芸能界

「芸能界は才能が無くても生き残れる」 アンタ柴田の持論に賞賛の声

28日深夜放送『俺の持論』(テレビ朝日系)で、アンタッチャブル・柴田英嗣(42)が、「芸能界は才能が無くても生き残れる」と持論を展開。

動物好きで知られる柴田らしく『ナマケモノ』を例に出し、芸能界だけでなく仕事において「長く続けられること」がいかに重要か力説した。

(画像は柴田英嗣Instagramからのスクリーンショット)

 

■目指すのは「ナマケモノ」

筋肉ほぼゼロ、1日に葉っぱを2枚食べ、排泄は週に1度。身体に苔が生えるほど動きが遅く、ぶら下がった木からほとんど動かないナマケモノは、「地上生物としては最弱」と呼ばれている。

しかし、動かないからこそ、他の動物に見つからず長く生き残ってきた。筋力もなく動かないナマケモノは、言わば「赤ちゃん」。

いくらでも見ていられて、一言「パパ」と言うだけで周囲は感動する。タレントなら「筋力」はリアクションや瞬発力だが、ただその場にいて、一言しゃべるだけで成立するのがナマケモノなのだ。

 

■流れに任せて…

襲われたナマケモノは、木から川に落ち、流れに身を任せ脅威から逃れてたどり着いた「目的地ではないところ」で再び生活する。

これを受け、「実力が試される賞レースに出ると、才能がないのがバレて芸能生活が終了になるため、上を目指さずに流れに身を任せろ」と柴田は熱弁。

本来の目標でなくとも、流れに任せれば自分の境地が見つかって、新しい番組をやれる。

「いつも流されている、いつも前にでない、でもいつも仕事がある」

これが、才能がなくても芸能界を生き残れるナマケモノの姿だと明かした。

インスタ極秘再開報道の成宮寛貴氏 復帰を待ち望む人の声も

(画像はInstagramのスクリーンショット)

17日発売の『女性自身』で、昨年12月に芸能界を引退した成宮寛貴氏が欧州に移住し、Instagramを極秘に再開していることが報じられた。

同誌によると、ファッション業界や飲食店経営などの進出を試みるも、日本での展開が難しい中、第二の人生のフィールドを海外へと求めたようだ。

 

■歴代『相棒』なかでも愛される成宮寛貴氏

奇しくも明日18日からは、『相棒』(テレビ朝日系)新シリーズが開始される。

初代の寺脇康文から、及川光博、成宮寛貴氏とその座は受け継がれ、現在は反町隆史が水谷豊の相棒を務めている。

歴代相棒のなかで、今なお愛されている人物のひとりが、成宮寛貴氏演じる甲斐享。その人気から、当初2年で降板の予定が、1年延長されたといわれる。

ラストが「じつは犯罪者集団の黒幕だった」というストーリーだったことも強烈なインパクトを残し、現在でも「その後」が気になっているファンは少なくない。

 

■俳優復帰を望む?

そんな成宮氏には、現在も「復帰待望論」があり、俳優復帰と『相棒』への再登板を望む声は多い。

そこで、しらべぇ編集部では全国の成宮寛貴を知っている人1,087名を対象に、彼の復帰についてどう思うか調査を実施。

結果、45.9%が「また俳優をやってほしい」と回答。彼の演技を待ち望んでいる人は少なくない。

インスタ極秘再開報道の成宮寛貴氏 復帰を待ち望む人の声も

(画像はInstagramのスクリーンショット)

17日発売の『女性自身』で、昨年12月に芸能界を引退した成宮寛貴氏が欧州に移住し、Instagramを極秘に再開していることが報じられた。

同誌によると、ファッション業界や飲食店経営などの進出を試みるも、日本での展開が難しい中、第二の人生のフィールドを海外へと求めたようだ。

 

■歴代『相棒』なかでも愛される成宮寛貴氏

奇しくも明日18日からは、『相棒』(テレビ朝日系)新シリーズが開始される。

初代の寺脇康文から、及川光博、成宮寛貴氏とその座は受け継がれ、現在は反町隆史が水谷豊の相棒を務めている。

歴代相棒のなかで、今なお愛されている人物のひとりが、成宮寛貴氏演じる甲斐享。その人気から、当初2年で降板の予定が、1年延長されたといわれる。

ラストが「じつは犯罪者集団の黒幕だった」というストーリーだったことも強烈なインパクトを残し、現在でも「その後」が気になっているファンは少なくない。

 

■俳優復帰を望む?

