視聴率

松本人志、テレビ番組のつまらなさを痛烈批判 ファンからは称賛の声

インターネットやビデオオンデマンドの普及、趣味の多様化により、視聴率の低下が危ぶまれるテレビ業界。それら理由に加えて「テレビが面白くない」との声もあり、業界は冬の時期を過ごしていると言っていいだろう。

このことについて、ダウンタウン・松本人志(54)が16日に自身のツイッターを更新し、持論を展開した。

 

■最近のテレビ業界は「スピード出さなすぎ違反」

バラエティ番組を「車」に例えた松本。「番組はときにスピード違反で叱られる時がある」と、面白いものをつくろうとするあまり、視聴者などからのクレームが殺到することもあると述べた。

しかし、昨今の番組は「叱られることを恐れすぎの『スピードださなすぎ違反』だと思う」と指摘。クレームを恐れすぎるがあまり、制作側が面白いものをつくろうとしていないと批判した。

バラエティ番組はいわゆるスピード違反で叱られる時がある でも それはテレビを面白くしたい情熱だったりする。今のテレビを面白くなくしてるのは叱られることを恐れすぎのスピードださなすぎ違反だと思う。

— 松本人志 (@matsu_bouzu) October 16, 2017

 

■ファンからも称賛の声

テレビ業界にとって、視聴者とはなるべく良好な関係を築きたいもの。そのため、誰もが安心して見られるような番組制作を目指すのは、ある意味自然な行為だ。

とはいえ松本の指摘のとおり、面白いものをつくろうとする情熱がなければ、テレビから笑いが消えてしまう日がやって来るかもしれない。

投稿を受け、ネット民からは松本を称賛する声があがった。

・少しでも問題が起こるとすぐにテレビ局が謝ってしまうのが当たり前になりつつあるのは嫌ですね。テレビサイドが昔の過激な番組を今じゃできないと言ってるのを聞くと悲しくなってしまいます

 

・「BPOなんてクソくらえ!」精神のあるバラエティが見たいです

 

・報道、放送、人権さえある程度配慮してれば 基本アウトバーンでえぇですやん ちょっとパンチあるぐらいじゃないとハートも思考力も育たんです

 

・バラエティ番組って、違反くらいが面白くて見応えありますもんね。社会全体が、まわりを気にしすぎていたり、事あるごとに攻撃しようとしたり、そんな空気をテレビから感じて悲しいです。もっともっと違反しまくって、それを観ながらテレビの前で大爆笑をまたしてみたいです

 

■若い男性を中心にテレビ離れが進行

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,343名に「テレビ」についての意識調査を実施したところ、全体の1割が「全然観ない」と回答した。

若い年代ほどテレビを見ない傾向にあることも判明。時間がないことや、ネット番組のほうが過激で面白いといった理由から「テレビ離れ」が始まっているのかもしれない。

 

松本の主張は一方で、何でもクレームを入れてしまう視聴者にも向けられているといえる。もしかすると、テレビ番組をつまらなくしているのは、他ならぬ視聴者たちかもしれない。

・合わせて読みたい→松本人志、自分の帰宅時に電話を切らない妻へのイライラに賛否

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん イラスト/ミキシマ

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日対象:全国20代~60代の男女1343名(有効回答数)

「若者のTV離れ」は進行している? なんとなくポーズで言っちゃう人も

(bee32/iStock/Thinkstock)

最近の視聴率の話題では「2桁キープ」というのが、成功しているラインの印象となっているが、かつては30%以上のドラマなどが、それなりに量産されていた時代も。

しかし、昨今は娯楽の多様化だけでなく、ビデオオンデマンド、ネット動画などの影響もあり、「TVは全然観ない」と口にする人が増えてきた。

特にスマホネイティブとも呼ばれる若年層にはその傾向が強く、「若者のTV離れ」は他の「若者の○○離れ」と比較しても、かなり実感する人が多いようだ。

そうした「TV全然観ない」という人を周りはどう見ているのか?

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,343名を対象に「『TV全然観ない』と言う人をどう思う」か、意識調査を実施した。

 

■若者はTV離れしている?

