肝試し

幽霊が出るというお寺にて

 

先日、『お化けでちゃったのよDVD』というのを、近所の八巻電機店というレンタルショップで借りてきて観ていたら、以前自転車通勤をしていた職場があったのだが、その通勤途中にあるお寺が出ていたのでびっくりした。

 

昔、この寺で行き倒れた人を住職が見つけたが、その後に餓死してしまったという。

 

その人の霊が出るというので制作会社の撮影スタッフが行ってみると、まんまと幽霊の撮影に成功したのだ。

 

本堂の傍に立っている木の辺りに白いモヤのような人影が、風に揺れるカーテンのようにゆらゆら動くのが映っている。

 

これは凄いということで、俺は友人のKと2人で肝試しに行ってみることにした。

ビデオカメラに映っていたものとは

夜の10時過ぎに目的のお寺に着き、DVDに出ていた本堂の横にある木々をビデオカメラで撮影しながら見ていたが、10分20分と経っても何も起こらない。

 

これは長期戦になると覚悟して、近くの店で弁当を買ってきて、本堂の縁側に座って食べながら幽霊の登場を待った。

 

「トイレ行きたくなってきた」

 

そう言いながらKが弁当を置き、立ち上がった。

 

「ちょっと待ってくれよ。こんなところに一人で残ってるなんて無理だよ」

 

ビデオカメラを撮影状態にして、問題の木が立っている方向にレンズを向けて縁側の上に置き、俺たちはトイレに行くことにした。

 

トイレは、お寺の隣にある小さな児童公園にある。

 

一人用だったので、最初にKが入って、その後の俺が入った。

 

「先に帰ってていいぞ」

 

トイレの中から俺は言った。

 

「冗談言うな。そんなわけにいくか」

 

「でもカメラ置きっぱなしだから早く帰った方がいいだろ」

 

俺はふざけてそう言ったのだが、実際に誰かに盗まれないとも限らないので急いだ方がいい。

 

しかし、こんな時に限ってジャージャと小便はなかなか止まらない。

 

なんとか用を済ませて、俺たちはすぐに公園を出て本堂に戻った。

 

「あっ!カメラが倒れてる」

 

Kの声が静かな境内に響いた。

 

ビデオカメラが縁側の下の地面に落ちているのだ。

 

「まさか、幽霊が出たのか!?」

 

そう言って、俺は辺りを見回した。

 

「うわっ!弁当の中身が無い!」

 

Kが声を上げた。

 

食べかけだったKと俺の弁当の中身がカラになっている。

 

「ここに出る幽霊って、確か・・・」

 

俺はDVDの説明を思い出した。

 

行き倒れて餓死した人、だった。

 

「逃げろ!」

 

俺はKに叫んだ。

 

「ゴミは持っていかなきゃまずいぞ!」

 

Kは、この期に及んで律儀だった。

 

俺たちはカラになっている弁当の容器をビニール袋に入れて、急いでその場を離れた。

 

最寄りの駅までダッシュで逃げて、駅前のマクドナルドに入った。

 

店内は学生みたいな若い連中で賑やかだ。

 

「とりあえず、ホッとするよ」

 

「ビデオ見てみようぜ」

 

見るのは怖かったが、もしかしたら決定的な映像が撮れているかも知れないと、期待しながら再生する。

 

「よし」

 

Kは、ビデオを縁側に置いた辺りから再生した。

 

「あっ、猫だ」

 

なんだ、と俺はがっかりした。

 

俺たちがいなくなった途端、縁側に猫が飛び乗ってきて弁当を漁り始めたのだ。

 

「ちくしょー、そういうことか」

 

Kも悔しそうだ。

 

猫はしばらく弁当を食べている様子だったが、何に驚いたのか、跳ねるようにして弁当から飛び退き、そのままカメラに向かってきた。

 

「うわっ!」

 

Kがとっさに体をのけ反らせて声を出した。

 

猫がレンズに迫ってきてぶつかったのだ。

 

カメラは地面に落ちたようで、映像はそこで止まった。

 

「猫だったかあ」

 

Kはがっかりした調子で言ったが、一安心した感じだ。

 

「まあ、こんなオチだろうと思ってたけどな」

 

俺も胸をなで下ろした。

 

「でも猫のヤツ、何に驚いたんだろうな。誰か来たわけじゃないだろ」

 

Kが言った。

 

「ちょっと待てよ・・・何かがおかしい」

 

「俺たちが本堂に戻った時、カメラは地面に落ちていた。それは猫がやったわけだからいいとして、確か弁当のフタは閉めてあったぞ?!猫がフタを閉めるわけないし、それにもちろんそんな映像は無かったしな」

