらいたいです」と、笑顔でエールを送った。

一方、井本も米倉との共演に興奮冷めやらぬ様子。「米倉さんはすごくカッコよくて、優しい方! 撮影合間もいろいろ話しかけてくださって…。本当にうれしかったです!」と、声を弾ませた。

 

■ドラマでは得意のバレエも披露

 井本が演じるのは、プリマを夢見る13歳のバレエ少女・九重遥。遥はバレエの選考会を目前に、足を痛めてしまう。

やがて、2回の手術と半年の治療期間を要する舟状骨骨折だと判明し、絶望の淵に立たされるが、そんな遥にフリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉)は、たった1回の手術で選考会までに完治する術式を提案。

しかし、遥の夢を叶えさせてあげようとする未知子の前に、「一筋縄ではいかない障壁」が立ちはだかり…。

じつは、演じる井本自身も、小学1年生のときからずっとクラシックバレエをたしなんできたが、今回は得意のバレエも劇中で披露。 お披露目するのは「最近踊ったものをちょっとアレンジした」という、得意な振り付けだ。

撮影前も「大好きなバレエを踊らせていただけるので、すごくうれしいです! お芝居と違って、今もそんなに緊張はしていません(笑)」と、自信をのぞかせていた。

実際、バレエ・シーンの撮影ではガチガチになることもなく、優雅でしなやかに踊り、 「自己評価は80点! 本番でちょっと足に力が入りすぎちゃったのが残念だったけど、全体的にはうまく踊れてよかったなって思います」と語った。

『ドクターX』遠藤憲一の励まし「がんばれ大門!」がかわいすぎる

9日、米倉涼子主演ドラマ『Doctor-X〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系)第5シーズンの第6話が放送された。

親友・城之内博美(内田有紀)との友情が描かれたほか、遠藤憲一演じる海老名敬のかわいさも際立つ回に。

 

■給料制の大門の一方、城之内は…

外科副部長・猪又孝(陣内孝則)がオペをダラダラ行ったせいで、大物政治家の患者が術後の経過にクレームを入れてくる。猪又はとっさに麻酔科医である城之内の不手際と嘘をつき責任逃れ。結果、東帝大病院への出入りを禁止されてしまう。

これをきっかけに、大門未知子(米倉)との間に思わぬ争いが勃発。定額給料制の未知子に対し、博美は歩合制だったのだ。また、城之内が食べるために残していた餃子を未知子が食べてしまったことも重なり、ふたりの間にはケンカが起きてしまう。

そんな中、ふたりが通っている中華料理店の店主・六浦良夫(平泉成)の妻・敦子(松金よね子)の手術の日が近づいてくる。

だが、一方で良夫の膵臓に重大な病が発覚。複数の腫瘍が見つかり、根治させるには膵臓を全摘するしかない状況だった。だが、術後少しでもはやく厨房に立ちたい良夫は猪又の口車に乗せられてしまうことに。

 

■大門未知子、麻酔医も兼ねる

そこで立ち上がったのが海老名だった。「名医紹介所」の所長・神原晶(岸部一徳)のもとを訪れると、博美をランチに誘い出す。海老名が無理やり敦子の手術に参加させた一方、未知子はそちらではなく良夫の手術にまわる。

想像通り困難な手術となり、猪又は途中で投げ出すことに。しかし、未知子は持ち前の超絶テクニックで危機を脱し、度重なる術式の変更を経て膵臓の機能の一部を残した状態で手術を成功。

なお、麻酔医がおらず、途中から博美が来るまでの間は未知子が麻酔医も兼ねるという離れ業も披露。最終的にふたりは友情を確かめあった。

この展開に、ネット上では賞賛の声が相次いでいる。

今回は二人の友情について視点置いてくれて嬉しかった〜!!!鳥居さんと蛭間院長居ないの残念すぎたけど#ドクターX

— ぱ〜こ (@___paakodesu) November 16, 2017

大門と城之内の友情が好き。#ドクターX

— *aki* (@orange0a) November 16, 2017

『ドクターX』間宮祥太朗がイケメン棋士役で登場 「普通の役」と困惑も

9日、米倉涼子主演ドラマ『Doctor-X〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系)第5シーズンの第5話が放送された。

