買い物

やりすぎはNGだけど…値切る人の行動力に「本当はうらやましい」

(TAGSTOCK1/iStock/Thinkstock)

年収700万円以上は過半数の人がお店で「値切るほうだ」とわかった、しらべぇ編集部の調査結果。

では、そうした人を周りはどう感じるのだろうか?

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,349名を対象に「値切る人をどう思う」のか、意識調査を実施した。

■多くの人が寛容

全体では「自分もそうだ」7.0%、「共感する」13.0%、「理解はできる」52.3で、「値切る人に寛容」派は7割超えの72.3%、「違和感がある」19.2%と「おかしいと思う」8.5%で「値切る人はちょっと…」な人は27.7%。

男女別では

「自分もそうだ」「共感する」「理解はできる」と回答した「値切る人に寛容」な人の割合は、男性が75.8%に対し、女性は68.7%と男性の割合が高い。

「値切ることがある」かについての調査でも、男性が上回る結果となっており、実際に値切る人が多いからこそ、その行動に寛容といえそう。

さらに「値切る人に寛容」な人を性別・年代別に見てみると、

60代ではやや下がるものの、年代に比例して上昇する傾向に。

「値切る」といった価格に関することに限らず、「交渉の重要性」について年代が上がるごとに実感する要素が多いのかも。

さまざまな要因が考えられるが、かなり多くの人は「値切る人」に対して、ネガティブには感じないようだ。

 

■本音としては「うらやましい」

実際に「値切ってもいいと思う」人に、話を聞いた。

「安くなったら嬉しいけど、自分から言うのは恥ずかしいし、駆け引きや交渉事が苦手なところがあるので、私自身はできません。だから、全然知らない人が値切っているのを見たりすると、正直『うらやましいな』と思いますね。

 

先日も同年代の女性が個人商店の店主と、おしゃべりしながら『これも買うから、ちょっとおまけして』と言っていて、お店の人も笑いながら『じゃあ○○円でいいよ』って。たぶん100円ちょっとくらいのことなんですけど、それ以上に“楽しそうでいいなあ”というのが強かったです」(30代・女性)

 

「やり過ぎはダメだけど、値切るって交渉の範囲内だと思うし、もっとそういうやり取りがあってもいいと思いますよ。営業職が長いのですが、仕事ではそういう価格交渉って日常ですし。

 

口に出さずに『あとこれだけ安かったら買ったけど、この金額じゃなあ』と思って、買わなかったとしたら自分が損だし、お店は売れたかもしれない分が損になると思うんです。それなら『この金額だったら買うんだけど』って、言うだけ言ってみる方が、お互いにメリットが出る可能性がある。

 

今はネット通販などで、価格を比較して購入先を選ぶ人のほうが多いのでしょうが、リアルな店舗で値切るなどの交渉をしないのは、買い物の楽しみの面でももったいないと感じますね」(50代・男性)

 

恥ずかしくて、なかなか言えない。交渉が苦手――という人の気持ちはわかるが、それで買わなければ「自分もお店も損」といった意見にもうなずける。

買い物や会話を楽しむ気持ちで、「もう一声」なやり取りをしてみては。

・合わせて読みたい→値切るのは意外に高年収? 交渉の会話から価格以上の満足提案も

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の男女1349名(有効回答数)

値切るのは意外に高年収? 交渉の会話から価格以上の満足提案も

(DragonImages/iStock/Thinkstock)

買いたいけど、ちょっと高い。もう少し安かったら、買うんだけど…という時、お店のタイプによっては値切る――価格交渉をしてみる人もいるだろう。

一般的に日本人は「値切るのが苦手」と言われるが、実際に交渉していないのか?

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,349名を対象に「値切ることがある」か、意識調査を実施した。

■高年収ほど価格交渉する

全体では「よくする」4.4%「まあまあする」10.2%「たまにする」23.4%で「値切るほうだ」という人は4割弱の38.0%。

「あまりしない」26.6%と「ほとんどしない」35.4%で、「値切らない」派が62.0%の結果に。

男女別では

「よくする」「まあまあする」「たまにする」と回答した「値切るほうだ」の割合は、男性が41.8%に対し、女性は34.1%と8ポイント近く男性が上回った。

節約やお得が好きな女性でも「値切る」には、“恥ずかしい”などの抵抗感があるのかも。

そして、しらべぇ編集部が行なったこれまでの調査では、高年収者の方がコスパや節約意識が高い傾向があったが、「値切る」はどうだろうか?

