記憶

鬼ごっこの「鬼」をやり続けている子

 

里帰りしていて、姪を保育所へ迎えに行った時の事。

 

4歳になる姪を迎えに行くと、保育所の庭で楽しそうに走り回って遊んでいた。

 

その保育所は俺も卒業生なんだけれど、神社と同じ敷地内にある。

 

数人の子たちと一緒に走り回っているが、見た感じ『鬼ごっこ』をしているようだ。

 

でも、鬼の子が誰だか分からない。

 

鬼が見当たらないというか、みんなしてキャーキャー言いながら何かから逃げている感じがする。

 

先生に挨拶して姪を呼んでもらい、手を繋いで帰る途中に訊いてみた。

鬼の子は神社から来る?

俺「誰が鬼だったの?」

 

そしたら姪っ子は、「鬼の役は鬼に決まってるでしょ」と言う。

 

エア鬼ごっこか?と思って、深くは追求しなかった。

 

その日の夜、姉と母が居るところで訊いてみた。

 

姉「いや?そんな話は聞いてないけど。てか、あんたも小さい頃は同じようなことしてたじゃん」

 

俺「へ?エア鬼ごっこ?」

 

姉「うん。鬼ごっこのルールも知らないで遊んでるんかと、姉ちゃんは情けなくなったもんよ」

 

母「何言ってんの。あんた(姉)もやってたわよ」

 

姉「うっそ?!あたし覚えてないわ」

 

母「あの保育所に通ってた子は、みんな鬼無しで鬼ごっこしてたよ」

 

それで思い出した。

 

俺がここに通っていた頃、毎日のように鬼ごっこをして遊んでいた。

 

そして、鬼はいつも同じ子だった。

 

ジャンケンで決めるとかなくて、鬼は決まった子がやっていて、誰も捕まえられた事が無い。

 

だからその子はずっと鬼だった。

 

それで、「捕まったら死んじゃう」というルールだった。

 

本当に死ぬとは思っていなかったが。

 

鬼がいつも同じ子だったのは、イジメとかではなかったと思う。

 

その子はいつも神社の方からやって来て、姿を見かけたら鬼ごっこがスタートしていた。

 

小さい頃は全く疑問に思わなかったけれど、鬼ごっこ以外の室内遊びの時はその子は居なかった。

 

そして、全員が同じ小学校に上がったはずなのに、その子だけは居なかった。

 

そう言えば、名前も知らない。

 

それどころか、顔も姿も思い出せない。

 

姉にその話をすると、全く記憶に無いと言われた。

 

気になったので幼馴染に電話してみたけれど、誰も覚えていなかった。

 

その子の存在自体、誰一人として覚えていないのだ。

 

姪っ子に、「鬼の子は神社から来る子?」と訊いてみた。

 

すると、「ん~?なぁ~に~?」と会話にならなかった。

 

よく、『小さい頃に遊んでいたけれど自分の記憶にしかない』という話があるけれど、それって二人きりで遊んでいる事が多い。

 

なのに、沢山の友達が一緒だったのに誰も覚えていない。

 

しかも、まだその子はあの場所に居て、今でも『鬼』をやり続けているようだ。

 

どうして俺だけが思い出したのだろうか・・・。

 

(終)

The post 鬼ごっこの「鬼」をやり続けている子 appeared first on 怖いもん通信.

生まれる前の記憶を持つ友人

 

大学のクラブの同輩に、根津(仮名)という男がいた。

 

彼は私と同じく、高校を卒業して大学に入るまでに2年間のブランクがあり、年齢も同じだった。

 

ある時、「次のようなことを覚えている」と根津は言い出した。

3人は出逢えたのか?

