芸人

【たかまつなな】フェリス卒“お嬢様芸人”が・・・NHK内定!?

【たかまつなな】フェリス卒“お嬢様芸人”が・・・NHK内定!?

(出典 pbs.twimg.com)  たかまつなな たかまつ なな(1993年7月5日 - )は、日本のお笑いタレント。株式会社笑下村塾(しょうかそんじゅく)代表取締役社長。お笑いジャーナリスト、Youtuber、番組プロデューサー、コンサルタントとしても活動。本名、高松 奈々(たかまつ なな)。女性。 神奈川県横浜市出身。かつてサンミュージックグ 45キロバイト (5,927 語) - 2017年9月20日 (水) 23:50 続きを読む

整形でもしとんか!ピース綾部のインスタにツッコミまくる千鳥ノブが面白すぎる

ビザ取得の関係でなかなか渡米出来なかったものの、10月11日、晴れてアメリカへと旅立って行ったお笑いコンビ・ピースの綾部祐二さん。現在、ハリウッドデビューを目指し、ニューヨークを拠点に奮闘。インスタグラムには連日、その様子がアップされているのですが… そんな綾部さんのオシャレインスタグラムが、とある

家事えもん・松橋周太呂が芸人仕事望むも「家事の仕事しかこない」

(画像は『得する人損する人』番組公式Twitterのスクリーンショット 一番右が家事えもん・松橋周太呂)

お笑い芸人の「松橋周太呂」と聞いて、すぐにわかる人はかなりのお笑い通かも。

しかし、『得する人損する人』(日本テレビ系)に登場する「家事えもん」と聞くと「あー、あの人か」と思う人が多いのでは?

 

■そもそも「家事えもん」とは?

松橋はNSC出身で、もともとジューシーズというトリオだったが2015年に解散したため、現在はピン芸人兼放送作家として活動している。

芸人ではあるものの、掃除、洗濯、料理といった家事が異常に上手いため、『得する人損する人』では「家事えもん」というキャラでたちまち人気に。

お掃除の達人としてラップやジーンズなどを使い、手軽で役に立つ掃除方法を次々と披露した時には、実際に真似した視聴者も続出した。

さらに、料理の腕にも定評があり、特技の「お店の味を再現する」技術は、あまりの再現度の高さに「もはやプロレベル!」と話題になるすごさ。

「笑いよりも汚れを取る男」という「それでいいのか!?」と思ってしまうようなキャッチフレーズもあるが、それだけ多くの知識があるのは大きな武器だろう。

 

■家事スキルは幼少期が関係

一般の人が知らないような、高度な家事のスキルを持っている松橋だが、そこには彼の生い立ちが関係しているようだ。

幼少期に母子家庭だった松橋は、母と弟の3人で生活していた。母親の負担を減らそうと自主的に家事を手伝い、それをきっかけに家事への興味を持ち始め、今の家事スキルに繋がっているそう。

現在は、「掃除能力検定士5級」「ジュニア洗濯ソムリエ」といった家事にまつわる資格も取得していることもあり、「家事えもん」として活躍する背景は盤石な状態だ。

 

■しかし、本人は…

順調に売れてきたように見える松橋だが、最近は「家事の仕事しかこない」と自身の近況に悩んでいるそう。

渡部建や又吉直樹のように、昨今は本職以外で活躍する芸人も多いだけに、世間からは「仕事がない芸人も多いのに贅沢な悩み」といった厳しい意見も…。

ちなみに、しらべぇ編集部は全国20〜60代の男女690名に「今の仕事に満足しているか」調査したところ、36.4%が満足していると回答。

松橋が該当する30代男性が最も低い割合であり、希望や理想の仕事から遠くなりがちな性別・年代なのかも。

 

家事えもんのキャラで人気者となった現在、家事の仕事には困らないが、今後は本人の希望が叶い、「芸人・松橋周太呂」としてブレイクすることに期待したい。

学祭のダンス練習頑張る奴。芸人・おたまじゃくし中西の「地味ハロウィン」が最高

ゾンビや魔女、吸血鬼など、ありふれた仮装(コスプレ)をするのではなく、ニッチな着眼点で、自由気ままに仮装を楽しむ新感覚仮装パーティー。それが「地味ハロウィン」。数年前からSNSでもたびたび話題となっているのでご存知の方も多いかと思いますが… そんな中、とある芸人がハッシュタグ「地味ハロウィン」をつけ

ロンブー淳、フィリピン留学で英語力強化 「受験生のやり方でない」と指摘も

(画像は田村淳公式Twitterのスクリーンショット)

今年9月に『偏差値32の田村淳が100日で青学一直線~学歴リベンジ~』(AbemaTV)で青山学院を受験することを報告したロンブー淳。そこでは、これまでずっと学歴コンプレックスを抱えてきたために受験を決意したと話していた。

今受験勉強真っ只中の敦だが、あることが波紋を呼んでいる。

 

■英語力向上のためにフィリピンへ

それはツイッターに投稿された1枚の写真。そこには日本ではない、雰囲気漂うドラックストアの前で美女の等身大パネルと一緒に楽しそうに映る敦の姿が。

フィリピンに短期語学留学中モールで実践的な英語を教わってたら、シルク姉さんが!近づいたら別人でしたフィリピンの人たちはとても朗らかで居心地が良いです。特に「CNE1」のフィリピンの先生たちはとても丁寧に優しく教えてくれます。英語が大嫌いだっのが大好きになりました pic.twitter.com/VPpMMRGjbk

— 田村淳 (@atsushilonboo) October 20, 2017

この留学は2日間という短い期間であったが、人の優しさに触れ、とても充実した留学であったことを感じさせる1枚である。

 

■受験勉強で留学の意味はあるのかと指摘

受験勉強経験者は、こんな指摘をした。

・金にもの言わせていい講師雇ったり、留学行くのはいいけど実践的な英語とペーパーテストの英語は違うよ? 時間ないのに留学する意味少ないやろ。

 

・受かるとしたら元から英語ができたとか、そういうことでしょ 青学を舐めている

 

・受験で勝つ事を目的に英語の戦略を考えた場合、やはり英語を話せる人と会話するよりも学術的な手段がより有効だと思います。

 

あと90日しかないなか、「たった2日の短期留学の意味があるのか」「受験勉強には英会話は関係ないのでは」「ペーパー試験には必要ない」と厳しい指摘が経験者から見られた。

 

また、青学を舐めているのではないかという怒りの声もあがった。時間をかけて努力した人には、本来の受験生らしからぬその淳の英語の勉強方法は腑に落ちないようだ。

出川哲郎はやっぱり偉大!?宮川大輔がイッテQで唯一拒否したロケを告白し話題に

10月15日に放送された「おしゃれイズム(日本テレビ系列)」に、お笑い芸人・宮川大輔さんが出演し、自身が出演する人気番組「世界の果てまでイッテQ!」で、過去に一度だけ拒否したというロケの話を披露。これが「そんな裏話があったとは知らなかった!」「さすがはご意見番(出川哲郎)だわ!」とネットを中心に話題