迷惑

『サンジャポ』杉村太蔵が清水アキラに激怒 「親なら保釈して面倒を見るべき」

(画像はAmebaブログのスクリーンショット)

5日に放送された、TBS系情報番組『サンデー・ジャポン』で清水アキラの息子・良太郎を保釈しないという決断に怒りを露わにし、話題になっている。

 

■税金がかかっている

覚醒剤取り締まり法違反で起訴されている、清水良太郎被告。裁判所に150万円を支払えばいつでも保釈できる状況だが、父・清水アキラは「反省するには短すぎる」と良太郎を保釈しないと宣言した。この騒動に杉村太蔵が激怒した。

その理由とは…

「一部では愛のムチとか立派なお父さんだと言われているけど、私は全く違った見方をしています。もし自分が親なら、息子がいかに警察に迷惑をかけているかを考えるべき。

 

有名人だから連日連夜マスコミが押し寄せるから対応をしないといけない。24時間自殺をしないか監視をして3食、食事もだす。申し訳ないけど全部税金で払ってる。親の責任だと言うなら早く保釈金を払って自分の家か民間の施設で面倒を見るべき」

 

と、莫大な税金がかかることや警察署にいることで他人に大きな迷惑をかけていると指摘した。

さらに、杉村は「保釈をしても、しなくても猛省するのがあたりまえ。このあたりが保釈制度の間違った使い方をしている気がする」と独自の意見を述べた。

 

■ネット民は杉村に好感

ネットでは杉村の意見に「正論」だという声が目立っている。

杉村太蔵、めっちゃマトモなコメンテーターやんけ

好感度上がった

— ひろみちおにーさん (@hiromitsu922) November 5, 2017

杉村太蔵正論

— まめだいふく (@abeidele) November 5, 2017

杉村太蔵ぐう正論

— なぎあ (@naginagivv) November 5, 2017

 

■二世タレントの親は甘すぎる?

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,336名に「二世タレント」についての意識調査をしたところ、6割以上が「親が甘すぎる」と回答。

結果「甘すぎると思う」と答えたのは、なんと6割。さらに性世代別で見ると、自らも子を持つ女性が多いと思われる年代の割合が高く、50代に至ってはじつに8割近くが「甘すぎる」と回答。

連日の報道でアキラの息子に対して甘いと話題になっていた。しかし、今回は心を鬼にして保釈しないという決断に至ったのだろう。今後は、この決断がパフォーマンスだと思われないように猛省することを祈るばかりだ。

今年も盛り上がったハロウィン 本当に必要なのか調査してみると…

(evgenyatamanenko/iStock/Thinkstock)

10月31日はハロウィン。今年もさまざまな場所で仮装やパーティが行なわれ、渋谷センター街などは大混雑に。

一方で、そんな盛り上がりを「なんだかなあ~」と醒めた感情で見ている人も多いと聞く。元々日本には存在しなかった文化だけに、賛否両論になるのは仕方ないのかも。

そんな「ハロウィン」について、多くの人はどのように感じているのだろうか?

 

■ハロウィンについてどう思う?

しらべぇ編集部では全国の20代〜60代の男女1,336名に、ハロウィンについての意識調査を実施。

結果、「日本にハロウィンは必要ない」と回答した人は61.1%。半数以上の人が、ハロウィンについて否定的な考えを持っているのだ。

 

■否定的なのはどんな人?

ハロウィンに否定的なのは、どのような人たちなのか? 世代別で見ると、はっきりとした傾向が現れている。

ハロウィン文化がまったくない時代が長かった中高年の割合が高く、60代は69.5%が否定的。一方、20代は47.0%で、肯定的な人のほうが多い。これから徐々に根付いていくのだろう。

 

■それぞれの意見は?

肯定派・否定派それぞれの意見を聞いてみた。

<肯定派>

「確かにハロウィンは日本文化ではありません。しかし、クリスマスやバレンタインデーなど、さまざまな国の文化を取り入れ、アレンジして楽しむのが日本の良さであり、懐の深さ。

 

他人に迷惑をかけるようなやり方をしないで、個人で楽しむ分には良いと思います」(20代・男性)

 

<否定派>

「突然『ハッピーハロウィン!』とかいわれても、『なにそれ』って感じ。いい大人が仮装して、変なカッコになって、練り歩いて恥ずかしくないのかな。

 

しかも、ゴミを出して片付けずに帰っちゃう人もいるんでしょう? それっておかしいですよね。そんなことよりも大事なことがたくさんありますよ」(40代・男性)

 

日本に定着しつつあるハロウィン。あなたはどう考える?