「値切るほうだ」という人の年収別データを見てみると、

「1,000万円以上」でやや下がるものの、年収に比例して上昇。「700万~1000万円未満」が最多の58.3%で6割近く、次いで「1,000万円以上」54.1%も半数を超える。

「300万円未満」34.3%とは20ポイントほど差がつくなど、大きな開きとなった。

 

■ダメ元で言ってみる

実際に「お店で値切る」という人に、話を聞いた。

「家電量販店など、ある程度は価格交渉の余地がある店舗に限りますけど、値切りますよ。予め相場をチェックするだけじゃなく、関連アイテムの購入などもセットにして、『まとめて買うから、お値引きできない?』とダメ元で言ってみる。

 

そういう感じで持ち掛けると、相手も『こちらをセットにしてもらえたら、これだけお値引きできますよ』と提案してくれることも多いですから、裏メニュー的な値引き設定が、それなりに決まっているんだと思います。

 

言うだけはタダですし、価格交渉もコミュニケーションのうちで、そこからより自分に合った提案が出てくることも。その提案から、別のものを購入して『良かった!』というのもあるので、値引き以上の満足がありますね」(40代・男性)

 

「あからさまに『値引きして』とは言いにくいですが、店員さんと話していて『ちょっと高いかなぁ…』とつぶやいたりしますね。(笑)気に入ったショップで仲良くなると、こっそり『社割価格』で販売してくれる時もあるし。

 

あとは海外だと、値切るのもお買い物のうちなので、普通に値切ります。文化が違うと思うから平気なのか、日本語じゃないから言えちゃうのか…ちょっと不思議ですよね。でもあれ、日本でやったら店員さんに引かれると思うし、同じようにできる気がしないなあ」(30代・女性)

 

「日本ではできないけど、海外では」という人が多かったほか、「悩んでる様子で値札を見て、店員さんがディスカウントを言い出すのを待つ」といった“沈黙のアピールはする”人はいるよう。

「どうせダメ元」くらいのスタンスで、値切りチャレンジしてみてもいいのかも。

・合わせて読みたい→ケチって思われるのはイヤだけど…高年収が驚きの節約意識高水準

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の男女1349名(有効回答数)

値切るのは意外に高年収? 交渉の会話から価格以上の満足提案も

(DragonImages/iStock/Thinkstock)

買いたいけど、ちょっと高い。もう少し安かったら、買うんだけど…という時、お店のタイプによっては値切る――価格交渉をしてみる人もいるだろう。

一般的に日本人は「値切るのが苦手」と言われるが、実際に交渉していないのか?

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,349名を対象に「値切ることがある」か、意識調査を実施した。

■高年収ほど価格交渉する

全体では「よくする」4.4%「まあまあする」10.2%「たまにする」23.4%で「値切るほうだ」という人は4割弱の38.0%。

「あまりしない」26.6%と「ほとんどしない」35.4%で、「値切らない」派が62.0%の結果に。

男女別では

「よくする」「まあまあする」「たまにする」と回答した「値切るほうだ」の割合は、男性が41.8%に対し、女性は34.1%と8ポイント近く男性が上回った。

節約やお得が好きな女性でも「値切る」には、“恥ずかしい”などの抵抗感があるのかも。

そして、しらべぇ編集部が行なったこれまでの調査では、高年収者の方がコスパや節約意識が高い傾向があったが、「値切る」はどうだろうか?

「値切るほうだ」という人の年収別データを見てみると、

「1,000万円以上」でやや下がるものの、年収に比例して上昇。「700万~1000万円未満」が最多の58.3%で6割近く、次いで「1,000万円以上」54.1%も半数を超える。

「300万円未満」34.3%とは20ポイントほど差がつくなど、大きな開きとなった。

 

■ダメ元で言ってみる

実際に「お店で値切る」という人に、話を聞いた。

「家電量販店など、ある程度は価格交渉の余地がある店舗に限りますけど、値切りますよ。予め相場をチェックするだけじゃなく、関連アイテムの購入などもセットにして、『まとめて買うから、お値引きできない?』とダメ元で言ってみる。

 

