英語

ロンブー淳、フィリピン留学で英語力強化 「受験生のやり方でない」と指摘も

(画像は田村淳公式Twitterのスクリーンショット)

今年9月に『偏差値32の田村淳が100日で青学一直線~学歴リベンジ~』(AbemaTV)で青山学院を受験することを報告したロンブー淳。そこでは、これまでずっと学歴コンプレックスを抱えてきたために受験を決意したと話していた。

今受験勉強真っ只中の敦だが、あることが波紋を呼んでいる。

 

■英語力向上のためにフィリピンへ

それはツイッターに投稿された1枚の写真。そこには日本ではない、雰囲気漂うドラックストアの前で美女の等身大パネルと一緒に楽しそうに映る敦の姿が。

フィリピンに短期語学留学中モールで実践的な英語を教わってたら、シルク姉さんが!近づいたら別人でしたフィリピンの人たちはとても朗らかで居心地が良いです。特に「CNE1」のフィリピンの先生たちはとても丁寧に優しく教えてくれます。英語が大嫌いだっのが大好きになりました pic.twitter.com/VPpMMRGjbk

— 田村淳 (@atsushilonboo) October 20, 2017

この留学は2日間という短い期間であったが、人の優しさに触れ、とても充実した留学であったことを感じさせる1枚である。

 

■受験勉強で留学の意味はあるのかと指摘

受験勉強経験者は、こんな指摘をした。

・金にもの言わせていい講師雇ったり、留学行くのはいいけど実践的な英語とペーパーテストの英語は違うよ? 時間ないのに留学する意味少ないやろ。

 

・受かるとしたら元から英語ができたとか、そういうことでしょ 青学を舐めている

 

・受験で勝つ事を目的に英語の戦略を考えた場合、やはり英語を話せる人と会話するよりも学術的な手段がより有効だと思います。

 

あと90日しかないなか、「たった2日の短期留学の意味があるのか」「受験勉強には英会話は関係ないのでは」「ペーパー試験には必要ない」と厳しい指摘が経験者から見られた。

 

また、青学を舐めているのではないかという怒りの声もあがった。時間をかけて努力した人には、本来の受験生らしからぬその淳の英語の勉強方法は腑に落ちないようだ。

笑顔が眩しい…アンミカが語る「外国人との交流方法」

12日、東京・銀座にて「Rosetta Stone Premium Club」記者発表会が行われ、ゲストとしてファッションモデルのアンミカが登場。

じつは、ロゼッタストーンの社長とアンミカの夫が「ゴルフ友達」なんだそう。

 

■英語話せなくて…

「ちょっとでも知的に見えるように」と、素敵な金色チェーン柄のワンピースで登場。

さすがファッションモデル、スタイル抜群だ。

英語系の高校を卒業している上に、夫はアメリカ人なのだが、本人曰く「あまりしゃべれない」「自分のレベルがバレるのが恥ずかしくて、英会話のグループレッスンには通えない」のだとか。

「完璧じゃないと恥ずかしい…と思ってしまい、なかなかしゃべれないんです。ただ、旦那様と結婚して、いろんな国に行かせてもらって。

 

交流したい気持ちが大事で、そこから言葉を乗せていこう! って変わりました。コミュニケーションを取りたい気持ちが大事だなって」

 

■国際結婚のキューピットに!

夫の話をするとき、本当に嬉しそうな顔になるアンミカ。大好き! が溢れ出している。そんな「旦那様」は日本語がペラペラで、彼女の関西弁が移るレベルだそう。

せっかくの国際結婚なので、週末だけは英語にしよう、と2人で決めたが…

「アメリカ英語なので、舌を巻いて話すんです。(旦那様の話す)正しい発音が、正しすぎて聞き取れない(苦笑)

 

わかりやすく和製英語で言って、と言うと『それは英語じゃない!』って怒られちゃう」

 

それでも、夫や夫の友人と話すうちに英語に耳が慣れてきて、だんだん話せるようになってきた…と感じているそう。

アンミカにとっての「今の英語の目標」は

・旦那様のご両親、お友達に、日本を案内してあげる

・素敵な独身女性の、国際結婚のキューピットになる

の2つ。

思わず「紹介してほしい!」と目を輝かせる女性陣に、「繋いでもらう前に学ぶの! 英語が話せるようになったら、ご縁が繋がるから」と諭すシーンも。

 

