転職

もう耐えられない…通勤時間に不満を抱える人たちの「理由」

(TAGSTOCK1/iStock/Thinkstock)

「毎日毎日、通勤だけで往復2時間以上もかかって…。1ヶ月で40時間以上も電車に揺られてるとか、人生を無駄にしている気がする」

そんな、通勤時間の長さに不満を抱えている人は少なくないはず。

 

■「理想通り」の通勤時間は3人に1人

しらべぇ編集部が全国20代〜60代の有職者男女633名を対象に「通勤時間」について調査したところ、理想通りだと答えたのは全体の37.0%。

44.7%は理想と少し違う、18.3%はかけ離れていると回答している。多少なりとも不満を抱えながら、毎日会社に通っている人が多いのだ。

しかし、その「不満の理由」を聞いてみると、意外にも時間の長さだけではないようで…。

 

①近さが大事

「家を決めるとき、最重要項目にしているのが通勤時間。乗り換え1回、30分以内じゃないと嫌なんですよ。本音は徒歩5分とかに住みたい。朝はメイクとか支度に時間がかかるし、夜は早く家に帰りたいんで。

 

ただ、一度会社まで徒歩で行けるところに住んだら、『近いんだから』と突然呼び出されたり、残業させられたりして。それからは『ギリギリ歩けない距離』の場所を選んでいます」(20代・女性)

 

②家族のためには…

「子供ができたときに家を買うことになり、環境や値段を考えて郊外に決めました。通勤に1時間以上かかるのがネックでしたが、もう慣れましたね。諦めたというか。

 

せっかく自分だけの時間ができたので、勉強したり本を読んだりと、少しでも有意義に過ごせるように工夫してます」(40代・男性)

 

③通勤時間&ラッシュのコンボ

「会社が移転になり、家から1時間ちょっとかかるようになって。それまでは30分程度だったので満員電車も耐えられましたが、1時間はきつい。

 

座れないし、乗り換えも多いし。痴漢に間違われたら嫌なので、両手を上げて電車に揺られていると『俺、何してるんだろ…』って気分になるんですよね。正直、もう耐えられない」(30代・男性)

 

通勤時間や混雑具合の悩みを解消するか、多少我慢してでもより良い環境の家に住むのか。「その人にとって何が大切なのか?」で大きく変わりそうだ。

面接と言っていたことが違う! 雇わなければよかったブラック社員3選

(©ぱくたそ)

仕事の面接では受かりたい一心から、つい嘘をついてしまう人もいるかもしれない。そして中には、そついた嘘が決め手となり採用されて、会社に迷惑をかける人も…。

しらべぇ取材班は、入社面接を担当したことがある人たちに話を聞いてみた。

 

①入社した途端に「土日は出られない」と拒否

「サービス業だったためシフト制で週末も仕事があり、土日に出勤したがらない社員が多いので、面接時に『土日は出られる?』と聞いたら『大丈夫です』と答えたので採用。

 

しかし入社して一ヶ月経たずに『土日はやっぱり無理になりました』と言い出した子がいて、いまさら解雇もできずに、無駄な人員を増やしてしまっただけでした…」(男性・30歳)

 

②できないスキルを「すべてできます」と答える

「仕事上でExcelを多用するので、面接で『Excelは使用できますか?』と聞いたら『はい』と答えて、『どこまでできますか? 関数も?』と聞いたら『すべてできます』と、言ってきた人。

 

『これは即戦力になるな』と、他の面接者を断って、彼女を採用。しかし入社したら、『そもそもExcelってなんですか?』レベルで、一から教えるはめに。ふざけんな!」(男性・36歳)

 

③10年の経験があるはずが詳しく聞くと違う

「うちは技術職なんですが、その道の経験が10年あると経歴に書いていた人がいて、入社してもらいました。でもいざ仕事をしてもらうと、根本的なことすらほとんどできない。

 

よくよく話を聞いたら、『その長くいた会社では上司がすべてをやっていて、自分はほぼ裏方作業だけで…』と白状。

 

だったらそれを面接の時に言ってくれよ…と腹立ちました」(男性・29歳)

 

 

▪️20代は面接での嘘はアリだと思っている?

