自転車

『YOUは何しに日本へ?』自転車で4000キロを日本縦断YOUの旅が終結へ

(画像は「読むテレ東」のスクリーンショット)

16日に放送された『YOUは何しに日本へ?』(テレビ東京系)。番組で何度も登場した、日本縦断4,000kmの46歳自転車旅YOUの旅路が完結。

観光ビザが切れる寸前だが、彼は無事に北の果てに辿り着けたのか。

 

■なぜYOUは日本縦断するのか

沖縄・波照間島から出発して北海道・宗谷岬を目指すYOUの名前はエーセさん。この番組に出てきたYOUに憧れて日本に来た。

また、旅を終えたら残りの人生を日本で暮らしたいと考えており、この旅のためにアルゼンチンにある家や車を売り払い、仕事も辞めた。

78日目に青森駅にいたYOUだが、観光ビザは3ヶ月。タイムリミットが近づき、急いで北を目指す。旅の初めでは自転車に乗っても転んでばかりいたが、北海道では安定した走行だ。

観光ビザ3ヶ月が切れるまであと9日残り600km! #youは何しに日本へ

— eriq (@eriq000) October 16, 2017

エーセさん、会いたかったなぁ( >_>)

元気になれる存在。

絶対この人いい人だろうなぁ。。#youは何しに日本へ

— Y.U.M.A10969 (@10969YYAA) October 16, 2017

 

■徒歩で日本一周する旅人との出会い

残り4日であと210kmの地点、士別まで来たYOUは、徒歩で日本一周を目指す65歳日本人ヒキニさんと出会う。定年を迎えたヒキニさんはYOUの目的地である宗谷岬から出発した旅人だ。

同じ夢を持ち、意気投合したYOUとヒキニさん。「勇気を貰った」と喜んだYOUはドリンクを渡す。そして、宗谷岬へ出発。

徒歩旅おじいちゃん応援したい。#YOUは何しに日本へ

— Song (@song2828) October 16, 2017

万引き犯を車で追跡し取り押さえ! 66歳男性の勇気に称賛の声

(springtime78/iStock/Thinkstock)

万引き犯を見かけたとき、あなたはどうするだろうか。自分に危害を加えられる危険性を考えると、「見て見ぬふり」してしまう人のほうが多いはず。

そんななか、勇敢な男性が万引き犯を見事に捕まえ、称賛の声が広がっている。

 

■車を運転中に万引き事件に遭遇

事件が発生したのは千葉県東金市。9月24日、市内のメガネ店で万引きした犯人が自転車で逃走、店員が追いかけているところに、車を運転していた66歳の夫妻が通りかかる。

男性が店員に声をかけると、「泥棒」と説明を受けたため助手席に招き、追跡を開始。2キロほど走った農道で犯人を発見し、車で行き先を塞いで店員と2人で取り押さえたという。

なおこの男性は身長180センチ、体重92キロとプロレスラー並の体格。格闘技の知識もあり、「腕っぷしには自信があった」そう。

自分の体力と格闘能力に自信がある人間でないとできない芸当だが、その勇気には驚かされるばかりだ。

 

千葉県東金署は3日、見事に万引き犯を取り押さえた男性に対し、署長から感謝状を贈与。本人によると、犯人を取り押さえるのは3回目だという。

感謝状を受け取った64歳の妻は、「今度はやめさせる」と冗談めかしたそう。犯人が刃物などを持っていた場合、生命の危険も発生するだけに、心配になるのも無理はない。

 

■男性の勇気に称賛の声

男性の勇気に、ネット民からも称賛の声が相次いでいる。

・見て見ぬふりをする人が多いなかで、凄い勇気だ

 

・下手をすると殺される危険性もある。素晴らしい行動だけど、警察がちゃんと対応するべき

 

・逆恨みやお礼参りに気をつけてほしい

 

・3度も取り押さえるのは凄い。その場に遭遇するのも…

 

・一般人は真似しないほうが良い

 

■万引き犯に遭遇する可能性は?

