葵わかな

『わろてんか』ヒロインの妹を演じる19歳 大注目の女優・堀田真由の素顔に迫る

NHK朝の連続テレビ小説『わろてんか』で、葵わかな(19)演じるヒロイン・藤岡てんの妹(りん)を演じる、堀田真由(19)。

10月には、オムニバスホラー映画『狂い華』の中で『呪いうつり』に主演。母を亡くし、再婚した父と暮らす少女という難しい役をホラーテイストで見事に演じている。

しらべぇ取材班は、今もっとも注目の若手女優のひとりである彼女に、直接話を聞いた。

 

■笑いが絶えない『わろてんか』の撮影現場

数多くのお笑いタレントを抱える吉本興業の創業者、吉本せいをモデルにした『わろてんか』。撮影現場の雰囲気も、その題名のとおりだという。

堀田:「笑い」をテーマにしているので、ストーリー自体が見てくださる方も楽しいと思うのですが、演じている側も共演者やスタッフさんを含めて、とにかく誰かが笑っているような楽しい撮影です。

 

今まで出演させていただいた作品で、ここまで本番中に笑いを我慢して演じる現場は初めて。カメラが回っているときは、「素に戻って笑っちゃわないように」というのが、いちばん気をつけているところです(笑)

 

■滋賀県出身も活かして

そんな堀田の出身は、関西の滋賀県。今回の朝ドラの舞台にもほど近い。

堀田:『わろてんか』では京都篇に出演しているのですが、出身地とお隣ということもあって、それほど戸惑うこともなかったです。滋賀県の方言は京都に近く、やわらかい印象があるようで、はんなりしゃべる話し方は通じるものがありました。

 

とはいえ舞台は明治時代の京都なので、今知っている京都の言葉とはやっぱり違いもあります。ドラマの中で「私」のことを「うち」って言うのですが、私の地元とはイントネーションが違うんです。とてもよく出てくるセリフなのに、最初はなかなかうまく言えないこともありました。

 

ドラマは、てんとりんが暮らしていた京都から、大阪に舞台を移している。

堀田:今、ドラマは姉のてんちゃんが家を出て「大阪篇」なんですけど、妹のりんはお姉ちゃんが大好きな役なので、これからも様々な登場シーンがあります。楽しみにご覧ください。

NHK・高瀬アナ、朝ドラに「イライラ」発言も 視聴者から共感と絶賛

(Natali_Mis/iStock/Thinkstock)

10月からスタートした、NHKの連続テレビ小説『わろてんか』。家柄やしきたり、跡取り問題に阻まれながらも、主人公たちが思いを通わせ合う純愛ストーリー。

そんな同作に対し、NHKのアナウンサーが一見穏やかではない発言をしたとして、インターネット上で話題となっている。

 

■高瀬アナ『わろてんか』にイライラ?

話題となっているのは、『おはよう日本』(NHK)で総合司会を務めている高瀬耕造アナウンサー。高瀬アナは同番組のエンディングで朝ドラの前フリを行っているのだが、1日の放送では一見穏やかではないフレーズを発した。

「イライラさせられることが多い『わろてんか』の始まりです、頼むよ藤吉さん」

 

ドラマの前フリに対して「イライラさせられる」というインパクトのあるフレーズを発したため、「何ごとか」とたちまちインターネット上で話題となってしまったようだ。

 

■頼りない跡取り息子・藤吉

高瀬アナがイライラさせられているという「藤吉」とは、明治後期に京都に店を構える老舗薬問屋の長女で、同作の主人公・藤岡てん(葵わかな)と運命的な出会いを果たし、駆け落ちをした北村藤吉(松坂桃李)という青年。

藤吉は大阪船場の老舗米問屋「北村屋」の跡取り息子で、父に勘当され駆け落ちしてきたてんは、藤吉の実家である北村屋に身を寄せることに。しかし、藤吉にはすでに許嫁がいたため、てんとの結婚は認めてもらえなかった。

そんな矢先、北村屋が多額の借金を抱えていると知った藤吉は「自分が借金を返済できたらてんとの結婚を認めてほしい」と母・啄子に申し出る。

しかし、店の使用人たちが次々と店を去ってしまい、さらには悪徳業者に騙され借金を増やしてしまった。そんな藤吉の不甲斐なさに、高瀬アナも思わず「イライラ」というフレーズが出てきてしまったのかもしれない。