 

俺はそう言うと、背筋がゾッと鳥肌立った。

 

俺は弁当にプラスチックのフタを乗せただけでトイレに行った。

 

Kはフタをしっかりと閉めて行ったのかどうかは分からないが、猫は俺の弁当のフタをどけて食べていた。

 

映像の中で何かに驚いた猫は、弁当を食べかけたままその場を去っている。

 

しかし、本堂に戻った俺たちの弁当の中身は、どちらも無くなっていたのだ。

 

しかも、両方ともしっかりとフタがされている状態だった。

 

「誰がフタを閉めたんだよ?!」

 

俺はそう言って、Kの顔を見た。

 

ちゃんとフタを閉めておくなんて、まるで「ごちそうさまでした」と、そう言っているようではないか。

 

(終)

The post 幽霊が出るというお寺にて appeared first on 怖いもん通信.

肝試しをしたの翌日に

 

僕が高校生の頃の話です。

 

ある晩、先輩たちと6名で飲み会をしていると、肝試しをすることになり、某トンネルへ行くことになりました。

 

そこは山の中腹にあり、近くには廃屋があって、すぐ隣に軽自動車が一台通れるぐらいの真っ暗な気味の悪いトンネルです。

 

話を聞くと、その廃屋では一家惨殺があり、その中のお婆さんが隣のトンネルに逃げたところ、犯人に追い詰められ殺されて、気が狂った犯人もその場で自殺したという。

真っ黒い波を打った何かが・・・

酒も入り、初めての肝試しということで、僕はワクワクしていました。

 

車に乗り込んで1時間ほど走り、現場近くに車を停め、5分ほど歩くと到着しました。

 

そこは、想像以上に気味の悪い場所でした。

 

廃屋は昔ながらの一軒家で、縁側から中が一望でき、家の中は布団や家具が散乱していました。

 

あまりの不気味さに、トンネルだけ入って帰ろうということになりました。

 

トンネルに入ると、夏なのに涼しく、足元はドロドロで、何とも言えない空気が漂っていたのですが、皆無事に出てくることが出来ました。

 

トンネルを出た僕たちは帰ることになったのですが、なんとなく廃屋を眺めていると3名が先に車に戻ってしまい、気付いたら僕を含めた3人だけになっていました。

 

「先に行っちゃったね。俺らも帰るか」

 

・・・なんて言っていたその時でした。

 

山の上の方から「キャー!!」という女性の声が聞えたのです。

 

「聞こえた?」

 

「聞こえたよ。早く帰ろう」

 

3人とも、その声を聞いていました。

 

怖くなった僕たちは急いで車に戻りました。

 

帰りの車の中では、怖かった半面、話題が出来たと思い、僕は少し上機嫌でした。

 

次の日。

 

夜、母と二人で食事をしていた時にその話をしました。

 

「昨日さ、先輩たちと肝試しに行ったんだ」

 

僕は母に事細かく話しました。

 

すると、僕は段々と寒くなってくるのを感じました。

 

頃は真夏です。

 

クーラーをつけていましたが、涼しい程度です。

 

話が進むにつれ、僕はどんどん寒くなっていき、話が終盤に近付くと歯をガチガチしながら話していました。

 

「なんだこれは?!」と思いながら話を進め、震えながらやっとの思いで話し終えました。

 

話が終わると、今度は母が徐々に俯き始めました。

 

様子がおかしいと思っていると、母が弱っていくにつれ、僕の震えが少しづつ治まってきました。

 

僕の震えが止まり、母が完全にダウンすると、「今あんたから真っ黒い波を打った何かが私に入ってきた。これは私が何とかする。だからあんたはもうそんな所に行っちゃだめだよ」と母。

 

何がなんだか分かりませんでした。

 

今、母は元気です。

 

僕はそれ以来、肝試しへは行っていません。

 

(終)

The post 肝試しをしたの翌日に appeared first on 怖いもん通信.

