舞台

ローラースケートで日本兵が戦う? ジャニーさん演出ミュージカルがすごい

(Shutter2U/iStock/Thinkstock)

ジャニヲタ歴30年ライター、ナンシー関ケ原です。

2017年秋、東京の日生劇場、帝国劇場の2つの会場で、ジャニーズJr.がミュージカル公演を行ないました。どちらもジャニーさんが企画・演出をしており、第二次世界大戦の戦闘シーンが話題に。

 

■ジャニーズJr.に戦争体験の話を

日生劇場での「少年たち」は、日本の離島にある少年院の物語です。

主人公のジャニーズJr.、ジェシーはアメリカ人と日本人のハーフ。ジェシー(劇中の役名は本名)はある日突然、少年院から出所しろと命ぜられます。ジェシーの本籍がアメリカにあり、アメリカが戦争を始めたため、兵隊として招集されたのです。

少年院では一番穏やかな性格だったジェシー。

最前線で戦うジェシーは、敵国の幼い兵隊とはちあわせになり、敵の少年をかわいそうに思い、撃つことができませんでした。

これをきっかけにジェシーの部隊の居場所が敵に通報され、部隊は全滅。そしてジェシーは豹変します。「戦争では優しいやつから死んでいくんだ!」と叫び敵を撃ちまくり、やがて殉死。

その後、少年院の仲間たちは、戦争体験を伝える博物館の学芸員になるというハードな展開。「人間の歴史のなかでは、いつも戦争が起きている」「戦争と無縁の人生だと思っているのは、日本人だけだ!」と力強いセリフを残します。

 

■シリアスな戦争ストーリー

テレビで何度もモノマネされてきたコミカルなジャニーさんのイメージとは異なる、シリアスな戦争ストーリー。ミュージカルのパンフレットの中でジャニーズJr.たちは、ジャニーさんが戦争体験の話を何度もしてくれたとコメントしています。

ジャニーさんは現在80代、幼少期はアメリカで育ちましたが、第二次大戦中に日本に強制送還されたという噂もあります。開戦したときは、日本人であることからアメリカ国内で辛い経験をしたのかもしれません。それで何度も、戦争の話をJr.の子たちにするのでしょうか。

「戦争を考えるきっかけに」特攻の母を演じる大林素子が意気込みを熱弁

(舞台「MOTHER マザー ~特攻の母 鳥濱トメ物語~」主演の大林素子と脚本・演出の藤森一朗氏)

大林素子(50)が主演を演じる舞台『MOTHER マザー ~特攻の母 鳥濱トメ物語~』が10月5日から上演される。会場となる新国立劇場で、大林らが取材に応じた。

 

■戦争を考えるきっかけになってほしい

舞台『MOTHER』は、大東亜戦争末期に特攻隊が訪れた軍指定食堂「富屋食堂」の経営者・鳥濱トメの物語。

特攻隊員から母と慕われた実在の人物であり、舞台も実際の富屋食堂を可能な限り忠実に再現している。

大林は、「戦争を考えるきっかけになってほしい。お父さんやお母さん、友達と日常を過ごすことを感謝。私は戦争を知らない世代なので、リアルにそれを感じることはできませんが、戦争体験者の話を聞き、色んな情報を調べて、そう感じました」と、しみじみと語った。

 

■最初は背が高すぎて観客のざわつきも

(大林素子)

舞台の初演は2009年。最初は、米兵を演じる役者を超える身長に、観客がざわつくこともあったそうだ。

9年目にして「まだトメさんの全てを理解できたわけではありません。でも50歳になり、落ち着きを手に入れて、ようやくトメさんを掴めてきたかな」と感慨深く話す。

また、「自分のことを顧みず、愛情を持って特攻隊にも米兵にも関わるトメさんは、とても大きい方なんです」と、尊敬の意を示した。

 

■演者になることが夢だった大林

(大林素子)

「大きいのでバレー選手の道を選びましたが、幼稚園のころから演技することに憧れていました」と、夢がかなったことへの喜びを語る大林。

報道陣から「バレーと演技の世界の違いは?」と質問が飛ぶと、大林は少し考えてから、「バレーは数字で上手下手がきっちりとわかる世界。でも演技は数字のように目で見てわかるものではない。だから、最初はかなり戸惑いました」と話す