万引き犯を目撃する可能性は、誰しもある。

しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,362名に「万引き・置き引きの経験」を聞いたところ、各世代で1割から2割程度が「ある」と回答。

これだけ経験者がいると、今回のように万引き犯を店員が追いかけている状況に遭遇する可能性も、ゼロではない。

今回のように捕まえに行くことを考える人もいるだろうが、もちろん危険が伴う。まずは、速やかに警察に通報するように。

・合わせて読みたい→「殺人犯」とのデマに苦悩したスマイリーキクチ 誹謗中傷にさらされた壮絶10年

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年11月25日~2016年11月28日対象:全国20代~60代の男女1,362名(有効回答数)

軽自動車&原付二種なら維持費が安い!コスパで選ぶ乗りモノ【安くて良いもの50】

「良いモノが欲しい! でも予算はない!!」 今回の特集はそんな人のためのハイコスパセレクション。満足度の高い逸品が驚きのお得プライスで手にはいります。品薄注意、売切御免の早い者勝ちなので、今すぐ店頭へ!!

維持費まで含めてもコスパの高い選択肢

維持費まで含めた乗りモノのコストパフォーマンスを考えた時、魅力的なのはやはり税金の安い軽自動車。普通車(2000ccクラス)だと毎年3万9500円の自動車税がかかるが、軽自動車の場合、値上げされたとはいえ年間1万800円で済む。しかも、近年の軽自動車は驚くほど室内スペースを確保しているモデルが揃っており、もはや狭さを我慢して乗るというイメージは過去のものだ。

バイクの場合、維持費の安さが際立つのが原付二種(125ccクラス)。ポイントとなるのは任意保険で、クルマを所有している人ならファミリーバイク特約を付帯するだけでOKなのでかなりお得。しかも、時速30km制限や二段階右折など、原付一種に課せられた足かせからも解放される。

 

BEST 1

格安で“移動できる+ワンルーム”を入手

ダイハツ ウェイク 実勢価格:135万円

キャンプ道具や自転車など、趣味の道具を満載して出掛けられるだけでなく、車中泊もできるユーティリティを確保。自宅に1部屋買い足す気分で購入できる。

  ▲高さ1140mmの荷室下にスペースがあるので高さのある荷物も余裕。自転車も積めます。

 

BEST 2

都市部最速と言われる利便性を格安で

スズキ アドレス110 実勢価格:20万5200円

都市部で最も速い移動の足とも言われる原付二種クラスのスクーターで、最も安価な国産メーカー車。新開発の4ストエンジンは53km/Lと燃費も良い。

▲フルフェイスのヘルメット+αが入る20.6Lのトランクスペースもありがたい。

 

BEST 3

大手メーカー製ママチャリでは最安の選択肢

ブリヂストン アシスタベーシックミニ A0BD18 実勢価格:9万6800円

イニシャルコストの高さを考えると長く乗りたい電動アシスト自転車。それには信頼性の高い大手メーカー製を選ぶのが不可欠だ。このモデルは発売されたばかりだが、量販店で買えるものの中では最安。

 

BEST 4

ホンダ S660 実勢価格:198万円

この価格でお買い得!? と思う人もいそうだが、200万円以下で買えるミッドシップのスポーツカーは世界でもこれだけ。しかも本文で触れたように維持費も安い。

 

BEST 5

BMW G310R 実勢価格:58万0000円

BMW初の普通自動二輪免許(いわゆる中免)で乗れるモデル。しかも、かなり戦略的な価格で、同クラスの国産メーカー車とほぼ変わらない価格で買えてしまう。

文/増谷茂樹

※『デジモノステーション』2017年11月号より抜粋

The post 軽自動車&原付二種なら維持費が安い!コスパで選ぶ乗りモノ【安くて良いもの50】 appeared first on デジノ杜.