学校主催の肝試し大会をやることになったので

 

僕が中学生の頃の話。

 

僕は中学の3年間は同じ部活に入っていて、そのクラブの顧問が「川セン」と生徒から呼ばれていた少し変わった先生だった。

 

川センは自分で作った電動のヒコーキのおもちゃを蛍光管から糸で吊るそうとして電灯を粉々にしたり、打ち捨てられたバイクやら三輪車やらをバラして組み立ててはゴーカートもどきを作って校庭を走り回ったり、と。

 

50歳を過ぎた教師とは思えない、子供みたいな人だった。

 

そんな川センは、幽霊を全く信じない人だった。

 

雑誌の心霊写真特集を見て騒いでる僕たちに、「こんな写真いくらでも撮ってやるよ」と言って来た時もあった。

 

(実際に、近所の公園の池からネッシーが顔を出している合成写真を作って持ってきた)

 

1年生の7月頃、学校主催で『肝試し大会』をやることになった。

脅かしてやろうと企んだが・・・

うちの学校は過去に、ユキちゃんという女子生徒が玄関近くの階段から落ちて亡くなっている。

 

僕が入学する前のことだけど、昔からいる先生は皆知っていた。

 

夜になると、『幽霊のユキちゃんが階段で当時の流行の歌を歌っている』という噂もあり、生徒はみんな夜の学校を気味悪がっていた。

 

先生たちはそうでもなかったみたいだけど、やっぱり気味悪いのか、肝試しを始める前に余興で流すビデオを撮る役目は、幽霊を信じていない川センがやることになった。

 

それを知った同じ部活のN男は、「先生を学校で待ち伏せてビックリさせようぜ!」と言い出した。

 

特に部内でもアホだった僕、N男、つーやん、ぴーちゃんの4人が作戦を実行することにした。

 

作戦決行当日、夕方頃に学校近くにある小屋の陰に、僕とN男、ぴーちゃんの3人が集まった。

 

手には安っぽいロン毛のかつらだの、ゴリラのマスクだの、段ボール製のジェイソンの仮面だの。

 

N男に関しては、本物の鉈まで持って来ていた。

 

(今思うと本当に危険である・・・)

 

だが、もう一人のつーやんが来ない。

 

つーやんは親元を離れた児童施設で暮らしていたので、なかなか抜け出せなかったのかも知れない。

 

辺りが暗くなり始めた頃、川センがビデオカメラを持って玄関に入っていくのが見えた。

 

「あっ、作戦失敗だ!」

 

全員がそう思い、それから十数分後、おもちゃのマシンガンを抱えて僕たちの前に現れたつーやんを皆が攻めたてた。

 

すると、N男があることを思いついた。

 

「じゃあ、帰ろうとする川センを脅かすのはどうだ?」

 

「それいいな!」と満場一致で決まり、僕たちは玄関先に植えてある木の陰で川センを待ち伏せすることにした。

 

近くの道路から車の音も聞こえ、夜でも不思議と怖くなかった。

 

夜9時頃、川センの足音が聞こえてきた。

 

2階から下りて来る音だ。

 

「来たか!!」

 

全員が息を殺す。

 

一段一段、ゆっくりと撮影しながら下りているようだ。

 

僕はジェイソンの仮面をつけて、その時に備えた。

 

すると突然、川センの足音が止まった。

 

「まさか気付かれたか?」

 

・・・と思い、そっと玄関を覗くと、川センが階段を見上げて立ち止まっているのが見えた。

 

「何してるんだ?」

 

僕たちがそう思っていたら、川センはいつも生徒に話しかける時の感じで楽しそうに喋った。

 

「おやすみ、ユキちゃん。バイバイ」

 

僕は黙ったまま一目散にその場から走って逃げた。

 

他の3人も同じように逃げた。

 

なぜ逃げたのか、自分でもよく分からない。

 

ただ、物凄く気味の悪い何かをその一言に感じた。

 

そのまま家に帰った僕たちは、誰ひとり欠けることなく次の日に学校で合流した。

 

ただ、あの時の話は誰もしようとはしなかった。

 

川センもいつもの調子で部活に現れた。

 

後日開催された肝試しそのものは全然怖くなくて、川センが用意した余興のビデオもただ淡々と夜の学校の人体模型や美術室の絵画を映しただけの物足りない内容だった。

 

そして、みんなが噂していて確実に怖がるであろう例の階段・・・。

 

そこの映像は一つも流されず、肝試しのコースからも外されていた。

 

一体、あの階段には何があるのだろう・・・。

 

(終)

The post 学校主催の肝試し大会をやることになったので appeared first on 怖いもん通信.