人工知能「AI」との対決が描かれることになったこの回を振り返ろう。

 

■AIの診断に納得できない未知子

「日本医師倶楽部」会長・内神田景信(草刈正雄)は東帝大病院・院長の蛭間重勝(西田敏行)に、世界最先端の医療用AIシステム「ヒポクラテス」を使った症例を作るよう伝える。東帝大病院が真っ先に導入することで全国の病院がそれにならい、内神田のもとには莫大なキャッシュが入るようになっていたのだ。

そんなある日、若き天才棋士・五反田五郎五段(間宮祥太朗)が、将棋ロボット「マングース」との対局中に腕のけいれんを起こして意識を失う。その後、右足に力が入らなくなったり、一時的な記憶障害が発生。

後日、AIには懐疑的な立場だった鳥井外科副部長(段田安則)が「ヒポクラテス」の診断結果を提示。「脳膿瘍(細菌などが脳内に感染して膿がたまる病気)」の可能性が指摘される。しかし、大門未知子(米倉)は「なんか違う」と反論。だが、病名の特定まではできず。

 

■原因は有鉤嚢虫 海外遠征で感染

しかし、未知子は五反田の腕にできていたあざのようなものに気付き、彼が海外でブタをレアな状態で食べていたことを突き止める。検査をすると、腕と背中に二匹の有鉤嚢虫という寄生虫が発見された。

蛭間と鳥井が会見している中、(いつも通り)勝手にオペを開始した未知子たち。「まさかヒポクラテスは脳膿瘍だと診断したんだ」と言う鳥井に対し、「私、診断も失敗しないので」と言い放つ。

無事、有鉤嚢虫を摘出し手術を成功させた未知子。AIに勝利する形となり、回復した五反田も「マングース」に対して無事勝利した。

『ドクターX』田中圭演じる森本先生の経歴盛りにキュン 「神回」の声も

2日、米倉涼子主演ドラマ『Dostor-X〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系)第5シーズンの第4話が放送された。

「神回」との声も多かった第4話をさっそく振り返ろう。

 

■森本先生の恋人は内神田会長の娘?

今回の主役となったのは森本光(田中圭)。彼が婚活パーティーで出会い、婚約まで発展した女性(仲里依紗)が重篤な肝臓がんを患っていると判明したのだ。

大門未知子(米倉)は彼女にすぐに手術が必要だと伝え、自分が執刀すると伝える。しかし、外科副部長・海老名敬(遠藤憲一)は彼女の聞き覚えのある名字に反応。

そして、彼女が「日本医師倶楽部」会長・内神田景信(草刈正雄)の前妻の娘・内神田四織であることが判明。頭の上がらない内神田に恩を作ろうとした院長・院長・蛭間重勝(西田敏行)は海老名と猪又孝(陣内孝則)、鳥井高(段田安則)の外科副部長トリオによるオペを指示する。

 

■経歴を盛っていた森本先生

しかし、その提案に対し四織は森本以外の手術は受けないと宣言。その理由を……

「キューバの医大を出て、船医、獣医、軍医の資格まで持ってるんですよ。しかも特技手術、趣味手術。そんな素晴らしいお医者さまがどこかにいますか?」

 

と語る。そう、森本は彼女に良く思われようと経歴やスペックを盛大に盛っていたのだ。なんともかわいらしい行動に、ネット上では……

仲里依紗「森本先生に頼みます」未知子「それ死んじゃうよ?」森本「ちょっと!」仲里依紗「……特技手術、趣味手術そんな素晴らしいドクターいますか?」未知子(えっ?)