しらべぇ編集部が、全国20代〜60代の男女1666名に「面接やエントリシートなど、就職活動の際に嘘をつくことについていいと思うか」を調査したところ、20代は男女ともに就職活動の際につく嘘はアリだと思っているようだ。

しかし面接でつく嘘によっては、入社後にバレてしまい、トラブルの元となることも…。あとあと自分が苦い思いをしないためにも、真実の範囲内で勝負をしたほうがいいかもしれない。

足を引っぱるな! 転職を決めた時に同僚にされた最悪行動3選

(©ぱくたそ)

今の会社に満足いっていかなったとしても、環境が変わるのが怖くて、転職をしたくてもできない人は多いもの。

そんな人にとっては、ササッと転職を決意して、新しい環境に羽ばたいていこうとする人は、妬みの対象になることもあるようだ。

しらべぇ取材班は、会社員経験者に「転職をする時に同僚にされた迷惑行動」を調査してみた。

 

①ネガティブなことを言い、会社に留まらせようとする

「ブラック会社に勤めていて、仲良かった同僚と『早く辞めようね!』と、よく言っていました。しかし、いざ私がほんとうに転職先を見つけて退職届けを出そうとしたら…。

 

彼女は『新しい会社だっていいかわからないよ。もうちょっとここで頑張ってみたら?』と悪いことばかり言い、引き止めようと…。自分に転職する勇気がないからって、足を引っ張るな!」(女性・29歳)

 

②辞めないように手のひらを返したように仲良くしてくる

「職場で同僚たちからイジメに遭っていたこともあり、転職を決意。しかし私が辞めると知った途端、逆に彼女たちは『寂しいからやめないで〜』と、ベタベタと仲良くしてきて。

 

いじめる人がいなくなるとつまんなくなるからなのか、新しい会社にステップアップして幸せになったら悔しいから引き止めようとしているのか…。どちらにしろウザかったです」(女性・25歳)

 

③転職をすることに「皆の仕事が大変になる」と文句を言う

「残業が多い会社で、体力が続かずに転職を決めたら、同僚から夜な夜な電話があり『おまえがツラいからって逃げると、その分周りの負担になるんだよ?』と、長時間文句を…。

 

しかしこっちからしたら、そんなの会社がどうにかすることであって、俺の責任じゃない。

 

大変なら自分も辞めればいいだけなのに、俺を責めるなんておかど違いもいいところ」(男性・25歳)

 

 

▪️転職した同僚のその後が気になる?

しらべぇ取材班が、全国20代~60代の男女に「転職した同僚のSNSをよく見ている人」を調査したところ、全体では16.2%という結果に。

転職は今よりもいい会社にいけるか、それとも悪い会社にいってしまうかは、実際のところ入社するまでわからない。

だからこそ新しい環境にいって、同僚は成功したのか失敗したのか、チラッと覗き見たくなるのかもしれない…。

・あわせて読みたい→人生を壊される! この仕事はもう辞めようと思った時3選

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2015年9月25日~2015年9月28日対象:全国20代~60代のSNSユーザー男女548名

「こんなはずじゃなかった」 転職後のギャップを生まないための方法とは?

転職をするということは未知の世界に飛び込むようなものだ。求人票や採用面接を通して理解していたつもりでも、新しい仕事や職場にギャップを感じてしまう場面は多々あるだろう。

転職者が入社後にギャップを感じることはおうおうにしてあるだろう。それを小さくしたりなくしたりするにはどんな方法が考えられるだろうか。

エン・ジャパンが運営する「ミドルの転職」が、サイトを利用する転職コンサルタント130人を対象に調査したところ、「入社前に企業風土・社風や一緒に働く社員の情報収集をする」という方法が効果があることが分かった。

ギャップを感じるのは人間関係

(写真=PIXTA)

転職経験者は入社後、どのような部分にギャップを感じているのだろうか。転職コンサルタントに「転職後にどのようなギャップを感じている人が多いか」との質問(複数回答)をしているので、回答をランキング形式で見ていこう。

●転職後にどのようなギャップを感じている方が多いですか?