山頂の廃墟別荘で肝試しのつもりが

 

今まで生きてきた中で一番怖かった体験を話したい。

 

もう10年以上前の出来事になるが、当時の俺は都内で学生をやっていた。

 

地元はとある田舎だが、その地元には気心知れた友人が何人かいて、休みになると地元に帰っては朝まで飲んだりナンパしたりコンパしたりと楽しい時間を過ごしていた。

 

そんな夏休みの最中だった。

人間は本当の恐怖を味わうと・・・

いつものように友人達と夜中に遊んでいて、引っ掛けた女達とカラオケをやって盛り上がっていたが、女達はカラオケが終わると「次の日バイトがあるから~」とかで帰ってしまった。

 

暇になった俺達は、誰ともなく「じゃあ、肝試しでもやんねぇ?」という話になり、山の上にある廃墟と化した別荘に行くことになった。

 

今だったら絶対に行かないが。

 

男だけで肝試しって何が楽しいやら・・・。

 

でも当時は車の免許も取ったばかりで、何をやるにも楽しかった。

 

その別荘は今では取り壊されてしまって無くなったが、地元ではかなり有名な所だったらしく、『誰それがそこで殺された』だとか『夜中に窓から女が覗いている』だとか、色んな噂が流れていた場所だった。

 

まあ、俺は特にそこで何があったのかとか全然知らなかったし、一緒に行く友人が4人もいたのでかなり余裕な感じで振舞っていた。

 

初めて行く場所だったし、怖さよりウキウキ感の方が強かったのだろう。

 

カラオケで大分時間を過ごしていたので、そこに到着したのはもう深夜0時を回っていた。

 

そして着いてビックリ・・・。

 

「なんでこんな山奥に別荘があるの?」という感じで、周りには何も無い。

 

試しに車のヘッドライトを消してみたら本当に真っ暗で、”暗黒”というのはこういうことを言うのだろうと思った程だ。

 

かなりビビってはいたが、仲間もいるし廃墟の中に入ってみることになり、皆でバリケードをブチ壊して中に。

 

中は埃とカビ臭く、割れたガラス等が散乱していて雰囲気を醸し出していた。

 

珍走団も来るらしく、”誰々参上”等とスプレーで書いてあり、そっちの方でもかなりビビっていた。

 

まあでも、俺はからっきしダメだが、友人の中には格闘技をやっている奴もいたので、かなり大人数じゃない限り襲われても平気かな、みたいな感じもあった。

 

幸い珍走団も来ず、しばらく廃屋の中で探検や何かを物色したり壊したりと、色々やって遊んでいたがしばらくすると飽きてしまい、俺達は車に戻った。

 

そして車に戻る際、運転手の友人がドアを閉めた時に肘がドアロックに当たり、偶然にも全ドアにカギが掛かった。

 

俺は助手席だったのでそれを見ていたが、後にこれが俺達を助けることになった。

 

その後はその場から離れず、エンジンをかけたまま車内で音楽を聴いたり会話を楽しんでいた。

 

しばらくすると山頂付近から光が見えた。

 

どうやら車らしい。

 

「こんな夜中に山から下りてくる車って何だよ?」

 

俺達にもちょっとした緊張が走る。

 

今まで散々不法侵入して遊び倒しているから逃げようかとも思ったが、何故かその時の車内の雰囲気が「友達同士舐められたくねぇ」みたいな感じで、誰も逃げようと言わなかった。

 

そして、あれよあれよという間に車が目の前までやって来た。

 

一本道だったので当然の成り行きだが、何故かその車はタクシーだった。

 

「今の時間に山頂で何を?」

「こんな山奥に何故タクシー?」

 

そう俺達は思った。

 

そのタクシーは俺達の車の数十メートル後ろで停車すると、後部座席から二人を降ろし、そのまま俺達の車を追い抜いて行ってしまった。

 

人が降りたので、「やべぇ、ここの別荘の持ち主か?」と思っていると、タクシーを降りた二人はしばらく俺達の方を見た後、ゆっくりとこちらに向かって来る。

 

しかも、一人は女らしい。

 

真っ赤なワンピースを着ている。

 

もう一人は明らかに男でスーツ姿だった。

 

年齢は全く分からないが40前後と感じた。

 

顔も暗くて良く見えない。

 

俺達は微妙に非現実的な出来事に、呆気に取られていたと思う。

 

そんな俺達をよそに二人は車に近付き、男が運転席側、そして女が助手席側に回り込むや、いきなりドアを引っ張りだし、物凄い勢いで俺達の乗る車の中に進入しようとしてきた。

 

「ヤバイ!!!」

 

先に述べた通り、偶然カギが掛かっていた為にドアは開かない。

 

でも彼ら二人はそんなのもお構いなしに、ドアを半端ないくらいガチャガチャとやっている。

 

ビビるしか出来ない俺達。

 

車も凄い勢いで揺れている。

 

正気に戻った誰かが「逃げろ!!」と叫ぶと、運転手の友人はすぐさま車を発進させた。

 

「うぉー!怖ぇー!!」

・・・・・・

・・・・・・

 