生まれてくる前に、地上を見下ろせる『ある所』にいた。

 

彼の右隣にはもう一人の男が、そして左側には女性がいて、3人横一列になって同じような格好で座っていた。

 

そこから下界の海が見えたので、そこは海の近くだったようだ。

 

周りを見ると、自分たちと同様に3人一組のグループがあちこちにいた。

 

この世界には段階があるようで、自分と地上の間はいくつかの層になっていて、同じように地上を見下ろしている人々が見えた。

 

自分たちのいる所よりもっと上にも何段階かの層に渡って人々がいるはずだが、自分よりも上の世界は見ることが出来ないらしい。

 

みんな、地上に生まれ落ちるのを待っているようだった。

 

根津の左にいる女性は性格的にとても気が強く、負けず嫌いで、積極的になんでも自分から進んでやるようなところがあった。

 

根津の右側の男性は、とても口数が少ない大人しい性格だった。

 

詩を作ったり、花を見て美しいと思うような女性的な一面を持った気が優しい人間だった。

 

その男の体は真っ黒で(肉体は持っていないので霊的次元で)、暇さえあれば「修行だ、修行だ」と言っていた。

 

彼ら3人よりも遙かに高い所には、神だか仏だか分からないが偉い存在が彼らをいつも見守っているらしかった。

 

が、その姿は見えず、根津はその存在からあまり好ましく思われていなかった。

 

というのは、彼は神に対して憎まれ口を叩くようなところがあったからだ。

 

もう一人の男は無口で暗い性格だが、真面目なところがその存在に気に入られていた。

 

他の人達はどうか分からないが、少なくとも彼ら3人にはキューピット的な能力が与えられていた。

 

自分の両親となる人を選ぶことができる権利を持っていた。

 

この父親と母親のもとに生まれたいという人を見つけて、その2人を結びつけて結婚させることが出来るのだ。

 

根津の隣の男が未来の母親として選んだのは、背が低くて少し太った女性だった。

 

彼女はとても気が強く、頑固だった。

 

彼はその女性とある男を結びつけ、結婚させた。

 

彼の父親となる男は、人間的にとても弱い面を持っていた。

 

そして2人は結婚した。

 

根津は私の両親に会ったことはなく、二人がどういう性格でどういう外見かを全く知らないはずだったが、彼の話す男の両親の描写は全て私の両親に当てはまっていた。

 

また、常日頃から私は過去生でインドのヨガ行者だったのではと思っていたので、「体が真っ黒」で、いつも「修行だ、修行だ」と言っていたというのも納得できる。

 

そうして3人が地上界へ生まれるべき時が来た。

 

根津は「俺が一番先に地上へ行く」と言って、その通りに彼が選んで結婚させた両親のもとへ生まれていった。

 

そのため、残った2人のうち、どちらが2番目に地上に降りて行ったかは、根津は知らないという。

 

しかし、2人の性格から想像すると、やはり引っ込み思案の男よりも、何事にも積極的な女の方が絶対先に生まれただろうと言う。

 

根津の生年月日は1956年4月28日の土曜日。

 

その「無口な男」というのが私のことだとすれば、私は1956年5月5日の土曜日に生まれていて、ちょうど根津が生まれた1週間後だ。

 

ということは、もう一人の女の方はこの1週間の間に生まれているということになる。

 

ところで、この3人は生まれていく前に、将来地上のどこかで出逢う約束をしていた。

 

そして、その時にお互いを認識できるようにと、それぞれ体のどこかにホクロを付けて、それを目印にしようということになっていた。

 

根津は左の顎に、女は右の背中に、そしてもう一人の男は右の胸にホクロを付けることにした。

 

根津がここまで話した時点で、その無口な男というのが私であるという確信は決定的になった。

 

なぜなら、私の右の胸にはホクロがあったからだ。

 

だが、根津は私の上半身の裸を見たことなどなく、胸にホクロがあるかどうか知っているはずはなかった。

 

生まれる前に根津と私と一緒にいた女に該当する女性が、今まで私の人生で出逢った女性の中に一人存在するのだ。

 

大学を卒業して根津とも会うことがなくなってからのことだった。

 

親友の吉田(仮名)が結婚したが、その相手が根津と私の間の、1956年5月3日に生まれている気の強い女性なのだ。

 

(終)

The post 生まれる前の記憶を持つ友人 appeared first on 怖いもん通信.

