貧乏

父が会社を8回クビ、オードリー若林が極貧幼少時代告白 「ご飯のおかずは豆腐だけ」

『ヒルナンデス』(日本テレビ系)など数々のレギュラー番組に出演、エッセイ『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』(KADOKAWA)を発表するなど多方面で活躍するオードリー・若林正恭(39)。

19日放送『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)で、幼少期の極貧生活を告白し、話題となっている。

(画像は日本テレビ『ヒルナンデス』公式Instagramからのスクリーンショット)

 

■会社を8回クビに

「父が会社を8回クビになっていた」ことを大人になってから知った若林は、子供の頃は「親父がいつも家にいるな」と違和感を覚えていたと明かす。

父がいつも家にいると「ウインナーとご飯だけ」「豆腐とご飯だけ」など、おかずが減る。逆に父が家にいないとおかずが増えていき、「それを何度か繰り返した」という。

また、おかずを食べなくなるため「ふりかけ禁止令」が父から言い渡されていた。給食で初めてふりかけを食べたとき「眉間が爆発するほどうまかった」と当時を振り返った。

 

■クビの理由は「サボり」癖

若林の父が会社をクビになる理由は「サボり」癖。営業車で自宅前に駐車し自宅で昼寝していた父。路上駐車を取り締まっていた警察が営業車に書かれた会社に連絡し、社長は住所から「若林の家が近い」と気づき、若林宅に電話。

寝ぼけた父が電話に出てサボっていたのが発覚しクビになった。他にも「朝まで麻雀をして仕事を休む」など、サボり癖はなかなか治らず転職を繰り返した結果、家計を圧迫したようだ。

かまいたち濱家の「壮絶すぎる幼少期」が話題 親孝行する姿に感動の声も

(画像はTwitterのスクリーンショット)

『キングオブコント2017』(TBS系)で優勝した実力派コンビのかまいたち。

同局で16日放送の『櫻井・有吉THE夜会』で、ツッコミ担当・濱家隆一(34)の壮絶な幼少期が話題になっている。

 

■極貧の幼少期を過ごす

かつて母と姉と3人暮らしで築約50年の6畳の2DKアパートに住むほど、実家が裕福ではなかったと明かす濱家。離婚した父親が借金を抱えたため、極貧生活を送ることになったようだ。

食卓には、小麦粉を練って汁に入れる「すいとん」がたびたび並んでいたという。濱家自身は気にせず食べていたが、ある日小学校の授業で「戦時中の貧しい人たちはすいとんを食べてました」と言われ、ショックを受けたこともあったという。

また服がないため、夏場は長袖を切って半袖にしたり、冬になるとまた袖を縫って使っていたようだ。

 

■両親に賞金を手渡し

その後、濱家が11歳のころに母親が再婚。新しい父親に育ててもらったと感謝する濱家は、現在の実家に帰省した。

実家では濱家のリクエストで「すいとん」「お好み焼き」「即席ドーナツ」など、粉物のフルコースが振る舞われると、濱家は「懐かしい! 基本は粉でお腹を膨らませてた」とおふくろの味を堪能した。

そこへ父親が帰宅。濱家は「血の繋がっていない父親です」と笑いながら紹介し、両親それぞれに50万円ずつ手渡した。どうやら濱家は、苦労をかけて育ててもらった両親たちに感謝の気持ちを込めて、お笑い賞レースの賞金の一部を毎回渡しているのだという。

母親は照れ隠しか、カメラの前でお札を一枚一枚丁寧に数え「お父さんとお母さんは金額同じなん? 血が繋がってないのに」とジョークを交え、父親も「俺のほうが余計もらえる。血繋がってないのに育てたんやから」と主張。これには濱家も「(お金を)返せ!」とツッコミ、笑いを誘った。

秋元才加のエピソードから学ぶ 貧乏でも幸せに暮らす方法

(©ぱくたそ)

