言い伝え

決して入ってはいけない部屋

 

祖父母が健在だった頃、私の田舎には大きな持ち家がありました。

 

母屋と離れの二棟から成るその家。

 

特に物置として放置されていた離れは、当時小学生の私にとって格好の遊び場所となっていました。

 

田舎に帰省した時には、隣の子と一緒に離れで”かくれんぼ”をする。

 

その度に祖母にたしなめられたものですが、その意味を深く考えることはありませんでした。

 

その日、途中でかくれんぼを切り上げ、外に遊びに行こうとした私と隣家の子を祖父が呼び止めました。

 

言いつけを聞かない悪ガキにも祖父は決して怒ることはなく、私と隣家の子にお菓子をくれ、離れにまつわるちょっとした怪談を聞かせてくれました。

あそこは恐ろしい所じゃから、入ったらいかんで

その家は祖父の家系代々の持ち物で、祖父もそこで生まれ、そこで育った人でした。

 

家にはちょっと変わった決まり事があり、それは『離れの二階、東の部屋には入らないこと』というものでした。

 

理由は語らず、頑なに忌諱する。

 

※忌諱(きい)

恐れて避けていること。

 

田舎にはそういった”理由の分からない習わし”がいくつか残っていました。

 

そんな決まりはあるものの、家には物が多いためか離れには倉庫としての需要が多く、いつでも家の者が出入り出来るようにと鍵は分かり易い場所に掛けてあったそうです。

 

それが起こった当時、祖父は私と同じぐらいの年頃の少年でした。

 

家の者が出払ったある日、祖父は歳二つ上の兄と自分の友達の三人で遊び、離れでかくれんぼをしました。

 

ジャンケンで負けた友達が鬼になり、祖父と兄が隠れる役。

 

鬼は母屋で百を数えて、数え終わったら離れを探す。

 

遠くから、母屋の外壁に伏せた鬼が「いーち、にいー」と元気に読み上げる声がする。

 

離れはどの部屋も荷物が積まれ、なかなか隠れ甲斐のある場所が多い。

 

「一階の奥の部屋に隠れる」と言った祖父に対し、兄は「じゃあ俺はあの部屋に隠れる」と言い出しました。

 

家に遊びに来ることの多い、仲の良い幾人かの友達は、離れの二階の部屋の話を知っています。

 

よそ様の家で”入ってはいけない場所”は、隠れる為にこれほど都合の良い場所はないでしょう。

 

「それはダメだよ」とたしなめますが、体格も良くケンカの強い兄には、祖父の制止も逆効果でした。

 

急いで階段を上る音が聞こえ、少し間が空いて、祖父の隠れた部屋から真上にあたる“あの部屋”に踏み込む足音が聞こえました。

 

上の部屋、奥の方で「カタ、コトン」と少し硬い音。

 

それは押入を開けた音か、何か荷物を動かした音か。

 

百を読んだ鬼が、母屋から走って来ました。

 

始めに土間や台所を探していたのでしょうか、しばらくしてから祖父の隠れた部屋へと踏み込んで来ました。

 

積まれた荷物の隙間に、器用に身を収めた祖父を見つけるのは難しく、鬼は「くっそー、どこだー」と言う言葉を残して部屋を後にしました。

 

安堵した祖父が荷物の隙間から顔を覗かせたその時、上の部屋から「ガタンッ」という少し大きな音がしました。

 

それを聞きつけた鬼は、祖父の隠れていた部屋で音がしたものと間違え、再び部屋に戻って来ました。

 

突然の物音に呆けていた祖父は、あっけなく鬼に見つかりました。

 

鬼は祖父を見つけた後、一階の残り二部屋と再び台所を探し、二階へと向かいました。

 

物音が気掛かりな祖父は、鬼の後に付いて一緒に二階へ。

 

どの部屋にも荷物が積まれ、鬼はその中をくまなく探しました。

 

ですが、いずれの部屋にも兄はいませんでした。

 

残った部屋は”あの部屋”だけでしたが、よそ様の家で出入りを禁じられている部屋です。

 

