遊園地

手間を取るか、お金を取るか…映画や遊園地の前売り券を購入する人

(leaf/iStock/Thinkstock)

映画や遊園地に行く時、前売り券を購入するとお得なことが多い。しかし、日時が指定されてしまうため、万が一、行けなかった場合には無駄になってしまうことも。

事前に前売り券を購入し、遊びに行く人はどれくらいいるのだろうか。

 

■女性のほうが用意周到?

しらべぇ編集部が全国20代〜60代の男女1,336名に「前売り券」について調査したところ、全体の35.9%が「事前に購入する」と回答。

性年代別で見てみると、女性のほうが多い結果に。

しかし、半数以上は「前売りは買わない」主義。なぜなのだろうか。

 

■前売りを買う派、買わない派、それぞれの意見は…

前売りを購入する人は、やはり値段や座席指定など、「前売りだからこそ得できる」部分に魅力を感じている。

「前売り券のほうが安いことが多いじゃないですか。家族で出かけるのって、どうしてもお金がかかるので少しでも節約したい。どこか遊びに行くってなったら、必ず事前に前売り買います」(40代・女性)

 

「映画は、お気に入りの位置で見たいので必ず前売り。直前に買おうとしても、人気の作品だと前とか、端とかしか空いてなかったりするし。同じ値段なのに、損した気分になる」(20代・男性)

 

一方の「買わない」人たちは、「行けなくなったら…」と心配なよう。

「もしも行けなくなったら、無駄になっちゃうじゃないですか。映画など、日時指定のものも多いですし…怖くて買えないんですよね」(30代・女性)

 

「遊ぶ時は、友達と『これから何する?』で決まることが多い。なので時間的に買えない」(20代・男性)

 

「最近はネット購入が増えていますが、登録とかややこしくて。当日券でいいかな? と思ってしまいます」(50代・男性)

 

年齢が上がるにつれて、「ネット購入」がネックになる人が増えるようだ。

 

■お金を持っている「高収入」の人たちは…

年収が高い人ほどお金に余裕があるイメージだが、意外にも高収入な人のほうが前売り券をしっかり買っている。

年収1,000万円越えでは、なんと半数以上。

「わざわざ当日に並んでチケットを買う時間がもったいない」(40代・男性)

 

「予定が決まった瞬間に、自分と同行者分のチケットを取ってしまいます。『もし当日行けなかったら…』は時間管理できてないだけでしょ」(30代・男性)

 

計画性がある人のほうが、仕事もプライベートもうまくいくのかも。

買い物も遊びもゆったり…みんなが働いている平日に休みたい願望

(KapturePhotoSolution/iStock/Thinkstock)

週末に出かけるのもいいけれど、どこも混雑していてグッタリ。買い物も混んでいて、チェックしたかった店を回りきれなかった。

週末にしかできないあれこれを平日にできたら、もっとすいていて、ゆったりできるのに…なんて思うことはないだろうか。

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の有職者男女659名を対象に「平日に休みたい」と思う人の割合を調査した。

■女性とあの職業が…

全体では73.6%が「平日に休みたい」と回答。男女別では、男性71.3%に対し、女性は78.3%と7ポイントも高め。

性別・年代別に見てみると

どの年代も女子が男性を上回り、50代女性が最も高い数値に。

女性は50代まで年代に比例して上昇するが、男性は20代がやや低いものの、年代による開きは大きくない傾向に。

仕事と家庭を両立する女性の場合は、家族が揃う週末では、むしろゆっくりできないため、平日休みへの希望は高そうだ。

また職業別に見てみると、

圧倒的に多いのが「公務員」88.1%。

役所によっては、平日に時間延長窓口を設けるところもあるが、「5時が7時になっても、自宅最寄りの窓口への移動時間を考えると、全然間に合わない」といった声も多い。

これほど平日に休みたい公務員が多いなら、「いっそのことシフト制にして、週末も時短営業くらいしてくれたらいいのに…」と思う人は少なくなさそう。

 

■平日のデパートが快適すぎ

実際に「平日に休みたい!」という人に、話を聞いた。

「以前は外回りも多い仕事で、空いた時間に銀行やちょっとした買い物を片付けられたのですが、今は完全に内勤。週末だと片付かない用事って、意外と細々あるんですよねぇ。

 

それに平日の昼間、あの混雑していないデパートが快適すぎるのを知ってしまっているせいか、休日にごった返している状況を見ると、それだけでうんざりしてしまいます」(30代・女性)

 

「友達と会ったりするには、週末休みの方が予定を合わせやすいから、いつも平日に休みたいわけじゃないんですよ。だけど、デートで行った遊園地が混んでいたり、ドライブ帰りで渋滞にはまったりすると、『平日だったらなぁ』って。

 

やっぱり有給休暇とか、なかなか取りにくいですからね。本当にたまにでいいんで、平日に他の人が働いている時間に、好きなことができるって、ちょっと特別な感じで憧れます」(20代・男性)

 