・合わせて読みたい→渋谷がハロウィンで「ゴミだらけ」と話題 惨状を取材した結果

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日対象:20代~60代男女1336名(有効回答数)

酔って子供に絡む? 運動会で遭遇したとんでもない親3選

(DAJ/iStock/Thinkstock)

多くの学校では、秋の運動会も終わり、ほっと一息ついている頃だろう。だが親の中には、運動会で見かけた非常識な親のせいでモヤモヤとした気持ちが残って、心が晴れない人たちもいるらしい。しらべぇ取材班は、話を聞いてみた。

 

①子供の失敗を裏で文句を言う

「子供のダンス披露の時に、間違えてハプニングを起こしてしまい、ちょっと雰囲気を壊してしまった子がいました。ほとんどの親は微笑ましいね〜と笑っていたんですが…。

 

中には『上手に踊るのを見たかったのに。あの子のせいで台無し』とネチネチ文句を言っている親グループがいて、子供がしたことなのに優しくない人たちだな…と引きました」(女性・33歳)

 

②お酒で持ち込んで酔っ払う

「運動会の席に、缶ビールを持ち込んでいるお父さんたちが多くて嫌でした。ここは子供の行事の場であって、家のテレビでプロ野球を見ているのとはわけが違うのに…。

 

また酔って気分が良くなったのか、たまたま通りかかった児童に軽い口で話しかけて、子供をビクつかせているのも目にしました。

 

そりゃ知らない酔っ払い男性に話しかけられるのは大人でも怖いよ…」(女性・36歳)

 

③子供が一位になれなくて号泣する

「運動会の選抜リレーの時に、上位の子供同士がぶつかって転倒し、最下位に。

 

その時に、転んでしまった男の子のお母さんが必死に応援していたんですが、結果を見るなり…。

 

『あの子が倒したからうちの子は一位になれなかった! ひどい!!』とヒステリックに号泣。

 

子供の運動会なんだから『転んでも最後まで走って偉かった』で済ませばいいのに…」(女性・33歳)

 

▪️親の行動によっては子供の思い出に変化も?

しらべぇ編集部が全国20代〜60代の男女1,348名を対象に「運動会」について調査した結果、全体の34.6%は「運動会に嫌な思い出がある」と回答。

親の行動によっては、子供に恥ずかしい思いや恐怖を感じる思いをさせて、運動会の思い出が黒歴史になってしまうこともあるだろう。

我が子のためにも、見本となる行動を心がけたいものだ。

・あわせて読みたい→「子供の運動会に行けない」と悩む教師 「そんなの覚悟で先生やれ」と厳しい声も

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の男女1,348名(有効回答数)

ウザすぎて腹立つ! 職場で迷惑だと感じる独り言5選

(violet-blue/iStock/Thinkstock)

オフィスでパソコンに向かいながら、独り言をつぶやく社員がいる。当人にとっては一種のストレス解消なのだろうが、聞かされる人間にとってはたまったものではない。

 

■独り言を迷惑だと思っている人の割合は?

職場で独り言を言う人間に対して、「こいつ、迷惑だな…」と感じている人はどのくらいいるのだろうか。

しらべぇ編集部では全国の20代〜60代の会社員473名に、独り言を言う社員についての意識調査を実施してみた。

結果、「迷惑だと思う」と回答したのは39.7%。やはり不愉快な思いをしている人は、確実に存在している。

 

■迷惑だと感じた独り言5選

いったいのどのような言動が迷惑なのだろうか? 会社で他人の独り言に悩んでいるというSさんに、迷惑だと感じた独り言を挙げてもらった。

①「バカヤロウ!!」

「意味もなく、突然画面に向かって『バカヤロウ』と毒づく。自分に言われているのかと思ってしまいます。本人はケロっとしていますけど…」

 