隣の部屋から聞こえてくる音

 

小学4年生の頃、うちの家族はアパートに住んでいた。

 

そのアパートの壁は薄く、隣の部屋の音がかなり聞こえた。

 

テレビの音や会話も聞こえるし、たまにはアンアンしている音まで聞こえる事もあった。

 

また逆に、友達と家で騒いでいると隣の部屋に住んでいる男が「うるさい!」と怒鳴り込んでくる事もあった。

 

この隣の男を仮にA男とする。

何故あの日に限って・・・

A男は今でいう”DQN”だ。

 

昔で言うならチンピラっぽい男で、定職に就いていないのか、昼間に見かける事が多かった。

 

いつも不機嫌そうで、夜になると隣から怒鳴り声や喧嘩している音が聞こえることも多かった。

 

俺はA男が嫌いだったし、うちの両親もA男が隣で騒ぐ度に嫌な顔をしていたのはよく覚えている。

 

(何度か理不尽に怒鳴られたり絡まれたりしていた)

 

ただ、うちの親父も血の気が多い方で、イライラが募ると隣に文句を言いに行く事があり、その度に怒鳴り合いになるからご近所には迷惑を掛けていたと思う。

 

ちなみに、A男が怒鳴っている相手は同居していた女性だった。

 

その女性をB子さんとする。

 

B子さんは当時の俺から見ると美人さんだった気がする。

 

A男とは、どういう関係だったのかは知らない。

 

夫婦だったのかも知れないし、恋人同士だったのかも知れない。

 

ただ、B子さんはA男から暴力を受けていたらしく、顔に青アザがあったり、どこか怪我していることも多かった。

 

一度だけ電話ボックスの中で座り込んでいるB子さんを見たことがあったけれど、その時は何というのか、雰囲気的に疲れ切っているというか、ボロボロになっている感じがして、子供だった俺には話しかけることが出来なかった。

 

そのアパートでの部屋の配置は、A男の部屋が角部屋で、その隣がうちだった。

 

なので、A男宅の騒音の被害に遭っていたのは主にうちだけだった。

 

他に、B子さんとうちの母はそこそこ交流があり、よく立ち話をしていた。

 

会話の内容の大半は、「あんな男と別れた方がいい。警察に相談しよう」と母が言えば、「そんなことをすると何されるか分からない」的な事をB子さんが言うので会話が堂々巡りしていたらしい。

 

そして、あの日の夜がやってきた。

 

珍しく隣から怒鳴り声も喧嘩する音も聞こえず、早めに仕事から帰った両親と夕飯を食べて一家団欒をしていたが、突然外からドアを”ドン!!”と強く開ける音と誰かが走り去る音が聞こえた。

 

何かあったのか?とうちの親父が外に出ていき、暫くすると血相を変えて戻って来るや、「救急車を呼べ!」と叫んだ。

 

その救急車で運ばれたのはB子さんで、走り去って行ったのはA男だった。

 

この時はまだ、何故そんな事態になったのかは分からない。

 

両親は警察から事情を聞いたみたいだったが、俺には何も話してはくれなかった。

 

ただ、A男の暴力でB子さんが非常に危険な状態に陥ってしまった事は、子供の俺にも見当がついた。

 

幸いなことに、B子さんは病院に搬送されて一命を取り留めた。

 

その後、母と一緒にB子さんの見舞いに行く事になった。

 

母はとてもB子さんを心配していた。

 

ところが・・・。

 

B子さんは俺達の姿を見るなり、半狂乱になって暴れ出した。

 

点滴を掛けていた棒は倒れ、医者や看護婦さんたちがB子さんを必死に抑えつけていた。

 

俺が、おそらく母も一番ショックを受けたのは、B子さんのその様子ではなく、叫んでいた言葉だった。

 

「助けてくれって言ったのに!」

「助けてくれって言ったのに!」

「助けてくれって言ったのに!」

・・・・・・・・・・

 

ひたすら、そう叫び続けていた。

 

俺達は看護婦さんに病室から追い出された。

 

よくよく考えれば、色々とオカシイところはあった。

 

何故、あの日に限って隣の音が全く聞こえなかったのか?

