愛車を高く売りたいの!彼女から相談を受けた彼氏がプロモCMを制作した結果…

ガールフレンドから 「私の愛車、少しでも高く売りたいんだけど~」 という相談を受けた彼氏が、彼女のためにと「プロモーションCM」を制作。これが「クオリティ高すぎだろ!」「(当時撮影された)本物のCMかと思った!」「これは絶対に高く売れるわ。だって私も欲しくなったもん。」と海外を中心に話題沸騰!多くの

『ニューキャス』飲酒運転の対策を特集 「たけしの番組でこの話題は…」の声も

(Wavebreakmedia/iStock/Thinkstock)

22日、札幌市で父親の酒気帯び運転が原因で車が電柱に衝突し長男が死亡する事故が起きた。

そこで、28日に放送された、TBS系情報番組『新・情報7daysニュースキャスター』では、飲酒運転を未然に防ぐ対策をテーマに放送し、話題になっている。

 

■世界で進む飲酒運転対策

飲酒運転の事故は様々な形で報じられているが年間3,000件以上起きている現状。そんな中、飲酒運転を未然に防ぐ対策として、飲んだら車に乗れない装置が販売されている。

東海電子は、車に設置された検知器にドライバーが息を吹き込むことで運転できるかを判断する装置を販売。アルコールが検出された場合にはエンジンがかけれない仕組みだ。

アルコール・インターロック・システムは世界的に導入の義務化が進んでいる。進む飲酒運転対策にビートたけしは…

「ハンドルは絶対に握るんだから指紋認証はダメかな? 汗がでるからアルコールも検出できるし。それで、あなたは過去の飲酒運転してるから運転できませんってハンドルがロックされたりする装置」

 

と、新しい装置の提案をした。

 

■ネット民はたけしの過去を振り返る

ネットでは「飲酒運転の話題をたけしの番組でやってるのがウケる」という声が目立っている。

ビートたけしも、原付で飲酒運転 して事故ったことあるよね笑#Nキャス

— ドクぺ (@dokupe1300) October 28, 2017

飲酒運転のニュースをたけしの番組でやってるのがウケる

— michiko (@aqua_p) October 28, 2017

 

■4人に1人が飲酒運転の経験あり

しらべぇ編集部が全国20代~60代の免許保有者1,061名に「飲酒運転の経験」について調査したところ、全体の27.2%、4人に1人が「飲酒運転の経験あり」と回答。

昭和45年の法改正するまでは「酒気帯び運転」が罰則ではなかったため、50代の割合が多いのが特徴。また、2、30代の若者でも少数ながら存在しているようだ。

飲酒運転での事故が多く報道され、明確な危険性を指摘されている。それでも、減少しない飲酒運転はテクノロジーによる抑制だけでなく、今よりも厳重に取り締まる法律も必要なのかもしれない。

・合わせて読みたい→飲酒運転をしたことがある人 その素顔に迫ってみると…

(文/しらべぇ編集部・嘉手川裕太

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年11月25日~2016年11月28日対象:全国20代~60代の男女1,362名(有効回答数)

『ニューキャス』飲酒運転の対策を特集 「たけしの番組でこの話題は…」の声も

(Wavebreakmedia/iStock/Thinkstock)

22日、札幌市で父親の酒気帯び運転が原因で車が電柱に衝突し長男が死亡する事故が起きた。

そこで、28日に放送された、TBS系情報番組『新・情報7daysニュースキャスター』では、飲酒運転を未然に防ぐ対策をテーマに放送し、話題になっている。

 

■世界で進む飲酒運転対策

飲酒運転の事故は様々な形で報じられているが年間3,000件以上起きている現状。そんな中、飲酒運転を未然に防ぐ対策として、飲んだら車に乗れない装置が販売されている。

東海電子は、車に設置された検知器にドライバーが息を吹き込むことで運転できるかを判断する装置を販売。アルコールが検出された場合にはエンジンがかけれない仕組みだ。

アルコール・インターロック・システムは世界的に導入の義務化が進んでいる。進む飲酒運転対策にビートたけしは…

「ハンドルは絶対に握るんだから指紋認証はダメかな? 汗がでるからアルコールも検出できるし。それで、あなたは過去の飲酒運転してるから運転できませんってハンドルがロックされたりする装置」

 

と、新しい装置の提案をした。

 

■ネット民はたけしの過去を振り返る

ネットでは「飲酒運転の話題をたけしの番組でやってるのがウケる」という声が目立っている。

ビートたけしも、原付で飲酒運転 して事故ったことあるよね笑#Nキャス

— ドクぺ (@dokupe1300) October 28, 2017

飲酒運転のニュースをたけしの番組でやってるのがウケる

— michiko (@aqua_p) October 28, 2017

 