— なっきぃ. (@nacky_X) November 2, 2017

森本先生趣味と特技が大門と同じ笑笑

— 當銘真季/真季神(マイキシン) (@oPYNmOooysjl2Zr) November 2, 2017

と、ほのかな未知子リスペクトに笑いが広がった。

『ドクターX』蛭間院長が心配で心肺停止? 「メロンおじさん」に爆笑

26日、米倉涼子主演ドラマ『Dostor-X〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系)第5シーズンの第3話が放送された。

早速、レビューしていこう。

 

■蛭間院長を週刊誌ゲラで脅迫

未知子は原守(鈴木浩介)、森本光(田中圭)とともに、「東帝大学付属幼稚園」の学校検診に行くが、そこで園長の三鴨寿(平田満)が倒れてしまう。

肺の腫瘍を発見した未知子は即座にオペが必要と判断。しかし、彼はもともと外科副部長・猪又孝(陣内孝則)の患者だった。

未知子の提言により、一度はセカンドオピニオンを受け入れた猪又だったが、彼は人一倍面子を気にするタイプ。根回しにより、三鴨はどこの病院にも受け入れてもらえなくなってしまう。

三鴨から相談を受けた「名医紹介所」の所長・神原晶(岸部一徳)は蛭間重勝(西田敏行)のもとへ。東帝大病院の傲慢体質を批判した記事と、園長を救ったことで園児が泣いて喜んでいるという内容の記事の二種類の週刊誌のゲラを見せ、説き伏せることに成功する。

 

■「私、セカンドオピニオンも失敗しないので」

しかし、蛭間が未知子を執刀医に指名したことに猪又は「黙れバイトバイト黙れ!」と激怒。最終的に彼が執刀医で、未知子が第一助手としてオペが始まる。

ピンチもありながら、猪又はなんとか肺の腫瘍の摘出に成功。しかし、未知子は術野変更を宣言し、甲状腺腫瘍の手術を開始。

「私、セカンドオピニオンも失敗しないので」

 

と高らかに言い放った。

もちろん手術は成功し、三鴨は生きながらえることに。同時に、猪又は自分が原発巣を見落としていたことにショックを受けることになり、そんな「大門初体験」な彼に対して海老名(遠藤憲一)は手を合わせた。

『ドクターX』小ネタ炸裂 キムタクの名台詞から岸部一徳へのベース批判も

19日、米倉涼子主演ドラマ『Dostor-X〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系)第5シーズンの第2話が放送された。

ゆとり世代の若手医師をめぐる緊迫感あふれるストーリーと、時折挟まれる小ネタのコントラストが際立った回になった。

 

■若手医師・西山の母親が患者に

今回、焦点をあてられたのは伊東亮治(野村周平)ら、ゆとり世代の若手医師たち。彼らは未知子同様、組織のルールやしがらみに対しては、我関せずという態度をとる。

そんな中、未知子は院内でみぞおちを押さえて意識を失いかけている女性と遭遇。彼女は伊東の母・不二子(中田喜子)であり、極めて稀な進行胆のうがん肉腫を患っていることが判明する。

「東帝大学病院」で手術を受けることになった不二子。そこで伊東が未知子も納得する術式を提案をしたのだが、不二子は肝心の手術を拒否。彼女は自分の病状の重さを把握しており、息子の将来に影響を与える形で死にたくないと語る。

だが、それを未知子は「息子のことを何ひとつ信用していない」と指摘。「手術の同意書が取れないなら仕方ないです」と話す伊東に対しても「ほっとしてるんでしょ」と厳しく言った。

 

■「私、失敗しないので」は手術中に登場

その後、同意書が書かれ、母親の手術を決意した伊東。未知子が助手を務めることになるが、想定外の出血が発生。

伊東はあえて心停止させることにより、出血点を探すが見つけられず……というところで未知子が交代。

言い訳がましく語る伊東に対し、

「うるさい!」

 

「私、失敗しないので」

 