1位 「人間関係(上司・部下・同僚など)が合わなかった」(50%) 2位 「社風が合わなかった」(46%) 3位 「仕事内容が想定と異なっていた」(38%) 4位 「仕事の進め方が合わなかった」(33%) 5位 「裁量の幅がなかった」(19%)

結果からは人間関係や社風、仕事内容についてギャップを感じる人が多いことがうかがえる。一緒に働く社員や社風などの情報は事前に入手しにくいものだ。

一方、就業条件に関するものについては、「給与・待遇が想定と異なっていた」17%、「勤務時間が想定と異なっていた」11%、「休日休暇が想定と異なっていた」5%など少数回答となっている。

ギャップの原因とサポート内容

転職経験者が入社後にギャップを感じる原因はどこにあるのだろうか。コンサルタントに「転職後にギャップを感じる原因として多いものは?」と聞いたところ、「入社前の情報収集不足(59%)」、「印象だけで決めてしまった(34%)」、「入社後、会社の状況が変わった(29%)」、「妥協せざるを得なかった(28%)」などの回答が挙げられた。やはり、情報不足が大きな要因であることは否めない。

「転職後のギャップを避けるためどのようなサポートを行っているか」の問いには、「求人票には載っていない社風などの情報を伝える(80%)」、「キャリアと希望条件の棚卸しを手助けする(50%)」、「面接時に質問するポイントをアドバイスしている(39%)」といった回答が並んだ。8割のコンサルタントが、求人票だけでは分かりづらい部分をサポートしていることが分かった。

次のページ入社前の対策がギャップを低減する

人生を壊される! この仕事はもう辞めようと思った時3選

(©ぱくたそ)

仕事がなくなれば、無職になって生活に困るなど…と弊害が多々あるものだ。そのため、どんなに苦しい状況にいても、あっさり退職を決意できないだろう。

では、人はどんな時に「もう限界!」と思うのか。しらべぇ取材班は、転職経験者たちに「この仕事は辞めどきだな…」と諦めた瞬間を聞いてみた。

 

①翌日の仕事を考えると疲れていても眠れなくなる

「仕事がかなり大変だった会社で、日々終電までの残業は当たり前でした。そのため最初の頃は、残業で疲れているためにベッドに入ると3秒で眠れていたんですが…。

 

そのうち、どんなにヘトヘトで帰ってきても翌日の仕事を考えると憂鬱で、いくらベッドで目をつぶっても一睡もできなくなり『もう無理だ…』と、思いました」(男性・32歳)

 

②ストレスが溜まり周りに当たるようになった

「職場にキツい性格の女性先輩がいて、嫌味を言われ続けて、精神的にまいっていきました。やがて、その抑えきれなくなったストレスは夫や女友達に当たるように。

 

徐々に夫婦仲や友人関係も険悪になっていき…ある日『このままじゃ自分も周りも苦しい。仕事のせいで、大事なものを失うかも』と、気づき退職を決めました」(女性・29歳)

 

③「仕事に行きたくないな」が口癖になった

「自分には合わない仕事で、いつしかストレスがどんどん溜まり、テレビを観ても笑えなくなるし、『明日も仕事だ』『仕事行きたくないな』と無意識に呟くように。

 

その変化をずっと見ていた母親が『仕事なんて腐るほどあるんだから、もう辞めたら?』と。その言葉で、一気に心が軽くなったこともあり、すぐ辞めました」(女性・28歳)

 

▪️仕事を辞めたいと思ったことがある人は?

しらべぇ編集部では働いた経験のある全国20〜60代の男女1,031名に「会社を辞めたいと思ったことがあるか」を調査。

その結果、全体では7割弱、女性はとくに多く4人に3人が「会社を辞めたい」と悩んだ経験があると判明した。

自分には合わない仕事だと、精神的な負担も大きくなり、体調を崩したり、周りとの関係まで悪くなったりと、プライベートにまで影響を及ぼすこともあるようだ。

仕事にすべてを壊されないためにも、「もう無理だ」と思ったら、転職することも考慮したほうがいいかもしれない。

・合わせて読みたい→イヤなら辞めろよ! 社畜自慢をする人のウザい言動3選

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2015年7月24日~2015年7月27日対象:勤務経験のある全国20代~60代男女1,031名