そういう感じで持ち掛けると、相手も『こちらをセットにしてもらえたら、これだけお値引きできますよ』と提案してくれることも多いですから、裏メニュー的な値引き設定が、それなりに決まっているんだと思います。

 

言うだけはタダですし、価格交渉もコミュニケーションのうちで、そこからより自分に合った提案が出てくることも。その提案から、別のものを購入して『良かった!』というのもあるので、値引き以上の満足がありますね」(40代・男性)

 

「あからさまに『値引きして』とは言いにくいですが、店員さんと話していて『ちょっと高いかなぁ…』とつぶやいたりしますね。(笑)気に入ったショップで仲良くなると、こっそり『社割価格』で販売してくれる時もあるし。

 

あとは海外だと、値切るのもお買い物のうちなので、普通に値切ります。文化が違うと思うから平気なのか、日本語じゃないから言えちゃうのか…ちょっと不思議ですよね。でもあれ、日本でやったら店員さんに引かれると思うし、同じようにできる気がしないなあ」(30代・女性)

 

「日本ではできないけど、海外では」という人が多かったほか、「悩んでる様子で値札を見て、店員さんがディスカウントを言い出すのを待つ」といった“沈黙のアピールはする”人はいるよう。

「どうせダメ元」くらいのスタンスで、値切りチャレンジしてみてもいいのかも。

・合わせて読みたい→ケチって思われるのはイヤだけど…高年収が驚きの節約意識高水準

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の男女1349名(有効回答数)

値切るのは意外に高年収? 交渉の会話から価格以上の満足提案も

(DragonImages/iStock/Thinkstock)

買いたいけど、ちょっと高い。もう少し安かったら、買うんだけど…という時、お店のタイプによっては値切る――価格交渉をしてみる人もいるだろう。

一般的に日本人は「値切るのが苦手」と言われるが、実際に交渉していないのか?

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,349名を対象に「値切ることがある」か、意識調査を実施した。

■高年収ほど価格交渉する

全体では「よくする」4.4%「まあまあする」10.2%「たまにする」23.4%で「値切るほうだ」という人は4割弱の38.0%。

「あまりしない」26.6%と「ほとんどしない」35.4%で、「値切らない」派が62.0%の結果に。

男女別では

「よくする」「まあまあする」「たまにする」と回答した「値切るほうだ」の割合は、男性が41.8%に対し、女性は34.1%と8ポイント近く男性が上回った。

節約やお得が好きな女性でも「値切る」には、“恥ずかしい”などの抵抗感があるのかも。

そして、しらべぇ編集部が行なったこれまでの調査では、高年収者の方がコスパや節約意識が高い傾向があったが、「値切る」はどうだろうか?

「値切るほうだ」という人の年収別データを見てみると、

「1,000万円以上」でやや下がるものの、年収に比例して上昇。「700万~1000万円未満」が最多の58.3%で6割近く、次いで「1,000万円以上」54.1%も半数を超える。

「300万円未満」34.3%とは20ポイントほど差がつくなど、大きな開きとなった。

 

■ダメ元で言ってみる

実際に「お店で値切る」という人に、話を聞いた。

「家電量販店など、ある程度は価格交渉の余地がある店舗に限りますけど、値切りますよ。予め相場をチェックするだけじゃなく、関連アイテムの購入などもセットにして、『まとめて買うから、お値引きできない?』とダメ元で言ってみる。

 

そういう感じで持ち掛けると、相手も『こちらをセットにしてもらえたら、これだけお値引きできますよ』と提案してくれることも多いですから、裏メニュー的な値引き設定が、それなりに決まっているんだと思います。

 

言うだけはタダですし、価格交渉もコミュニケーションのうちで、そこからより自分に合った提案が出てくることも。その提案から、別のものを購入して『良かった!』というのもあるので、値引き以上の満足がありますね」(40代・男性)

 

「あからさまに『値引きして』とは言いにくいですが、店員さんと話していて『ちょっと高いかなぁ…』とつぶやいたりしますね。(笑)気に入ったショップで仲良くなると、こっそり『社割価格』で販売してくれる時もあるし。

 

あとは海外だと、値切るのもお買い物のうちなので、普通に値切ります。文化が違うと思うから平気なのか、日本語じゃないから言えちゃうのか…ちょっと不思議ですよね。でもあれ、日本でやったら店員さんに引かれると思うし、同じようにできる気がしないなあ」(30代・女性)

