計測機器

【GrillEye】初心者BBQerに優しい焼き串

G&C社から販売されているGrillEyeが面白そうです。アメリカの家庭と言うと、四六時中、庭でバーベキューをしているイメージがありますが、 肉をちょうど良い焼き具合にするためには馴れが必要です、経験が必要です、勘が必要です。また、炭火の上に置いたままでは、肉なんだか、消し炭なんだかよくわからない様になるため、ずっとバーベキューグリルの前で貼り付いていなければなりません。この製品は経験の少ないBBQerでも、美味しく肉が焼ける様に温度センサ付きの串を接続して焼くところが違います。また、スマフォとBluetooth接続して、温度を設定したり、スマフォ側に焼き上がった事を知らせたりもできます。これならば、常時グリルの前に貼り付いている必要はありません。また、1台のデバイスには、最大で6本までの串を取り付ける事ができ、同時に6本のセンシングまでできる訳です。初心者BBQerにはありがたいデバイスではないかと。Amazonでの販売価格は、串2本付きのセットが$88.20となっています。参照:GrillEye

The post 【GrillEye】初心者BBQerに優しい焼き串 appeared first on デジノ杜.

【GrillEye】初心者BBQerに優しい焼き串

G&C社から販売されているGrillEyeが面白そうです。アメリカの家庭と言うと、四六時中、庭でバーベキューをしているイメージがありますが、 肉をちょうど良い焼き具合にするためには馴れが必要です、経験が必要です、勘が必要です。また、炭火の上に置いたままでは、肉なんだか、消し炭なんだかよくわからない様になるため、ずっとバーベキューグリルの前で貼り付いていなければなりません。この製品は経験の少ないBBQerでも、美味しく肉が焼ける様に温度センサ付きの串を接続して焼くところが違います。また、スマフォとBluetooth接続して、温度を設定したり、スマフォ側に焼き上がった事を知らせたりもできます。これならば、常時グリルの前に貼り付いている必要はありません。また、1台のデバイスには、最大で6本までの串を取り付ける事ができ、同時に6本のセンシングまでできる訳です。初心者BBQerにはありがたいデバイスではないかと。Amazonでの販売価格は、串2本付きのセットが$88.20となっています。参照:GrillEye

The post 【GrillEye】初心者BBQerに優しい焼き串 appeared first on デジノ杜.

【eTape16】メジャーがBluetoothでスマフォと繋がった?

eTape16社から、Bluetooth接続のメジャー「eTape16 BT」が販売されています。今時、メジャーなんてモノは100均ショップでも販売されている訳ですが、この商品はひと味違います。まず、本体上面にはLCDが装備され、測定した長さのデジタル表示が可能になっています。メモリも用意されているので、最大二つまでと言う事になりますが、本体に記憶させておく事ができます。本体側面にはコントロール系が用意され、1キーでペアリングやインチ/センチメーターの表示切り替えができます。そして、これは重要な事ですが、Bluetooth経由でスマフォの専用アプリと連動して、測定したデータをまとめる事が可能で、Excelの表等にして出力する事ができます。単純に図って終わりにするのならば必要は無いのですが、複数の計測結果を利用して処理する必要があるのならば、これは非常に有効なツールになります。特に、スマフォとの連動ができると言うのは、出先である程度の処理ができると言う事でもあり、現場での作業が必要な方には必須のメジャーではないかと。オンラインストアでの販売価格は$49.95です。参照:eTape16 BT

The post 【eTape16】メジャーがBluetoothでスマフォと繋がった? appeared first on デジノ杜.

【カシオ】iPhoneと連動するストップウォッチ

カシオ社から、Bluetoothでスマフォにデータ転送が可能で、記録の管理が可能なストップウォッチ「HSB-100W-1JH」が発表されています。考えてみれば、ストップウォッチを使うのは記録を残す為で、それ自体は紙に転記していたんじゃないでしょうか?人手による転記ではミスが発生しますし、何よりも手間がかかりすぎます。そう言う時にiPhoneに計測したデータを転送できれば転記のミスも減り、時間の節約にもなります。本来の記録の評価等の時間も、多少なりとも、増やす事ができるでしょう。このストップウォッチはiPhoneにデータを転送して、競技者毎に記録を管理する事ができる製品です。データの転送は専用アプリになりますが、ストップウォッチ側ではBluetoothボタンを押すだけと言う簡単さです。転送されたデータはCSV形式で保存する事で、PC/Mac側のExcel等で評価する事が可能になります。また、ペースの設定をストップウォッチ側に転送したり、時間設定を同期させたりもできます。ストップウォッチの一つの方向性だと思うのですが、残念ながら一般のスポーツジムレベルの製品では無く、むしろ学校向けの製品と言う事になりますので、あまり見かける事は少ないかも知れません。オンラインでの販売価格は8000円(税抜き)です。参照:HSB-100W-1JH

The post 【カシオ】iPhoneと連動するストップウォッチ appeared first on デジノ杜.