芸能人

遭遇した芸能人への声かけはあり? さんまや鶴瓶の神対応は例外か

(SanneBerg/iStock/Thinkstock)

都内では、街中で芸能人を見かけることも少なくない。しかし、たとえ芸能人がいても、声をかけていいのかは悩むところだ。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の街中で芸能人を見たことがある男女640名に「芸能人との遭遇について」の調査を実施。

勇気を出して芸能人に声をかけた人は、どれほどいるのだろうか。

 

■ホテルで松岡修造がいたけど

芸能人に遭遇した経験がある人でも、声をかけたのは4人に1人程度と少数派である。

芸能人に声をかけるのは、勇気がいる行為だ。またプライベートだからと、気を遣う人も多い。

「旅行先のホテルに、松岡修造がいた。でも家族旅行で来た感じだから、声をかけるのは止めておいた」(30歳・女性)

 

たとえ芸能人でも、興味がなければただの人との考えも。

「興味のない芸能人しか見たことがないから、わざわざ声をかけるまでもない」(30代・男性)

 

■関西では芸能人によく遭遇

芸能人に遭遇したことない人にとっては、どのようなシチュエーションで出会うのか想像がつきにくいだろう。

「ノンスタイルが、テレビのロケをしていた。石田さんのほうは野次馬にも『お疲れさまでした』と頭を下げて、井上さんはナルシストな感じでゆっくりと歩いていた。2人とも、イメージどおり」(30代・女性)

 

関西では、芸人に遭遇しやすい。

「大阪だから、芸人はよく見る。特にケンドーコバヤシさんがまだ大阪にいた頃は、家が近いのかよく遭遇した。当時はあまりレア感もなかったから声をかけなかったけど、今思うと残念」(40代・女性)

 

■声をかけられると嬉しい人と嫌がる人

芸能人の中には、声をかけられるのを嫌がる人もいる。

「ある芸人さんを見かけたので声をかけたら、ものすごく不機嫌そうな対応。握手を求めたら、手に触れる程度の力だった。声をかけたのを、後悔するレベル」(20代・女性)

 

しかし芸能人の中には、気づいて欲しいタイプの人もいるし、明石家さんまや笑福亭鶴瓶が、ファンへ神対応をするのは有名な話だ。

芸能人は声をかけられて、気さくに応じる人もいれば、嫌な顔をする人もいる。

両者の見極めは困難なため、声を掛ける行為自体がハードル高めだが、もしも勇気を出して話しかける際は、「家族旅行だから、声を掛けるのを止めた」という人のように、相手の状況や様子に気を配ることも大切なことといえそうだ。

やっぱり嘘? 天然系芸能人の「本性」を感じる瞬間3選

(XiXinXing/iStock/Thinkstock)

新しい人材が次々と現れる芸能界は、生き残っていくのが難しい世界。長年活躍するタレントは、なんらかの「ウリ」を持っている。

さまざまな個性を持ったタレントのなかで、際立った存在が「天然キャラ」の芸能人。ありえないような「おバカ発言」や、奇抜な行動などをすることで異彩を放つ。

そんな「天然系」タレントには、つねに「偽物」の疑惑が生まれる。「天然」を演じているだけで、裏では至って真面目だというのだ。

 

■芸能人の天然キャラについてどう思う?

しらべぇ編集部では、全国の20代~60代の男女1,342名に芸能人の天然キャラについて調査を実施。

結果、「作っているだけだと思う」と答えた人は、男性43.3%、女性53.5%。男女で評価に10ポイント近くの差があり、女性はかなり厳しい目で天然タレントを見ていることがわかった。

女性の天然キャラは男性ファンを刺激するポイントといわれるだけに、敏感かつシビアな目で観察しているのだろう。

 

■「作っている」と感じるポイントは?

一体どのようなときに「こいつ、天然キャラ作ってない?」と思うのか。40代女性のFさんに聞いてみた。

①天然といいながら、求められた答えを返している

「天然を装いながら、司会者の『振り』にしっかりと返している人。結局、自分が天然キャラを求められていることを理解しているんですよね。頭良いじゃん。

 

本当に天然なら、ズレたことを言い続けるはずですよね」

 

②声が変に高く、マジモードになると低くなる

「女性タレントに多いのですが、天然を装っている人はちょっと声が高く、猫なで声のような感じ。ところがふとマジモードになると、低い地声が出てくる。

 

そんなとき、『ああこの人演じているだけだな』と思ってしまう」

 

③空気が読める

「天然といいながら、しっかり場の空気を読んでいる人。一般人の天然って、空気は読めないし、トンチンカンな受け答えで人をイライラさせることも多いのに、芸能人の天然キャラはきっちり場の空気を読む。

 

そういうところをみると結局、作りなんだろうなあと」

 

もちろん「本当に天然」なタレントもいるだろう。しかし、作っている人間は、ふとした瞬間に本性を見抜かれてしまうことがあるようだ。