全体では「自分もそうだ」10.2 %と「共感する」9.7%、「理解はできる」53.8%で、「TV観ない人に違和感はない」がかなり高めの73.6%。

一方で「違和感がある」18.5%と「おかしいと思う」7.9%で、「『TV観ない』って言うの、どうなの?」というネガティブ派は26.4%と約4人に1人の割合。

男女別では、

「自分もそうだ」「共感する」「理解はできる」と回答した「TV観ない人に違和感はない」の割合は、男性が73.0 %に対し、女性は74.3%でほとんど差がない。

また、年代ごとに徐々に下がる傾向はあるが、昔からそういうタイプの人は存在していたこともあり、60代でも「まあ、そういう人いるよね」といった感覚のよう。

しかし、実際に「TV全然観ない」と言っている、「自分もそうだ」という人を性別・年代別に見てみると、

全ての年代で男性が女性を上回り、特に20代男性は23.5%と、全体の2倍以上でかなり高め。

年代と反比例して割合が高くなっている点を考えると、「若者のTV離れ」は実際に進んでいると言えそうだ。

 

■ポーズで言っちゃう人も

実際に「TV全然観ない」と言う人に対して、「違和感はない」人、「どうなの?」と思う人、両方の話を聞いた。

<違和感はない>

「周りにそういう友達が多いから、違和感はないですね。学生時代は、一人暮らしでTV持ってない人も結構いた感じですし、TV番組もネットで観られるから、話題になった番組を後からネットで観ることもできるし。

 

だから、本当はTVのコンテンツを観ているんだけど、YouTubeとかの動画投稿と同じように観ているせいで、TVと自覚していない場合もあるかもですよね」(20代・男性)

 

<「どうなの?」と思う>

「なんとなく『TV観てる』というのが、恥ずかしいみたいに感じる人もいて、明らかにポーズで『TV観ない』と言っている人もいますよ。

 

やたら芸能ネタに詳しくて、芸能人の誰がどんな番組で、こんな発言していた…と話しているのに、『俺、TVあんまり観ないから』とか言う人がいて、みんな内心で『いやいや。あんた、めちゃくちゃTVっ子でしょ』って思ってるパターン。(笑)

 

別に、いかがわしいことでもないわけで、好きならネットでもTVでも、素直に観てるって言えばいいのに」(20代・女性)

 

視聴スタイルの変化もあり、観ているコンテンツがTVと自覚していなかったり、なんとなく「TV観ているって言うのは、カッコ悪い」と思い込んでいたりするケースもありそう。

TV以外の選択肢も増えていることで、家電としてのTVというハードの前で過ごす時間が減少していることは確かだが、案外TVコンテンツ自体は観られている――ということも、あるのかもしれない。

・合わせて読みたい→打ち切りの流れは続く?2017年に終了の可能性がある長寿番組3選

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日対象:全国20代~60代の男女1343名(有効回答数)

『ワイドナショー』放送休止 『27時間テレビ』に不満でライバル番組に流れる人も

(Didier Kobi/istock/Thinkstock)

10日のフジテレビでは、『27時間テレビ』を放送。そのため、毎週のように松本人志のコメントがなにかと話題になる『ワイドナショー』は休止となった。

しかし、番組ファンから、不満の声があがっている。

 

■休止に不満の声

今年の27時間テレビは、従来の「笑い」ではなく「日本の歴史」がテーマ。そのため『ワイドナショー』枠も松本を絡めたバラエティなどは一切なし。

代わりに放送されたのは、織田信長・豊臣秀吉・明智光秀の人間模様を描いたバカリズム脚本の『僕の金ヶ崎』というドラマ。

ユーモア要素のある作品で評価する声もあったが、「わざわざ差し替える必要があったのか」『ワイドナショーを放送してほしい』と疑問や不満の声も。

ああ、今日はワイドナショー無いのか。27時間テレビ特別版とかやればよかったのに

— エスパ・ラモーン (@s_pa) September 10, 2017

今年の27時間TVはワンピやDBやワイドナショーを潰してまでやる価値無いよね。出演者が必死で頑張ってるのはわかるんだが脚本や企画がもう酷過ぎて痛々しい程だ。

— るあ (@ruazan1) September 10, 2017

ワイドナショー見ようかと思ったら27時間テレビやってたからとりあえず見たが何なんコレ…子供のお絵かきみたいなもんよ

— Mおじさん (@kzkmtk) September 10, 2017

かつての『27時間テレビ』は、タモリ・ビートたけし・明石家さんまのお笑いBIG3やSMAPなど旬な芸能人が27時間「笑い」を提供。

その豪華な出演陣と破天荒な内容が支持され、勢いのあるフジテレビの象徴的番組とされてきた。

今回「日本の歴史」をテーマにバラエティ色を薄めたことは、フジテレビ側としては新たな試みだが、残念ながら視聴者の望むものではなかったようだ。

 