14インチ/変速機つきで約7.8kg。「ルノー」ブランドの限定折りたたみ自転車がクラス最軽量級な件

高級スポーツバイク並みの軽さです。

ジックはフランスの自動車ブランド「ルノー」の名前を冠した折りたたみ自転車『RENAULT ULTRA LIGHT7 Limited Edition(ルノー ウルトラライト7 リミテッドエディション)』を発売します。折りたたみ自転車最軽量クラスの車体の軽さ、そして変速機による快適な乗り心地を実現したこの車両。本体価格は6万3500円(税別)で、カラーリングはレッド、シルバー、ブラック、ブルー、ホワイトの5色です。

どこにでも持ち運べる気軽さ

とにかく『RENAULT ULTRA LIGHT7 Limited Edition』の特徴を1つだけ挙げるとするならば、14インチホイールと変速機を搭載した折りたたみ自転車の中では最軽量クラスとなる、車重約7.8kg(ペダル、スタンドを除く)を実現したということ。これは20kg近くあるママチャリどころか、10kgほどの入門用のスポーツ用自転車よりも遥かに軽量な車体であることを意味します。

折りたたむと本体サイズは幅650×奥行き300×高さ550mmにまで小さくなり、クルマにも楽々収納できます。

小さくても本格装備なんです

変速機は外装3段変速ギア。漕ぎ出しや上り坂では軽いギアを、郊外などでスピードを出したいときには重いギアを使い、思うままに走行できます。

ハンドルには変速機用のフィンガーシフト式変速レバー。ハンドルステムは高さ調整が可能。本体フレームはアルミ製で、前輪にはVブレーキが装備されています。

文/塚本直樹

関連サイト

『RENAULT ULTRA LIGHT7 Limited Edition』プレスリリース 『RENAULT ULTRA LIGHT7 Limited Edition』製品情報サイト

RENAULT(ルノー) ULTRA LIGHT 7 ブラック AL-FDB140 【ウルトラ7 超軽量7.4kg 超小型 14インチ折りたたみ自転車 最軽量クラスモデル登場】 前後Vブレーキシステム搭載 大型クランク採用 高さ調整機能ステム搭載 フロントクイックレリーズハブ 11260-0199

The post 14インチ/変速機つきで約7.8kg。「ルノー」ブランドの限定折りたたみ自転車がクラス最軽量級な件 appeared first on デジノ杜.

小さい、軽い!パナレーサーの自転車用「携帯ワンタッチポンプ」は重さわずか85グラム

パナレーサー製ポンプでは最軽量なんですって!

『携帯ワンタッチポンプ( BMP-22AEZ-B(-S) )』は、「ワンタッチ口金」を採用した小型軽量の携帯用ミニポンプ。収納時の全長170mm、重量たったの85グラムというコンパクトさで気軽に持ち運ぶことができ、タイヤの空気圧を高い状態に保つ必要のあるスポーツ自転車の愛好家にとっては嬉しいアイテムです。

フレーム取り付け用のアタッチメントが付属しているので、走行中にも邪魔にならずしっかり車体と一体化。ボトルケージとの併用も可能です。このフレーム取付用ブラケットやシリンダー留めパッキンは、補修用パーツとして別売もされることになっています。

ワンタッチ口金は青い方が仏式バルブ用、赤い方が米式バルブ用で、注入できる空気圧の上限は約800kPa。取り外す際には、反対側の口金を押せば簡単にバルブから外せるとのこと。またエアの注入時に無理な力をかけてしまわないように、伸長式のホースが採用されています。小型軽量ながら、普段のライディングでもガシガシ使い倒せそうですね。

この携帯ワンタッチポンプ(BMP-22AEZ)は税抜価格2400円。2017年8月よりすでに販売されており、本体カラーのバリエーションはブラックとシルバーの2色が用意されています。いずれのカラーもボディーは丈夫で軽量なアルミニウム製。価格も手頃で携帯性にも優れているということで、ロードレーサーやクロスバイクの愛好家にとっては必需品となるかもしれません。

文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト

携帯ワンタッチポンプ(パナレーサー株式会社) プレスリリース(PR TIMES)

Panaracer(パナレーサー) 携帯ワンタッチポンプ BMP-22AEZ-B Panaracer(パナレーサー) 携帯ワンタッチポンプ BMP-22AEZ-S

The post 小さい、軽い!パナレーサーの自転車用「携帯ワンタッチポンプ」は重さわずか85グラム appeared first on デジノ杜.