といつもの決め台詞を放ったのだった。(53分過ぎ) なお、いつも通り未知子は無事止血に成功。奇跡の腕前で、手術を成功に導いた。

その後、伊東は記者会見で医師を辞めることを宣言。未知子の名前をあげ、彼女が事実上の執刀医だったことを明かして、東帝大病院の顔に泥を塗ったのだった。

気が強そうだと思う2017秋ドラマ女優ランキング! 米倉涼子、武井咲は…

10月期の秋ドラマが続々とスタートしている。今期は、主婦が主人公だったり、医療現場での女性の活躍だったりと、強い女性を描いたドラマが多い

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女830名を対象に調査を実施。秋ドラマ出演女優の中から、気が強そうだと思う女優を複数回答で選んでもらった。

 

■第5位:吉田羊(20.8%)

(画像は『コウノドリ』公式サイトのスクリーンショット)

第5位は、『コウノドリ』(TBS系)で助産師長を演じる吉田羊。女性からの票が多く、30代女性では3位。

医療モノや刑事モノで、頼れる上司役が多いところも上位にランクインした要因のひとつだろう。

 

■第4位:満島ひかり(28.5%)

(画像は『監獄のお姫さま』公式サイトのスクリーンショット)

第4位は、宮藤官九郎脚本で話題になっている『監獄のお姫さま』(TBS系)で、頭脳明晰な鬼刑務官役の満島ひかり(31)。各年代平均して票を伸ばしている。

前回、宮藤の脚本で出演したドラマ『ごめんね青春!』(TBS系)では学生の頃ケンカの強かった女教師を演じるなど、クドカン作品での、気の強い役の印象は大きい。

 

■第3位:黒木メイサ(31.0%)

(画像は『オトナ高校』公式サイトのスクリーンショット)

『オトナ高校』(テレビ朝日系)に出演する黒木メイサ(29)が第3位。

今回の役どころは商社でバリバリ働いているキャリアウーマンで、仕事でも合コンでも「かわいくない女」とレッテルを張られるという設定だ。

 

■第2位:武井咲(37.9%)

(画像は『今からあなたを脅迫します』公式サイトのスクリーンショット)

『今からあなたを脅迫します』(日本テレビ系)に出演する武井咲(23)が第2位。20代では1位だった。

夏ドラマで主演した『黒革の手帖』(テレビ朝日系)で、悪女役がハマっていたと評判もよかったことも原因だろう。

 

■第1位:米倉涼子(50.6%)

(米倉涼子)

第1位は、『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)主演の米倉涼子(42)。

「私、失敗しないので」の強気なセリフは、もうお馴染みということもあり、5割を超える票を集めた。

なお、6位以下は、6位小泉今日子(51)、7位前田敦子(26)、8位蒼井優(32)、9位篠原涼子(44)、10位広末涼子(37)となった。

女性の活躍するドラマも目立つ今期、どんな物語が繰り広げられるのか期待したい。

・合わせて読みたい→美人だと思う2017秋ドラマ女優ランキング! 新婚・武井咲を抑え1位は?

(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日対象:全国20代~60代の男女899名(有効回答数)

『ドクターX』時事ネタ続出 「患者ファースト」「忖度」に大反響

12日、米倉涼子主演ドラマ『Dostor-X〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系)の第5シーズンの初回が放送された。

未知子のカッコよすぎる姿と、時事ネタを多く含んだストーリー展開に多くの反響が寄せられている。

 

■「患者ファースト」で変わる? 東帝大学病院

大きな期待とともに幕をあげた第5シーズン。物語は、舞台となる東帝大学病院に初の女性院長・志村まどか(大地真央)がやって来ることから始まる。

彼女は実力でこの地位まで上り詰めてきた人物で、クリーンで「患者ファースト」な医局へと大改革を推し進めていた。誕生日プレゼントを名目に、猪俣(陣内孝則)が袖の下を贈ろうとしても、他の医師たちが集う前で贈り返すクリーンさだ。

そんな彼女と偶然出会っていたことで、未知子は再び東帝大病院へと戻ってくる。彼女の姿を見て懐かしさ半分、恐れおののく半分になる海老名(遠藤憲一)や鳥井(段田安則)らお馴染みメンバーの一方で、猪俣は敵意をむき出しに。