貧困問題が各種メディアで取り上げられ、「自分も貧困層に入るのでは…」と感じている人もいるのではないだろうか。

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の自分は貧乏だと思う男女702名に、「貧乏でよかったと思うときがある」かの調査を行なった。

お金がないことを、肯定的に考えている人はいるのだろうか。

 

■日々の生活もギリギリ

自分が貧乏でよかったと思っている人は、2割程度。

「意外といるな」という印象もあるが、お金がないことを肯定的にとらえる人は、やはり少ないようだ。

「お金がなくて、いいことなんてひとつもない。買いたいものを買えないどころか、日々の生活もギリギリな状態は、精神的にもよくない」(30代・女性)

 

お金がなくて苦労をした人の中には、進学をあきらめた人も多い。

「大学に行きたかったけど、家の経済状況を考えたら無理だと思いあきらめた。本気で行きたければ、自分で学費を稼げばよかったんだろうけど…。すべて出してもらえる環境の人は、正直、うらやましい」(30代・男性)

 

■切り詰める術が身についている

少ないながらも、貧乏でよかったと思っている人もいる。

「金持ちから貧乏になったら、どうやって生活していいかわからないと思う。私のようにお金がない人たちは、いつも生活基準が最低ラインなので、切り詰める術が身についているから」(20代・女性)

 

また、ドラマによく出てくる、遺産にについて語る人もいる。

「遺産相続で揉める話がよくあるけど、うちにはそんな心配は一切ない」(40代・男性)

 

■元AKBの秋元才加は貧乏だけど幸せな家庭で育つ

元AKB48で現在はタレントとして活躍する秋元才加は、父親が働かず貧乏であったことをテレビなどで話している。

電気やガスが頻繁に止まるなど大きな苦労をしているが、彼女は決して父親を悪くは言わない。破天荒なところがあり、家族への愛が深い父親に対して、秋元も大きな愛情を持っている。

自分も裕福でない環境で育った男性は、お金だけが幸せではないと思っているようだ。

「お金がどれだけあっても、家族がバラバラだと精神的には満たされない。うちはけんかもするけど、なんだかんだで仲良くやっているから幸せなんだと思う」(30代・男性)

 

お金がないことが、精神的な負担になることはある。しかし、お金だけがあったからといって、精神的な安定が得られるわけではない…といった考えの人も、一定数いるようだ。

・合わせて読みたい→財布が汚いと貧乏そう? 低収入ほどハイブランドを持つ理由

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の自分は貧乏だと思う男女702名 (有効回答数)

「迷い込んできた鳩が夕飯」 デヴィ夫人、衝撃の貧乏エピソードにさんまも驚愕

22日放送『明石家さんまのコンプレッくすっ杯』(テレビ朝日系)に出演したデヴィ夫人(77)が、自身の貧乏エピソードを披露。

モデル・アンミカ(45)、風間トオル(55)らと共に語られた貧乏エピソードは、セレブとして活躍する現在のデヴィ夫人からは、想像もできないものだった。

(画像はアンミカ公式Instagramからのスクリーンショット)

 

■デヴィ夫人の歩み

インドネシア共和国・スカルノ元大統領の第3夫人であり、現在はセレブタレントとして、バラエティでも活躍するデヴィ夫人。

華やかな私生活と暖かい家族に囲まれ、順風満帆な人生と思われがちだが、幼少時代は決して裕福な家庭ではなかった。

 

■鳩が夕飯

番組でデヴィ夫人は幼少期のエピソードを激白。司会の明石家さんま(62)も驚愕した。

家の中に鳩が迷い込んできて大騒ぎになったが、暫くすると静かに。その夜、「鳩の照り焼き」が食卓に出てきたという。

「鳩の料理はいっぱいあるが、紛れ込んできた鳩を捕まえて(というのはない)。台所は鳩の羽だらけになっていた」と当時を振り返る。

また、カレンダーさえなかったため、母が内職でつくるカーネーションのピンクで「春」、募金の羽根の赤で「秋」と季節を感じ、極貧生活が独特の感性を磨いたことを告白した。