■『サンジャポ』に流れる人も

さらに視聴者のなかには、普段は『ワイドナショー』を見ているが、今日は裏番組の『サンデー・ジャポン』(TBS系列)に流れる人も。

ワイドナショーないから久々にサンジャポ見よう

— よ し と み (@yoshitonakai3) September 10, 2017

マジか、今日ワイドナショーないのか!27時間テレビでなぜやらないのか。フジテレビは自ら視聴率を放棄するな。多くがサンジャポに流れるぞ。#にほんのれきし#サンデージャポン

— 橋本 (@takeshitake4) September 9, 2017

2013年からワイドナショー始まったので、サンジャポを見るの4年ぶりくらいか。だから爆笑問題の番組もしばらく見なくなっていたなー

— ジンジ (@jinji_29) September 10, 2017

ワイドナショーやってないから、サンデージャポン。27時間テレビは誰得?視聴率歴代最低を取らないと変わらないか。でも、サンジャポの池田エライザかわいすぎたので許す。

— kohh1983 (@kohh1983) September 10, 2017

 

■激しい視聴率争いに影響?

松本人志メインの『ワイドナショー』と爆笑問題がMCを務める『サンデー・ジャポン』は、激しいライバル関係にある。

しらべぇ編集部が全国の20代〜60代の男女1,357名を対象にした日曜朝10時にどのテレビ番組を見ているか聞いた調査でも、この2番組が激しくトップを争う。

『ワイドナショー』を見ているから『サンデー・ジャポン』を見ることができないという人もいるだけに、今回の休止は、ライバルにチャンスを与えることになった。

『ワイドナ』関係者にとっては、敵に塩を送るような状況ともなり、歯がゆい心境かもしれない。

・合わせて読みたい→8回やってる 『ワイドナショー』松本人志が宮迫博之の「不倫言い訳」を全否定

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日対象:全国20代~60代の男女1.357名(有効回答数)

最終回を迎えた『セシルのもくろみ』で得した人と損した人

(写真はInstagramのスクリーンショット)

女優の真木よう子(34)が主演を務めたドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)が、7日放送の第9話で最終回を迎えた。

スタート時から視聴率が低空飛行を続けていたが、後半になりわずかに盛り返した感もあった同作の評判を、女性向け掲示板の投稿を軸にチェックしてみた。

 

■主人公より脇役が人気?

最終回では、ファッション雑誌『ヴァニティ』の専属モデルになった主人公・みやじが、退社した元副編集長らが率いる新雑誌のカバーモデルとして引き抜きをもちかけられ、悩むストーリーが描かれた。

しかし、女性向け掲示板『ガールズちゃんねる』では、みやじよりも、脇役に対するラブコールが多く見られた。吉瀬美智子(42)、長谷川京子(39)といった美人女優たちのキャラと演技に、魅了された人が多かったようだ。

・もっと吉瀬美智子とかハセキョーの美しさを生かす脚本にしてほしかった

 

・この4人だと伊藤歩ほんとに綺麗だってわかる

 

・黒沢さんかっこいいわ

 

■吉瀬美智子は爪痕を残した?

とくに、真木より8歳年上にも関わらず、まったく見劣りしない美しさを見せつけた吉瀬の人気は高い。ネットの声を見る限り、同作で一番「爪痕を残した」のは彼女と言っても過言ではないだろう。

中には、「彼女主演のドラマも見たい」といった趣旨の投稿も見られた。

『ジョワイユ』無事創刊を迎えることができました✨ #フジテレビ #木10 #夏ドラマ #セシルのもくろみ #セシもく #ハマユカ #黒沢洵子 #吉瀬美智子 #ジョワイユ

A post shared by 【公式】セシルのもくろみ (@cecile_plot) on Sep 7, 2017 at 6:50am PDT