強い確信を持ちながらも、鬼はその部屋の襖すら開ける気にはなれませんでした。

 

部屋の前から「○○くん、そこに隠れてるだろ」と呼び掛けるも返事は無く、目で合図を受けた祖父は、「ここに隠れているはず」と返す。

 

そんなやり取りの中で、襖の向こう、部屋の中から「カタ、コトン」と硬い音がしました。

 

その音に後押しされ、二人は襖を勢いよく開けました。

 

部屋には一つの荷物も無く、人の気配も無く、本当に何もありませんでした。

 

奥に一つ押入があり、躊躇(ためら)いがちに部屋に踏み入った二人は押入の戸を開きました。

 

ムワッと何か塊になったような空気が流れ出してきました。

 

ですが、押入の中に期待していた兄の姿はなく、ただ一つ、水の入った小さな杯が置かれていました。

 

言葉に出来ない気味の悪さに包まれ、二人は逃げるように部屋を後にしました。

 

結局、兄は見つかりませんでした。

 

部屋という部屋、人の隠れれそうな場所は何度も探し、呼び掛けました。

 

離れだけでなく、母屋も必死になって探しました。

 

ですが、どこにも兄の姿はありませんでした。

 

事態に怖くなった二人は、家の者が帰る前に外へと出ました。

 

兄が見つからなかったら、こう言おう。

 

「今日は二人で外で遊んでいた」と。

 

夕方、帰ってきた両親と姉。

 

兄を探す母に「○○はどこ行ったの?」と訊かれましたが、知らぬ存ぜぬを通しました。

 

夜になっても帰らない兄を、父が探しに出掛けました。

 

夜も更けて、未だ見つからない兄を、隣近所の大人たちも探し始めました。

 

家は一晩中せわしなく、祖父は後ろめたさと得体の知れない恐ろしさに、布団の中で震えました。

 

朝を迎えても兄は見つからず、家には近隣の大人たちや警察が慌しく出入りを繰り返しています。

 

昼を過ぎる頃、自分の隠していることの重みに耐えかね、母の姿を探し始めたその時、「見つかった」という知らせが飛び込んできました。

 

兄は死んでいました。

 

兄は村の外れを通る川の下流で、死体で発見されました。

 

溺死と判断されたその死体に外傷はなく、しかし何故か足は裸足でした。

 

(祖父の話はここまでです)

 

「あそこは恐ろしい所じゃから、入ったらいかんで」と、話し終えた祖父は私と隣家の子に優しく強く言い聞かせました。

 

私たちは二度と離れに入らないと約束しました。

 

祖父から聞かされた話は、私にとって非常に恐ろしい思い出として心に残っています。

 

ですが、その話を聞かなくても離れに入ることはなかったと思います。

 

なぜなら、祖父に声をかけられる前に、私たちは「かくれんぼ」をやめていました。

 

一階東の部屋に隠れた要領の悪い私を、隣家の子はすぐに見つけました。

 

次の鬼を決めるためにジャンケンをしようとしたその時、上の部屋から「ガタン」と物音。

 

恐る恐る様子を見に行った”あの部屋”の前で、確かに聞いたんです。

 

襖の向こうから「カタ、コトン」と硬い音を・・・。

 

(終)

The post 決して入ってはいけない部屋 appeared first on 怖いもん通信.

決して山に入ってはいけない日

 

子供の頃に住んでいた所は、家のすぐ後ろが山だった。

 

よく一人でその山に入って探検ごっこをしていたが、毎年じいちゃんが「今日は山に入るな!」と言う日があった。

 

その日は何か特別な雰囲気で、じいちゃんは近所の人達と近くの寺に寄り合って御詠歌を唱えていた。

 

※御詠歌(ごえいか)

寺々を巡拝する人が、そこの仏をたたえてうたう歌。

 

じいちゃんに理由を訊いたが、教えてもらえなかった。

 

当時から馬鹿だった俺は何かワクワクしてきて、じいちゃんが寺に行ったのを見計らって「その日」に山に入った。

子供やから逃げられたんや

竹藪を越えてしばらく行くと大きな岩があり、そばには小さな祠がある。

 