②電話を切ったあとに「うるせえな」

「電話で謝りまくったあとに、『うるせえな』と怒鳴る。気にいらないことを言われたのだろうけど、受話器を下ろす間際に言うこともあるので、相手に聞かれていないかヒヤヒヤする」

 

③舌打ち

「独り言とはちょっと違うかもしれませんが、なにかと舌打ち。ハッキリ言ってめちゃくちゃ不愉快で、かなり気になる。さすがに腹が立ちました」

 

④ため息混じりの「あーあ」

「何があったのか知らないが、ため息をついて『あーあ』。聞いてるほうはやる気が削がれて迷惑。そんなに嫌なら、家に帰れ」

 

⑤「なんで」の連発

「『なんで? なんで?』と連呼。こっちが『なんで? なんでそんなにうるさいの?』と言いたい」

 

迷惑と思われている会社での「独り言」の数々。当てはまる人は、注意したほうがいいかも。

・合わせて読みたい→差別だろう! 職場でゆとりと言われてムカついたこと3選

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日対象:全国20代~60代の会社員473名(有効回答数)

「インスタ映え」争いに新たなスポット なぜ女子はコインランドリーに?

(will/iStock/Thinkstock)

最近、インスタグラムでの「いいね!」を求めるあまり、非常識な行動を繰り返すユーザーがクローズアップされている。

とくに女性に多く、「そのお店の料理が食べたいからではなく、そのお店で出される料理を写真に撮りたい」といった理由で外食する人も、少なくないという。

そんなインスタ女子が次に注目したのは…なぜかコインランドリー。

殺風景な空間にオシャレな女性がいるギャップが、いわゆる「インスタ映え」を獲得できるとして、コインランドリー内で自撮りをすることがインスタ女子の間で流行っているというのだ。

 

■ネット民の声「馬鹿ばっか」

ネット上では、「一般人がやってもおしゃれじゃない」「インスタなんて馬鹿ばっか」と、写真撮影のためコインランドリーに行く女性を非難する意見が多く寄せられている。

最近の若者って怖いよな、インスタ映えの為に周りに迷惑かけるような行動をするんだぜ?コインランドリーの洗濯機の中とかトイレの洗面台に座って格好つけた写真を撮ってSNSに載せる。一体何がそんなに良いのか分からない

— 希依子@亀甲貞宗捜索中 (@6Ke1i7kO) September 19, 2017

Twitterではバカッターが店のアイス売り場に入り込み、インスタではコインランドリーの中にお尻を入れて座り込み始めたかw

そのうちインスタ映えのためにアイスケースに入り込まないか不安ですな

— 江夏 (@enatsu3) September 18, 2017

「インスタ映えする」とか言って、コインランドリーの洗濯機に入って写真撮るお姉さん方…あれは海外のカッコいいモデルさんとかがやるとおしゃれに見えるのであって、あなたたち一般人がやっても全然おしゃれじゃないですよ

— 晴子(はるこ) (@seaside_mint) September 18, 2017

インスタってやつ登録してみたけどハンバーガーにストロー指したり道路に寝たりコインランドリーの穴に腰掛けたりバカッター化してたり馬鹿ばっかじゃん

— ⊂(,∀、)つて~つ~や (@paradiseneko3) September 18, 2017

少し前にツイッターで、アイスケースに入った写真がアップされて大問題になったが、「インスタでも同じことが起こるのでは?」と思っている人も少なくない。

 

■インスタ映えは少数派

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,342名に「SNSでキラキラ女子を演出している女性」について調査したところ、6割が「気持ちがわからない」と回答。

多くの人が、インスタ映えを追い求める女性に共感できないようだ。

コインランドリーを利用したい人にとって、写真撮影が目的の女性は邪魔でしかない。また、洗濯機内に入った写真も上がっており、衛生面も気になってしまう。

どんなにインスタ映えしていようが、ルールやマナーを破って撮った写真には、なんの価値もないと思うのだが…。

・合わせて読みたい→『ニュースキャスター』でSNS映えビジネスを紹介 ビートたけし「いいねの逆はないのか」

(文/しらべぇ編集部・高萩陽平

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日対象:全国20代~60代の男女1,342名 (有効回答数)

あなたの身近にいるかも? 迷惑な職場の困ったちゃん【退職者編】

(©ぱくたそ)

