給与

お金のために働くのに! 面接で給料の質問をした時にされた最悪言動

(©ぱくたそ)

働く際の重要な要素のひとつである「給料」。しかしそんな大事なものであるにも関わらず、面接などの場で給料のことを聞くのは良いコトとはされていない。

しらべぇ取材班は、就職経験者に「面接で給料関係のことを聞いた時に面接官にされた最悪対応」を調査してみた。

 

①お金のことを聞くのは印象悪いよ

「求人に給与が出ておらず、面接中も触れられなかったので、最後の質疑で給料を尋ねたら、苦笑されて答えた後に『お金のことを聞くのは印象悪いよ』と言わました。

 

これもあってか、面接中はすごく和やかで『受かるかも!』と思うくらいだったのに、給与を聞いた途端にそっけない対応になり、後日不採用になりました」(女性・26歳)

 

②君は仕事よりお金なの?

「給料や待遇を遠回しな言い方でごまかしている会社があり、面接で詳細を突っ込んで聞いたら、『君は仕事よりお金なの?』と逆ギレのように言われました。

 

ちなみにそこは、その数年後ブラック企業リストに名を連ねていたので、給料や待遇は言えないほどヒドいから濁していたのかもしれないですね」(男性・28歳)

 

③入社してからお教えします

「給与の詳細が明かされていなくて、面接の時にいくらほど貰えるのか聞いたら、『そういうのは入社してからお教えしますね』と、流されたことがあります。

 

給与の金額によっては、こちらだって入社を考えるんですが…。企業は、お金なんて関係なくみんな働きたいだけだとでも思っているんですかね」(女性・36歳)

 

▪️給与や待遇を説明してくれるかはブラック企業を見抜くポイント?

しらべぇ取材班が、全国の20代〜60代の男女に「会社の雰囲気だけでブラック企業と感じたことがあるか」と聞いたところ、全体では3割が「ある」と回答。

人はお金のために働くが、面接で給与のことを聞くと「仕事よりもお金を取る人」と思われそうで、遠慮してしまう人も多いものだ。

そんな面接者の気持ちを察して、言わずとも給料などの条件面をしっかりと説明してくれる会社のほうが、入社した後もホワイトで社員に優しいかもしれない。

・あわせて読みたい→理由に納得! 簡単すぎる「ホワイト企業」の見分け方がネットで話題に

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日対象:全国20代~60代の男女1365名(有効回答数)

あばれる君、教師の過酷な労働環境に「給与を倍に」と提案 ネットでは賛否

(画像は公式Twitterのスクリーンショット)

27日に放送された、フジテレビ系バラエティ番組『坂上忍と大激論!ニッポンの危機』であばれる君の教育現場に対する提案がネットで賛否を巻き起こしている。

 

■教師の給与を2倍に!

小・中学校で校長を務めた父を持ち、自身も教員免許を所持する、あばれる君が日本の教育問題に対して「教員の給料を2倍にしましょう」と持論を展開。その理由とは…

「父は中学の英語の先生だった、夜中の急な呼び出しに電話で平謝りしている姿も見てた。テストの採点も夜中までかけてやったり、風邪になってもマスクをして朝、出勤していく。僕はその姿をみて、『先生って大変だな』と思っていた。

 

先生は給与を増やしてほしいとは言えない。なぜなら『教育をお金のためにやってるの?』と言われると萎縮してしまう」

 

と、父の背中を見て教師の大変さを知っている、あばれる君ならではの意見を熱意を込めて語った。

 

■給与を増やすだけではダメ?

あばれる君が給与の問題を熱く語る中、小倉優子は…

「先生の給与は増やしてもらいたい。けど、問題はそこなのかな? と疑問に思ってしまう。私は、やることが多すぎることが問題だと思う。なので、部活動は講師の先生にお願いしたり、給与だけでなく労働環境を変えることが必要」

 

と、「仕事の分担」に焦点あて、反対意見を語った。

90万円はウソ!? 中小企業含めた夏のボーナス「ホントの平均額」

日本経団連が2017年夏季ボーナス平均総額の調査結果を6月上旬に発表。前年比4.56%減の91万7906円となり話題を呼んだが、この数字に実感がわかない人も少なくないだろう。 それもそのはず、この調査は東証1部上場で、従業員500人以上のいわば“大手”企業を対象にしたもの。中小企業を含めた“リアルな