いつもはひっそりとしているその祠に灯りがともされ、 お供え物が置かれていた。

 

それを眺めていると、後ろから女の人の声で「あこ・・・」と聞こえた。

 

焦って振り返ったが、何も居なかった。

 

しかし、「カッカッカッ」と不気味な音がこちらに近づいてくる。

 

俺は怖くなり、叫びながら山を駆け下りた。

 

泣き叫びながら竹藪を抜け、家の中に入った。

 

そこには寺から帰ったじいちゃんがいた。

 

俺の顔色を見たじいちゃんは、「お前、山に入ったのか!」 と俺を叱りつけた。

 

じいちゃんが俺を寺へ連れて行き、住職がお経を唱えてくれた。

 

「子供やから逃げられたんや」と、じいちゃんは言ったので、理由を訊いたが相変わらず教えてくれなかった。

 

そんなことも夢の中の出来事のように思っていたのだが、久々に里帰りした時、偶然住職に会い、その話になった。

 

すると住職は、「因果というもんやな」と言って、こんな話をしてくれた。

 

その昔、都から高貴な女性がこの地域に逃れてきた。

 

彼女は身ごもっていて、村人に助けを求めた。

 

が、村人は巻き込まれることを恐れて助けなかったばかりか、男たちが彼女をなぶり殺してしまったという。

 

それ以来、祠を建てて祀ってはいるが、山で変死するものが多く出て、それで「彼女の命日には山に入らず寺に籠もるようになった」という。

 

だけど、一つだけ疑問がある。

 

あの時に聞こえた「あこ・・・」という言葉。

 

あれは一体どういう意味だったのだろうか。

 

(終)

The post 決して山に入ってはいけない日 appeared first on 怖いもん通信.

山のタブーを犯してしまったせいで

 

子供の頃、近所のお爺ちゃんに聞いた話です。

 

そのお爺ちゃんは若い頃に一度事業に失敗し、実家のある田舎へ帰ったそうです。

 

その家には持ち山があり、色々謂(いわ)れもあったらしいのですが、若い頃に学業のため上京した彼は、その謂れなるものを全く知らなかったそうです。

 

ある日、彼が山を歩いており、ふと茂みを覗くと“一羽の兎”がいたそうです。

もしあの時、捧げていれば・・・

しかし、「兎だ」と思ったのは単に耳が長かったからで、実のところ見慣れている兎とは大分違う生き物であったとの事。

 

毛も無く、目も開いておらず、簡単に言うと「生まれたての子兎」のようだったとか。

 

しかし、大きさは紛れもなく野兎のそれであったそうです。

 

しかもよく見ると、その兎は酷く怯えており、彼が近付いても動こうともしません。

 

どうやら後ろ脚が罠にかかっているようでした。

 

・・・が、罠と言っても細い草に引っかかっている様にしか見えません。

 

彼は何の気もなく罠を外してやったそうです。

 

そして、ふざけて「恩返しをしろよ」と兎を見ると、先に語った姿の醜悪さなものですから、突然腹の底からゾッとして逃げ帰ったそうです。

 

彼は帰宅後、これを家の人に話しました。

 

すると、家に来ていた分家筋の人達が一斉に厳しい顔になり、「すぐに出て行け!」と言い出し、彼は新妻諸共叩き出されたそうなのです。

 

彼は憤慨しましたが、それから年を経るにあたって、なんとなく理由を理解しました。

 

奥さんは三度流産し、結局子供が出来ませんでした。

 

「たぶん、あれは山の神様への生け贄で、自分が勝手に逃がしてしまったのだろう・・・」

 

お爺ちゃんは悲しそうに言いました。

 

重ねて、実は村から叩き出された直後、あんまり腹が立ったので、一度件の山に行ったのだと言いました。

 

兎のいた辺りで気配を感じ、ふと見上げると錆び付いた斧が自分めがけて落ちてくるところで、慌てて飛び退いたという。

 

「もしあの時、自分が腕なり脚なりを切って捧げていれば子供は助かったかも知れない」とも・・・。

 

(終)

The post 山のタブーを犯してしまったせいで appeared first on 怖いもん通信.