そんな成宮氏には、現在も「復帰待望論」があり、俳優復帰と『相棒』への再登板を望む声は多い。

そこで、しらべぇ編集部では全国の成宮寛貴を知っている人1,087名を対象に、彼の復帰についてどう思うか調査を実施。

結果、45.9%が「また俳優をやってほしい」と回答。彼の演技を待ち望んでいる人は少なくない。

広末涼子、芸能界引退を決意したときの行動が話題 「エグすぎる」の声も

(画像はInstagramのスクリーンショット)

女優・広末涼子(37)といえば、94年のデビューから絶大な人気を誇り、今や国民的女優だ。しかし、大ブレイク中だった当時、芸能界をやめようと思ったことがあったという。

4日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)での発言が話題を呼んでいる。

 

■芸能界引退を考えた過去

絶頂期だった20歳のとき、海外作品に出演したことで気持ちの変化があったと語った広末。「日本の芸能界のシステムとか…聞かれることが悲しくなってしまって」と、芸能界引退を考えたという。

さらに、10代で妹役ばかりやっていたことから「やり尽くした感」が湧いてきて、仕事をやめようと決意したそう。

また、プライベートでも水着になることや、立ち食いそばに行くことも事務所に怒られるなど、国民的スターならではの苦悩もあったようだ。

 

■15キロ太るも…

そこで、芸能界引退を決めた広末が「誰かを傷つけたり、嫌な思いをさせずに仕事がなくなる方法は…」と考えた結果、太ることを選択。「クッキー、炭酸」「ビール、ラーメン」の組み合わせが「一番効きます」と独自の太り方を語った。

その結果、15キロも太ることに成功したという広末。しかし、スタート時の体重を聞かれ「37キロ」と答えると、「スタートヤバい」とスタジオからは悲鳴が。

広末とドラマで共演していた女優・佐藤仁美(37)は、「同世代で話題になりましたもん。涼子ちゃんどうしたんだろうって」と、役者らの中でも話題になっていたことを明かした。さらに、自身のぽっちゃりした体型と広末を比較し、「そのまま太り続けていたら同じ位置だったね。仕事の取り合いになっちゃう」と笑いを誘った。

松本人志、芸能人の不倫に厳しい風潮に持論 「約束が違う!」と嘆く

芸能人の不倫が相次ぐ昨今。性の乱れに呆れる人が多い一方で、「芸能人の不倫に厳しすぎる」といった声もあがっている。

こういった芸能界の不倫報道について、24日放送の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 特別版』(日本テレビ系)で、ダウンタウン・松本人志(54)の発言が話題を呼んでいる。

 

■浜田、ヒロミに「離婚してくれ」

番組では、「絶対に答えなくてはいけない! レジェンド芸人に聞きたいことSP」との企画を放送。

松本は、昨今の芸能界の不倫をバッシングする風潮に「窮屈じゃないですか、芸能界が」とチクリ。自身が結婚した8年前は、今ほど不倫や女遊びに厳しくなかったとし、「聞いてないもん、約束が違う!」と嘆いた。

また、子供が成人しているダウンタウン・浜田雅功(54)やヒロミ(52)に、「離婚してくれへん? 離婚して無茶苦茶やってよ!」と訴えた松本。浜田やヒロミのような大物芸人が行動すれば、世間の風潮はまた変わると主張し、「何にも叩かれることはないねんで? 離婚さえしとけば」と発言した。

これらの発言を受けてうなずく浜田に、松本は「じゃあ生電話しよ、嫁に」とボケて笑いを誘った。

 

■「昔のおおらかな時代に戻ってほしい」の声も

松本の発言を受け、ネット民からは同情の声があがった。

・ワイドナショーでも不倫報道に辟易してる節があるからな

 

・今は色々厳しすぎてみんなストレス溜まってる。昔のおおらかな時代に戻ってほしい

 

・不倫はいけないと思いますが、昨今の不倫報道は行き過ぎだと思います。もううんざりだし、テレビでやっていたらすぐチャンネル変える

 

・芸能界の不倫に世間が厳しくなったのは確実に不景気のせい。バブル期は庶民も海外買春に援交やりたい放題だったけど、今は「芸能人ばっかり未だに美味しい思いしやがって!」って空気が不倫を許さなくなったんだと思う

 

■「不倫をもっとバッシングすべき」は2割

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,342名に「芸能人の不倫」について調査したところ、「もっとバッシングされるべきだ」と回答したのは全体の2割ほど。

8割の視聴者たちは、相次ぐ不倫報道に辟易としているのかもしれない。

 

芸能界の不倫報道に一石を投じた松本の持論。昔のメチャクチャだった時代と比較しても仕方がないが、たしかに最近は窮屈といえるかもしれない。

・合わせて読みたい→ダウンタウン、とんねるずがついに共演? お笑いファン大興奮の夢のタッグ実現か

(文/しらべぇ編集部・らむたそ イラスト/ミキシマ) 

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日対象:全国20代~60代の男女1,342名(有効回答数)