国産初の本格電動アシスト付きMTB。パナソニック『XM1』は初心者でもガチで楽しめる自転車だった!

「コレってどうなの?」がわかる。気になるデジタルグッズの深掘りレビュー。今回は、パナソニックの電動アシスト付き自転車『XM1』を使い倒します!

パナソニック XM1 実勢価格:35万6400円

Side

Side

Top

Rear

【SPEC】重量:約21.8kg 外装10段シフト アシスト可能距離:最大78km サイズ:L1835×W590mm 重量:21.8kg バッテリー:36V-8Ahリチウムイオンバッテリー(25.2V換算値11.4Ah相当) 充電時間:約3時間 変速機:外装10段変速 アシスト可能距離:HIGHモード約42km、AUTOモード約54km、ECOモード約78km

 

『XM1』ってどんな自転車?

スポーツタイプのユニットと本格装備で走行性能も高い

子乗せタイプからスポーツタイプまで、幅広い電動アシスト付き自転車をラインナップしているパナソニックが、初めてリリースした本格的な電動アシスト付きのMTB(マウンテンバイク)が『XM1』。フレームと一体となったデザインのバッテリーを採用し、スポーツ自転車らしいシルエットを実現するとともに、新開発のスポーツドライブユニットを搭載することで、高いスピードを維持する走行に対応している。

このドライブユニットは、元は欧州向けに開発されたもので、停止と発進を繰り返す街中での走行に適した既存のドライブユニットに比べ、高いケイデンス(ペダル軸の回転数)を維持するのに適したもの。軽いギアで高いケイデンスを維持するMTBの走り方にも対応している。

フロントに100mmストロークのスペックを持つサスペンションを搭載し、油圧式の前後ディスクブレーキなど、MTBとしての装備も充実。街乗りから山でのライドまで、幅広いシーンに対応した本格的なスポーツタイプの電動アシスト付き自転車だといえる。

【新開発のスポーツドライブユニットを搭載】 ▲既存の2軸方式ではなく、クランク軸に直接駆動力を伝えるダイレクトドライブ機構を採用し、時速20km前後の速度を維持する走行にも対応する。

【27.5インチのトレンドに沿ったホイールを採用】 ▲近年のMTBでは主流となっている27.5インチというホイール径を採用。速度の維持と小回りの良さを両立したサイズで、走りにも手抜かりがない。

 

