育児

生後11日の息子を殺害しようとした母親が逮捕 その理由に批判と同情の声

(Top Photo Corporation/iStock/Thinkstock)

本来、喜ばしいはずの子供の出産。しかし中には、蓄積された育児のストレスから、我が子を殺めようとする親もいる。

埼玉県吉川署は20日、生後11日の長男を殺害しようとしたとして、殺人未遂容疑で長男の母親の無職・女性(24)を逮捕した。

 

■生後11ヶ月の息子を殺めようとした母親

報道によれば、女性は自宅で生後11日の長男の顔を毛布のようなもので押さえつけて殺害しようとしたという。

女性は夫(27)と長男の3人暮らし。夫が女性とともに長男を寝かしつけて隣の部屋で就寝していたが、女性に起こされ、ぐったりしている長男に気付いたとのこと。長男は一時心肺停止になり、その後に自発呼吸を取り戻したものの、脳に障害が残る可能性があるようだ。

また、女性は18日午前に自殺未遂をして病院に搬送されたものの、軽傷だったため帰宅していた。女性は「育児が嫌になり、解放されたかった」などと供述し、容疑を認めているという。

 

■「親になる覚悟はなかったの?」と批判の声

報道を受け、インターネット上では女性に対する批判の声が相次いだ。いかなる理由であろうと我が子を殺めることは許されないと、母親の自覚を問う声が多くあがっている。

また、生後11日という日数というのも批判を浴び、「たった11日で育児放棄するな」「命を何だと思ってる」との怒りの声が飛び交った。

・世の中には子供欲しくてもできない人もいるのに…。命を粗末にしないでほしい

 

・いくら育児ノイローゼだからって子供を殺していいことにはならない

 

・育児から解放されたいって、生後11日で。入院1週間してたら家帰ってきて3、4日でしょ。産後うつかもしれないけど、10カ月お腹にいて親になる覚悟無かったの?

 

・生後11日で育児から解放されたかったとか笑わせんな

「イクメンが正しい風潮」に疑問の竹山 「父親も子育てすべき」と賛否両論の声

(画像はTwitterのスクリーンショット)

父親も、家事や育児に対して積極的に参加する風潮の昨今。「イクメン」との言葉も一般的になり、かつての仕事一筋という父親よりも、家庭に参加する父親のほうが良いという価値観も生まれている。

このことについて、17日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)でのお笑い芸人・カンニング竹山(46)の発言が話題になっている。

 

■「イクメン=良い父親」の風潮に疑問

番組では、子育てに悩む父親たちの「パタニティブルー」について特集。イクメンになるため奮闘する父親たちの悩みや葛藤などが放送された。

その中で、30代父親の「子供が生まれてから、育児のために残業や休日出勤は断っている」とのメールを紹介した。投稿者は、収入を減らしてまで家族優先にすることは良いことなのかどうか葛藤を感じているという。

この投稿について、子供がいない竹山は「イクメンでなきゃいけない風潮」に疑問を呈した。「良い親父かどうかは我が子が決める問題だから」とし、イクメンという言葉は世間に対するアピールでしかないと主張。それぞれの家庭で父親のあり方は違っていて良い、と持論を展開した。

 

■「いろんな家庭があっていい」の声

竹山の主張を受け、ネット上では「その通り」「仕事をする父親がいてもいい」と賛成の声があがった。

竹山さんの意見に賛成家庭には色んな形がある。 #ノンストップ

— (@_very3poison_) November 17, 2017

結局は竹山さんが言うのが一番当たってると思う。子供が親を決められないし、親が子供を決められない。だからその中で何がベストかを家族で決められたらそれが一番。#ノンストップ

— 阿波根 (@ahagooon2) November 17, 2017

竹山さんのおっしゃる通りだと思う。育児はもちろん大変だけど女性の一生のうちである意味一番幸せな時期だよ。いろんな家庭があっていいと思う。お金は必要。家庭に父親は二人要らない。 #ノンストップ

— *takapo* (@dsne8618) November 17, 2017

竹山いいこと言うなぁ最近外では「イクメンです(どやぁ」な人多い気がする#ノンストップ

— まひろ育児垢 (@0814_KNM) November 17, 2017

 

出産祝いに現金を包むのは失礼? 斜め上を行く新米ママの発言が物議

(st-palette/iStock/Thinkstock)

「出産祝い」には赤ちゃんの衣服やおむつ、おもちゃなどを贈る人もいれば、夫婦との関係性によっては現金やギフト券を贈る場合もあるだろう。

そんな中、兄弟間での「出産祝いの内容」に悩まされているという女性が、女性限定匿名掲示板『ガールズトーク』にて現状を打ち明け、話題となっている。

 

■「出産祝いに現金」は失礼?