 

普段なら絶対に何か聞こえるはずなのに。

 

現に、A男がドアを開ける音は聞こえたのだから。

 

隣で喧嘩しているなら、すぐ分かるはずなのだ。

 

B子さんがそうやって助けを求めたなら、うちに聞こえないはずが絶対にないのだ。

 

なのに、どうしてあの日の夜は何も聞こえなかったのだ?

 

その後、暫くしてうちは引っ越した。

 

理由は明確で、隣に誰も居なくなったことで何も聞こえなくなった事が耐えられなくなり、子供の俺が突然泣き叫んだりするようになってしまったからだ。

 

多分、うちの親も精神的に限界だったのだとは思う。

 

後日談

大学に入学して夏休みに帰省した時、当時の記憶を確認したくてそのアパートまで行ったことがある。

 

しかし、アパートは改築されて当時の面影は全く無くなっていた。

 

・・・が、大家さんはまだまだ現役だったので、幸運な事に話を聞くことが出来た。

 

B子さんは退院した後、すぐにアパートから出て行ったらしい。

 

A男は警察に捕まったとの事だった。

 

そして、大家さんはこう続けた。

 

「あの部屋の壁に血が付いちゃってさ。お巡りさんが言うには、酷いことにA男がB子さんの頭を掴んで壁に何度か叩き付けたらしいのよ。おかげで部屋の壁紙を替えるのが大変でね」

 

俺は怖くて、どちら側の壁だったのかは訊けなかった。

 

正直、子供だった俺が記憶を改竄(かいざん)し、何も聞こえなかったと思い込もうとしているのかも知れない。

 

そうなると、うちの両親はB子さんの助けを無視した最低の人間だという事になるが・・・。

 

ただ、俺の記憶が正確で、あの夜に起こった事が本当ならば、どうしてB子さんにとって最悪のタイミングで何も聞こえなかったのか?

 

なんだか人知れない”悪意”を感じてしまっている。

 

(終)

The post 隣の部屋から聞こえてくる音 appeared first on 怖いもん通信.

隣の部屋から聞こえてくる音

 

小学4年生の頃、うちの家族はアパートに住んでいた。

 

そのアパートの壁は薄く、隣の部屋の音がかなり聞こえた。

 

テレビの音や会話も聞こえるし、たまにはアンアンしている音まで聞こえる事もあった。

 

また逆に、友達と家で騒いでいると隣の部屋に住んでいる男が「うるさい!」と怒鳴り込んでくる事もあった。

 

この隣の男を仮にA男とする。

何故あの日に限って・・・

A男は今でいう”DQN”だ。

 

昔で言うならチンピラっぽい男で、定職に就いていないのか、昼間に見かける事が多かった。

 

いつも不機嫌そうで、夜になると隣から怒鳴り声や喧嘩している音が聞こえることも多かった。

 

俺はA男が嫌いだったし、うちの両親もA男が隣で騒ぐ度に嫌な顔をしていたのはよく覚えている。

 

(何度か理不尽に怒鳴られたり絡まれたりしていた)

 

ただ、うちの親父も血の気が多い方で、イライラが募ると隣に文句を言いに行く事があり、その度に怒鳴り合いになるからご近所には迷惑を掛けていたと思う。

 

ちなみに、A男が怒鳴っている相手は同居していた女性だった。

 

その女性をB子さんとする。

 

B子さんは当時の俺から見ると美人さんだった気がする。

 

A男とは、どういう関係だったのかは知らない。

 

夫婦だったのかも知れないし、恋人同士だったのかも知れない。

 

ただ、B子さんはA男から暴力を受けていたらしく、顔に青アザがあったり、どこか怪我していることも多かった。

 

一度だけ電話ボックスの中で座り込んでいるB子さんを見たことがあったけれど、その時は何というのか、雰囲気的に疲れ切っているというか、ボロボロになっている感じがして、子供だった俺には話しかけることが出来なかった。

 

そのアパートでの部屋の配置は、A男の部屋が角部屋で、その隣がうちだった。

 

なので、A男宅の騒音の被害に遭っていたのは主にうちだけだった。

 

