母の実家がある田舎での話。

 

中でも、爺ちゃんから聞いた話をひとつ・・・。

 

爺ちゃんがまだ今よりは幾分か若い頃、山の中の畑へ野良仕事に出掛けた時の事だそうだ。

 

山の中と言っても山奥ではなく、傾斜も緩い山道を20分ほど歩いた、周りが竹林に囲まれたような場所。

 

ひと仕事を終えて、そろそろ帰ろうかと後始末を始めた爺ちゃんの足元に、何かがころりと転がって来た。

 

何だろうと足元を見ると、そこには『赤い鞠(まり)』が転がっていた。

あの子達は一体・・・

「はて?こんな所に何で鞠が?」と思い、辺りを見回す。

 

いくら近場とは言え、周りに鞠遊びが出来るような場所は無い。

 

どうしたものかと思っていると、「キャッキャ」と楽しげな子供たちの声が聞こえてきた。

 

すると、着物姿の子供が5~6人ほど目の前に現れた。

 

「何でこんな所に子供が?」そう思っていると、その中の一人の女の子が、にこにこと笑いながら近づいてきて両の手を差し出す。

 

「ああ、この子達の鞠なんだな」と思い、ポ~ンと放ってやると女の子はヒョイと受け取り、「ねえ、遊ぼう?」と声をかけてきた。

 

爺ちゃんは、「いやいや、これから帰らんといかんからのぉ」と答えた。

 

すると、女の子は不機嫌そうに少し頬を膨らませて、「前もそんなこと言ってた・・・。もういいよ」と言って、他の子供たちと一緒に竹林の中に帰って行った。

 

「何の事だろう?」と思いながらも、爺ちゃんはとりあえず後始末を終えて、そのまま家に帰ったそうだ。

 

爺「それでな、爺ちゃんは帰ってから思い出したんや。会ってるんだ、その子らに」

 

僕が「いつ?」と聞き返すと、爺ちゃんは「う・・・ん」と腕組みをしながら、

 

爺「爺ちゃんが子供の頃・・・かのぉ。少なくとも十かそこらの頃なんや。爺ちゃんの父ちゃんに言われて、あそこの畑に忘れ物を取りに行ってな・・・」

 

爺「その時もやっぱり竹林の中から5人か6人・・・。話しかけてきた女の子は間違いなくその子だったのぉ。覚えとる」

 

その時も何やら遊びに誘われたそうだが、もう結構な夕暮れ時だった為、断って帰ったそうだ。

 

なるほど、『前も』と言うのはそういった意味だったのだろう。

 

僕「それなら、その時のお詫びも含めて遊んであげれば良かったんじゃない?」

 

そう僕が言うと、爺ちゃんは「イヤイヤ・・・」と首を横に振り、「帰って来れなくなったら困るからのぉ」と、苦笑いしながら言っていた。

 

(終)

The post 山の中で出会った不思議な子供たち appeared first on 怖いもん通信.