『XM1』のアシスト性能をチェック

【スポーツバイクらしい美しいシルエットを実現】 ▲フレームと一体となったセミインテグレーテッドバッテリーを搭載。充電時には取り外すことも可能となっている。

▲スポーツ走行に適した新型のドライブユニットもフレームに搭載しても違和感のないデザインに仕上げられる。

【手元でアシスト力を変更可能】 ▲ハンドル中央に速度やバッテリー残量などを表示できる液晶ディスプレイを採用。アシストパワーも表示が可能だ。

▲アシストモードの切り替えは左手側のボタンで行う。ワンタッチで「HIGHモード」に切替可能なボタンも装備。

【登りもフラットもスムーズにアシスト】 ▲フラットな路面でもスムーズなアシストを実現。山道までのアプローチも快適に移動することができる。

▲登り坂では力強いアシスト力を実感。ケイデンスを高めても大丈夫なのでペダルを回しているだけで登れる。

『XM1』の走行性能をチェック

【ロック機構付きのフロントサスペンション】 ▲路面の凹凸や振動を吸収してくれるサスペンションは、ロック機構も搭載しており、幅広い路面に対応可能。

▲サスペンションのロック機構は右手側のレバーで行う。平地での走行時には余計な挙動を減らしてくれる。

【安心感の高いパーツをアッセンブル】 ▲変速ギアはリアにだけ搭載。11-36T(フロントは41T)の10段変速で急な登り坂にもスムーズに対応できる。

▲ブレーキは少ない力で制動できる油圧ディスク式。信頼性の高いシマノ製のSLXグレードを採用している。

【下りも楽しめるMTBらしい車体設計】 ▲フロントにサスペンションを搭載している効果で、段差の乗り越えなども快適。車体の安定性も高い。

▲下り坂での安定感も良好。タイヤのグリップもつかみやすいので、山道を満喫することができる。

 

使い倒しインプレッション

街を抜け出し、野山を駆け巡る楽しさを味わえる

近年、海外で非常にシェアが拡大しているのが電動アシスト付きMTBの市場。電動アシスト付き自転車は日本で生まれた乗りモノだが、現状では欧州を中心とした海外のほうが販売台数は多く、特に電動アシスト付きMTBについては大きく水を開けられている状態だ。

そんな状況に投入された国産初の本格的な電動アシスト付きMTB、それも手掛けたのが、スポーツ自転車の世界でも評価の高い製品をリリースしているパナソニックだということで、この『XM1』には大いに期待していた。特にアシストユニットには新開発のスポーツタイプのものが採用されており、バッテリーもフレームと一体デザインとの36V(通常の電動アシスト付き自転車は25.2Vが多い)とされていて、さらに期待が高まる。

実際に『XM1』の車体を目にすると、予想以上にカッコイイ。モーターやバッテリーを取って付けた感がなく、一見すると電動アシスト付きとは思えないほどデザインとしてまとまっている。ペダルを漕いで走り出すと、ママチャリタイプの電動アシストと違い、漕ぎ始めからガツンとアシストがかかることがない。踏み込む力に比例するアシストは強力だが、力の出方が唐突ではないので、滑りやすい未舗装路でもタイヤが空転してしまうことがないのだ。それでいて、ペダルを速く回してもしっかりアシスト力がかかるので、軽いギアで登っていくような急坂ではペダルを回しているだけでスルスルと登って行くことができる。アシストの特性も自然なので、まるで自分がパワーアップしたような感覚だ。

MTBとしての基本性能がどうなのか? という部分が気になっている人も多いことだろうが、その点についても不安はない。安定感の強い車体設計と、信頼性の高いシマノ製の油圧ディスクブレーキなどを採用し、本格派のMTBと比較しても決っして見劣りしない。リアホイールとクランク軸の間が長い安定重視の設計のため、山の中での小回りはやや苦手な部分もあるものの、コーナーリングも安心感が高く、誰でも山道を楽しむことができそうだ。

このモデルのコンセプトは、見たことのない景色や出会ったことのない体験に誘うこと。山道に特化して遊ぶよりも、そこまでの道程も含めて楽しむのが正しい乗り方だろう。

 

結論

【ここが○】 ・アシストがあることで移動や登りが楽になり自転車を使った遊びの幅が広がる。 ・スポーツタイプのドライブユニット採用で高いケイデンスで登ることができる。 ・安定感の高い車体設計と信頼度の高いパーツ採用で、安心して山道を楽しめる。

【ここが×】 ・凹凸のある急な下り坂などではハンドル幅の狭さが少し気になる。

体力に自信のない初心者でも本格的なMTBライドを楽しめる

新開発のドライブユニットによるアシストはスムーズかつ強力で、高いケイデンスを多用するMTBの使い方に合ったもの。登り坂を余裕でこなせるので、体力の心配をすることなく野山でのライドを楽しめる。行き帰りの道程も快適にしてくれるのも大きな魅力だ。