■4人に1人が飲酒運転の経験あり

しらべぇ編集部が全国20代~60代の免許保有者1,061名に「飲酒運転の経験」について調査したところ、全体の27.2%、4人に1人が「飲酒運転の経験あり」と回答。

昭和45年の法改正するまでは「酒気帯び運転」が罰則ではなかったため、50代の割合が多いのが特徴。また、2、30代の若者でも少数ながら存在しているようだ。

飲酒運転での事故が多く報道され、明確な危険性を指摘されている。それでも、減少しない飲酒運転はテクノロジーによる抑制だけでなく、今よりも厳重に取り締まる法律も必要なのかもしれない。

・合わせて読みたい→飲酒運転をしたことがある人 その素顔に迫ってみると…

(文/しらべぇ編集部・嘉手川裕太

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年11月25日~2016年11月28日対象:全国20代~60代の男女1,362名(有効回答数)

『ニューキャス』飲酒運転の対策を特集 「たけしの番組でこの話題は…」の声も

(Wavebreakmedia/iStock/Thinkstock)

22日、札幌市で父親の酒気帯び運転が原因で車が電柱に衝突し長男が死亡する事故が起きた。

そこで、28日に放送された、TBS系情報番組『新・情報7daysニュースキャスター』では、飲酒運転を未然に防ぐ対策をテーマに放送し、話題になっている。

 

■世界で進む飲酒運転対策

飲酒運転の事故は様々な形で報じられているが年間3,000件以上起きている現状。そんな中、飲酒運転を未然に防ぐ対策として、飲んだら車に乗れない装置が販売されている。

東海電子は、車に設置された検知器にドライバーが息を吹き込むことで運転できるかを判断する装置を販売。アルコールが検出された場合にはエンジンがかけれない仕組みだ。

アルコール・インターロック・システムは世界的に導入の義務化が進んでいる。進む飲酒運転対策にビートたけしは…

「ハンドルは絶対に握るんだから指紋認証はダメかな? 汗がでるからアルコールも検出できるし。それで、あなたは過去の飲酒運転してるから運転できませんってハンドルがロックされたりする装置」

 

と、新しい装置の提案をした。

 

■ネット民はたけしの過去を振り返る

ネットでは「飲酒運転の話題をたけしの番組でやってるのがウケる」という声が目立っている。

ビートたけしも、原付で飲酒運転 して事故ったことあるよね笑#Nキャス

— ドクぺ (@dokupe1300) October 28, 2017

飲酒運転のニュースをたけしの番組でやってるのがウケる

— michiko (@aqua_p) October 28, 2017

 

■4人に1人が飲酒運転の経験あり

しらべぇ編集部が全国20代~60代の免許保有者1,061名に「飲酒運転の経験」について調査したところ、全体の27.2%、4人に1人が「飲酒運転の経験あり」と回答。

昭和45年の法改正するまでは「酒気帯び運転」が罰則ではなかったため、50代の割合が多いのが特徴。また、2、30代の若者でも少数ながら存在しているようだ。

飲酒運転での事故が多く報道され、明確な危険性を指摘されている。それでも、減少しない飲酒運転はテクノロジーによる抑制だけでなく、今よりも厳重に取り締まる法律も必要なのかもしれない。

・合わせて読みたい→飲酒運転をしたことがある人 その素顔に迫ってみると…

(文/しらべぇ編集部・嘉手川裕太

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年11月25日~2016年11月28日対象:全国20代~60代の男女1,362名(有効回答数)

これぞ真の王者!レーサーがレース中に突如ブレーキを踏んだ理由に感動者続出

1分1秒を争うモータースポーツ「ラリーレース」で、致命的ともいえるフルブレーキ(急停車)を行い、優勝を逃してしまったレーサー。ちなみに、ブレーキを踏まなければ優勝もありえたということですが…。 一体、このレーサー、なぜ、レース中に急ブレーキを踏んだのでしょうか。

運転だけ? 車を当てにしてくる友達の最悪行動3選

(TAGSTOCK1/iStock/Thinkstock)

都会人にとっては、なくても生きていけるが、あったら便利な「車」。中には、自分では持つ気はないが、友達の持っている車を当てにして、非常識な行動をやらかす人も…。

 

①「車は出せない」と断ったらキャンセルされる

「女友達にショッピングモールに誘われてOKしました。車を出すことを頼まれたんですが、事情があり『車はちょっと出せないな』と断ったら…。

 

『じゃぁ、いいや。電車だとキツイからやっぱりなしで』と買い物をキャンセル。私と遊ぶことじゃなく車目当てだったのね…」(女性・29歳)