陰湿な「職場いじめ」の実態に怒りの声 「耐えるより転職」との助言も

(AH86/iStock/Thinkstock)

夏休み明けの時期は、1年で最も未成年の子供の自殺が増える時期とも言われている。

そして、被害者を死に追いやってしまう陰湿ないじめに苦しんでいるのは、子供だけではない。女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』に、「職場いじめ」に関するトピックが投稿され、話題となっている。

 

■先輩たちからのいじめに苦しむ女性

投稿者は、職場で複数の先輩たちから陰口を言われるなどの「職場いじめ」に悩んでいるという女性。

彼女はいじめの原因について、自分が仕事でミスを積み重ねてしまったからではないか、と感じているのだそう。

しかし、いざ陰口を言われていると、「そんなつもりはないのに…」と深く傷ついてしまい、他の同僚からの励ましの言葉により、なんとか自分を奮い立たせている状態だという。

仕事ができない自分にも非があることは分かっていても、辛い現状に嘆く投稿者は、「職場いじめ」を乗り越えた体験談や、アドバイスなどを募っている。

 

■「いじめ加害者」に怒りの声

この投稿を読んだユーザーからは、社会人になったにも関わらず、心無い言葉で後輩を必要以上に傷つける「いじめ加害者」たちへの怒りの声が相次いでいる。

・何して来ているの?いじめてるやつは、仕事したら

 

・給料泥棒だな、いじめてる人は

 

・後輩の覚えが悪かったり ミスをするのは、 先輩である自分の指導方法が悪いと思ってます。 主さんだけが悪いんじゃないよ。 方法を変えずに陰口しかできない 、無能先輩にも一理あるんだから

 

・いじめてる奴らは地獄に落ちるよ! 

 

「仕事ができない後輩」より「仕事をしないで陰口を叩く人たち」のほうが問題なのでは? と言った意見も。

10年でアナウンサーはいなくなる?「2026年までに成長する/消える職業」ランキング IT、医療関連が独占

「今後10年で成長する職業、消える職業ランキング」 が発表され、最も期待できる職業はアプリ開発者やコンピューター・システム・アナリスト、ナース・プラクティショナーであることなどが分かった。上位はIT関連と医療関連の職業が占めている。

このランキングは米国の金融情報サイト、キップリンガーが、2016年の労働統計局のデータに基づいて、10年後に雇用が拡大している職業と縮小している職業を予想したものだ。

今後10年で成長する職業トップ10

(写真=Thinkstock/Getty Images)

10位 言語聴覚士 9位 パーソナル・ファイナンシャル・アドバイザー 8位 市場調査アナリスト 7位 歯科衛生士 6位 医師助手 5位 医療サービス・マネージャー 4位 理学療法士 3位 ナース・プラクティショナー(特定看護師) 2位 コンピューター・システム・アナリスト 1位 アプリ開発者

今後10年で消える職業ワースト10

10位 印刷製本・仕上げ作業者 9位 訪問販売員 8位 金属・プラスチック・機械操作員 7位 立法者 6位 ゲーム・賭博場の現金出納係 5位 フローラル・デザイナー 4位 ラジオ・TVのアナウンサー 3位 家具仕上げ業者 2位 現像業者 1位 繊維機械労働者

キップリング・エディター「全労働者はロボット化に注意」

首位のアプリ開発者 の求人数は、2016年の時点で約80万件。その半分を占めるシステムソフト開発者の求人は今後10年で16%、ウェブ開発者の求人は21.6%増えると見込まれている。アプリ開発者の全体的な雇用は、平均8.6%増との予想だ。

コンピューター・システム・アナリストの求人も60万件から22%増、実施看護婦の求人は15万件から32.3%増と、いずれもかなりの高ペースで需要が拡大していきそうだ。

対照的に繊維機械労働者や写真の現像業者、家具の仕上げ業者といった職業は、「テクノロジーに代替えされる可能性が極めて高い」とキップリングは見ている。

同社のオンライン・エディター、デヴィッド・ムハルバウム氏はCNBCのTV番組で、「職人による手作業のロボット化がさらに進む」との見解を示した。しかし例えば同じ繊維機械を扱う職業でも、機械を使って繊維を製造する労働員から機械を操作するオペレーターにスキルアップするなど、視点を切り替えることで失業から免れる可能性も生まれる。

