見通し・戦略

10月総選挙に向け日経平均堅調推移で円売り優勢

金曜日の海外時間には、狭いレンジ取引が続きました。週末に行われた独連邦議会選挙では、メルケル首相のCDUが第1党の座を確保したものの、連立相手のSPDが連立離脱の方針を示したり、右翼政党「ドイツのための選...

10月総選挙に向け日経平均堅調推移で円売り優勢

金曜日の海外時間には、狭いレンジ取引が続きました。週末に行われた独連邦議会選挙では、メルケル首相のCDUが第1党の座を確保したものの、連立相手のSPDが連立離脱の方針を示したり、右翼政党「ドイツのための選...

目先的な過熱感、一旦調整感強まるのではないか

暑さ寒さも彼岸までということで秋も本格化してきそうですが、株式市場は堅調ではあるものの、少し雰囲気も変わりつつあるということではないかと思います。ドイツの総選挙や日本でも選挙が予定されており、「政...

「解散総選挙」を好感する株式市場、なぜ?

衆議院の解散総選挙のニュースが伝えられてから、日経平均株価225種(以下日経平均株価)をはじめとした株価指数の上昇が著しい。北朝鮮問題や米国のハリケーンなど世界経済へ悪影響を与えそうな要素が多かった中...