平日に休みたいからといって、もちろん週末に働きたいということではなく、ほんのたまに、みんなは働いているけど、自分だけは好きなことができる――そんな特別な時間を持ちたくなる人は多いはず。

年末の忙しさに突入する前に計画的に仕事を片付け、平日の有給休暇を満喫してみるのもいいかも。

・合わせて読みたい→ある意味、休日の贅沢な過ごし方!?「何にもしないをするんだよ」

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の有職者男女659名(有効回答数)

買い物も遊びもゆったり…みんなが働いている平日に休みたい願望

(KapturePhotoSolution/iStock/Thinkstock)

週末に出かけるのもいいけれど、どこも混雑していてグッタリ。買い物も混んでいて、チェックしたかった店を回りきれなかった。

週末にしかできないあれこれを平日にできたら、もっとすいていて、ゆったりできるのに…なんて思うことはないだろうか。

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の有職者男女659名を対象に「平日に休みたい」と思う人の割合を調査した。

■女性とあの職業が…

全体では73.6%が「平日に休みたい」と回答。男女別では、男性71.3%に対し、女性は78.3%と7ポイントも高め。

性別・年代別に見てみると

どの年代も女子が男性を上回り、50代女性が最も高い数値に。

女性は50代まで年代に比例して上昇するが、男性は20代がやや低いものの、年代による開きは大きくない傾向に。

仕事と家庭を両立する女性の場合は、家族が揃う週末では、むしろゆっくりできないため、平日休みへの希望は高そうだ。

また職業別に見てみると、

圧倒的に多いのが「公務員」88.1%。

役所によっては、平日に時間延長窓口を設けるところもあるが、「5時が7時になっても、自宅最寄りの窓口への移動時間を考えると、全然間に合わない」といった声も多い。

これほど平日に休みたい公務員が多いなら、「いっそのことシフト制にして、週末も時短営業くらいしてくれたらいいのに…」と思う人は少なくなさそう。

 

■平日のデパートが快適すぎ

実際に「平日に休みたい!」という人に、話を聞いた。

「以前は外回りも多い仕事で、空いた時間に銀行やちょっとした買い物を片付けられたのですが、今は完全に内勤。週末だと片付かない用事って、意外と細々あるんですよねぇ。

 

それに平日の昼間、あの混雑していないデパートが快適すぎるのを知ってしまっているせいか、休日にごった返している状況を見ると、それだけでうんざりしてしまいます」(30代・女性)

 

「友達と会ったりするには、週末休みの方が予定を合わせやすいから、いつも平日に休みたいわけじゃないんですよ。だけど、デートで行った遊園地が混んでいたり、ドライブ帰りで渋滞にはまったりすると、『平日だったらなぁ』って。

 

やっぱり有給休暇とか、なかなか取りにくいですからね。本当にたまにでいいんで、平日に他の人が働いている時間に、好きなことができるって、ちょっと特別な感じで憧れます」(20代・男性)

 

平日に休みたいからといって、もちろん週末に働きたいということではなく、ほんのたまに、みんなは働いているけど、自分だけは好きなことができる――そんな特別な時間を持ちたくなる人は多いはず。

年末の忙しさに突入する前に計画的に仕事を片付け、平日の有給休暇を満喫してみるのもいいかも。

・合わせて読みたい→ある意味、休日の贅沢な過ごし方!?「何にもしないをするんだよ」

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の有職者男女659名(有効回答数)

秋のお出かけをお得に! 格安チケット店で新幹線やレジャーのチケットも

(dima_sidelnikov/iStock/Thinkstock)

商品券をはじめとする金券や映画観賞券などが、安く手に入る格安チケットの店。とりわけ多く利用されるのが、新幹線のチケットだろう。

秋の行楽シーズン、宿も含めて値ごろ感のあるツアーを見つけるのもいいが、宿泊と交通費を分けて低価格を追求するなら、ネット通販を含めて、こうした格安チケットの店をチェックする人もいるはず。

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,348名を対象に「格安チケットの店を利用したことがある」人の割合を調査した。

 

■高年収者の利用率が

全体では41.5%が「格安チケットの店を利用したことがある」と回答。

男女別で見ると男性は43.2%、女性は39.9%で男性がやや高い結果に。さらに、性別・年代別で比較してみると

30代は女性が上回るものの、あとは男性が女性より多く、50代男性は過半数の52.9%。

職業別にみると、出張族の利用が多いイメージの「会社員」だが45.6%と半数割れ。一方、多かったのは「公務員」61.9%と「自由業」52.9%だった。

 

以前、しらべぇ編集部が行なった「節約」に関する調査では、高年収でも節約意識が高い傾向が見られたが、

年収に比例して、「格安チケットの店を利用したことがある」人の割合が上昇している。

年収「300万円未満」と「1,000万円以上」では23.6ポイント差が開いており、これは遠出する頻度が高年収の人ほど多いのか? それとも、高年収者の節約意識が高く、コストを抑えるために、あらゆる方法を利用しているためなのか?

