アメリカでは、寄宿制学校に通う12歳の少年の両親が、子供がWiFiで体調を崩したとして、学校を相手取って訴訟を起こした。 少年は医師から電磁波過敏症と診断されており、原告の主張では、2013年に学校がWiFiを設置した後から、頭痛、鼻血、吐き気に苦しみ始めたという。 通信企業アイソトロープ社に校内の