ムハルバウム氏は「全ての労働者はロボット化に注意を向けておくべき」と警告すると同時に、これらの人々が新たなスキルを所得するための教育や支援の必要性を強調している。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)

【編集部のオススメ記事】 ・「従業員からの支持率が高いCEOランキング」世界の15歳調査、お金のリテラシーが一番あるのは「中国」トップ企業は時給7000円超 「上場企業の時給ランキング2017」「長く快適に働ける」企業トップ20 1位の企業「転職は厳しい」の声もお金を稼ぐには地理を学べ 代ゼミの名物地理講師が説く「経済を地理から学ぶべき」理由

女王陛下のFB、Twitter「中の人」年収は700万円?「英国王室勤務年棒ランキング」

優雅なイメージの強い英国王室に仕える身でも、所得にはかなりの差があるようだ。例えば執事見習いと女王陛下の財産を管理する会計士では、所得に1桁の差が開く。

8位以下の役職は、英国の16年度の平均所得(2.7万ポンド/約380万円、Income Tax Calculatorより)を下回る。ただし馬丁や皿洗いなどは、ウィンザー城やバッキンガム宮殿内に無料で住めるという、一般人には経験出来ない特典もある。

所得はビジネスインサイダーが、実際の求人広告など様々な情報源からまとめたものだ。ほかにも多数の職務があるが、ここでは最近募集などがあったものに限られている。

英国王室勤務年棒ランキング

(写真=Thinkstock/Getty Images)

14位 執事見習い 1.5万ポンド(約211万円) 13位 住み込み皿洗い 1.7万ポンド(約239万円) 12位 庭師見習い 1.8万ポンド(約253万円) 11位 馬丁 2万ポンド(約281万円)

10位 システム管理者 2〜2.2万ポンド(約281〜310万円) 9位 カーテンなどの装飾備品職人 2.2万ポンド(約310万円) 8位 秘書見習い 2.4万ポンド(約338万円) 7位 デジタル通信オフィサー 3万ポンド(約422万円) 6位 事業開発・コミュニケーション・マネージャー 3〜3.2万ポンド(約422〜450万円) 5位 SNSスペシャリスト 5万ポンド(約704万円) 4位 宮内長官事務所の経理担当管理者 11.6万ポンド(約1633万円) 3位 王室家長 12.2万ポンド(約1717万円) 2位 女王陛下専属秘書 14.6万ポンド(約2055万円) 1位 女王陛下専属手元金会計吏 18万ポンド(約2533万円)

王室にもデジタル化の風潮が、SNSも重要な公務の一つ?

上位を王室の財政管理を含む非常に重要な職務が占めている点は疑問を感じないが、SNSスペシャリストやデジタル通信オフィサーなど、IT関連の職務がトップ10入りしている事実が時代の流れを感じさせる。

中でもSNSスペシャリストは2016年、新たに設けられた役職で、女王陛下のFacebookやTwitterを運営するネット版王室専属広報部員といったところだ(テレグラフ紙より )。

個人的に腑に落ちないのは、システム管理者の所得が装飾備品職人よりも低い点だろうか。しかし世界有数の不動産オーナーである女王陛下の所有物件を、常にハイグレードに保つ重要な任務と考えれば、納得がいくのかも知れない。

現時点でも複数の求人がでており、例えばロイヤル・ミューズ(厩舎)の馬丁が年棒2万ポンド(約281万円)。年間33日と平均よりも寛大な有給休暇と、王室が15%負担してくれる年金制度付きだ。情報アシュアランス・オフィサーは3.3万ポンド(約464万円)。年金負担条件は同じだが、有給休暇についての記載はない。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)

【オススメ記事 PR】 ・「従業員からの支持率が高いCEOランキング」世界の15歳調査、お金のリテラシーが一番あるのは「中国」トップ企業は時給7000円超 「上場企業の時給ランキング2017」「長く快適に働ける」企業トップ20 1位の企業「転職は厳しい」の声もお金を稼ぐには地理を学べ 代ゼミの名物地理講師が説く「経済を地理から学ぶべき」理由