■記者もメロメロに…

以前の記事で「美人になるテクニック」を披露していたアンミカ。

イベント中も、ずっと表情がクルクル変わり、笑顔を絶やさない。そしてピンヒールで、モデル姿勢を保ち続けている。

顔を見ているだけで、「なんだこの美人」、そして「絶対この人、いい人だ」と心奪われてしまう。ああ、こんな素敵な女性になりたい。

さらに、取材後には一人ひとりの顔を見ながら、笑顔で「ありがとうございました!」「お疲れ様でした!」と声をかけてくれたのだ。

たくさんの芸能人のイベントを取材してきたが、こんな体験は初めて。これはセレブが落ちるのも、わかる気がする!

・合わせて読みたい→セレブ夫を射止めたアンミカの「美人になるための4つの方法」に共感の声が続出

(取材・文/しらべぇ編集部・たつきあつこ

紗栄子の「1歳終わりから英語教育」を林修氏が否定 「正論すぎる」と称賛の声

(画像はInstagramのスクリーンショット)

親にとって、子供には明るい未来をもってもらいたいもの。そのため、世界で通用する人物になるよう、英語を学ばせる親も少なくない。しかし、詰め込みすぎた教育は効果をもたらさないことも…。

24日放送の『林先生が驚く初耳学!』(TBS系)で、タレント・紗栄子(30)が語った教育論が、予備校講師でタレントの林修氏にバッサリと否定され、話題を呼んでいる。

 

■1歳から英語教育させる

番組では、渡英を数日後に控えた紗栄子が出演し、9歳と7歳の子供たちの教育について問われる場面が。

「お子さんへの英語教育は?」と聞かれた紗栄子は、「1歳の終わりからしています」と述べ、その理由について、「コミュニケーションツールとして、英語をもっていることは強みになる」と発言。徹底した教育ママぶりを語った。

 

■紗栄子の教育方針をバッサリ

しかし、林氏は「子どもに早期英語教育をやらせている東大出身の親に会ったことがない」と紗栄子の教育をバッサリと否定。林氏の持論によれば、英語ができる親ほど子供には英語を早くからやらせないという。一方、英語ができない親ほど、子供に英語をやらせようとするというのだ。

また、林氏は英語ができればすべてができると勘違いしている風潮についても、「物差しが狂っている」と強く持論を展開。英語だけでなく、あくまでも本人の思考力の高さが重要だと述べた。

『しくじり先生』特番 ルー大柴、「ナルシスト過ぎて嫌われた過去」を告白

画像はAmebaブログのスクリーンショット)

24日の放送で最終回を迎える、テレビ朝日系バラエティ番組『しくじり先生』が22日に特別版を放送。ルー大柴が、ナルシスト過ぎたためにしくじった過去を告白した。

 

■ナルシストゆえに嫌われた

英語と日本語を混ぜて話す「ルー語」や「くどいキャラ」で89年に大ブレイクを果たしたルー大柴。当時は年収1億円を稼ぎ、1万円札が家に来てトゥギャザーしてたようだ。

しかし、ブレイクして調子に乗ったルー大柴は…

「時代がルー大柴を必要としている」

 

「客席の目が僕の海パン姿をリクエストしてる」

 

「はっきりいって、こんなもんじゃないですからね」

 

などといった、衝撃的なナルシスト発言を連発。このような発言を続けたことで、国民や共演者から嫌われ、最初のブレイクは終わりを迎えたようだ。

 

■年下のマネージャーに叱られて…

テレビの仕事がないルーは、マネージャーに「本当に売れたいのか?」や「今までのルー大柴は捨てましょう」と激しく叱られたことで、「生まれ変わろう」と決意。

マネージャーに促され、52歳にしてブログにも挑戦。ブログで「ルー語」を使用すると全盛期を知らない若者から面白いと支持を集め、2度目のブレイクに成功した。

ルーは「自分を多面的に見てくれて苦言を呈してくれる人が居ることはとても幸せなこと」だと語った。今は当時の所属事務所も辞め、マネージャーと共に3度目のブレイクを目指して活動しているようだ。