親友

林先生が『初耳学』で人間関係に対する持論を展開 「子供にもドライな関係を教えたほうがいい」

19日に放送された、TBS系バラエティ番組『林先生が驚く初耳学』では、『PRESIDENT Online』に掲載された、「小中学校の友人なんてクソみたいなもの」という記事がテーマに。

番組で語られた、林先生の持論が賛否両論を巻き起こしている。

 

■人生は長いストーリー

社会進出したことで、小中学生の友人と会う機会が減ったというひとはかなり多そうだ。しかし、それでも「クソみたいなもの」という表現はいささか乱暴だと感じている人もいるだろう。林氏は記事に共感した理由を語った。

「あの記事は、学校のいじめ問題がメインテーマになっている。友達関係の悩みで不登校や自殺する場合があるならば、その友達は、大人になったら一年に一回も会わない人たち。

 

人生は長いストーリー、そこには、その人しかいなくても次のシーンに移ったら別の人がいる。子供はそれに気が付きにくい」

 

子供が気がつきにくいからこそ、大人に伝えてほしいというメッセージが込められているようだ。

 

■本当に大切な人だけを大切に

社会人になると友人よりも会社などで仕事上の付き合いが多くなる。そんな中、林先生はドライな人間関係を子供に習得させることを推奨した。その理由を林氏は、

「社会に出たら、ドロドロの関係はまずい。ドライな関係の中で共通の目的に向かうチームになればいい。だから、大人になったらドライな関係でやっていくのだから、今もドライに考えていいよ」

 

と語る。無理に仲のいい友達を作らなくても先を見据えれば問題ないと考えているようだ。さらに、「本当に大切な人だけ大切にすればきっと幸せになれる」と、人間関係に苦しんでいる子供たちにメッセージを送った。

 

■ネットでは賛否両論

これに対し、視聴者の反応は賛否が別れている。

小中学生の友人なんて不要…。確かに、今、連絡してる小学校の友人0だわ。#初耳学

— よっしぃ@腰痛激痛(–#) (@yoshi954_) November 19, 2017

陸王からの流れで初耳学社会人になると友人より仕事相手との方が会う回数が多いってやってるけど、まさにその通り今月友人と会ってないし会う予定ないや…仕事の人とばっかり…(´・_・`)

— 里久 (@yayoi_asami) November 19, 2017

「小中学校の友人なんて不要」とは初めて、初見学に怒りを覚えた、なんてひどい残念な事を林先生は言うのだろう?俺は、小中学校の友人こそ大切な友達だ!!!#初耳学 #TBS

— EBA (@eba_kuma) November 19, 2017

初耳学みてるけど、小中学校の友人なんて不要って。。。

僕には考えられんなぁ

— 静流@樺倉さん実在してくれたらいいのに (@shizuru_persona) November 19, 2017

 

■数年ぶりの連絡は警戒する?

しらべぇ編集部が全国20代〜60代の男女1,336名を対象に「数年ぶりに『会おうよ!』と連絡がきたらどう思うか」を調査したところ、じつに全体の47.1%は「警戒してしまう」と回答したのだ。

とくに若い人ほどその傾向がみられる。

50代男性、60代男女は3割程度と下がるのだが、それ以外ではほぼ5割越え。中でも40代女性は6割に迫る勢いだ。

小中学生の段階でドライな人間関係を作ることは難しいだろう。しかし、林先生が言うように本当に大切な人だけを大切にし、ドライな人間関係を作ることが、「いじめ」を無くす第一歩かもしれない。

「33歳ニートの友人」を注意したら逆切れ? ネット民は賛否両論か

@ぱくたそ

「ひきこもり中高年」、「中高年ニート」が社会問題化している昨今。

女性向け掲示板『ガールズちゃんねる』の「ニート、引きこもりの友人との関係」という投稿が話題になっている。

 

■ニートや引きこもりとどう接する?

投稿者は、10年以上ニートで引きこもりの友人を注意したら逆ギレされて縁を切ったという人物。

「皆さんはニート、引きこもりの友人いますか? どう接していますか?」

 

と問いかけおり、その後の投稿で、

「今年33歳で友達は結婚願望がとても強く、今のままだったら出会いもなく、婚活も出来ない状態なのに、結婚したい結婚したいが口癖でした…」

 

などと、自分も友人も33歳の女性であることを明らかにしている。

 

■当たり障りなく接するという意見も

それに対する回答は様々だ。友達関係を続ける派の人の中には、

・性格がよかったらニートでも仲良くするし、悪かったら距離を置く

 

・人のプライベートには口出ししないのが一番 深夜に電話を掛けてくるとかは非常識だと思うけど特に支障がないならニートでも引きこもりでも何とも思わない

 

・鬱になってる場合もあるからあれこれアドバイスなんてしないで当たり障りない会話でうふふ~あはは~と穏やかな時間を過ごすよ

 

といった「当たり障りなく接する」という平和主義な意見も多くみられた。

佐々木希と大政絢の美人ツートップ 顔寄せドアップ写真に萌える

(写真はInstagramのスクリーンショット)

芸能界でも「美人すぎる仲良しコンビ」として有名な、大政絢(26)と佐々木希(29)。『北海道フェス』でのツーショット写真が注目を浴びている。

 

■芸能界トップクラス美女2人のドアップ

大政がインスタグラムに写真を掲載したのは、3日。

「のんちゃんと北海道フェスへ! 地元、滝川の食べ物は売り切れだったんですが他のごはんもとっても美味しかった」

 

というコメントが添えられた写真には、紙皿に盛られた食べ物を真ん中に顔を寄せ合う美人女優2人の姿が。

 

■「最強ツートップ」と称える声も

ぱっちりお目々のかわいらしい佐々木と、目力の強いクールビューティー大政のドアップは見ているだけで和む美しさ。コメント欄にも、

・ぃぃ写真ゃぁ~ 2人とも可愛いし大好き

 

・ホンマに最強ツートップ!

 

・双子みたいでかわいい

 

などなど、喜びの声が見られた。

佐々木希と大政絢の美人ツートップ 顔寄せドアップ写真に萌える

(写真はInstagramのスクリーンショット)

芸能界でも「美人すぎる仲良しコンビ」として有名な、大政絢(26)と佐々木希(29)。『北海道フェス』でのツーショット写真が注目を浴びている。

 

■芸能界トップクラス美女2人のドアップ

大政がインスタグラムに写真を掲載したのは、3日。

「のんちゃんと北海道フェスへ! 地元、滝川の食べ物は売り切れだったんですが他のごはんもとっても美味しかった」

 

というコメントが添えられた写真には、紙皿に盛られた食べ物を真ん中に顔を寄せ合う美人女優2人の姿が。

 

■「最強ツートップ」と称える声も

ぱっちりお目々のかわいらしい佐々木と、目力の強いクールビューティー大政のドアップは見ているだけで和む美しさ。コメント欄にも、

・ぃぃ写真ゃぁ~ 2人とも可愛いし大好き

 

・ホンマに最強ツートップ!

 

・双子みたいでかわいい

 

などなど、喜びの声が見られた。

今年で7回目!5年ごとに同じ場所で写真を撮り続ける5人組の友情が素敵

19歳の時に記念写真を撮影して以降、5年おきに同じ場所に集まり、35年間全く同じ構図の写真を撮り続けてきた親友5人組が「素敵すぎる!」「こんなに素晴らしい仲間を持って幸せだな。本当に羨ましいよ!」と現在、海外を中心に話題となっているので紹介したいと思います。