他に、B子さんとうちの母はそこそこ交流があり、よく立ち話をしていた。

 

会話の内容の大半は、「あんな男と別れた方がいい。警察に相談しよう」と母が言えば、「そんなことをすると何されるか分からない」的な事をB子さんが言うので会話が堂々巡りしていたらしい。

 

そして、あの日の夜がやってきた。

 

珍しく隣から怒鳴り声も喧嘩する音も聞こえず、早めに仕事から帰った両親と夕飯を食べて一家団欒をしていたが、突然外からドアを”ドン!!”と強く開ける音と誰かが走り去る音が聞こえた。

 

何かあったのか?とうちの親父が外に出ていき、暫くすると血相を変えて戻って来るや、「救急車を呼べ!」と叫んだ。

 

その救急車で運ばれたのはB子さんで、走り去って行ったのはA男だった。

 

この時はまだ、何故そんな事態になったのかは分からない。

 

両親は警察から事情を聞いたみたいだったが、俺には何も話してはくれなかった。

 

ただ、A男の暴力でB子さんが非常に危険な状態に陥ってしまった事は、子供の俺にも見当がついた。

 

幸いなことに、B子さんは病院に搬送されて一命を取り留めた。

 

その後、母と一緒にB子さんの見舞いに行く事になった。

 

母はとてもB子さんを心配していた。

 

ところが・・・。

 

B子さんは俺達の姿を見るなり、半狂乱になって暴れ出した。

 

点滴を掛けていた棒は倒れ、医者や看護婦さんたちがB子さんを必死に抑えつけていた。

 

俺が、おそらく母も一番ショックを受けたのは、B子さんのその様子ではなく、叫んでいた言葉だった。

 

「助けてくれって言ったのに!」

「助けてくれって言ったのに!」

「助けてくれって言ったのに!」

・・・・・・・・・・

 

ひたすら、そう叫び続けていた。

 

俺達は看護婦さんに病室から追い出された。

 

よくよく考えれば、色々とオカシイところはあった。

 

何故、あの日に限って隣の音が全く聞こえなかったのか?

 

普段なら絶対に何か聞こえるはずなのに。

 

現に、A男がドアを開ける音は聞こえたのだから。

 

隣で喧嘩しているなら、すぐ分かるはずなのだ。

 

B子さんがそうやって助けを求めたなら、うちに聞こえないはずが絶対にないのだ。

 

なのに、どうしてあの日の夜は何も聞こえなかったのだ?

 

その後、暫くしてうちは引っ越した。

 

理由は明確で、隣に誰も居なくなったことで何も聞こえなくなった事が耐えられなくなり、子供の俺が突然泣き叫んだりするようになってしまったからだ。

 

多分、うちの親も精神的に限界だったのだとは思う。

 

後日談

大学に入学して夏休みに帰省した時、当時の記憶を確認したくてそのアパートまで行ったことがある。

 

しかし、アパートは改築されて当時の面影は全く無くなっていた。

 

・・・が、大家さんはまだまだ現役だったので、幸運な事に話を聞くことが出来た。

 

B子さんは退院した後、すぐにアパートから出て行ったらしい。

 

A男は警察に捕まったとの事だった。

 

そして、大家さんはこう続けた。

 

「あの部屋の壁に血が付いちゃってさ。お巡りさんが言うには、酷いことにA男がB子さんの頭を掴んで壁に何度か叩き付けたらしいのよ。おかげで部屋の壁紙を替えるのが大変でね」

 

俺は怖くて、どちら側の壁だったのかは訊けなかった。

 

正直、子供だった俺が記憶を改竄(かいざん)し、何も聞こえなかったと思い込もうとしているのかも知れない。

 

そうなると、うちの両親はB子さんの助けを無視した最低の人間だという事になるが・・・。

 

ただ、俺の記憶が正確で、あの夜に起こった事が本当ならば、どうしてB子さんにとって最悪のタイミングで何も聞こえなかったのか?

 

なんだか人知れない”悪意”を感じてしまっている。

 

(終)

The post 隣の部屋から聞こえてくる音 appeared first on 怖いもん通信.