 

■新幹線以外にも活用

実際に「格安チケットの店をよく利用する」という人に話を聞いた。

「仕事では、支社があって行き来が多い場所や、得意先の多い関西エリアなどは、会社で回数券を購入しています。でも、急に出張が決まって、自分で手配する必要がある時や、家族で帰省する時にも、新幹線の主要駅近くに店があるので、よく利用しますね。そんなに大きな割引はなくても、回数や人数が多いと、かなり変わってきますから。

 

あと、動物園や水族館・遊園地のチケットが若干安く出ている時もあって、出張手配のついでに家族サービスのチケットを買ったことも。そういう状況の時は、子供に構ってあげられないタイミングでもあるので、埋め合わせの手配もできるのは助かります」(30代・男性)

 

「学生の頃は時間があったので、帰省の時は高速バスなどを利用していましたが、一応ちゃんと働いているし、時間もかかるので新幹線を利用するようになって、でも少しでも節約…ってことで、活用しています。

 

新幹線以外にも、よく行く映画館の近くに格安チケットの店があって、映画の日やレディースデーじゃない時は、お目当ての作品のチケットが出てないか、チェックしますね」(20代・女性)

 

秋の行楽シーズン、早期割引などの手配が間に合わなかった人は、ちょっとお得になる格安チケットの店をチェックして、休みのプランを考えてみるのもいいかも。

・合わせて読みたい→ケチって思われるのはイヤだけど…高年収が驚きの節約意識高水準

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の男女1348名(有効回答数)

女子は遊園地好き? おひとりさま上級編「ひとり遊園地」を楽しむ人も

(standret/iStock/Thinkstock)

子供が楽しめるのはもちろん、大人も童心に帰ってはしゃいでしまう遊園地。

近年はさまざまなレジャーランドやテーマパークも増え、多くの情報サイトやSNSなどで、それぞれの「裏ワザ」も共有されて、楽しみ方も多様化している。

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,343名を対象に「遊園地が好き」か、意識調査を実施した。

 

■女子は遊園地が好き!

全体では「大好き」11.7%と「まあまあ好き」45.7%で「遊園地が好きな人」が57.4%、「あまり好きではない」31.1%と「嫌い」11.5%で「好きではない人」が42.6%。

男女別に見ると

「大好き」「まあまあ好き」と回答した「遊園地が好きな人」の割合は、男性が54.1%に対し、女性は60.7%と女性が6.6ポイント上回った。

性別・年代別で見ても、女性はすべての年代で半数を超え、特に20代女性は72.2%。「大好き」も24.1%と最も高く、女子はかなりの割合で「遊園地好き」と考えて良さそう。

 

さらに「遊園地が好きな人」の特徴を見てみると、

「ゲーマーだ」が僅差でトップ。ゲームに限らず、遊ぶこと全般が好きといえそう。

次いで、リア充属性の「インスタグラムを使っている」「リア充だ」が並ぶのも、納得のラインナップといった印象か。

 

■おひとりさまで満喫も

実際に「遊園地が大好き」という人に、話を聞いた。

「遊園地のアトラクションは、とにかく絶叫系が大好き。以前は『今年はこのアトラクションを乗り倒す!』と、年替わりで遊園地を決めて、年間パスポートを買っていました。

 

そういう遊び方を一緒に楽しんでいた仲間たちも、忙しくなっちゃった子や、結婚した子もいて、今では年パスの頻度ではなくなりましたが、時間が合わせられる時に、少人数でも『今回はあれ乗りに行こう!』って、大人になっても大はしゃぎしてます。(笑)

 

遊園地に行くとテンションが上がるし、ストレスが溜まるようなことがあっても、一気に吹き飛んじゃう。だから、ずっと、大好きだと思いますね」(20代・女性)

 

「20代のある時、遊園地でデートの相手とケンカになって、その子が早い時間に帰っちゃったんです。パスポートを買ったから、もったいないと思ったし、むしゃくしゃしたのもあって、そのまま『ひとり遊園地』状態で遊んでみたら…楽しかったんです!(笑)

 

もちろん、仲間や好きな女の子と行く方が楽しいですよ。でも、乗りたいものに、乗りたいだけ並べばいいし、待ち時間の会話を考える必要もないし、自分でも意外だったけど『これはこれで、いいな』って。それに奇数のグループが少し前にいたりすると、『お一人のお客様をお先に、よろしいでしょうか?』って、ちょっと優遇されたりすることもあったりして。

 

以前は、『ひとり遊園地』は密かな趣味だったけど、昨今は同好の士も増えているようなので、カミングアウトしてみました。まだ半分くらいの人には、ドン引きされますけど、『自分もチャレンジしたい』って人も、結構いますよ」(30代・男性)

 

「おひとりさま」上級編といわれる「ひとり遊園地」を含めて、多くの人を惹きつける遊園地。秋のレジャー候補のひとつとしても、オススメだ。

・合わせて読みたい→ドドンパがより早く、戦慄迷宮はより怖く!富士急ハイランドが絶叫すぎ

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日対象:全国20代~60代の男女1343名(有効回答数)