 

②お金を一銭も払わないのに高速で行きたがる

「いつも車を当てにしてくるんですが、高速代や駐車場代は一切出さない人がいます。その人と出かけた時に、節約のために一般道を走っていたんですが。

 

彼女は『高速の方が速いから、高速で行こう。タイムイズマネーだよ!』と…。だったらお金を払ってください」(女性・30歳)

 

③「お金を払うから」と言うが、相場があわない

「知人の予定に付き合うことになり、東京から福島まで車を出すことに。『運転手として一日雇ってちゃんとお金払うから』と言われていました。

 

しかし貰えたのは5,000円だけで、高速代にもならない…。車に乗らない人だから、ガソリンや高速がいくらかかるのか知らなかったんでしょうね…」(男性・26歳)

 

▪️自分の車はいらないけれど、あったら乗りたい?

しらべぇ編集部は、20〜60代の男女184名に「自分の車が欲しいか」を調査したところ、交通の便がいい地域ほどとくに低い結果に。

近年は「マイカー離れが進んでいる」と言われて、車の所有者はどんどん少なくなっている。

だからこそ、車を持っているレアな人は何かあった時に、あちらこちらから「車出して!」と利用されて、うんざりしやすいのかも。

友人知人が車を出してくれた時には、しっかりと感謝の気持ちを持ちたいものだ。

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年8月26日~2016年8月29日対象:20代~60代の男女184名(有効回答数)

歩行者が横断するスクランブル交差点に暴走車両 ネット民「車を蹴る男性が気になる」

(Kiyoshi Noguchi/iStock/Thinkstock)

25日の22時頃、渋谷・スクランブル交差点を横断する歩行者の間に暴走車両が2回に渡り侵入した。この様子は27日に放送された、フジテレビ系情報番組『とくダネ!』などでも取り上げられ話題だ。

 

■目撃者にインタビュー

スクランブル交差点を渡る人は暴走車両を避け、怪我人は出なかったようだ。しかし、タイミングが悪ければ大事故になっていたかもしれない。

『とくダネ!』では目撃者にインタビューを実施。

「曲がるためにフルブレーキしてクイクイって曲がっていく状態で本当に人は見ないで走っていた。轢かれて死んじゃうのかなって思った。運転手の表情は前しか見てない、一点集中で逃げることしか必死に逃げるしかないという感じで。通行人を避けて走る感じではなかった」

 

と、恐怖を語った。

運転手は警察の職務質問から逃げるために暴走を行ったようだ。この騒動に番組でMCを務める小倉智昭は「忌まわしい、秋葉原の事件を思い出すと」と過去の事件を振り返った。

 

■ネットでは車を蹴ろうとした男性が話題

ネットでは映像に写る、車を蹴ろうとした男性に「無謀な行動だ」「おっさんすげぇな」など賛否両論ある。

スクランブル交差点で皆が逃げ惑う中、一人立ち向かって車に蹴りを入れてるおじさんが気になる。

あのおじさんは何がしたかったんだろう。バイクなら未だしも、車相手じゃ蹴りでは止められないし、一歩間違えば轢かれていたかもしれないのに。

— みずき (@kasumisou_11) September 26, 2017

朝から情報番組でこぞって取り上げられてる、スクランブル交差点での追走劇。怪我人なくて良かったーと思いつつ、折り返した逃走車に、わざわざ蹴りをかます 蛭子能収さん風の男性が凄く気になる

多分、同意の視聴者は私だけじゃないはず( ˙-˙ )b

怒りは分かるけど、無謀な行動。

— どさんこママチ (@dosankomamachi) September 26, 2017

スクランブル交差点に突っ込んだ車に蹴り入れてるおっさんすげえな

— とにっく (@tonic_9201) September 26, 2017

 

■死にかけたことある?

しらべぇ編集部では全国20~60代男女1378名を対象に「死にかけたことがあるか」調査を実施。

6人に1人は「死にかけたことがある」という結果に。死にかけた理由は病気や交通事故など様々ありそうだ。

暴走車両が歩行者の列に侵入し大惨事になる事故は過去に多数起きている。しかし、今回のように逃げずに車に蹴ろうと試みた人は多くないだろう。

怒りが湧いてくる気持ちはあるかもしれないが、命に関わるので今後は立ち向かわずに逃げてもらいたい。

・合わせて読みたい→梅宮辰夫だけじゃない!病気・事故・銃…「死にかけた」瞬間 

(文/しらべぇ編集部・嘉手川裕太

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年5月20日~2016年5月23日対象:全国20代~60代男女1,378名(有効回答数)