 

■初「私、失敗しないので」は33分23秒頃

だが、「患者ファースト」を掲げる志村と未知子は対立。有名ジャーナリスト・一色辰雄(升毅)の難しい手術を、志村は手術支援ロボットを使ってアメリカの著名な医師に任せようとする。

だが、手術は途中で大きなミスがあり、患者は大出血。開胸手術に切り替えられることになり、志村が執刀医になるという展開を見せたが、湿潤範囲が広く、手に余る状態に。

しかし、その後やって来た未知子が「私、失敗しないので」と手術を引き受けると、神業連発で無事手術を成功させた。

『ドクターX』米倉涼子は永山絢斗に怖がられている? 会見で本音も

2012年に産声をあげて以降、視聴者の心を掴んで盤石の人気を勝ち得たドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』。

3日、テレビ朝日にてシーズン5の制作発表記者会見が行われ、しらべぇドラマ班も取材に訪れた。

 

■豪華出演者が一挙登壇

この日、登壇したのは米倉、永山絢斗、内田有紀、遠藤憲一、鈴木浩介、田中圭、是永瞳、久住小春、陣内孝則、岸部一徳、段田安則、草刈正雄、西田敏行の豪華俳優陣10名。

主人公・大門未知子を演じる米倉は「5年前に『ドクターX』が始まってから今日、この日まで大門未知子を演じられるとは思いもしなかった」と人一倍感慨深げな様子。

その他、レギュラーメンバーも作品が続いていることに対し、それぞれ感謝の言葉を述べた。

 

■名物シーン「鉄板焼屋での悪い話」

イベントでは、本作お馴染みシーンのひとつである「高級鉄板焼屋での密談シーン」についてもトークが行われた。「第二の仕事場」と形容した蛭間院長役の西田はこれまで何度も味わっているそうだが、米倉は最近は訪れていないようで、

「(最初のほうは)大門未知子が必要だってなると、大抵お肉屋さん呼ばれて。でも、最近ないですよね」

 

と懐かしげな様子。西田によると、米倉はスペシャルドラマの撮影時におかわりまでしていたそうで、「ステーキ愛」は人一倍なよう。

その後、撮影で使用されているという実際の高級ステーキが登場。これをかけて、未知子の決め台詞である「私、失敗しないので」がこれまでの全40話の中で何回登場したかのクイズに。

正解は全70回で、自身の年齢にちなんで「69回」と答えた西田が食べる権利を獲得。美味に舌鼓を打つことに。

 

■米倉涼子は永山絢斗に怖がられている?

その他、会見では新加入メンバーが意気込みを語るシーンも。草刈正雄は

「人気番組に出演することができて感謝感謝です。人気がある現場はとってもエネルギーを感じるんです」

 

と、大人気シリーズに加入できる喜びを語った。その一方で、永山は現場での米倉について記者団から聞かれると……

「優しいですね。裏表もないというか、まっすぐな……目が合うと、ドキッとしてしまう」

 

などと、少し言葉に詰まりながらコメント。米倉が「怖がられてそうだなって今日思いました」とツッコミを入れると、「下から入っていくタイプなので」と永山が補足するなど、仲睦まじい様子を見せた。

 

■『ドクターX』のファンは3分の1

ちなみに、しらべぇ編集部が先日行なった調査では、「米倉涼子主演『ドクターX』のファンだ」と答えた人はおよそ3分の1という結果に。視聴者から、いかに大きな人気を得ているかがよくわかる。

 

高級鉄板焼き屋、大名行列、銭湯、「私、失敗しないので」を始めとする未知子の数々の名台詞など、視聴者の心を掴むシーンが盛り沢山な本作。5シーズンの放送は12日(木)からだ。見逃さなようにしよう。

・合わせて読みたい→米倉涼子主演『ドクターX』 公務員からの支持が高い理由とは

(文/しらべぇドラマ班・クレソン佐藤

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の男女1348名(有効回答数)