▲フレームはリアタイヤとクランクの間を長めにとった安定性重視の設計。フロントフォークもやや寝ている。

▲ハンドルの幅は580mm。クロスバイク的に使うなら十分だが、山道に行くと少し狭く感じてしまう。

 

文/増谷茂樹 撮影/松川忍

※『デジモノステーション』2017年10月号より抜粋

関連サイト

『XM1』製品紹介ページ パナソニック 自転車/電動アシスト付き自転車 ページ

ELECOM 電源タップ color style 雷ガード 省エネ 個別スイッチ 6個口 1m ブラウン T-BR04-2610BR

The post 国産初の本格電動アシスト付きMTB。パナソニック『XM1』は初心者でもガチで楽しめる自転車だった! appeared first on デジノ杜.

有吉が限界ギリギリの表情に! 超ハードな自転車旅を今日放送

((C)テレビ東京)

9月16日18時30分から、『芸能人が楽しい趣味を教える  有吉、やってみよう! 』(テレビ東京系)が放送される。

無趣味な有吉弘行(43)のために、芸能人が自分の趣味をプレゼンし、やらず嫌いの有吉がゲストと共に挑戦するバラエティ番組だ。

 

■有吉「ここ20年で一番キツい」

((C)テレビ東京)

最初に挑戦するのは自転車。ハライチ・澤部祐(31)と俳優・平岡祐太(33)をMCに迎え、ゲストとして、V6の長野博(44<)、安田大サーカス・団長(43)、ライダーライターの日向涼子が参加。

最新の自転車やウェアを揃えて、グッズも購入。富士山を目指し、25キロの旅に挑戦する。しかし、ロケ当日は台風接近のために天候は大荒れで超過酷。

有吉は「自転車の旅は楽しかった。単純に楽しかったのか、久々ハードなことをやった自分に酔っているのか。それはわからないのですが、すごく刺激になりました。ここ20年で一番辛いロケだった」とコメント。

 

■哀川翔が教える「手作り餃子」

((C)テレビ東京)

次に挑戦する餃子作りには、引き続き澤部と、俳優・勝地涼(31)がMCとして参加。ゲストは哀川翔(56)、ホラン千秋(28)、高橋みなみ(26)、みちょぱ(18)が登場する。

タモリを唸らせた会員制餃子店「蔓餃苑」の餃子や、1,000軒を食べ歩いた専門家が進めるお取り寄せ餃子の試食。

最後は、餃子の具を買い出しに行き、哀川翔の手ほどきでオリジナル餃子を作ってパーティーが開かれる。哀川の餃子愛とパワーに、MC陣がタジタジとなる場面もあるという。

 

■もしも「次にやる」としたらテーマは…

((C)テレビ東京)

「見たことない有吉を見てみたい」をコンセプトに作られた同番組。次があるとしても、有吉は「さすがに今回ほどのハードなのは嫌。水族館や動物園とかがいい」とコメントすると、すかさず澤部が「ソフトすぎません? 歩くだけっていう」とツッコむ。

「心のどっかでちょっとハードなのをやりたいんだな」と気付いたらしい有吉。その要望を過度に充たしたドギツいバラエティ番組が続くことに期待したい。

【番組概要】タイトル:『芸能人が楽しい趣味を教える  有吉、やってみよう!』放送日時:9月14日(土)18:30〜19:54 テレビ東京系列出演者:MC:有吉弘行、澤部佑、平岡祐太(自転車)、勝地涼(餃子)自転車友達:長野博(V6)、安田大サーカス団長、日向涼子(モデルライダー)餃子友達:哀川翔、ホラン千秋、高橋みなみ、みちょぱ(インスタグラマー) 、 パラダイス山元(会員制餃子店・蔓餃苑経営のミュージシャン)、  塚田編集長(「東京餃子通信」編集長) ナレーター:寺田心

・合わせて読みたい→有吉弘行、コミケ騒動の真木よう子に同情 オタクたちに痛烈な批判も

(文/しらべぇ編集部・モトタキ