これは「しょうけら」なのか?

画像:百怪図鑑(Wikipediaより)

彼女はいつも見ている

屋根の上

 

彼女はいつも見ている

貴方の後ろ姿を

 

彼女はいつも見ている

貴方の行動を

 

彼女はいつも見ている

貴方の悪事を

 

彼女はいつも見ている

貴方の家の屋根の上

 

貴方の悪事を見ています

 

彼女の声を良く聞きな

早死にしたくないならば

 

祖父母の住んでいる地域に昔から伝わるものだそうです。

 

『しょうけら』という妖怪を書いたものらしいのですが、「彼女」という部分が気になって仕方ありません。

 

本当にしょうけらなのでしょうか?

 

しょうけら(Wikipedia)

江戸時代の『百怪図巻』『画図百鬼夜行』などの妖怪絵巻・妖怪画集にある日本の妖怪。

 

(終)

The post これは「しょうけら」なのか? appeared first on 怖いもん通信.

人に化けて悪さをする物の怪

 

昔に山で仕事をしていた時の話。

 

仕事を終えて作業道を歩いて下っていると、上の方で“妙な声”がした。

 

「ホゥ」とか「ウォ」と聞こえるが、山で呼ぶ時にそんな声を出す人もいるから「誰かいるのかな?」と思って上を見た。

 

すると、尾根の方に小さな人影が見えた。

 

※尾根(おね)

谷と谷に挟まれた山地の一番高い部分の連なり。

物の怪に呼ばれたのだろうか?

逆光でシルエットしか見えないが、どうやらこちらを見ている様子。

 

俺も「オオゥ」みたいな声で答えたが、向こうはじっとして動かない。

 

何なんだ?と思っていると、今度はこちらに手を振ってジャンプし始めた。

 

訳が分からないし、疲れていたので、「降りるぞー!」と言ってそのまま林道へ降りた。

 

先に降りていたおっさんが「誰か居たのか?」と訊くので説明すると、ちょっと嫌な顔をした。

 

「コダマかも知れん」と言う。

 

「何それ?」と問うと・・・、

 

「人に化けて悪さをする。昔はコダマを見たら、その日は家に帰って一歩も外へ出るなって言われていた」

 

「夜中に呼ばれたり、戸を叩かれても、絶対に返事をしてはいけない。今はそんなことないかも知れないが・・・」

 

おっさんは一頻(ひとしき)りそんなことを言った後、

 

「念のため、今晩はお前も外へ出ない方がいいぞ!」

 

そう俺に忠告した。

 

俺は当時、駅近くの飲み屋へ毎晩のように通っていたが、おっさんの言葉がやっぱり気になり、その夜は大人しく家に居た。

 

だが結局は、名前を呼ばれたり、戸を叩かれたりはしなかった。

 

次の日の朝、仕事の続きをしに作業道の入口まで来ると、おっさんが先に来ていた。

 

いつもは先に来くると、さっさと足拵(あしごしら)えを済まして火を焚いて待っているのに、なぜか軽トラの中でタバコを吸っている。

 

俺が近づくと、車から降りてきて作業道の入口を指差した。

 

ウサギ2匹と鹿の死体が重なって置かれていた。

 

しかも、内臓が全て抜かれている。

 

一目見て吐きそうになった。

 

「今日は山へ入らない方がいい・・・」

 

そう言われたが、俺も仕事をする気にならなかったので、これ幸いと引き返した。

 

その後、その山の仕事を続ける気にならなかったので、おっさんに頼み込んで他の仕事師に代わってもらった。

 

おかげで年末にかけて金が足らなくなり飲み屋に行く回数も減ったが、「代わりの仕事師が大怪我をした」という話を聞いて本気でゾッとした。

 

何かに気を取られ、倒れてくる木の下敷きになったらしい。

 

もしかして『コダマ』に呼ばれていたのだろうか?

 

(終)

The post 人に化けて悪さをする物の怪 appeared first on 怖いもん通信.