 

「日本ではできないけど、海外では」という人が多かったほか、「悩んでる様子で値札を見て、店員さんがディスカウントを言い出すのを待つ」といった“沈黙のアピールはする”人はいるよう。

「どうせダメ元」くらいのスタンスで、値切りチャレンジしてみてもいいのかも。

・合わせて読みたい→ケチって思われるのはイヤだけど…高年収が驚きの節約意識高水準

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の男女1349名(有効回答数)

50代以上の主婦層に多し! 通販番組を観て商品購入をした人

(dolgachov/iStock/Thinkstock)

夜中になんとなくテレビをつけると、やっているのが通販番組だ。頻繁に目にするが、利用した経験がある人はどれほどいるのだろうか。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,348名に「通販の利用について」の調査を実施。

「テレビの通販番組を観て商品を購入したことがある」と答えた人は、全体で26.9%であった。

 

■通販番組のターゲットは50代以上の女性か

年代別でみると、20代以外では女性のほうが多い割合になっている。

さらに女性でも、年代が上がるほどに通販番組を観て商品を購入した人が増えるのだ。通販番組のターゲットは、50代以上の女性と考えられる。

「簡単にダイエットができると言われると、ついそそられてしまう」(50代・女性)

 

「母親が膝が痛くて悩んでいて、テレビの通販でよく紹介されているサプリを購入していた」(40代・男性)

 

紹介される商品のラインナップを考えても、高齢の女性が興味を引くようなものが多い。

 

■ネット利用者には電話での注文が不便との声

通販番組で商品を購入しない人は、理由について次のように挙げている。

「テレビを観ていいなと思うときはあるけど、電話っていうのがめんどくさい」(30代・男性)

 

テレビ通販を主流にしていても、自社の通販サイトも運営している場合が多い。ただテレビ通販で購入をする層は、ネットに弱い人たちも多い。

また、最終の購入手続き完了までは「辞めた」と引き返せるネット通販と違い、電話をかけてしまうと「やっぱり買うの辞めます」となりにくい面も。

さらに若い人からは、次のような意見も。

「番組としてはおもしろいところもあるけど、いざ買うか? ってなると、魅力的と思う商品がない」(20代・女性)

 

■通販番組は主婦層に人気

専業主婦(夫)と学生を比べると、性年代別の結果が反映されている。

通販番組のターゲットをさらに絞るならば、主婦層といえるだろう。深夜のイメージが強い通販番組だが、地方局などは昼間の放送も多い。

「お昼によく放送されているから、興味がある番組がないときになんとなく通販番組を観てしまう」(30代・女性)

 

CS放送では通販専用チャンネルがあるほどなので、需要が高いのは間違いなさそうだ。

・合わせて読みたい→エクササイズマシンを購入 継続して使っている人は若い世代に

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の男女1,348名 (有効回答数)

お会計で「小銭ある?」とねだってくる友達の非常識行動3選

(©ぱくたそ)

お会計の際に、1008円などの端数が出た時に、付近にいる友人に「8円ある?」と小銭をたかってくる人に遭遇したことがあるのではないだろうか。

少額といえど人にねだる行為に非常識と感じる人は一定数いるものだが、中には、さらに強烈なことをやらかしてくる人もいるようだ。

 

①人にはたかるが自分は小銭があっても出さない

「しょっちゅうお会計で『小銭ある?』と、たかってくる友人。数十円程度だし、出せば店員さんもラクになるしで、私はわりと気にせずに好意的に出していました。

 

でもある日、私の小銭が足りなくて、初めて彼女に『ある?』と聞いたら、あきらかに財布は小銭でジャラジャラ音がなっているのに、『ない』と即答。引きました」(女性・26歳)

 

②自分の買い物なのに小銭がないことをキレてくる

「友達が自分の買い物をした時に端数がなくて聞かれたんですが、財布を確認したもののなくて『ないわ』と伝えたら、『はー!? 小銭ないの!?』とキレられました。

 

こっちにはまったく無関係のおまえのお会計でおまえが小銭ないくせに、なんで俺が悪いみたいに言われなきゃいけないのか意味不明。何言ってんの? という気分でした」(男性・26歳)

 

③大きいお金を崩したくなくて端数をたかる

「お会計をする時に500円強の端数が出たら、『ごめん、ある…?』と困ったように言われて、手持ちがないから出してほしいのかと思って『足りない?』と聞いたら…。

 

彼女は『大きいお金はあるけれど、細かいのがなくて…』と。だったら大きいお金出せばよくない? と、呆然。

 

500円は『小銭ある?』レベルの安い金額ではないし、ムカつきました」(女性・27歳)

 

▪️たかが小銭、されど小銭?