車の中は大騒ぎ。

 

気が付くと、皆が恐怖のあまり泣いていた。

 

近くのファミレスに車を止め、皆で「なんだったんだ、アレ?」みたいな事をギャーギャーと話した。

 

「一番涙目になってた奴は誰だ?」

「俺じゃねぇよ!」

「お前が一番涙目だったわ」

・・・・・・

 

俺は友人達がバカで明るい奴らで助かったと思った。

 

大分落ち着いてから格闘技経験者でイケイケの友人に、「なんでお前出て行かなかったの?」と訊いてみた。

 

こいつはかなり気性が激しい奴なので皆が不思議がったのだ。

 

ちなみにこいつが運転手。

 

そいつはドリンクを飲みながら一言。

 

「たぶん俺じゃ勝てないから・・・」

 

「おぉ?いつも自信満々なのに今回はえらく控え目だねぇ」

 

誰かが茶化す。

 

するとそいつはムキになり、「あのさ、俺の車1トン以上あるんだよ?ドア引っ張るだけでなんであんなに車が揺れるんだよ。あいつら力半端ねぇよ。・・・つか、お前らあいつらの顔、見てねぇのかよ?目がな、ヤバ過ぎてとても出て行けねぇって。だって黒目しかねぇんだもん。アレ、絶対人間じゃないよ」

 

男女の顔を良く見ていない俺達は、その言葉にガツンと落とされた。

 

彼は嘘を言うタイプの人間ではない。

 

そうしてファミレスで朝まで過ごした。

 

今だから言えるが、あの時に俺は涙は出なかったが小便が少し出ていた。

 

人間は本当の恐怖を味わうと、小便を漏らすことをその時に初めて知った。

 

(終)

The post 山頂の廃墟別荘で肝試しのつもりが appeared first on 怖いもん通信.

そのトイレに鏡が無い理由とは

 

もう10年も前の学生の頃の話です。

 

私は埼玉県のとある4年生の大学に通っていた男です。

 

外国語に強いその大学は穏やかな校風で、部活に勉強にとキャンパスライフを楽しんでいました。

 

『2棟のトイレに鏡が全く無い理由を知っているかい?』

 

そんな質問を先輩からされたのは2回生の校内合宿の時でした。

明らかにもう一人の・・・

その大学の学部棟は6棟まであり、確かにその2棟だけがトイレに鏡が無いのです。

 

先輩によると、鏡が無い理由は『鏡越しに見えてしまう人が続出したから』・・・とのことでした。

 

他にも『2棟の壁を上半身だけの女性がよじ登っていた』等、何故か2棟だけにそんな噂が数多くあるのです。

 

男女入り乱れての合宿での肝試しなんて、男にとっては色々と理想的な状況です。

 

早速、深夜の『2棟』を探検することになりました。

 

ミッションは、”2棟の各階のトイレに入り、女子に借りた手鏡で周囲を見回す”、というものに決まりました。

 

スタートは私のグループから。

 

深夜の校内はもちろん気持ち悪くはありましたが、人数が4人居たこともあり、恐れていた程ではありませんでした。

 

下の階から順調にミッションをこなしていき、最後に4階のトイレでのミッションを終えるとトイレから出て、後は帰るだけだと安堵した時でした。

 

階段を降りていく途中、妙なことが気になりました。

 

(あれ?足音的に・・・こんなに大人数だったかな?)

 

直後、最悪の事態が頭をよぎりました。

 

無理矢理に心を落ち着かせ、前を向いたままグループメンバーに自然なふりで声を掛けながら降りていきます。

 

全員に声を掛け終わった後、みんなが居たことに安堵して振り返ると、最後尾を歩いていたメンバーのすぐ後ろには明らかにもう一人の髪の長い人影が・・・。

 

私のすぐ横にいた女子も気が付いたようでした。

 

「逃げろー!!!」

 

そう叫んだ後は、よく覚えていません。

 

私は最後尾のメンバーの手を引き、階段を駆け下りたのだと思います。

 

当然、以降のグループの肝試しは中止に。

 

私と私の横で一緒に見た女子は、どうしてもその夜を学校で過ごすことが出来ず、深夜にタクシーで帰宅しました。

 

ちなみに今ではその『2棟』は取り壊され、新しい建物に変わっています。

 

恐ろしかったのですが、幽霊も楽しげな雰囲気に誘われて来てしまったのかなとも後で感じたその出来事は、同時に少し寂しくもある思い出です。

 

(終)

The post そのトイレに鏡が無い理由とは appeared first on 怖いもん通信.