「家に帰っても練習をして、自分なりに役のことを考えてがんばりました。(演出の)藤森さんが優しくて叱ってくれないので、もっと叱ってくれても」と笑う大林。バレーの肉体的にキツい練習とは違った鍛錬を求めらているようだ。

舞台『MOTHER』は東京・新国立劇場 小劇場にて9日まで上演。その後、10月18日に静岡、10月21日に岐阜にて上演される予定だという。

【公演情報】戦後72年を飛び越えて『MOTHER マザー ~特攻の母 鳥濱トメ物語~』劇場:新国立劇場 小劇場日程:東京公演 2017年10月5日(木)~9日(月・祝)5日間 全8公演チケット料金:前売6,000円、当日6,800円(税込・全席指定)チケット取扱:カンフェティ出演者:大林素子、ワッキー(ペナルティ)、泉川実穂 ほか

・合わせて読みたい→ケツメイシ新曲 「アンタ柴田ジャケ」の次はあの長身美女がMVに登場?

(取材・文/しらべぇ編集部・モトタキ

リアルに痛そう… 広瀬すず、事務所先輩の勝地涼を殴る?

(写真はInstagramのスクリーンショット)

女優の広瀬すず(19)は、事務所の先輩俳優・勝地涼(31)に「パンチを食らわせている」画像をインスタグラムにアップし話題になっている。

 

■本当に「痛そう」に見える勝地涼

問題の写真は、2017年9月23日にアップされたもの。

「わたしの躍動感。事務所の先輩なんだから、いつもお世話になってるんだから、少しは気をつかいなさい。と、自分に言いたいくらい。見てごらんなさいよ、勝地さんの顔。舞台お疲れ様です!」

 

というコメントが添えられており、「パンチする演技をしている」写真ながら、頬を凹ませ顔を歪めた勝地は本当に「痛そう」に見える。

 

■広瀬すずと勝地涼の友情は有名?

広瀬と勝地が仲が良い友人同士だということは、ネットニュースなどで度々報じられている。コメント欄にも、

・2人のこの感じとっても好き 私も勝地さんの舞台見に行きたいな

 

・ナイスストレート!!

 

など、2人の写真をおもしろがる声が見られた。

わたしの躍動感。 事務所の先輩なんだから、いつもお世話になってるんだから、少しは気をつかいなさい。と、自分に言いたいくらい。見てごらんなさいよ、勝地さんの顔。舞台お疲れ様です!#ともだちのおもうと #宇宙船ドリーム号

A post shared by 広瀬すず (@suzu.hirose.official) on Sep 23, 2017 at 4:39am PDT

リアルに痛そう… 広瀬すず、事務所先輩の勝地涼を殴る?

(写真はInstagramのスクリーンショット)

女優の広瀬すず(19)は、事務所の先輩俳優・勝地涼(31)に「パンチを食らわせている」画像をインスタグラムにアップし話題になっている。

 

■本当に「痛そう」に見える勝地涼

問題の写真は、2017年9月23日にアップされたもの。

「わたしの躍動感。事務所の先輩なんだから、いつもお世話になってるんだから、少しは気をつかいなさい。と、自分に言いたいくらい。見てごらんなさいよ、勝地さんの顔。舞台お疲れ様です!」

 

というコメントが添えられており、「パンチする演技をしている」写真ながら、頬を凹ませ顔を歪めた勝地は本当に「痛そう」に見える。

 

■広瀬すずと勝地涼の友情は有名?

広瀬と勝地が仲が良い友人同士だということは、ネットニュースなどで度々報じられている。コメント欄にも、

・2人のこの感じとっても好き 私も勝地さんの舞台見に行きたいな

 

・ナイスストレート!!

 

など、2人の写真をおもしろがる声が見られた。

わたしの躍動感。 事務所の先輩なんだから、いつもお世話になってるんだから、少しは気をつかいなさい。と、自分に言いたいくらい。見てごらんなさいよ、勝地さんの顔。舞台お疲れ様です!#ともだちのおもうと #宇宙船ドリーム号

A post shared by 広瀬すず (@suzu.hirose.official) on Sep 23, 2017 at 4:39am PDT