「立つ鳥跡を濁さず」といい、お世話になった会社を退職する際には、引継ぐ担当者に迷惑を掛けずに去りたいものだ。

ただ、同じ会社で働いている同僚が退職をするときに、とんでもない行動に出る人もいる。

考えられないような行動で、周りを困らせてしまう人――今回は、そんな職場の困ったちゃん【退職者編】を紹介する。

 

■ネガティブな話題を新人に言い残す

「退職するのは個人の自由ですが、いい形で辞めて欲しいものです。一番迷惑なのが、『会社のグチ』をまだ入社して間もない新人に言う人です。会社をよく思っている人でも、ネガティブなことを聞いてしまうと、そういう見方になってしまいますよね。

 

 

退職者のなかでも、グチを特に新人に言い放っていくのは、本当に迷惑です」(20代・女性)

 

■個人の悪口を言って、ストレスを解消していく

「仕事をしていると、ときに自分の思い通りにならない相手もいます。これまでのストレスからか、退職前に個人の悪口を言う人は迷惑です。聞かされた側は、悪い人だとは思っていなくても、悪口を聞かされると考えが変わってしまいます。

 

 

在職者の悪口や不満は、心にそっと仕舞って去って欲しいです」(30代・女性)

 

■既にやる気がないと引き継ぎをまともにしない

「現在の仕事に不満を感じて辞めてしまう人もいるでしょう。ただ、転職先も決まり、既にやる気がないと、適当に引継ぎしてしまう人にはやはり困ってしまいます。引き継いでから、クレームの嵐になったケースもありますし、同じ業界に転職するなら評判が悪くなってしまうので、気をつけた方がいいですね。

 

 

引き継ぎが酷くて、業界にいられなくなった人もいますよ」(40代・男性)

世の中には、このような困った退職者たちがいるもよう。悪い評判はあっという間に広まってしまう。辞めるときは、きれいに辞めたいものだ。

・合わせて読みたい→グチを言っているだけでは… 「仕事で成長する人しない人」の違いとは

(取材・文/しらべぇ編集部・松岡佑季

あなたの身近にいるかも? 迷惑な職場の困ったちゃん【退職者編】

(©ぱくたそ)

「立つ鳥跡を濁さず」といい、お世話になった会社を退職する際には、引継ぐ担当者に迷惑を掛けずに去りたいものだ。

ただ、同じ会社で働いている同僚が退職をするときに、とんでもない行動に出る人もいる。

考えられないような行動で、周りを困らせてしまう人――今回は、そんな職場の困ったちゃん【退職者編】を紹介する。

 

■ネガティブな話題を新人に言い残す

「退職するのは個人の自由ですが、いい形で辞めて欲しいものです。一番迷惑なのが、『会社のグチ』をまだ入社して間もない新人に言う人です。会社をよく思っている人でも、ネガティブなことを聞いてしまうと、そういう見方になってしまいますよね。

 

 

退職者のなかでも、グチを特に新人に言い放っていくのは、本当に迷惑です」(20代・女性)

 

■個人の悪口を言って、ストレスを解消していく

「仕事をしていると、ときに自分の思い通りにならない相手もいます。これまでのストレスからか、退職前に個人の悪口を言う人は迷惑です。聞かされた側は、悪い人だとは思っていなくても、悪口を聞かされると考えが変わってしまいます。

 

 

在職者の悪口や不満は、心にそっと仕舞って去って欲しいです」(30代・女性)

 

■既にやる気がないと引き継ぎをまともにしない

「現在の仕事に不満を感じて辞めてしまう人もいるでしょう。ただ、転職先も決まり、既にやる気がないと、適当に引継ぎしてしまう人にはやはり困ってしまいます。引き継いでから、クレームの嵐になったケースもありますし、同じ業界に転職するなら評判が悪くなってしまうので、気をつけた方がいいですね。

 

 

引き継ぎが酷くて、業界にいられなくなった人もいますよ」(40代・男性)

世の中には、このような困った退職者たちがいるもよう。悪い評判はあっという間に広まってしまう。辞めるときは、きれいに辞めたいものだ。

・合わせて読みたい→グチを言っているだけでは… 「仕事で成長する人しない人」の違いとは

(取材・文/しらべぇ編集部・松岡佑季