投稿者は、弟夫婦に赤ちゃんが誕生したという女性。出産祝いとして「現金3万円とオムツ」を贈ったところ、義妹から「現金でのお祝いは赤ちゃんへの気持ちがこもってない」と指摘されてしまった。

そこで、具体的に欲しいものや必要なものを尋ねると「赤ちゃんへの贈り物なのだから、それはそちらでちゃんと考えて下さい!」と言われてしまう始末。

義妹は姑にあたる投稿者の母にも同様の発言をしていたらしく、投稿者の母も同じく頭を抱えている状況なのだそう。

投稿者は義妹とは3回しか会ったことがなく、好みや趣味が分からない他、肝心の弟は義妹の言いなり状態で頼りにならない存在。

ちなみに、投稿者が出産したときには1人目のときに5,000円を貰い、2人目のときは何もお祝いを貰っていないという。

 

 

■「あげなくていい!」と厳しい指摘も

「どうしたらいいと思いますか?」と、意見を求めている投稿者の元には、義妹への厳しい批判が相次いでいる。

・気持ちを無下にする失礼な人にはもうお祝いあげなくていいと思います。付き合いも最低限で

 

・お祝い金で好きなもの買えよって思うねぇ…出産でネジ飛んじゃったのかな?

 

・じゃあ、商品券で…めんどくさい人だなー

 

・自分が頂いた物と同様で良いと思いますが? 5,000円には5,000円で返す。シンプル イズ ベスト

 

・現金なんて一番嬉しいのに義妹さんもったいないことしたなぁー

 

出産を経験したユーザーからは「現金がもらって1番嬉しい」といった意見も寄せられた他、「貰ったものと同じ5,000円を贈ったらどうか」という意見が多くの共感を得ている。

 

■年齢が上がると金銭トラブルも増える?

しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,348名に「お金が原因で、家族や友達との仲が悪くなった経験がある人」の割合について調査した結果、年代が上がるとともに割合が高くなる傾向が判明。

中でも、50代男性が3割を超える高い割合を占めた。身内間でのトラブルは極力回避したいもの。しかしながら「贈り物」を考えることはなかなかに難しい…。

娘を溺愛するパパの「子供マウンティング」が酷すぎる 主婦層から怒りの声

(yumehana/iStock/Thinkstock)

「自分の子供が世界で一番かわいい」と、心の中で思っている人は少なくない。しかし、それは多くの場合「掛け替えのない大切で愛しい存在だから…」という意味合いなのだが…。

女性限定匿名掲示板『ガールズトーク』にて、自分の娘を溺愛するあまり、他人の子をマウンティングしてしまう夫についての相談が投稿され、物議をかもしている。

 

■「子供マウンティング」をする夫

投稿者は、娘を溺愛する夫の行動に悩まされているという女性。彼女の夫は、娘を日々「かわいい、かわいい」と熱心にかわいがっているのだそう。そこまでは子煩悩で微笑ましいのだが、外出すると困った行動をとるという。

いちいち他人の赤ちゃんの顔を覗き込んでは…

「あの子ブサイクだなー! うちの子が何百倍もかわいい」

 

「女の子はかわいくないと人生悲惨だよな。うちの子はかわいく生まれてよかった」

 

などと言い始めるのだそう。もちろん、相手には聞こえないように投稿者にボソッと言う程度らしいのだが、投稿者は夫のこの言動に強い不快感を抱いている。

 

■呆れと怒りのコメントが殺到

投稿者は、夫に「そのような行為はやめてほしい」と何度も伝えているそうだが、夫はまるで取り合ってくれない様子。そこで投稿者は「みなさんだったらどうしますか? 自分の娘がかわいいと思えば気にしませんか?」とアドバイスを募った。

コメント欄には投稿者の夫の言動に対する呆れや怒りの声と共に、様々な提案が。

・『世界で一つだけの花』でも聴かせてあげなさい。そういう子育てしてると、ろくな子に育たない気がする

 

・人をけなさないと自分の子どもを褒められないなんて、子どもがかわいそう。ご夫人は、他人をけなすことでしか自分の価値を見出だせてこなかったんだね

 

・人として嫌なレベル。離婚はしなくても軽蔑するから一緒にいたいとは思わないね

 

・主のご主人、痛い人。自意識過剰の人いるけど、そういう人はトピ主のご主人のような人に育てられたんだろうなって思いました

 

父親の言動が、子供の人格形成にも悪影響を及ぼすのではないか、という懸念の声も多くあげられている。

 

■「最近の親のモラル」に厳しい評価

しらべぇ編集部が全国の20~60代男女1,342名を対象に「親のモラル」について調査を実施したところ、全体で7割もの人が「低下していると思う」と回答した。

とくに、50~60代は男女ともに8割前後の高い割合をしめている。

親が「自分の子供がかわいい」と思うことはごく当たり前のことだが、「子供のかわいさ」とは単にルックスの評価ではないことを、投稿者のご主人にもどうか気づいてほしい。

苦労を経てシングルファーザーがある決意を…『東京シングルファーザーズ』最新話

『横山さんちの理不尽むすこ』や『戦国コミケ』、『北のダンナと西のヨメ』や『結婚までの歩みをリレー漫画にしてみました。』などの作品で知られる漫画家の横山了一さんが、自身のTwitterアカウント(@yokoyama_bancho)に投稿された新シリーズ『東京シングルファーザーズ』。 まだ赤ん坊の息子を