しらべぇ編集部では全国の男女1666名に「モノやお金の貸し借りで、友人や家族との関係が悪化したことがあるかどうか」を調査したところ、およそ2割の人が「はい」と回答。

借りたり貰ったりした側は、たった数十円、数百円…とすぐに忘れてしまいがちだが、そのお金は相手が一生懸命に働いて得たお金。

たとえ小さいお金でも、後日きちんと返すなり、相手が小銭に困っている時にはには自分が率先して出すなり、持ちつ持たれつの関係を築いたほうがいいだろう。

・あわせて読みたい→非常識だろう! 合コンのお会計でドン引きした女子の行動3選

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2015年6月19日(金)~6月22日(月)対象:全国20代~60代 男女計1666名

ケチって思われるのはイヤだけど 高年収が驚きの節約意識高水準

(violet-blue/iStock/Thinkstock)

テレビや雑誌・ネットなど、あらゆるメディアで紹介される、おトク情報や節約術の数々。

コスパの高さが重視され、「賢いお買い物」は節約大好きな主婦に限らず、気になる人が多いのでは?

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,343名を対象に「節約を意識する」か、調査を実施した。

 

■女性は8割超え!

全体では「よくする」37.3%と「たまにする」39.3%で「節約を意識しがち」は76.6%、「あまりしない」14.6%と「ほとんどしない」8.8%で「節約しない」は23.4%で、かなりの大差に。

男女別では

「よくする」「たまにする」と回答した「節約を意識しがち」の割合は、男性が69.5%に対し、女性は83.7%と、やはり女性の方が節約意識が高い結果。

一方で、しらべぇが行なった「衝動買い」や「散財」に関する意識調査でも、女性の割合が男性を上回る。ちょっと矛盾するようだが、「使っちゃうから、節約をより意識する」といった傾向がありそうだ。

節約するのは、消費の元となる収入が少ないほど、意識が高まるのか? 「節約を意識しがち」な人の年収別データを見てみると

最も高いのは「500万~700万円未満」で、僅差で「1000万円以上」「300万円未満」が8割超えで続く。

使えるお金が多いからといって、節約意識に差が出るわけではなく、むしろ節約への意識を「よくする」が最も高かったのは「1000万円以上」の47.6%。

よく「お金持ちほど、無駄遣いしない」というが、リアルにそうした傾向があるようだ。

 

■使い時を間違わないように

実際に「いつも節約を意識している」という人に、話を聞いた。

「共働きで時間がないから、1円でも安いものを求めて…みたいな買い物は難しいですが、それでもできるだけ安くて良いものを吟味して、買うように意識しています。子供はまだ小さいですが、お稽古ごともさせていますし、これから教育費がかかることを考えるとね。

 

夫も子供が生まれてからは無駄遣いを辞めたみたいで、趣味のものを買う頻度が減ったように思います。そういう協力があるから、こちらも『節約がんばろう!』って思えますね」(30代・女性)

 

「それなりに稼いでいるし、周りも高収入が多いけど、なんだかんだみんな節約は意識しているんじゃないかな。女性と違ってそういう話題は出ないけど、何かを選ぶときに『これは高くても買うけど、これはそこまで払う価値がない』って判断は、常にしていると思うんですよ。

 

ケチだと思われないよう、使い時は間違わないようにしつつ、そういう空気を読む計算を含めて、節約するべきところではしておくって、ビジネスの『選択と投資』と感覚的には近いものがありますから」(40代・男性)

 

使うべきところと、節約すべきところを考える――お金の使い方という点にこそ、その人の価値観や人柄が、大きく出てしまうものなのかもしれない。

・合わせて読みたい→自分で稼いだ金だけど…金遣い荒い自覚ある人「印象悪い」との意識も

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日対象:全国20代~60代の男女1343名(有効回答数)